青森の郷土料理を食べてみよう!おすすめの名物や魚介のランチなど!

2019年7月26日 (2019年9月1日最終更新)

青森県の郷土料理は全国でも良く知られています。せんべい汁や十和田バラ焼きは、B級グルメでも有名になりました。郷土料理の人気店は、全国から訪れる多くの旅行客でにぎわいます。今回はおすすめの名物料理や魚介のランチなど、青森の郷土料理をご紹介していきます。

目次

  1. 青森の郷土料理を食べに行こう!
  2. 青森の郷土料理とは?
  3. 青森の地域別おすすめ郷土料理
  4. 青森のおすすめ郷土料理「青森市」7選
  5. 青森のおすすめ郷土料理「下北郡」1選
  6. 青森のおすすめ郷土料理「十和田市」1選
  7. 青森のおすすめ郷土料理「八戸市」3選
  8. 青森のおすすめ郷土料理「弘前市」3選
  9. 青森旅行をしたら郷土料理・名物料理はランチにもおすすめ!

青森の郷土料理を食べに行こう!

本州最北端の青森県は、世界遺産の白神山地や十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヶ浦など自然に恵まれ、東は太平洋、西は日本海、北は津軽海峡と三方を海に囲まれた特異な県です。さらに津軽、南部、下北、沿岸のそれぞれの地域で歴史、気候、風土、文化が違い、言葉やグルメなども多彩です。そんな青森の郷土料理のご紹介です。

青森の郷土料理とは?

海と大地に恵まれた青森県は、食の宝庫といわれます。全国の6割近くを収穫するりんごをはじめ、ナガイモ、にんにくは全国トップの生産量で、漁業は八戸漁港が屈指の水揚げ高を誇り、サバとイカは全国1位です。そのほかマグロやホタテ、しらうおなど多種多様の魚介が水揚げされ、郷土料理などに変身して、多くの旅行者らを喜ばせます。

青森県の郷土料理は地域によって気候や風土が違うので食文化も違う!新鮮な魚介も魅力的

三方を海に囲まれ、中央に奥羽山脈が縦走する青森県は、津軽、南部、下北、沿岸の4つのエリアに分かれます。それぞれのエリアは気候や歴史、風土が違い、食文化も異なっています。このため地元に根差して今に伝わる伝統の郷土料理が多く、その素朴な味が多くの人をとりこにします。新鮮な魚介も魅力的です。

津軽地方はお米を主体にした郷土料理

津軽地方には、弥生時代の小さな水田跡が多数発見され、稲作北限の定説を覆した垂柳遺跡(南津軽郡田舎館村)があります。古くからの穀倉地帯で、米ともちを使った料理をはじめ、ホタテやタラ、ごぼうなどの野菜を食材にした多彩な料理が発達し、祭事の行事食としても盛んに作られています。

青森県南部地方は粉食を主体にした郷土料理

冷夏の原因になるヤマセ(オホーツク海から吹く冷たい北東風)のため、稲作には厳しい気象条件です。このため根菜類を中心にした畑作が多くなっています。料理は小麦粉やそば粉、あわなどの雑穀(粉食)を使ったものが多く、南部地方の名物・せんべい汁などが通年味わえます。

下北地方はいもを主体にした郷土料理

恐山や仏ヶ浦、大間崎などの有名な観光スポットが、多くの旅行者らでにぎわう下北地方も気象条件が厳しく、雑穀や粉もの、さらにいもを使った郷土料理が目立ちます。端午の節句によく作られる「べこもち」や、あんこ入りのだんごに醤油味の汁をかけた「けいらん」などが代表的な郷土料理です。

沿岸地域は海産物を主体とした郷土料理

沿岸地域は太平洋や日本海、津軽海峡、陸奥湾から揚がる豊富な魚介や海藻など海産物をメインにした郷土料理が作られています。名物の「若生(わかおい)おにぎり」は、炊き立てのご飯を薄くて柔らかい1年物の昆布・若生で包んだ、素朴なおにぎりです。沖に出る漁師らが持参しますが、昆布の塩味と香りが抜群で旅行者らにも大人気です。

青森の地域別おすすめ郷土料理

本州北端の青森県は、気候や風土などの違いから4つのエリアに分かれ、それぞれのエリアにその地域独特の郷土料理があります。地域で手に入る魚介などを巧みに使い、長年にわたって見事なソウルフードを作ってきたのです。ここからは地域別におすすめの郷土料理をご紹介します。

津軽地方

津軽で最も人気のあるのが「タラのじゃっぱ汁」です。「じゃっぱ」は青森の方言で「雑把(ざっぱ)」の意味で、通常捨てられてしまう魚の頭や骨、皮、内臓。その「じゃっぱ」をブツ切りにして、大根やネギなどと一緒に煮込んだ汁物です。寒い冬、心身ともに温まる津軽に欠かせない郷土料理です。「粥(け)の汁」もおすすめです。

南部地方

「せんべい汁」は、2006年に八戸で誕生した「B-1グランプリ」で一躍有名になりました。小麦粉と塩で作った南部せんべいを、魚や肉、魚、きのこ、野菜でとっただし汁にパリパリと割り入れて煮た、南部地方の代表的な郷土料理です。ウニとアワビを潮汁にしたお吸い物の「いちご煮」もおすすめです。多くの旅行者らに喜ばれています。

下北地方

下北地方を代表する汁物の郷土料理「けいらん」。卵の形をしたあんこ入りのだんごに、醤油味の汁をかけた汁物で、甘いあんと醤油のコラボがマッチしています。名前は、だんごの白さと形が鶏卵に似ているところからきています。花などの模様が美しいお菓子「べこもち」もおすすめです。

沿岸地帯

沿岸地帯でおすすめの郷土料理は、「ひっつみ」です。鶏肉や野菜、山菜などの具を入れただし汁に、練った小麦粉をひきちぎって入れることからその名が付きました。地域によって、カニを具に、ナガイモを生地に入るなどいろいろのバリエーションがあります。柔らかい1年昆布で握った「若生おにぎり」もおすすめです。

青森のおすすめ郷土料理「青森市」7選

地元の人はもちろん、国内外から訪れる旅行者にも愛され続ける青森の郷土料理。雪降る寒い冬も、暑い夏も、親しみある方言とともにお客さんを迎え、身も心も温めてくれます。ここからは青森でおすすめの郷土料理のお店をご紹介していきます。ランチを楽しめるお店もあります。まずは青森市の7店からです。

1:お食事処おさない【青森県青森市新町】

店の前に立つ「ホタテのおいしい店」の看板の真意が、「ホタテ貝焼きみそ定食」を口にするとすぐ分かります。味噌で煮込み卵で閉じたホタテ貝、長ネギ、玉ねぎの上にウニが乗った郷土料理です。地元産のぷりぷりのホタテがゴロゴロと入り、野菜とふわふわの玉子からしみ出た旨みにウニのとろみが加わって、最高の一品に仕上がっています。

青森駅から288mの青森郷土料理店

メニューはホタテ以外にも、ねぶた定食やウニ丼、郷土料理の「けの汁」を使ったラーメンなどが人気です。こちらの店はJR青森駅東出口から288m、徒歩1分ほどととてもアクセスのいい所です。営業時間は月曜を除く全日ランチが11時から14時まで、ディナーが16時から20時までです。定休日は月曜ですが、祝日にあたる場合は変更があります。

住所 青森県青森市新町1-1-17 1F
電話番号 017-722-6834

2:津軽じょっぱり漁屋酒場 青森本町店【青森県青森市本町】

津軽弁が飛び交う店内で、津軽三味線を聴きながら青森ならではの郷土料理がいただける、とあって店は旅行者らでにぎわっています。八戸名物のイカ料理や大間のマグロ刺しなど魚介のメニューは豊富ですが、佐井村産のもずくがおすすめです。奇岩群で知られる仏ヶ浦の津軽海峡で採れた歯ごたえと粘りが特徴の天然もずくは、必食の一品です。

JR青森駅より徒歩15分の青森郷土料理店

青森の駅前から続くアーケードの出口から東へ、外にねぶたが飾ってあるお店です。津軽三味線の演奏は、19時から店内の囲炉裏のある付近で行われます。演奏時間は30分から40分で、曲数は4、5曲。本場の青森で聴く生演奏には特別の響きがあって、お酒が進みます。

お店へのアクセスはJR青森駅から1200mほど、徒歩約15分です。営業時間は全日17時から0時まで、予約がおすすめです。定休日はなく年中無休です。

住所 青森県青森市本町2-5-14
電話番号 017-722-3443

3:ゆうぎり【青森県青森市新町】

メニューはなく、料理は3000円から値段別のおまかせコースになっています。店を切り盛りする女性たちが、お客さんの好みの食材やアレルギーを聞いてくれます。透き通った身のイカの活け造りや白魚の踊り食い、アワビの刺身やウニなどどれも新鮮な魚介だけの料理です。名物の粕汁は、あんこうやサケなど魚のアラが深い味わいを出して絶品です。

青森駅から427mの青森郷土料理店

この隠れた名店は、青森駅から427m、徒歩4分ほどのアウガの横道から細い路地を入った先にあります。半世紀近い歴史があって渋い店構えですが、店内は広くカウンター席と小上がりの座敷があって落ち着いた雰囲気です。

網元をやっているためか、いろいろな魚の料理を少しずつ小鉢で出してくれるのが人気でにぎわっています。営業時間は全日16時から23時までです。定休日はなく年中無休です。

住所 青森県青森市新町1-8-23
電話番号 017-722-3972

4:酒肴旬 三ッ石【青森県青森市安方】

青森を取り囲む陸奥湾や日本海、太平洋の新鮮な海産物と、旬の野菜やきのこなどをマッチさせた創作料理が楽しめる店として評判です。青森県内の24蔵の地酒のほか120余の東北の銘酒が勢ぞろいしています。陸奥湾産の天然ホヤの刺身などのほか、昔から馬産が盛んな金木町産馬の馬刺しなどは絶品です。

青森駅から751mの青森郷土料理店

青森駅前から伸びる駅前通りから1本入った3階建てビルの2階にあります。バリアフリーのおしゃれな空間の店内にはカウンター、テーブル、小上がりなど計140席が広がります。1人でも気軽に食事ができるカウンター席があるほか、車いすの人も利用できます。お年寄りにうれしい掘りごたつや椅子席もあります。

こちらのお店のアクセスは奥羽本線・青森駅から751m、徒歩7分ほどとなります。営業時間は全日ランチが11時30分から14時30分まで、ラストオーダーは14時です。ディナーが17時から23時までで、ラストオーダーは22時です。定休日は日曜ですが祝日に当たる場合は変更があります。

住所 青森県青森市安方2-7-33
電話番号 017-735-3314

5:みちのく料理 西むら アスパム店【青森県青森市安方】

30余年守ってきた郷土料理の味を、青森湾を眺めながら楽しめるとあってにぎわいます。お店一番人気の「つがる定食」は、じゃっぱ汁とホタテの刺身、にしんの切込、がっくら漬けなどに青森の味が凝縮されています。刺身とホタテ貝焼き味噌などを組み合わせた縄文定食も外せません。11時から15時30分までボリュームたっぷりのランチが楽しめます。

青森駅から571mの青森郷土料理店

お店は青森駅から北東に571m、徒歩8分ほどの青森県観光物産館が入っている三角形の建物アスパムの10階です。1階にはねぶたの山車が飾られ、13階の展望台からは陸奥湾や青森市街が望めます。旅行客でにぎわいます。広い店内にはいす席や座敷席、テーブル席合わせて80席あります。

営業時間はランチが全日11時から15時30分まで、ディナーは4月から10月は全日17時から21時までです。

11月から3月は全日16時30分から20時までとなります。ラストオーダーはそれぞれ閉店時間の30分前です。定休日は不定休です。

住所 青森県青森市安方1-1-40 アスパム10F
電話番号 017-734-5353

6:めぇ【青森県青森市大字石江字高岡・あおもり旬味館 1F】

青森が生んだ大作家・太宰治をテーマに郷土料理を提供する店で、「太宰ラーメン」や「太宰丼」などファンにはたまらない食事処です。ラーメンは、太宰が好んだ根曲り竹とわかめの若竹汁を津軽の煮干し中華にアレンジ。魚介系の出汁がちぢれ麺にマッチして絶品です。ひきわり納豆と筋子を混ぜた太宰丼も、筋子の塩味が、いい味を出しています。

新青森駅から14mの青森郷土料理店

東北新幹線の終着駅、新青森駅構内「あおもり旬味館」の1階。改札を出て地下へのエスカレーターを降りるとすぐです。店内の壁面には、太宰治の写真がデザインされ、小説の一節などが飾られています。

おすすめは、青森県の十三湖の大和しじみをぜいたくに使った「十三湖のしじみラーメン」や、霜降りのある馬刺しの握りです。こちらのお店は、JR青森駅から14mほどの駅チカです。営業時間は全日が9時から21時までです。定休日はなく年中無休です。

住所 青森県青森市大字石江字高岡140-2 あおもり旬味館1F
電話番号 017-752-6038

7:津軽割烹未来【青森県青森市安方】

地元の食材にこだわり、店主が朝一番に市場で目利きして食材を仕入れるため、料理内容はその日の天候などと相談しながら決めます。8品の日替わりコースのみの提供です。ウニとあわびのお吸い物で、黄金色のウニが潮汁の中にかすむ野イチゴのように見える「いちご煮」、ふぐの唐揚げ、八甲田牛のヒレステーキなど素晴らしい料理が並びます。

青森駅から610mの青森郷土料理店

青森駅から610m、歩いて5分ほどのホテルJALシティ横の道路沿いにあります。外観はこじんまりしていますが、中はゆったりした造りです。カウンター席、テーブル席、座敷席計18席。厨房を囲むL字カウンター内で、店主が1人で切り盛りしています。

接待用でも、1人でも入りやすいお店です。お店へのアクセスは、JR青森駅から歩いて6分ほど、おおよそ600mの場所にあります。

営業時間は日曜を除く全日ランチが11時から14時まで、ディナーが17時から22時30分まで、ラストオーダーは21時となります。定休日は日曜ですが変更もあり確認が必要です。

住所 青森県青森市安方2-3-16
電話番号 017-775-2005

青森のおすすめ郷土料理「下北郡」1選

青森県で最も北にあるエリア「下北郡」は、太平洋と日本海がぶつかり合う津軽海峡に面しており、大間マグロで有名な大間漁港があります。毎年8月を過ぎると、巨大なマグロの水揚げを目の前で見ることができます。青森のおすすめ郷土料理「下北郡」からは、大間のマグロを味わえる寿司店をご紹介します。

8:浜寿司 【青森県下北郡大間町】

青森県下北市の「浜寿司」は、マグロの王者・大間のマグロを味わえる1964年開業の老舗です。テレビで初セリの様子を見られるものの、口にする機会が少ない大間のまぐろ。それを実現してくれるお店とあって、全国から旅行客が足を運びます。一番人気は「本鮪握り盛合わせ」。赤身が4貫、大トロと中トロが各2貫、鉄火巻き1巻にみそ汁が付きます。

大間港近くの青森郷土料理店

さっぱりとした赤身、さらっとした脂が絶品の大トロは、一度食べたら忘れられない味わいです。旅行の思い出に贅沢なランチタイムも楽しめます。

大間港近くのお店へのアクセスは、青森市内から車で3時間以上かかりますが、旅行を兼ねて函館からフェリーを使えば90分となります。営業時間は全日11時から21時30分までです。定休日は不定休で、GWなど時間の変更もありますので確認が必要です。

住所 青森県下北郡大間町大字大間字大間69-3
電話番号 0175-37-2739

青森のおすすめ郷土料理「十和田市」1選

青森県の南部にある海に面していないエリア「十和田市」は、美しい十和田湖がある自然豊かな場所です。B級グルメで知られる十和田バラ焼きを提供する料理店が多く、2008年ごろより十和田バラ焼きゼミナールなど、街をあげての活動が盛んです。青森のおすすめ郷土料理「十和田市」からは、馬肉料理を味わえる料理店をご紹介します。

9:馬肉料理 吉兆【青森県十和田市西三番町】

青森県十和田市の「馬肉料理 吉兆」は、十和田市役所の近くにある郷土料理や名物料理が味わえる人気店です。B級グルメで話題になったバラ焼きの具材に馬肉を使っているのが特徴です。みそ汁付きの「馬肉バラ焼き定食」は、あっさりとクセのない馬肉に玉ねぎの甘みと濃いめのタレが良くマッチしています。

七戸・十和田駅より車で25分の青森郷土料理店

名物の馬肉料理は鍋や刺身、ステーキなど、バラエティに富んでいます。新鮮な馬肉を使った郷土料理が思う存分楽しめます。お店へのアクセスは、七戸・十和田駅から車で25分ほどです。営業時間は日曜を除く全日ランチが11時から14時まで、ディナーが17時から22時までとなります。定休日は日曜です。

住所 青森県十和田市西三番町15-4
電話番号 0176-24-9711

青森のおすすめ郷土料理「八戸市」3選

太平洋に面した「八戸市」は、2016年水揚げ量全国7位の魚介類に恵まれた場所です。八戸せんべい汁は、B級グルメで優勝や上位入賞に輝き、全国に名を知られる名物料理となりました。青森のおすすめ郷土料理「八戸市」からは、平目を使った丼やせんべい汁を味わえる食堂をご紹介します。

10:みなと食堂【青森県八戸市大字湊町】

青森県八戸市の「みなと食堂」は、全国丼グランプリ受賞の名物「平目漬丼」が自慢の名店です。休日には朝早くから旅行者らの行列ができるため、早めの来店がおすすめです。

平目がたっぷりのった「平目漬丼」や、B級グルメ「せんべい汁」が一度に楽しめる「平目漬丼せんべい汁セット」が人気です。トッピングの黄身を絡ませた平目とタレがかかったご飯が絶妙のバランスで、ランチにもおすすめです。

陸奥湊駅から130mの青森郷土料理店

カニやホタテ、マグロなど9種の刺身が味わえる数量限定の名物「漁師の漬丼」や、ウニ好きにはたまらない郷土料理「漁師のいちご煮」もあります。お店へのアクセスは、陸奥湊駅から130mほどと近く、旅行者も立ち寄やすい店です。営業時間は日曜を除く全日6時から15時まで、ラストオーダーは14時30分となります。定休日は日曜と年末年始です。

住所 青森県八戸市大字湊町字久保45-1
電話番号 0178-35-2295

11:ばんや【青森県八戸市朔日町】

青森県八戸市の「ばんや」は、テレビ番組・酒場放浪記で有名な吉田類氏が訪れた名店で、郷土料理と名酒が味わえます。「八仙」「豊盃」「杉玉」などの地酒に合うおつまみがおいしいと評判です。「焼きうに」や「しめさば」など新鮮な海の幸や、郷土料理「馬肉とごぼうの煮物」など、豊富な種類の名物を堪能できます。

本八戸駅から796mの青森郷土料理店

民芸居酒屋のような店内の雰囲気は、名酒を飲みながらおいしいつまみに舌鼓を打つのにふさわしい空間です。お店へのアクセスは、本八戸駅から歩いて800mほどとなります。営業時間は日曜・祝日を除く全日18時から23時までとなっています。予約不可の人気店のため、早めの来店をおすすめします。定休日は日曜・祝日です。

住所 青森県八戸市朔日町4
電話番号 0178-24-5052

12:ほむら【青森県八戸市一番町】

青森県八戸市の「ほむら」は、八戸駅前にある郷土料理や懐石料理がいただける人気店です。店主が腕を振るう炭火焼の料理は、他では味わえない逸品と評判です。メニューはおまかせコースのみ。時にはタコやフグの白子、時には大間のウニなど、地元で獲れた海の幸を堪能できます。自慢の炭火で炊き上げた「穴子めし」は一度食べたら忘れられない味です。

八戸駅から113mの青森郷土料理店

一つ一つの食材に丁寧な技法が施された、芸術作品のような美しい料理の数々は、心と舌を満足させること間違いなしです。お店へのアクセスは、八戸駅からおおよそ120m、3分ほどです。営業時間は日曜・祝日を除く全日17時から23時まで、ラストオーダーは21時となっています。定休日は不定休です。

住所 青森県八戸市一番町1丁目1-30
電話番号 0178-27-2632

青森のおすすめ郷土料理「弘前市」3選

青森県の西部にある海に面していないエリア「弘前市」は、美しい弘前城が見られる観光地として旅行客に人気です。りんごの生産量が全国一である地としても知られています。8月開催の弘前ねぷた祭りには、国内外から旅行客が訪れます。青森のおすすめ郷土料理「弘前市」からは、津軽の様々な郷土料理を味わえる料理店をご紹介します。

13:わいわい 【青森県弘前市大字大町・駅前カネヨビル内】

青森県弘前市の「わいわい」は、津軽の魚介を使った地元の名物を味わえる人気店です。郷土料理を楽しみたい方には、テレビでも取り上げられた人気のホタテの貝味噌焼、昆布の効いた出汁と細かく切った具材がおいしいけの汁、地魚の刺身など全7品が味わえる「郷土料理セット」がおすすめです。ここでしか味わえない魚介のメニューがいっぱいです。

弘前駅から280mの青森郷土料理店

新鮮な魚介や郷土料理に合う地酒も取り揃えられています。青森産のりんごにチーズをたっぷりかけて焼いた名物「りんごチーズ焼き」は女性に人気です。お店へのアクセスは、JR弘前駅からおおよそ280m、歩いて10分ほどです。営業時間は全日く全日17時から24時まで、ラストオーダーは23時30分となっています。定休日は不定休です。

住所 青森県弘前市大字大町1-3-15 駅前カネヨビル内
電話番号 0172-38-2288

14:創作郷土料理の店 菊富士 本店【青森県弘前市大字坂本町】

青森県弘前市の「創作郷土料理の店 菊富士本店」は、オリジナリティあふれる創作料理として青森の味を楽しめる名店です。「津軽の夢御膳」は、いかめんちや海鮮丼、けの汁やデザートなどが楽しめます。ランチは「にぎり寿司ランチ」や「刺身納豆丼」など16種と充実。安価で気軽に味わえるとあって好評です。

中央弘前駅から219mの青森郷土料理店

郷土料理や地元の名物メニューは驚くほど多く、選ぶのに迷ってしまうという贅沢な声も上がります。東北の名酒も揃っています。お店へのアクセスは、中央弘前駅から歩いておおよそ220mとなります。営業時間は木曜を除く全日ランチが11時から14時30分まで、ディナーが17時から21時までとなっています。定休日は木曜です。

住所 青森県弘前市大字坂本町1
電話番号 0172-36-3300

15:郷土料理 しまや【青森県弘前市元大工町】

青森県弘前市の「郷土料理 しまや」は、昭和43年開業の家庭的な郷土料理が味わえる老舗です。カウンターの上には、どこか懐かしさを感じる数々の郷土料理や地元名物が並びます。「身欠きニシン」や「棒ダラ煮」、「はたはた田楽」や「馬刺し」などの素朴な盛り付けが、まるで故郷に帰ったかのような郷愁を誘います。

中央弘前駅から565mの青森郷土料理店

居酒屋探検家の太田和彦氏の舌をうならせた料理店とも言われ、店内にずらりと並ぶ「豊盃」などの地酒と地元名物の料理とのマリアージュを楽しめます。お店へのアクセスは、中央弘前駅から歩いておおよそ570mとなります。営業時間は日曜を除く全日15時から22時30分まで、ラストオーダーは22時となっています。定休日は日曜です。

住所 青森県弘前市元大工町31-1
電話番号 0172-33-5066

52603221青森市ランチおすすめランキング・トップ9!バイキングなど人気を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森市内でランチをするとき、サービスも様々で迷いませんか? 今回は青森市で人気のランチやおす...

青森旅行をしたら郷土料理・名物料理はランチにもおすすめ!

青森の郷土料理のおすすめ店はいかがでしたか?青森とひと口に言っても津軽、南部、下北、沿岸と、それぞれの特徴と奥深さがあります。現地でしか口にできない魚介、全国でも有名なメニューのほか、新鮮な魚介をランチで楽しめるお店もありました。青森に旅行する時には、郷土料理や名物が味わえるお店で、至福の時を過ごしてください。

関連記事

関連するキーワード

1476.thumb
この記事のライター
anan17
こんにちはanan17です。好きなこと:おいしいこと、楽しいこと、一緒に感動すること。好きなもの:空、月、山、海、心ときめく音楽。TravelNoteでこれからも一緒にワクワクしましょう。

青森県の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

青森県の新着のまとめ