地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

雲仙温泉はホテル宿泊や日帰りで堪能!おすすめをランキングで紹介!

雲仙温泉はホテル宿泊や日帰りで堪能!おすすめをランキングで紹介!

長崎県雲仙市の温泉街。旅行先として人気を誇りホテルの数が多く日帰り利用出来る施設も多数有ります。雲仙温泉周辺の観光スポットの充実度も高くなっています。その中でも特に人気の高いホテルや日帰り施設の紹介を中心に雲仙の情報をピックアップします。

日帰り?泊まり?雲仙のおすすめホテルは?見出し

Photo by kenming_wang

長崎市内から2時間弱の山中に有る温泉街の「雲仙温泉」自然に囲まれた穏やかな雰囲気と良質な温泉や旅館のおもてなしで高い人気を獲得しています。人気のホテルや家族風呂、日帰り入浴施設、観光スポットにおすすめグルメなど雲仙旅行に役立つ情報をランキング形式で紹介します。ランキングの前にまずは「雲仙温泉」の概要から見ていきましょう。

長崎の観光ランキング!おすすめのスポットや穴場を紹介!モデルコースもあり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
長崎の観光ランキング!おすすめのスポットや穴場を紹介!モデルコースもあり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本有数の観光地としても有名な長崎。そんな長崎のおすすめの観光地をランキング化してみました。ランキング内では、絶対に外せない超人気スポットからちょっと意外な穴場までご紹介しますので、ぜひ長崎観光の参考にしてみてくださいね。
雲仙の観光おすすめランキング!見所や子供に人気のスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
雲仙の観光おすすめランキング!見所や子供に人気のスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長崎県にある雲仙市(うんぜんし)には、観て楽しめる、体験して楽しめるおすすめの観光スポットが沢山!雲仙を代表する名所である国立公園やどこか懐かしい温泉街など、大人から子供まで満喫できる雲仙のおすすめ観光スポットをまとめて紹介いたします。

雲仙温泉の歴史と現在の魅力見出し

雲仙温泉は「雲仙天草国立公園」として日本初の国立公園にしていされています。歴史を振り返ると、かつてキリシタンが弾圧された時代に多数の殉教者を出しており、数ある日本の温泉街の中でも世界的に知名度の高い場所です。偉人の吉田松陰やヘレンケラーが滞在した事でも知られています。

蒸気がもくもくと噴き出す雲仙地獄や雪と光をテーマにした「雲仙灯りの花ぼうろ」というイベントが特に人気です。その他の観光名所も豊かな自然が作り出す癒しの空気感が魅力的です。旅行の目的はガンガン遊びまくるより、ゆっくりと日頃の疲れとプレッシャーから解放されたいという方に向いているでしょう。

雲仙の地獄めぐりとは?見所と一緒にアクセスや料金・ランチ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
雲仙の地獄めぐりとは?見所と一緒にアクセスや料金・ランチ情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雲仙といえば地獄めぐりが有名です。活発にガスや温泉が噴き上がる様子を間近で見られる雲仙地獄めぐりの見どころと、話題のナイトツアーについてご紹介します。そのほか、周辺の観光やランチ情報など、素敵な時間を過ごすためのお役立ち情報もお届けします。

雲仙ホテルランキングTOP3!見出し

TOP3日帰りも可「雲仙宮崎旅館」

客室の多くが雲仙の美しい眺望を楽しめる事が自慢のホテルです。温泉は家族風呂を含めて3種類用意されていて夜通し入浴可能です。また夕食は全てのプランで部屋食となっているので、とてもリラックスした滞在となる事でしょう。年間を通して様々なイベントが開催され雲仙地獄ナイトツアー等が楽しめます。

TOP2雲仙温泉最古「湯元ホテル」

300年以上の歴史を有する雲仙温泉最古のホテルです。特典が付きますので公式サイトから予約がおすすめです。館内は歴史の深さを感じさせる落ち着いた雰囲気が特徴です。温泉はジェットバスやサウナが有るなど、かなりの充実ぶりです。家族風呂もおすすめです。食事は所定のコースに好きな料理を追加注文も可能。

雲仙 湯元ホテル~源泉かけながしの温泉旅館~

住所:
長崎県雲仙市小浜町雲仙-316
アクセス:
車/九州自動車道経由長崎自動車道~諌早IC~国道57号線小浜経由で60分。雲仙温泉神社そば 車以外/JR諌早駅下車、バス70分、又はタクシー50分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

TOP1雲仙温泉最高級「半水盧」

広大な敷地を誇るこちらのホテル。お値段を考えるに雲仙の最高級ホテルと言って良いでしょう。敷居が高すぎてランキングに殆ど登場しません。しかし値段に違わぬ贅沢な客室、豪勢な料理に管理の行き届いた素晴らしい温泉を提供してくれます。敷地が広いにも関わらず客室は少なく一人ひとりの顧客に満足のゆくおもてなしを出来る環境が整っています。

旅亭 半水盧

住所:
長崎県雲仙市雲仙380-1
アクセス:
車/九州自動車道を鳥栖JCTで長崎自動車道へ~諫早IC~国道34、57号を小浜経由で約60分 車以外/飛行機長崎空港よりバスで120分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

雲仙日帰り温泉ランキングTOP3!見出し

TOP3ホテルの温泉を日帰りで「福田屋」

こちらのホテルは宿泊も人気ですが、日帰り入浴が可能なので覚えておくことをおすすめします。家族風呂も日帰り利用が可能です。温泉宿のハイクオリティなお風呂がリーズナブルな価格で体験できる人気ホテルです。他にホテルを取って温泉めぐりをする時は是非立ち寄りましょう。自然との調和が綺麗な温泉です。

白濁源泉掛け流し八湯めぐりの湯 民芸モダンの宿 雲仙福田屋

住所:
長崎県雲仙市小浜町雲仙380—2
アクセス:
車/九州自動車道経由長崎自動車道~諌早IC~国道57号線で60分、雲仙温泉内入口 車以外/JR長崎本線諌早駅下車、タクシー60分、又はバス70分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

TOP2日帰り温泉と簡易ホテル「よか湯」

こちらはホテルとしての営業もしていますが、日帰り入浴が中心の施設です。家族風呂もリーズナブルな価格で用意されているおすすめスポット。追加で料金を支払えば個室での休憩も可能です。安価と言えども良い泉質と雲仙の自然に囲まれた立地はおすすめするに値します。リピート予定の有る方は会員になれば、さらにお得になります。

TOP1日帰り温泉の老舗「小地獄温泉」

大正時代に開業した歴史ある共同入浴施設。平成に入り改築をしましたが、そのわりには見た目に貫禄が有るのは温泉成分により木材が変色した為だそうです。この施設の前身と言える湯治場は江戸時代に開業され、かの有名な吉田松陰が訪れたとされています。源泉との距離が非常に近いため他の施設より温泉が熱い点もおすすめです。

雲仙温泉観光ランキングTOP3!見出し

TOP3日帰りなら午前「ビードロ美術館」

長崎と言えばガラス細工が有名ですが、雲仙に「ビードロ美術館」という人気のスポットが有ります。こちらではガラス細工の展示を見学したり、実際にガラス細工の作成を体験する事が出来ます。せっかく雲仙に来て温泉だけと言うのも勿体ないのでホテルにチェックインする前に立ち寄る事をおすすめします。営業終了が早いので日帰りなら午前中が良いです。

TOP2ホテルより野営「白雲の池」

雲仙の池と言えば鴛鴦ノ池(おしどりのいけ)が有名ですが、こちらの「白雲の池」も中々いい雰囲気を持っています。キャンプ場が併設されているのでホテル泊まりでなく野営で楽しむのも有りでしょう。温泉は日帰り入浴施設が沢山有るので困る事はないはず。テント泊にバーベキューと日帰り入浴。こんな温泉の楽しみ方も試してみたいものです。

TOP1ホテル次第で夜間見学「雲仙地獄」

雲仙温泉に来たら、ここは外せないでしょう。と言うよりも非常に目立つので自然と目に入るのではないかと思います。沸々と湧き上がる蒸気を見れば温泉地に来たのだなとしみじみと感じられる、雲仙温泉を象徴するおすすめの観光スポットです。ホテルによっては雲仙地獄を案内するサービスが有ったり、夜間見学に連れて行ってくれたりします。

家族風呂付ホテル多数!日帰りも有り!見出し

家族や恋人と温泉旅行に来たならば、大浴場ではなく家族風呂でゆっくりと入浴したいものです。雲仙温泉のホテルは家族風呂の用意が有る所が多いので探すのは苦労しないはず。日帰りで家族風呂が使える所も有るくらいです。少し高価になりますが客室に露天風呂が付いている場合も有りますので予算に合わせて家族風呂利用の計画を立てましょう。

「雲仙灯りの花ぼうろ」とは?見出し

「花ぼうろ」とは地元の言葉で霧氷の事を指します。このイベントは毎年2月に開催されます。雪の積もった温泉街を色とりどりのイルミネーションが飾ります。雲仙温泉における最大のイベントですから、この時期は宿泊客、日帰り観光客ともに増加するのでホテルの確保は早めにしておく方が良いです。

このイベントでは何と花火が打ち上げられます。冬の雪景色の中で花火というのは珍しいのではないでしょうか。真っ白な雪と湧き出る温泉の湯気、それをライトアップするイルミネーション。これに加えて花火が上がるのですから目の当たりにした時の感動は想像を絶するものとなるでしょう。

九州は年間通して暖かいイメージですが、雲仙温泉は山の中に位置しているので冬は寒いし雪が積もります。せっかく温泉と素晴らしいイベントを楽しめるのですから、寒さにあてられて風邪をひかないよう充分に体調管理に気を配りましょう。特に「花ぼうろ」を見てうれしくなった時、油断しないでくださいね。

お土産が魅力的!日帰りでも是非!見出し

温泉地だけあって、やはり温泉たまごが人気です。土産物屋には温泉たまごをモチーフとした饅頭が売られています。その他にも長崎名物の皿うどんをあしらった「皿うどんチョコレート」や雲仙の名を冠した銘菓が多く並んでいます。泊まりがけの方はもちろん、日帰りの方も友達に雲仙の思い出を持って帰ってあげましょう。

日帰りの方におすすめの食事処!見出し

温泉はホテルの名残「かせやカフェ」

地元の人にも人気のカフェがランチにおすすめです。自家製のおいしいパンが人気の秘訣です。そしてこのお店の最大の特徴は温泉が併設されている事。かつてはホテルとして営業していたのですがホテル業は廃業し自家製パンを振舞うカフェに変更になりました。温泉が有るのはホテル時代の名残です。

本格洋食「グリーンテラス雲仙」

ビーフシチューが看板メニューの地元の名店です。その他にもオムライスなどが人気の正統派カフェレストランと言った感じのお店です。雲仙観光の時のランチにはもちろんの事、日帰りプランでは夕食としてもおすすめです。価格はお手頃なメニューから高価なステーキまで幅広いラインナップになっています。

歴史ある佇まい「百年ダイニング」

創業から約100年の伝統を持つお店です。外国人専用ホテルとしてスタートした当時の雰囲気を再現していて、どことなくクラシカルな雰囲気の中で食事を楽しめます。眺望もよく雲仙自慢の湯けむりが窓の外に広がっています。歴史を感じる建物と湯けむりと絶品の料理を一気に味わえるおすすめのレストランです。

雲仙温泉までの交通手段は?見出し

Photo by othree

雲仙温泉は山中にあるので電車の最寄駅から、さらにバスを乗り継いで行く必要が有ります。バスは電車程に運行本数が多くないので時刻表をよく確認して時間のロスの無いようにしましょう。特に日帰りの方は帰りの最終バスは要チェックです。自家用車で行く場合は冬季の積雪には気を付けたい所です。

雲仙温泉を心ゆくまで楽しもう!見出し

雲仙温泉の魅力は何と言っても気兼ねなくのんびり過ごせる事です。その為にも準備の段階で、しっかり情報を集め計画を立てておきましょう。到着すれば頭の中を空にしてリラックスする。そんな旅になれば雲仙を満喫できるはずです。ここまで紹介した各種情報が旅を充実させる一助となれば幸いです。

関連キーワード

投稿日: 2017年5月31日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote