地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

六本木の本屋案内!大きい人気店や深夜まで開いてるおすすめ店は?

眠らない街、東京六本木には、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、国立新美術館といった街で働く人達へ向けた本屋が数多くあります。深夜営業からカフェ併設、人気の大きい本屋まで、ここ六本木の本屋は、多くの人達が行き交うカルチャーステーションです。

六本木おすすめの本屋へ行こう見出し

Photo by Blackiscolorful

深夜まで賑わいを見せる街六本木にある、六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなどの複合施設の他、六本木駅を中心とした近辺には、多くの本屋が点在しています。最大規模を誇る店舗からカフェ併設や深夜営業、アート展示や生活雑貨とのコラボ店までその内容は千差万別です。ここでは、その眠らない街、六本木おすすめの本屋を紹介していきます。

六本木の本屋:ABC六本木店見出し

Photo by shibainu

ABC青山ブックセンター六本木店は、東京メトロ日比谷線六本木駅の1A出口を出てすぐ、麻布警察署の隣のビルの通り沿いにあります。深夜まで人通りの絶えない中心地ということもあり、朝10時から深夜過ぎ翌朝5時半までの営業時間です。日曜祝日は、深夜の人通りも少なくなることから22時までとなっています。

青山ブックセンターは略称ABCで、人気の中古書販売BOOKOFFが展開する書籍チェーン店です。ここ六本木店は売場が1階から3階まであって、文学や経済などの新刊書、旅行ガイドをはじめとする多くの雑誌類など、豊富な取り揃えが充実していて、六本木でも比較的大きい本屋です。特に外国人も多く、洋書のラインナップはかなりの充実度です。

2階吹き抜けの回廊の壁にさりげなく展示されているのは、六本木アートナイト2017の時の合田佐和子作品のポスター展示です。こうした店内装飾も定期的に行っており、書棚ばかり見ていると気付かずにやり過ごしてしまう時がありますが、よくよく見ると、結構店側で力を入れた展示をしている場合があるので、見逃さないよう注意が必要です。

六本木の本屋:TSUTAYA東京六本木見出し

Photo by shibainu

六本木けやき通りにあるTSUTAYA六本木店は、国内外の書籍、雑誌約45000冊を取り揃える人気の大きい店舗です。1階は書籍コーナーと購入前の本を読むことができるカフェ、雑貨が一体化したフロア、2階が映画と音楽のフロアとなっています。営業時間は、朝7時から深夜4時まで。またレンタル専用のセルフレジ、無料Wi-Fiなど設備も充実しています。

新しい生活シーンを提案するコンセプトショップ、それがTSUTAYA六本木店です。フード、アート、インテリア、トラベル、デザイン、車など、洋書もまじえた専門性の高い本、雑誌がゆとりのある空間に揃っています。店内には、休憩できるようテーブル付椅子やソファが豊富に置かれ、エスプレッソを飲みながら、興味のある本を読むことができます。

1階にあるステーショナリーコーナーは、伝統と革新を体現する逸品が揃ったコーナーです。味わい深い万年筆や、日本の伝統技術が光る雑貨、機能美を兼ね備えた革小物など、厳選された品々が数多く揃っています。このコーナーで、スタイリッシュな装身具を身に着ける自分を想像し眺めているだけで、大きい昂揚感が生まれます。

ブランド創立150年を誇るフランスの老舗時計ブランドlipのコーナーなど、定期的に厳選されたセレクトコーナーも展開しています。いつになっても人気のあるデザインだったり、アクセサリー感覚で付けるのにおすすめどころのセレクトコーナーは、唯一無二のコーナーで、人気の高いセレクトコーナー時には、深夜遅くまで多くの来店者が訪れています。

TSUTAYA六本木店併設のSTARBUCKS見出し

Photo by kennejima

書籍コーナー横に併設されたカフェは、人気のスターバックスTSUTAYA東京六本木店です。スターバックスお馴染みの高品質なアラビカ種から抽出したバラエティ豊かなドリンクや様々なペストリーを楽しむことができます。またレジ横に並べられた購入前の雑誌、写真集などを店内で拡げることも可能で、深夜までゆったりと過ごすことができます。

六本木の本屋:TSUTAYA東京ミッドタウン店見出し

東京ミッドタウン六本木の地下1階プラザにあるTSUTAYAブックストアは、最新の雑誌やイマジネーションを刺激するビジネス書、話題書、新刊コミックや文庫本など、東京の巨大都市ミッドタウンとその周辺で働くオフィスワーカー向けの気軽に立ち寄れるショップです。営業時間は、平日が朝の8時から、土日祝日が11時からで、夜の23時まで。

Photo by bizmac

2007年3月30日に六本木で開業した東京ミッドタウンは、リッツカールトン東京、サントリー美術館など、130に及ぶ商業店舗、オフィス、住居、病院、公園などが集約された複合施設となる、まさに大きい街そのものです。周辺に植樹された四季折々の草花とともに、日本の伝統美が感じられるシックでシンプル性を兼ね備えたミッドタウンです。

TSUTAYAがある東京ミッドタウン地下のプラザには、イタリアの街角にある伝統的なカフェ「アンティコカフェアルアビス」があります。TSUTAYAで購入した話題の新刊本を開き、バリスタが淹れるカフェ、手づくりパニーニ、ペストリーを楽しみながら、南欧の伝統的な雰囲気を味わうことができます。テイクアウトも可能なおすすめのカフェです。

東京ミッドタウンを基点に見る六本木の街見出し

2018年3月27日にYoutube上に公開された、一般の方による東京六本木を紹介する投稿動画です。タイトルは、ミッドタウンの夕桜となってますが、全編を通して、東京ミッドタウン1階のギャラリーをスタートし、外苑東通りの夕桜を経て、眠らない街、深夜の六本木の様子までを隈なく紹介しています。多くの人で賑わう最新の六本木がつぶさに分かります。

東京ミッドタウンのランチおすすめ店9選!子連れOKの場所も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京ミッドタウンのランチおすすめ店9選!子連れOKの場所も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京ミッドタウンには、和洋中から各国料理さまざまなレストランがあります。そんな数あるレストランの中から、ランチにおすすめのおしゃれな人気店を9つ厳選してみました。子連れでも楽しめるお店ばかりですので、東京ミッドタウンでランチの際にお役立てください。

六本木の本屋:IMAコンセプトストア見出し

Photo by chibicode

IMAコンセプトストアは、写真と暮らすをテーマにしたギャラリー、ブックストア、カフェの3つのゾーンで構成され、それぞれがゆるやかに繋がる複合施設です。東京メトロ日比谷線3番出口を出て、都道319号線を飯倉方面へ向かい徒歩9分のAXISビル3Fにあります。500平米ある大きい売場面積は、写真主体の複合スペースとしては、都内最大規模です。

Photo by chibicode

最大の特徴は、中央にある大きい回転可動壁を用いることでイベントや展覧会に合わせて全体のレイアウトを自在に変化させることができるというもの。ギャラリーでは、レクチャー、トークショーやワークショップなど、連日イベントが開催され、また年に数回人気の展覧会なども予定されています。ギャラリーは現在、東品川天王洲に移転しています。

Photo by chibicode

IMAブックストアには、流通の少ない海外レーベルや稀少な写真集など、大きいものから小さなものまで様々な写真集があり、人気を博する最新の写真集もここで手にすることができます。また美しい装丁の写真集は、写真関連グッズや調度品とともに、自宅の棚にさりげなく置いておくインテリアとしても人気を集めています。営業時間は、12時から19時まで。

Photo by chibicode

IMAカフェでは、豆の仕入れから焙煎、出来上がりまでを手作りで行う、飲むアートを体感することができます。ショップで買ってきた写真集を開きながら、監修しているオブスキュラコーヒーロースターズが作る極上のコーヒーを味わい、ゆったりとした雰囲気の中で、感性が揺さぶられる刺激的な時間を過ごすことができるおすすめのカフェです。

六本木の本屋:LivingMotif見出し

Photo by shokai

IMAコンセプトストアが入っているAXISビル1階から2階、地下にあるLivingMotifは、インテリア雑貨からステーショナリー、書籍、家具まで揃うインテリアショップです。1階部分のイベントスペースは、エキシビジョンやワークショップ、シーズン商品など、新しい価値観を共有できるコミュニケーションスペースです。営業時間は、11時から19時まで。

ビブリオファイルと呼ばれる洋書やデザイン書籍を扱うインショップでは、デザイン、建築分野の専門的な書籍から、クッキング、クラフト、ガーデニング、ファッションなど、生活を楽しむための洋書まで、実用性と趣味性の高いクリエイティビティを刺激してくれる書籍が揃っています。また、インテリアとしても素敵なデザイン性の優れた書籍の数々です。

LivingMotifが提案するのは、様々な生活シーンです。書籍を選びながら、実際の生活シーンを展示品の数々で実感することができます。また、オフィスのあり方から自宅のリビング、キッチンなど空間提案、陶器などの大きいものから小物雑貨に至るまで、定期的テーマを持った展示コーナーを展開しており、書籍とともに楽しむことができます。

六本木の本屋:BOOK1st見出し

ブックファーストは、出版取次大手トーハン子会社の書籍チェーン店です。東京メトロ日比谷線六本木駅3番出口すぐのラピロス六本木1階にあり、営業時間は10時から23時まで。読み継がれるべき名著ばかりを新旧問わず取り揃えており、知識、情報、文化それぞれの切り口で書棚の演出をしています。店員さんの細やかな思いが伝わる店舗です。

一見、脈絡なくランダムに収められているようで、いつかは読まなければと思いつつ読み過ごしていた名作名著の数々が一同に並べられていて非常に便利です。本は、時には人生の指針にもなり、目指す方向さえも左右する時もあり、必要な時も、人それぞれなようにその時々で異なります。名作がいつでも必要な時に見つかるというのは嬉しいことです。

六本木の本屋:BookshopTOTO見出し

BookshopTOTOは、建築、デザイン、生活文化をテーマにした書籍出版をおこなっているTOTO出版の直営書店で、気軽に入れる、建築、デザインの専門書店をコンセプトにした本屋です。東京南青山のTOTO乃木坂ビル2階にあり、展示会や講演会で建築家やデザイナーを紹介するTOTOギャラリー「間」のミュージアムショップとしても機能しています。

TOTO出版の書籍だけでなく、スタッフが厳選した国内外の建築、デザイン、インテリア関連の書籍や雑誌、こだわりの雑貨などを置いてます。また、国内外の主な建築雑誌のバックナンバーを取り揃えたマガジンライブラリーを併設していて、過去の記事を閲覧したい人にとっても便利な、おすすめの建築関連の専門書店です。営業時間は、11時から18時まで。

六本木の本屋:双子のライオン堂見出し

六本木からほど近い赤坂にある古いマンション1階に5坪弱の小さな本屋さんがあります。ここは作家の本棚が覗ける本屋という選書専門店です。仕入れの段階で、批評家、歌人、俳人、アナウンサー、教授、思想家、会社役員など信頼おける選定人による選書という基準を導入し、プロとしての本棚を再現し独自の販売を続けているおすすめの本屋です。

双子のライオン堂は、元々ネット古書販売のお店としてスタートし、2015年に今の場所に店舗を構え、以来通算10年以上になる本屋です。店主のネットワークを通じた小説家、批評家をはじめとする多彩な専門家による選書とともに、店主の本に対する情熱が伝わります。営業時間は、水曜日から土曜日までの15時から21時までとなっています。

六本木の本屋:崇文堂書店見出し

麻布十番商店街にある崇文堂書店は、戦前から続く老舗の本屋で、店内には雑誌や単行本、コミックなど多ジャンルの書籍があります。店主セレクト「俺の棚」コーナーでは、おすすめの書籍が解説付きで陳列されています。本の相談や要望などを気軽に話せるところが、大きい本屋にはない魅力です。営業時間は、平日10時から20時、日曜12時から19時まで。

麻布十番の商店街!ランチを楽しめるカフェや食べ歩きしたいおすすめ人気店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
麻布十番の商店街!ランチを楽しめるカフェや食べ歩きしたいおすすめ人気店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高級住宅街のあるセレブなイメージの麻布十番ですが、老舗のお店が数多く残る下町の雰囲気も併せ持つ魅力的な街でもあります。商店街には芸能人も通う名店が多く、一度は食べたいグルメが目白押しです。今回はそんな麻布十番の商店街でおすすめの人気店を、厳選してご紹介します。

六本木の本屋:文教堂書店見出し

文教堂書店は、全国200店舗の日本最大の直営書店チェーンです。全国200店舗の販売データをもとにした最新ランキング、話題の本、ベストセラー、おすすめ本などを24時間リアルタイムで提供しています。六本木ヒルズウェストウォーク4階にある文教堂六本木ヒルズ店は、高性能な文房具や雑貨も併設しています。営業時間は、11時から21時まで。

六本木ヒルズ1階ラウンジのSTARBUCKS見出し

六本木ヒルズウェストウォーク1階ラウンジには、人気のスターバックスがあり、文教堂で購入した書籍を開きながら、世界でも限定された店舗でしか味わえないスターバックスリザーブを楽しむことができます。六本木ヒルズ限定ドリンクなどもあり、気軽に利用できる一人席も充実しています。営業時間も文教堂と同じ時間になっています。

六本木ヒルズ展望台の料金は?レストランや人気のお土産情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
六本木ヒルズ展望台の料金は?レストランや人気のお土産情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
六本木ヒルズは六本木観光には欠かせないスポットで、国内外から多くの観光客が利用されています。六本木ヒルズ森タワーには展望台があり、東京屈指の絶景を望むことができます。展望台の料金やレストランやお土産ショップなど、六本木ヒルズの魅力についてまとめてみました。
六本木のおすすめ観光スポット特集!夜に楽しめる名所も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
六本木のおすすめ観光スポット特集!夜に楽しめる名所も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都港区にある六本木は複合商業施設や飲食店が数多く集まる観光に最適な街です。国際的な雰囲気も漂う六本木にはおすすめできるアートや庭園、ビルディングなどに事欠きません。このおすすめの、東京で最もお洒落な街六本木の観光を思う存分満喫して下さい。

六本木は自分サイズの本屋が見つかる街見出し

Photo by yto

六本木には、大きい本屋から小さな本屋まで、営業時間も深夜に及ぶところやコンセプトを明確にして特色を出している本屋まで、種々雑多な種類の本屋があります。ここ六本木では、余暇として単に読むだけの本ではなく、生活の一部としても機能する本に出会うことができます。あなたも六本木に来て、自分らしい本を見つけてみてはいかがでしょう。

関連キーワード

投稿日: 2018年4月12日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote