黒石市のこみせ通りがおすすめ!B-1グランプリ出展グルメも?!

2020年1月16日 (2020年1月26日最終更新)

青森県の歴史を感じる観光スポット「黒石市」。黒石には温泉や美味しいグルメ、家族みんなで楽しめる観光スポットなど青森県でも充実した時間を過ごせる町です。黒石では青森県の四季の景色も満喫でき、都会では体験できない貴重な時間を過ごすことができます。

目次

  1. 黒石とはどんな町?
  2. 黒石市のおすすめ観光スポット
  3. 黒石市のおすすめレストラン・グルメ
  4. 黒石市のおすすめ温泉・宿泊エリア
  5. 青森県の魅力を体験できる黒石市へ行こう

黒石とはどんな町?

青森県のど真ん中に位置する市「黒石市」。西側には弘前市、北には青森市、東には八戸市と青森県の観光名所に囲まれており、それぞれにアクセスしやすい中間地点として人気があります。

江戸時代の町並みと、木造のアーケードである「こみせ」が今も残されている「中町こみせ通り」が人気を集めています。また、かつて鶴が傷を癒したとされる温泉地「温湯温泉」や、ランプの灯りのみで過ごす山間の温泉「青荷温泉」など昔ながらの旅館が立ち並んでいます。

黒石市では毎年8月15日から16日、青森県を代表する盆踊り「黒石よされ」が開催されます。黒石市の夜を盛り上げてくれ、日本の古き良き景色を楽しむことができます。

近代の観光化、便利化された観光スポットでは味わうことができない、ゆったりとした自分だけの時間を過ごすことができる町です。

黒石市のおすすめ観光スポット

青森県の中心地に位置する黒石市では、四季折々の景色を楽しめる観光スポットが点在しています。子供から大人まで楽しむことができ、青森県の文化や歴史を感じることができます。

中町「こみせ通り」

江戸時代である藩政時代の町並みを残している歴史スポット「こみせ通り」。こみせ通りは木造のアーケードである「こみせ」が現存している重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。こみせ通りには創業200年にもなる鳴海醸造店、国の重要文化財に指定されている高橋家住宅を見学できます。

津軽三味線の無料ライブや、黒石市のお土産を種類豊富に取り揃えている「津軽こみせ駅」が人気を集めています。

【津軽三味線無料ライブ】
・5月~10月 毎日 ①11:00~ ②14:00~
・11月~4月 土日祝のみ  ①11:00~ ②14:00~

黒石温泉郷

黒石市の黒石温泉郷は、温湯温泉、落合温泉、板留温泉、青荷温泉のエリアにわかれています。伝統を引き継いだ温泉郷では、昔ながらの風情を堪能することができます。

津軽伝承工芸館・津軽こけし館

黒石市の津軽伝承工芸館と津軽こけし館は隣接している観光スポットになり、合わせて散策できるスポットです。津軽の伝統工芸品や、日曜と祝日に行われる有料の津軽三味線のライブ、グルメを味わえるレストランが併設した観光施設です。

温湯温泉の伝統工芸品でもある「温湯こけし」をはじめ、全国から集まる伝統こけしを展示しており、青森県ならではの景色を楽しむことができます。

中野もみじ山

10月中旬から11月上旬まで見事な紅葉の景色を楽しめるおすすめの観光スポットです。見頃の時期にはライトアップも行われており、樹齢600年の大杉は津軽地方の巨木として評価されています。自由に散策できるので、予めコースを調べておくのがおすすめです。

黒石市の観光スポット一覧

黒石市のおすすめレストラン・グルメ

黒石市では青森県の伝統グルメを味わえるおすすめのレストランが数多く点在しています。

黒石つゆやきそば

黒石市でB-1グランプリ出展グルメとして人気のある「黒石つゆやきそば」です。黒石つゆやきそばは独特の平太麺が特徴的になり、しっかりと焼き上げたやきそばにあっさりとした和風だしをかけたつゆも楽しめるやきそばです。

黒石つゆやきそばは元々、「お腹いっぱい食べてほしい!」という店主の思いがはじまりと言われています。また、冷めたものでも美味しく食べることができ、地元で知る人ぞ知る人気やきそばです。

和風レストラン 御幸

黒石市中町に位置する和風レストランです。地元の方からも愛されるレストランで、黒石市の旬の食材をふんだんに使用しています。

創作料理の店 蔵よし

江戸時代の蔵を改装して作られた独特なレストランです。観光客からは津軽の食を楽しめる「つゆやきそばセット」が人気を集めており、店主の創作グルメをお腹いっぱい味わえます。

黒石市のレストラン一覧
Original青森の郷土料理を食べてみよう!おすすめの名物や魚介のランチなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森県の郷土料理は全国でも良く知られています。せんべい汁や十和田バラ焼きは、B級グルメでも有...

黒石市のおすすめ温泉・宿泊エリア

黒石市には青森県でも老舗と呼ばれる旅館が数多く点在しています。旅館で旅の疲れを癒し、極上の時間を過ごすことができます。

ランプの宿 青荷温泉

黒石市の市街地から車で30分ほどの距離にある旅館「ランプの宿」です。冬には専用のシャトルバスでしか入れない山間にある旅館で、館内の灯りはすべてランプの光のみとなっています。非日常の空間が広がり、通信機器から隔離され、特別な時間を過ごすことができます。

温湯温泉

黒石市を代表する歴史ある温泉郷「温湯温泉」。そんな温湯温泉で人気の温泉場が共同浴場である「鶴の湯」です。鶴の湯はその昔、傷ついた鶴が温泉で身を癒し、元気に飛び立っていったという伝説が残されています。大正時代の面影を残す建築物が多く立ち並び、宿泊施設も風情ある旅館ばかりです。

黒石市の温泉宿一覧

青森県の魅力を体験できる黒石市へ行こう

青森県の魅力を肌で感じることができる観光名所「黒石市」。黒石市には紹介した以外にも魅力あふれる観光スポットが点在しており、充実した時間を過ごすことができます。

昔からの伝統ある空間が広がっており、日本の古き良き景色を楽しむことができます。青森県へ観光の際には、是非、黒石市へ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

2278.thumb
この記事のライター
TravelNote編集部
「ふらっと旅に出かけませんか?」 TravelNote編集部が実際に行ってみて良かったスポットや施設、 また独自レポートをまとめて紹介しています♪ 次の休日に足を運びたくなるスポットを随時掲載していくのでチェックしてみて下さい✨

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

黒石・弘前の新着のまとめ