チェコの時差を旅行前にチェック!サマータイムや日本からの飛行時間も確認!

2019年5月14日 (2019年5月18日最終更新)

ヨーロッパ諸国の真ん中にあるチェコはまるで絵本の国の様な素敵場所です。世界遺産も多くて素敵な雰囲気が漂う美しい建造物が魅力的です。日本とチェコの時差や、飛行機時間等をご紹介します。旅行の際にはサマータイムや時差を確認しておきましょう。

目次

  1. 世界遺産の多いチェコでの観光がおすすめ
  2. チェコってどんな国?
  3. チェコと日本の時差「基本編」
  4. チェコと日本の時差「サマータイムを考慮しないとき」
  5. チェコと日本の時差「サマータイムを考慮したとき」
  6. チェコと日本の時差「飛行時間」
  7. チェコと日本の時差「時差ボケ対策編」
  8. チェコと日本の時差を克服して観光したいスポット
  9. チェコを旅行する前に時差を知っておこう!

世界遺産の多いチェコでの観光がおすすめ

中欧にあるチェコはヨーロッパの中でも人気の観光スポットとなります。日本人の憧れでもある絵本から飛び出した様な素敵なお城や魅力的な世界遺産がチェコには充実しています。

ヨーロッパにはたくさん素敵な観光スポットがありますが、チェコはその中でも素晴らしいスポットが充実しています。

今回日本とチェコの時差や、サマータイム情報、旅行の際の飛行時間についてご紹介させていただきます。

次の長期休暇にはヨーロッパのチェコに旅行してみるのもおすすめです。また旅行前には時差の計算方法や時差ボケ対策も含めてチェックしておきましょう。

Jaromir kavan 176797チェコの人気観光ランキング!おすすめの名所や治安情報も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
チェコはヨーロッパの中でも比較的治安が良いとされていて、人気の観光地です。首都プラハはもちろ...

チェコってどんな国?

まず初めにチェコの国についてご紹介させていただきます。各国の都市部は背の高いビルや新しい建物のイメージがありますが、チェコの首都はプラハは少し違います。

石畳のレトロな大通りに歴史を感じる素晴らしい建造物が点在しています。まるでタイムスリップをしたような光景で旅行を楽しむ事が出来ます。

レトロな街並みの中に有名なプラハ城や聖イジー教会等の立派なスポットが点在しています。どこを見渡しても素敵な光景はフォトジェニックです。

ヨーロッパの中でもチェコの国は小さな面積の中でたくさんの世界遺産があります。海外からの旅行者もたくさんアクセスされる人気のスポットなので大注目しておきましょう。

ヨーロッパのちょうど真ん中あたりに位置する国

チェコはヨーロッパの真ん中に位置する国となります。ヨーロッパの地図で確認するとよく分かりますが、海には面していない内陸部の国となります。

中欧のチェコはドイツやポーランドやオーストリアやスロバキアの4カ国に囲まれた国となります。

またヨーロッパ旅行の際には国との移動は鉄道やバスで繋がっているので、2カ国や3カ国を合わせて旅行するのもおすすめです。

日本から遠いヨーロッパに訪れる場合は長期旅行としてアクセスする事となりますので、計画的に色んな国に訪れて観光を楽しみましょう。

広さは北海道よりひとまわり小さい程度

続いてチェコの国の面積は78870平方キロメートル程で北海道よりもひとまわり小さい面積となります。

お隣の国ドイツやポーランドと比べてみると、とても小さな面積となります。お隣のスロバキアよりも少しだけ国の面積が広くなります。

人口は約1060万人でチェコで暮らしている民族の95.5%がチェコ人となります。その他には近隣国のドイツ人やポーランド人やスロヴァキア人等の人が暮らしています。

チェコで暮らす全人口は、日本の東京で暮らす人よりも少ない割合となります。広い敷地で伸び伸びと暮らしています。

国土の大半は高原地帯

続いてチェコの国土の大半は荒野地帯となります。チェコの面積は北海道よりもひとまわり小さな面積ですが、北部は山岳地帯となります。

最高峰の山でも1602メートルとなりそれほど高い山脈ではありませんが、国土の大半が高原地帯で自然が多いのも魅力的となります。

また首都のプラハを始め、都市エリアが点在しますが比較的には凝縮された場所にあるので旅行中はアクセスもしやすくなっています。

世界遺産が多い

続いてチェコの魅力でもある世界遺産が多い国となります。チェコの国土面積に対してもヨーロッパでは比較的に多い12カ所の世界遺産があります。

首都であるプラハの都市エリアを始め、素晴らしい建造物も多く長い歴史を感じる中世の雰囲気を感じられるスポットです。

またチェコの国民性でもある芸術に満ち溢れた国です。チェコで代々受け継がれている伝統工芸の彫刻やボヘミアガラス等も街の所々で見る機会もあります。

世界遺産旅行が好きな方や、芸術に触れてみたい方はチェコの観光はとてもおすすめなので大注目しておきましょう。

お城めぐりを楽しめる

続いてチェコの観光ではお城巡りがとても魅力的となります。日本とは違った中世の宮殿のお城が所々に点在しています。

チェコの高台からは立派なお城を眺めることができます。その光景だけでもとても素晴らしく、まるでおとぎ話に出てくる世界観を楽しめます。

プラハのシンボルでもあるプラハ城を始め、パステルカラーの壁一面のリトミシュル城やチェスキー・クルムロフ城はおすすめのスポットとなります。

チェコに旅行で訪れる際には、世界遺産巡りと合わせてフォトジェニックなお城巡りを楽しんでみましょう。

ワインとビールが美味しい

続いてチェコで旅行をするならワインとビールを楽しみながら観光をしてみましょう。日本でもなじみのある「ピルスナー」タイプのビールを生み出したのがチェコです。

世界各国のクラフトビールが近年人気となっていますが、日本で昔から親しまれているビールはピルスナーとなります。

日本のお口にも合う美味しいビールを堪能する事ができます。またチェコのレストランでは自家製ビールを提供している所も多いのでチェックしておきましょう。

次にチェコはワインの産地としても有名なスポットとなります。ワイン好きであれば、本場のワインを楽しむのも醍醐味となります。

またチェコ観光で時間がある場合は、ワインを製造している西側のモラヴィア地方にはワイン畑やワイナリーもあるのでおすすめです。

Originalチェコ語は独特?英語は通じる?公用語についても調べてみた! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美しく個性的な街並みが多く観光地として人気のチェコ。そんなチェコではどんな言葉が使われている...

チェコと日本の時差「基本編」

続いてチェコと日本の時差についてご紹介させていただきます。チェコに旅行で訪れたい方は、まずチェックしておきたい時差について把握しておきましょう。

日本からヨーロッパにあるチェコまではとても遠くて、大きな時差も生じてしまいます。またチェコの時差の他にもヨーロッパの多くの国で取り入れられている「サマータイム」についても確認しておきましょう。

時差の差が大きければ大きい程に時差ボケが発症しやすくなってしまいます。なかなか訪れる事ができない場所だからこそ万全に対策を考えておくようにしましょう。

時差を知っておけば時差ボケを防止できる

日本とチェコの時差を事前に知っておく事で時差ボケの防止ができます。チェコに限らず日本からヨーロッパ圏にアクセスする場合には大きな時差が生じてしまいます。

海外旅行慣れをしている方は別として、ヨーロッパ旅行に訪れるのが初めての方は時差ボケをしないように事前に準備が必要となります。

時差ボケになってしまうと、楽しい旅行計画が台無しになってしまう可能性があります。日本で生活をしていれば、その生活のリズムに合った体内時計が存在します。

体内時計が狂うと、眠気だけでなく体調を崩してしまう恐れもあります。あらかじめチェコの時差を把握しておいて、旅行前から時差対策の計画を立てておきましょう。

サマータイムとは?

続いてチェコはサマータイムが導入されている国となります。日本には馴染みのない「サマータイム」はチェコの時差にも大きく関係してくるので覚えておきましょう。

サマータイムの期間か、そうでない冬時間かによって日本の時差や飛行機の到着時間も変わってきますので注意しておきましょう。

世界にはサマータイムを導入している国がたくさんあります。その中でもヨーロッパにある国にはほとんどがサマータイムが導入されています。

チェコと日本の時差「サマータイムを考慮しないとき」

続いてチェコにはサマータイムタイムを考慮しない場合は日本とチェコの経度を参考に計算すれば時差が求められます。

日本は東経135度となり、またチェコの東経15度となります。日本の方が日付変更線から近いので、日本の経度135度からチェコの15度の経度を引けば120度となります。

経度15度で1時間の時差の計算となりますので、120度の経度を15度で割れば8の数字が求められるので時差は8時間となります。

日本とチェコの時差は8時間

冬時間の11月から翌年の3月末までは冬時間となり、日本とチェコの時差は8時間となりますので覚えておきましょう。

チェコの旅行のスケジュールが決まれば、まず日本とチェコの時差を計算しておく必要があります。

冬時間の期間にチェコの旅行をする際には8時間の時差でスケジュールを調整するようにしましょう。

計算方法

時差の計算方法は経度によって計算式を求める事が出来ます。日本の経度は東経135であり、チェコの経度は東径15度となっています。

日本の方がチェコに比べて日付変更線から近くなっていますので、日本の方が時間が早く進む計算になります。

よって日本の経度差からチェコの経度差を引く計算方法となります。135度から15度を引けば日本とチェコの経度の差は120度となります。

経度15度の差に対して1時間の時差が生じます。120度を15度を割れば8の数字が求められます。よって日本とチェコの時差は8時間となります。

チェコと日本の時差「サマータイムを考慮したとき」

続いてチェコと日本の時差計算をする際にはサマータイムの時期にはサマータイムでの時差計算も考慮しておかなければいけません。

上記でもご紹介しましたがサマータイムは通常の時間よりも1時間、時計の針を早く設定するようにしましょう。

1番注意しておかなければいけないポイントは冬時間とサマータイムの切り替えは時には公共交通機関の時間帯も変わります。

サマータイムの切り替え時にタイミングよくチェコの旅行中という事があれば、1時間早い時間に時計を切り替えしなければいけません。

日本とチェコの時差は7時間

サマータイムが始まる3月末から10月末までの期間は日本とチェコの時差は7時間となりますので覚えておきましょう。

日本にはサマータイムが導入されていませんが、チェコにはサマータイムが導入されています。

日本からサマータイムを導入している国に旅行へ訪れる際には、時差と一緒にサマータイムの期間をチェックして計算する必要があります。

計算方法

経度によってチェコと日本の時差計算の求め方をご紹介しましたが、サマータイムを考慮した場合には1時間の時差を早めなければいけません。

サマータイムが開始されていれば、日本とチェコの時差は7時間です。また冬時間であれば8時間で、単純計算として2つの時差がある事を覚えておきましょう。

サマータイムを考慮した時には、日本が朝10時の場合は7時間の時差を引いた計算でチェコは午前3時となります。

チェコと日本の時差「飛行時間」

続いてチェコと日本の時差の他にも飛行時間についてチェックしておきましょう。日本からフライトをしてチェコに到着する時間も計算しておく様にしましょう。

飛行機で日本をスタートしてチェコまでの飛行時間と時差を含めた到着時間を知っておく必要があります。

飛行時間と時差を理解しておけば、チェコの旅行中のタイムスケジュールも立てやすくなります。

日本からの直行便はない

まず初めに日本からチェコのプラハまでの直行便は残念ながらありません。日本からチェコまでアクセスする場合は経由便を利用して訪れる流れとなります。

日本からチェコにアクセスをする際の経由便は、まず日本からヨーロッパのドイツやフィンランド等の都市までアクセスする必要があります。

またヨーロッパの他にも経由便を利用する事が出来て、韓国のソウルからチェコのプラハまでの直行便が運航しています。

ドイツはチェコのお隣の国となりますので、経由便を利用しなくても鉄道やバスでの移動も可能となっています。

アクセスしたい経由便を選んだり、また予算や飛行時間に合わせてお得な経由便を探してみるのがおすすめです。

乗換時間も含んだ飛行時間は平均14時間から15時間

日本からチェコまでの飛行時間についてチェックしてみましょう。まず日本からチェコまでの直行便がないので、経由便を利用しなければいけません。

例として今回、経由便をフィンランドのヘルシキンまでの移動方法として飛行時間をご紹介させていただきます。

日本からヘルシキンまでの飛行時間は約10時間となります。更にヘルシキンからチェコのプラハまでは3時間の飛行時間となります。

日本からチェコまでの合計の飛行時間は約14時間から15時間を目安に計算しておくようにしましょう。

飛行時間から時差を引いた時間がチェコの到着時間となります。飛行時間と時差を把握してタイムスケジュールを立てておきましょう。

チェコと日本の時差「時差ボケ対策編」

続いてチェコと日本の時差によって時差ボケ対策が必要となります。日本とチェコの時差が激しい分時差ボケを起こしやすくなってしまいます。

海外旅行慣れしていない方は特に時差ボケを起こしやすくなりますので、旅行前から時差ボケ対策をしておくのがおすすめです。

時差ボケは一般的には眠たくなってしまう現象が多いですが、その他にも体調を崩してしまう可能性も多くあります。

時差ボケを起こしてしまうと、せっかくのチェコ観光が充分に楽しめない事態になりかねません。旅行を存分に楽しみたい方は時差ボケ対策をしておきましょう。

旅行前からできる時差ボケ対策についてピックアップしてみます。旅行前日まで仕事や普段の生活をしなければいけない場合もあるので、できる限りの対策を行いましょう。

水分補給

時差ボケの対策として水分補給を行う簡単で取り入れやすい方法があります。水分補給はエコノミー症候群の対策にもおすすめ方法となります。

時差ボケを引き起こしてしまう原因として水分不足の場合もあります。脱水症状になると激しい時差ボケが起こる事もあるので注意しておきましょう。

長い飛行時間の間は時差ボケとエコノミー症候群の対策方法として、水分補給をしっかり摂っておくのが大切です。

出発前に現地の生活に合わせる

続いて時差ボケ対策として1番おすすめの方法は旅行前にチェコの現地時間に合わせて生活をしておくのが効果的となります。

チェコの時差は7時間から8時間となります。旅行前に可能であれば食事や就寝時間を現地の時間に合わせるのが時差ボケ対策でおすすめの方法です。

旅行の前日まで仕事や通常の生活をしなければいけない場合も多いです。7時間から8時間の生活リズムを変えるのは不可能だとしても、多少の早寝早起きや食事コントロールを変えるだけでも効果的です。

またチェコにむかう飛行時間中は現地の時間に合わせて就寝をしたり食事の時間をずらすのが時差ボケ対策となります。

チェコと日本の時差を克服して観光したいスポット

最後にチェコと日本の時差を克服して楽しい観光スポットを満喫しましょう。日本とチェコは長時間の時差がありますので時差ボケ対策をしっかり行いましょう。

チェコは国土面積に対しても世界遺産がとても多いスポットとなります。チェコの世界遺産は12カ所で、街並みやお城等とても素敵なスポットが充実しています。

チェコに観光で訪れる際にはおすすめのスポットを事前に計画しておくのがおすすめです。今回ご紹介するおすすめ観光スポットを参考にしてみましょう。

プラハ城

まず初めにチェコのおすすめ観光スポットのプラハ城は首都のプラハを代表する人気スポットとなります。

丘の上に建つプラハ城からはプラハの街並みを一望する事が出来ます。プラハ城は美術館や教会、更に旧王宮が併設されています。

営業時間は冬時間シーズンで6時から23時、サマータイムシーズンは5時から24時まで利用ができます。

プラハ城の休館日はありません。アクセス方法は地下鉄のマロストランスカー駅からは徒歩20分程となります。

プラハ城のおすすめは夜景がとても絶景です。観光する際には素敵な夜景を楽しみたい方はタイムスケジュールを計画しておくようにしましょう。

Pavel s 43501プラハ城の行き方や入場料は?世界遺産の歴史的建造物は魅力がいっぱい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
チェコのプラハにある「プラハ城」は、プラハ歴史地区として世界遺産登録されている地区の中でも特...

カレル橋

続いてチェコの歴史的建造物でもあるカレル橋は1357年に完成し、約662年前に造られたとても立派な橋です。

カレル橋はカレル4世の意向で、約60年の歳月をかけて完成した橋です。カレル橋を見ながら食事やカフェを楽しめるお店も充実しています。

カレル橋はマラー・ストラナ広場からは徒歩10分程でアクセスする事が出来ます。チェコ人にとてもなじみが深いスポットとなりますのでチェックしておきましょう。

Originalカレル橋はプラハ最古の橋!聖人像や夜景の美しさでも人気のスポット! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
チェコ共和国の首都プラハのヴルタヴァ川に架かっている橋がカレル橋です。1357年から45年を...

聖イジー教会

チェコでおすすめの観光スポットの聖イジー教会はプラハ城内にある最古の教会となりますのでチェックしておきましょう。

赤レンガが美しいファサードは17世紀に増設された建物となります。城内最古の920年に造られた建物で、聖イジー教会の規模は小さいですが見ごたえは充分にあります。

また聖イジーの教会内はとても静かで落ち着く空間で、木造の天井や廊下には長い歴史を感じます。

カレル橋も一緒に観光する場合はカレル橋の銅像と同じ5つの星を頂く聖人の姿が、聖イジー教会にも描かれているので見比べてみましょう。

チェスキー・クルムロフ城

続いてチェコのおすすめ観光スポットのチェスキー・クルムロフ城はプラハ城に引き続く人気のお城となります。

チェコにはたくさんの素晴らしいお城があり、お城巡りも人気となっています。チェスキー・クルムロフ歴史地区で世界遺産に登録されています。

中世の趣が残るチェコの素晴らしい光景を楽しむ事が出来ます。チェスキー・クルムロフ城の塔からは360度素敵な景色を望めるのも魅力的です。

城壁のだまし絵等、たくさんの面白いスポットも充実しているので訪れてみましょう。また冬時間のシーズンは毎週月曜日が休みとなります。

チェスキー・クルムロフ城にアクセスする場合は朝9時から17時までとなりますので、日中の観光でアクセスしてみましょう。

聖ヴィート大聖堂

続いてチェックの素晴らしい中世建造物の聖ヴィート大聖堂は976年の歴史を持っている穴場スポットとなります。

聖ヴィート大聖堂内のミュシャのステンドグラスはとてもフォトジェニックです。聖なるスポットなのでチェコに訪れた際にはアクセスしてみましょう。

聖ヴィート大聖堂の営業時間は9時から18時までとなりますが、冬時間のシーズンは16時までとなります。日曜日は12時からとなりますのでチェックしておきましょう。

国立博物館

最後にチェコのおすすめ観光スポットの国立博物館はヴァーツラフ広場にあります。チェコと言えばボヘミアングラスやコインのコレクション等を鑑賞できます。

チェコの歴史に触れる事が出来る素敵なスポットなので大注目しておきましょう。また歴史博物館と自然博物館を楽しむ事ができます。

ヴァーツラフ広場の休館日は第1火曜日で、時間は10時から18時までに訪れるようにしましょう。

チェコを旅行する前に時差を知っておこう!

素敵な観光が楽しめるチェコの旅行前には時差やサマータイムや日本からの飛行時間について把握しておきましょう。

チェコは小さな面積の中でたくさんの世界遺産や魅力的なお城などの建造物がたくさんあります。チェコのプラハを始め、都市部でありながらもレトロな街並みはとても魅力的です。

チェコに旅行で訪れた際にはクラフトビールやワインが世界的にも有名なので、お酒好きの方は大注目しておきましょう。

チェコを含め、ヨーロッパの国は日本と大きな時差があります。その他にも日本には馴染みのないサマータイムも設けられていまので時差ボケには充分気を付けて旅行を楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
LOOK

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する