地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

スミソニアン博物館観光のおすすめを紹介!人気のお土産やアクセスも!

スミソニアン博物館観光のおすすめを紹介!人気のお土産やアクセスも!

映画ナイトミュージアムの舞台になったおすすめの博物館「スミソニアン博物館」巨大な象の剥製や石像は今にも動き出しそうです。宇宙で初めて月に行った「アポロ11号」の実物も必見。そんなアメリカの歴史的な瞬間が沢山つまったスミソニアン博物館のおすすめ情報を紹介します!

「スミソニアン博物館」へ行ってみよう見出し

アメリカ合衆国、ワシントンDCにある巨大博物館。その名も「スミソニアン博物館」は映画、ナイトミュージアムの撮影地として使われたことで有名な人気観光スポットです。1日ではとても回りきれないほど巨大なスミソニアン博物館のおすすめの観光スポットや人気のお土産情報などを紹介します。

ワシントンDCの観光おすすめスポット!人気の名所や地下鉄情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ワシントンDCの観光おすすめスポット!人気の名所や地下鉄情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカで人気の観光地といえばワシントンDCがあります。人生で一度は聞いたことがあるアメリカの首都であるワシントンDCですが、詳しい観光スポットなどを知っている人は少ないのではないでしょうか。そこでワシントンDCの人気観光スポットを紹介していきます。

スミソニアン博物館おすすめ情報見出し

Photo by Leandro's World Tour

スミソニアン博物館とは、アメリカのスミソニアン学術協会が管轄する美術館や博物館の総称です。ワシントンDC内、2㎞におよぶナショナル・モール地区に連なっており、その全てを観光したい場合は1日では決して回りきれないほど巨大です。尚且つ、ワシントンDC以外の場所にも別館や特別館として建てられています。

入場料無料の博物館を運営するスミソニアン学術協会の運営費は、アメリカ国家の拠出、寄付や施設内のショップの売り上げなどで賄われているそうで、こんなにも人気施設にも関わらず入場料を取らないところがすごいですよね。巨大な施設内にはアメリカの歴史のみならず世界の歴史を垣間見ることができおすすめです。

スミソニアン博物館へのアクセス見出し

ユニオン駅がおすすめ!

スミソニアン博物館へのアクセスは、ユニオン・ステーションがおすすめです。各地からアクセスする際もユニオン・ステーションがおすすめです。ユニオン・ステーションに着いたら、駅構内にある観光案内所で市内観光のバスを申込みましょう。スミソニアンの各博物館や周辺の観光スポットに何度でもアクセスすることができます。

ユニオン・ステーションからスミソニアン博物館までの距離は歩いて20分〜30分程度。観光気分なので疲れることなく歩くことができます。もちろん駅からスミソニアン博物館までバスでアクセスするのでも良いのですが、ワシントンという観光名所を歩くのも非常に楽しい思い出になるでしょう。

スミソニアン博物館おすすめ1:ホープ・ダイヤモンド見出し

かつて、ホープという名前の方が所有していたことから名付けられた「ホープ・ダイヤモンド」様々な所有者を転々としてきたホープ・ダイヤモンドの歴代所有者の中にはフランスルイ14世、イギリスジョージ4世が所有していたことでも有名な人気の見どころになっています。宝石好きに人気のおすすめスポットです。

何度も持ち主を変えていたダイヤ。肌身離さず着けていた貴婦人が亡くなった後、宝石商のハリー・ウィンストンが引き取り、スミソニアンに寄付したそうです。45.5カラットの大きなダイヤは歴史を感じさせる一品です。ホープ・ダイヤモンド専用の部屋が用意され、中央のガラス張りの台の中に鎮座するダイヤは必見です。

マリー・アントワネットのイヤリング

宝石関連のおすすめの見どころは他にも沢山あるのですが、中でも人気なのが「マリー・アントワネットのイヤリング」歴史の大混乱期であったことからスミソニアン自体は、このピアスが確実にマリー・アントワネットのものだとは断定してはいないそうですが、数々の証言ではマリー・アントワネット所有のピアスなのだとか。

スミソニアン博物館おすすめ2:国立自然史博物館の剥製見出し

Photo by brownpau

映画「ナイトミュージアム」の撮影地に使われた「国立自然史博物館」映画の世界観そのままの圧巻の博物館になっており、世界中の観光客で連日賑わっています。中でも、とっても巨大なアフリカ像の剥製はインパクト大です。世界でも最大クラスのアフリカ像が剥製として見られるのは貴重ですね。

スミソニアン博物館では剥製の展示の仕方も個性的なんです。こちらのキリンは水を飲もうとしている所を再現していますが、通常キリンの剥製を展示するとしてもこのような形で展示するところは少ないでしょう。ユーモアを併せ持った展示をするのも人気の秘訣と言えるでしょう。

巨大博物館だけあって、展示されている剥製の数もいっぱいです。映画ナイトミュージアムの中では、剥製が動き出したりするシーンがありましたが、臨場感のある動物たちは今にも動き出しそうですね。博物館内は気軽に撮影できる雰囲気なので、旅のお土産に沢山の写真も撮って帰りましょう。

スミソニアン博物館おすすめ3:恐竜の化石見出し

Photo by [Garrett]

スミソニアン博物館ではレックスやトリケラトプスなどの恐竜の世界も楽しむことができます。6600〜6800万年前に生息していた恐竜の歴史とその大きさを生で体感することができます。躍動感のあるティーレックスの化石は子供が見たら大喜びすること間違いなしです。恐竜関連のお土産も販売しているのでおすすめです。

映画ナイトミュージアムの中でも営業時間が終わると動き出すトリケラトプスの化石が印象的でした。映画の世界にいるような博物館の中でも巨大な展示物である恐竜たちは必見ですね。何万年も前の歴史をここまで完成度の高い化石で見せてくれるので、昔の地球のイメージが浮かんできます。

スミソニアン博物館には恐竜以外にも様々な生き物の骨や標本などが展示されています。中には刺激的なものまであるので、様々な人がアクセスしてくる博物館ですがいろんな人を満足させています。単純に展示をするのではなく「その生き物らしい」尚且つ「面白い」展示の仕方は本当に楽しめます。

スミソニアン博物館おすすめ4:世界初の航空機「ライトフライヤー号」見出し

スミソニアン国立航空宇宙博物館の中にある「ライトフライヤー号」航空機や宇宙に関連するものが展示されているこちらの博物館内には世界ではじめての飛行に成功した飛行機が展示されているんです。これはレプリカではなくライト兄弟が制作した本物というところが見に行く価値をグンと高めています。

1903年12月17日にオーヴィル・ライトの手で初飛行したライトフライヤー号。「最初の継続的に操縦を行った、空気より重い機体での動力飛行」とされているこの機体を発明したことによって、世界中で飛行機の開発の進化が進み今日に至っています。この進化がなければ、気軽にアメリカ旅行に行くこともできなかったと思うとすごいですね。

ライトフライヤー号の周りには関連すつ情報や展示が沢山あるので、是非ゆっくり見てみてください。スミソニアン国立航空宇宙博物館には沢山のお土産が販売されています。子供に人気のスペースシャトルや飛行機のお土産から、ここでしか販売されていないようなマニアックなお土産まであるので、楽しいです。

スミソニアン博物館おすすめ5:アポロ11号見出し

Photo by US Embassy Canada

スミソニアン国立航空宇宙博物館には「アポロ11号」の実機まであるんです。世界で初めて人類が月に行った歴史的な宇宙船であるアポロ11号。1969年7月20日に、歴史的な成功を収めた宇宙船の母船の本物です。厳重なセキュリティーチェックを済ませて博物館に入ったすぐの所にあるのでインパクトも相当です。

スペースシャトル・ディスカバリー

世界で最も有名である有人飛行船「ディスカバリー」5機作られたスペースシャトルの中で38回という最多のミッションを完了した機体です。NASAをはじめ宇宙の研究を続けているアメリカならではの圧巻の展示物です。もちろん、こちらの機体も実機ですので「宇宙に何度も行った物体」を間近で見ることができます。

スミソニアン国立航空宇宙博物館にはディスカバリーの他にも沢山のスペースシャトルが展示されていますので、宇宙のことに詳しくない人が見て回っても「こんなにいろんな飛行物体を作ってたんだ」と関心することでしょう。こちらの博物館も展示の仕方のセンスが良いので見ていて自然にテンションが上がります。

衛生や無人飛行機などは、ここでしか見ることのできないものも多く非常に面白いです。アメリカならではの戦闘兵器やステルス飛行機などは生で見るとその迫力に驚くことでしょう。理解不能な形をした飛行物体を何故作ったのかなど、展示物を干渉しながら考えるのはとても楽しい思い出になるでしょう。

スミソニアン博物館おすすめ6:アート・ミュージアム見出し

Photo by David Hilowitz

アメリカのアート作品を展示している「国立肖像画美術館」と「スミソニアン・アメリカ美術館」この2つは1つの建物を共有しているのでアクセスも簡単。アートミュージアムらしい本当に美しい建築物のデザインは、その場にいるだけで観光に来てよかったという気持ちにさせてくれます。

インスタレーション

Photo by noriqnub

フォトジェニックな展示物で人気なのが「Electronic_super_highway」というタイトルのネオンを使って表現されているインスタレーション作品。巨大なアート作品はアメリカ大陸をモチーフにしており、表面にくまなく張り巡らされたネオンが綺麗です。写真の撮影スポットとして最適な場所ですね。

彫刻と石像

過去から現代までのアート作品が優雅にならぶミュージアムの中には彫刻や石像などが転々と展示されています。自由の女神やリンカーンの顔の彫刻などアメリカに関連する様々なものがあります。中には今にも動き出しそうな石像もあり、見ていて飽きません。壁に書けられている絵画も必見の価値があります。

スミソニアン博物館は宝箱見出し

アメリカの歴史の深い部分までアクセスできるスミソニアン博物館。その巨大な空間は1日ではとても回りきれません。様々な分野で歴史的な瞬間を作ってきたアメリカ。それを生で実物が見れるのはここだけです。まるで宝箱のように沢山の「本物」を見ることができるスミソニアンに是非、訪れてみてください。お土産も購入してみましょう。

投稿日: 2017年7月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote