地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

伝説のコンビニ「立山サンダーバード」を徹底調査!名物サンドイッチが話題!

伝説のコンビニ「立山サンダーバード」を徹底調査!名物サンドイッチが話題!

富山県で伝説のコンビニと言われている「立山サンダーバード」。立山サンダーバードはメディアで何度も紹介されている有名店になり、名物のサンドイッチやおにぎりを種類豊富に販売しています。立山サンダーバードは地元の方にも大人気のコンビニです。

立山サンダーバードは富山の伝説のコンビニ!見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

富山県で人気のある伝説のコンビニ「立山サンダーバード」。立山サンダーバードは駅からも近いコンビニでアクセスしやすく、大手のコンビニとは違う珍しい商品を販売していることで人気があります。

今回はそんな伝説のコンビニ「立山サンダーバード」についてはもちろん、名物となっているサンドイッチやおにぎりをまとめてご紹介します。大手のコンビニでは見られない商品が立ち並んでいます。

名物のサンドイッチやおにぎり・自販機もリサーチ!

フリー写真素材ぱくたそ

伝説のコンビニである立山サンダーバードには、他のコンビニでは見られない商品がたくさんあります。富山県では名物となっており、ここでしか味わえないサンドイッチやおにぎりを堪能することができます。

立山サンダーバードは店内はもちろん、お店の外に設置されている自動販売機も見ものです。思わず写真に収めたくなる驚きの商品も多く、今ではSNSで注目を集めている伝説のコンビニになります。

立山サンダーバードってどんなお店?見出し

Photo by jimjetson

富山県で話題を集めている伝説のコンビニ「立山サンダーバード」。立山サンダーバードは富山県の立山町にしかないコンビニになり、セブンイレブンやFamilyMartなど大手では見られない商品が並んでいます。

今回はそんな伝説のコンビニ「立山サンダーバード」について詳しくご紹介します。立山サンダーバードとはどういったコンビニなのかお伝えしていくので、初めて訪れる方は目を通してみてください。

店名「立山サンダーバード」の由来

富山県で個人経営している伝説のコンビニ「立山サンダーバード」。立山サンダーバードは富山県でも山奥に位置するコンビニになり、近くに大手コンビニがあるにも関わらず昔から客足が絶えません。

立山サンダーバードの名前の由来は、富山県の県鳥である「雷鳥」からきています。北陸中日新聞など多くの新聞やFacebookなどSNSを利用して知名度を上げていき、大手コンビニにはできないオリジナルの商品で勝負しています。

手作りのオリジナルサンドイッチ&おにぎりが名物

伝説のコンビニ「立山サンダーバード」で名物となっているのが、完全手作りのサンドイッチとおにぎりになります。富山県で登山やドライブしに来た方から人気が高く、季節ごとに味わいが変わっていきます。

サンドイッチに関しては商品を紹介している名前にもセンスがあると話題。山にあるコンビニならではの「ジビエ」サンドイッチやおにぎりも評判が高く、人気の種類は午前中に売り切れてしまう可能性もあります。

珍メニューが並ぶ自動販売機

立山サンダーバードで名物となっているのはサンドイッチやおにぎりだけではありません。店外に設置されている自動販売機も見ものです。立山サンダーバードの自動販売機も通常の商品よりも、珍しい飲み物が販売されています。

立山サンダーバードは季節によって内容が変わりますが、プリンシェイクや味噌汁、そして購入してみないと何が出るのかわからないドキドキの商品も。子供から大人までワクワクしながら購入できる自動販売機です。

オリジナルグッズや独特の商品ラインナップも見逃せない

個人経営である立山サンダーバードは、立山サンダーバードならではのオリジナルグッズも販売されています。SNSで話題となっている立山サンダーバードは可愛いイラストもあり、Tシャツやバッグにデザインが施されています。

可愛らしい雷鳥のマークは観光客にも人気が高く、お土産として購入する方も。オリジナルイラストの缶バッヂや額入りイラストも販売しており、大手のコンビニでは見られない光景が広がっています。

休憩できるイートインスペースも完備!

立山サンダーバードには店内をはじめ、店外にもイートインスペースが設置されています。店内では中小企業の会議室のような空間が広がっており、立山サンダーバードの名物グルメをのんびりと味わうことができます。

また、天気の良い日には店外に設置されているベンチを利用するのもおすすめ。登山客やロードバイクの方は店外のイートインスペースを利用する方が多く、夏の時期は気持ち良い風を感じながら過ごすことが可能です。

立山連峰の絶景スポットを教えます!写真を撮るなら?周辺観光地も紹介!のイメージ
立山連峰の絶景スポットを教えます!写真を撮るなら?周辺観光地も紹介!
立山連峰は、北アルプスの黒部川の西側に連なる山々で富山県と岐阜県境にあります。富山平野から見える立山連峰の雄大な景色に圧倒されます。立山や剱岳には小さな氷河を見ることができ山開きを楽しみに待つハイカーや観光客の人気の山となっています。

立山サンダーバードのサンドイッチ&おにぎり見出し

Photo byLuckyLife11

富山県の伝説のコンビニ「立山サンダーバード」には、名物となっているサンドイッチやおにぎりが人気を集めています。富山県の名物を使用しているのはもちろん、お菓子やお惣菜をサンドした種類もおすすめです。

今回は立山サンダーバードでおすすめのサンドイッチやおにぎりをまとめてご紹介します。立山サンダーバードでは季節ごとにラインナップが変わっていくので、事前に情報を把握しておくようにしましょう。

立山サンダーバードのサンドイッチ1:おでん

立山サンダーバードで1番の名物となっているサンドイッチが「おでん」です。パンの中にはぎっしりとおでんの具材を詰め込んでおり、見た目のインパクトもあることで地元の方からも人気があります。

おでんサンドイッチは食べ応えがあり、今まで食べたことのない面白い食感を楽しめると注目されています。サンドイッチのパンの食感よりもおでんの食べ応えがあり、噛めば噛むほどおでんの出汁が口の中に広がっていきます。

立山サンダーバードのサンドイッチ2:富山ブラックラーメン

立山サンダーバードでは富山県のご当地ラーメンである「富山ブラックラーメン」もサンドイッチの具材として利用しています。見た目のインパクトはもちろん、ラーメンとサンドイッチという新しい味わいを楽しめます

富山ブラックラーメンはお店で1つ1つ手作りしており、豚肉にメンマもサンドしています。薄口醤油の味付けが程よく、ベビースターのようなカリカリの麺と相性抜群。子供から大人まで人気のある名物サンドイッチです。

立山サンダーバードのサンドイッチ3:富山湾の宝石!シロエビコロッケ!!

Photo byulleo

富山県と言えばホタルイカと並ぶ名物グルメ「シロエビ」。立山サンダーバードではこのシロエビをふんだんに使用している「シロエビコロッケ」が観光客を中心に人気があります。シロエビの旨味をぎゅっと閉じ込めています。

シロエビは富山湾の宝石をと呼ばれる名物グルメで、コロッケにすることで食べやすくなっています。サンドイッチとの相性抜群になり、大きめのコロッケが入っているので男性でも食べ応えがあると人気です。

立山サンダーバードのサンドイッチ4:しいたけハンバーグ

立山サンダーバードでは珍しいサンドイッチだけではなく、定番のサンドイッチもたくさんあります。立山サンダーバードで手作りしている「しいたけハンバーグ」は、お店の外にある原木で栽培している自家製しいたけを使用しています。

そのため、立山サンダーバードのしいたけハンバーグは自家製のしいたけが生えている時しか販売されていません。毎日ないメニューなので、棚に並んでいる場合はぜひ味わってほしい名物サンドイッチです。

立山サンダーバードのサンドイッチ5:きのこたけのこチョコ

立山サンダーバードでは昔から馴染みのあるお菓子をサンドしている「きのこたけのこチョコ」も大人気です。きのこ、たけのこを平和的に挟んでいるサンドイッチで、自家製の生クリームとの相性抜群になります。

見た目も可愛らしいサンドイッチで、自己経営の立山サンダーバードだからこそ出せる商品でもあります。サンドしているパンと、チョコの甘みやサクサクとした食感のお菓子が口の中に広がり、贅沢な時間を過ごすことができます。

立山サンダーバードのサンドイッチ6:赤いイナズマ

立山サンダーバードには見ただけではどんな商品なのかよくわからない名物も多いです。この「赤いイナズマ」はスイーツ系のサンドイッチで、大胆にもブラックサンダーと自家製のいちごソースを挟んだ商品になります。

ブラックサンダーのサクサクとした食感、甘みの中に酸味も感じられるいちごソースは相性抜群の商品です。立山サンダーバードでカフェタイムを過ごしたい方におすすめで、いちご好きな方にぜひ食べてもらいたいサンドイッチになります。

立山サンダーバードのおにぎり1:ほたるいか

立山サンダーバードには完全手作りのおにぎりも人気で、富山県の名物「ホタルイカ」を具材にしているおにぎりもおすすめ。富山県産コシヒカリを100%使用しており、ホタルイカの醤油味が米にも染み込んでいます。

1つ1つ形が違うのも手作りならでは。富山県で登山を行う方にもおすすめの商品で、コンビニ店内ではタオルでしっかりと保温されているのでいつでも温かいおにぎりを楽しめます。ホタルイカは観光客にもおすすめの商品です。

立山サンダーバードのおにぎり2:くま

立山サンダーバードで最も珍しいおにぎりが「くま」になります。この「くま」のおにぎりは近くのハンターが熊を取ってきたときだけに登場する商品なので、季節によっては全く棚に並ばないおにぎりです。

くまの新鮮なお肉を醤油で味付けしており、美味しい米と水でしっかりと握っています。熊肉はクセがあると言われていますが、立山サンダーバードでは新鮮な肉だけを使用しているので臭みが少ないのが特徴的です。

立山サンダーバードのおにぎり3:いのしし

登山のエネルギー補給として登山客に人気のあるおにぎり「いのしし」。こちらもいのししの狩れる時期しか出ない珍しい商品となっており、富山県の季節の味を楽しみながら肉の旨味をしっかりと味わうことができます。

いのししはショウガ醤油味で仕上げており、臭みがまったくありません。いのししのお肉はエネルギー補給としてうってつけの食材なので、身体を動かしている方に人気。くまと同様に見かけたらぜひ食べてほしい珍しいおにぎりです。

立山サンダーバードの注目の商品ラインナップ見出し

フリー写真素材ぱくたそ

伝説のコンビニである立山サンダーバードには、サンドイッチやおにぎり以外にもさまざまな商品が販売されています。富山県ならではの調味料や、世界中で販売されているタバコなど大手にはない商品もたくさん。

今回はそんな立山サンダーバードでおすすめの商品ラインナップをまとめてご紹介していきます。立山サンダーバードでしか購入できない珍しい商品もたくさんあるので、初めて訪れる方は参考にしてみてください。

立山サンダーバードの注目商品1:昆布じめ

立山サンダーバードの店内には、富山名物である「昆布じめ」コーナーが設置されています。昆布じめは主に魚の刺身を昆布で挟み、冷蔵庫で一晩置いておいた富山県のご当地グルメになっています。

立山サンダーバードの昆布じめは刺身をはじめ、くまの肉や馬、いのしし、チーズなどさまざまな食材で作っています。専用の冷蔵庫が設置されており、珍しい具材を昆布じめしていると地元の方からも話題です。中でもフォアグラが美味しいと噂されています。

立山サンダーバードの注目商品2:富山の調味料

立山サンダーバードには観光客にもおすすめの、富山県産の調味料が種類豊富に並んでいます。出汁や醤油など普段の料理で使用できる調味料も多く、地元の方も大手コンビニよりラインナップが良いと多くの人が利用しています。

立山サンダーバードの調味料はお土産としても人気が高いです。また、登山客の間では登山の直前に調味料を購入できるので便利だと注目を集めています。使い方が分からない場合でも、店員さんが親切に教えてくれます。

立山サンダーバードの注目商品3:富山のレトルト食品

立山サンダーバードには調味料と同じ棚に、富山ならではのレトルト食品も種類豊富に販売しています。カレーのルーやラーメン、シロエビの釜めしの素などすぐに富山の味を楽しめることで人気があります。

お土産屋のようなラインナップがあるので、立山サンダーバードに立ち寄りがてらお土産を購入する方も多くいます。富山県内で販売されているレトルト食品は季節によって変わるので、ぜひ1度チェックしてみてください。

立山サンダーバードの注目商品4:富山ブラックサイダー

立山サンダーバードにはさまざまなドリンクが販売されていますが、中でも注目されているのが「富山ブラックサイダー」。富山のご当地ラーメン「富山ブラックラーメン」をイメージして作られたサイダーになります。

富山ブラックサイダーは通常のサイダーと違って、塩辛い大人の味わいです。富山県ではやみつきになると噂されており、醤油の風味や胡椒独特のスパイシーな味わいが口の中に広がっていきます。

富山ブラックサイダーをそのまま飲むのはもちろん、アルコールと割る飲み方もおすすめ。見た目も真っ黒なのでインパクトがあり、ウイスキーやビールと割ることでアクセントのある旨味がプラスされます。

立山サンダーバードの注目商品5:世界のタバコ

立山サンダーバードは、富山県で1番世界中のタバコを取り扱っていることで人気があります。世界のタバココーナーが設置されており、通常のコンビニやスーパーでは販売されていない珍しい種類もたくさん販売されています。

立山サンダーバードの世界のタバコはファンの間で話題を集めており、わざわざ県外から買いに来る方も。世界中のタバコ1つ1つに特徴など紹介されているので、自分に合う新しいタバコを見つけたい方にもおすすめです。

立山サンダーバードの注目商品6:全国各地のインスタント麺

立山サンダーバードでは富山県内のご当地カップ麺をはじめ、全国のインスタント麺を販売していることでも有名です。立山サンダーバードに来れば富山にいながら全国のインスタント麺を味わうことができます。

富山県はちょうど日本の東西文化がクロスする場所にあり、西のインスタント麺、東のインスタント麺が手に入りやすいです。その結果全国のインスタント麺を集めることができ、立山サンダーバードでは専用のコーナーも設置されています。

黒部ダムへの行き方まとめ!東京・富山・立山駅など各方面からのアクセス方法は?のイメージ
黒部ダムへの行き方まとめ!東京・富山・立山駅など各方面からのアクセス方法は?
富山県の観光名所「黒部ダム」。黒部ダムへのアクセスはさまざまな行き方があり、東京・富山・立山駅など各方面からアクセスできます。行き方によって黒部ダム周辺の観光地も巡ることができるので、事前に行きやすいアクセス方法を調べておくのがおすすめです。

立山サンダーバードのオリジナルグッズ&イラスト見出し

Photo byPexels

伝説のコンビニである立山サンダーバードは、立山サンダーバードのオリジナルグッズやイラストも多くの人々から人気があります。立山サンダーバードのロゴの入った商品は、富山のお土産としてもおすすめです。

今回はそんな立山サンダーバードでおすすめのオリジナルグッズやイラストをまとめてご紹介します。期間限定で販売されている商品も多く、普段から使用できるアイテムなので便利に利用することができます。

立山サンダーバードのイラストグッズ

立山サンダーバードで人気を集めているのが「イラストグッズ」です。立山サンダーバードの店名にちなんで「雷鳥」をイメージして作られたロゴはとても可愛らしく、ハンドバッグや缶バッチなどさまざまな商品が販売されています。

立山サンダーバードのイラストグッズは地元の方におすすめで、立山町の風景をイメージした額入りイラストも人気があります。大手のコンビニではできないラインナップで、伝説のコンビニならではの特徴でもあります。

立山サンダーバードのTシャツ

立山サンダーバードにはオリジナルのイラスト入りTシャツが販売されています。Tシャツはいつでも使用することができ、着替えを忘れた登山客の強い味方。雷鳥のロゴや立山町の山のイラストなど種類も豊富です。

立山サンダーバードのTシャツは独特のサイズ感になっているので、購入する前にサイズを確認しておきましょう。色合いやイラストによっては早々に売り切れてしまう可能性も高いです。

立山サンダーバードのTシャツは雷鳥柄が1番人気になり、富山のお土産としてもおすすめです。Tシャツの肌触りがとても良いので着心地が良く、どんな服装にも合わせやすくなっています。

立山サンダーバードの店舗情報見出し

Photo by prelude2000

富山県で大人気のコンビニ「立山サンダーバード」。立山サンダーバードは専用の駐車場が設置されており、富山県をドライブがてらアクセスすることができます。緑豊かな自然に囲まれており、のんびりと過ごせます。

今回はそんな立山サンダーバードの店舗情報について詳しくご紹介します。立山サンダーバードの営業時間やアクセス情報をまとめてお伝えしていくので、初めて訪れる方は最初にチェックしておくのがおすすめです。

立山サンダーバードの場所

Photo by 極地狐

伝説のコンビニ「立山サンダーバード」は、富山県の富山県中新川郡の立山町に位置しています。富山市中心部から立山駅に向かう途中の道沿いに位置しているので、比較的アクセスしやすいコンビニです。

富山県の観光名所である立山登山や称名滝にアクセスする際に利用することができます。立山サンダーバードは周辺を緑豊かな自然に囲まれており、冬の時期は積雪もあるので訪れる際は注意しましょう。

立山サンダーバードの営業時間

立山サンダーバードの営業時間は朝5時から20時までとなっています。大手コンビニとは違って24時間営業ではないので注意しましょう。登山客も利用することから、朝5時から営業していると言われています。

また、立山サンダーバードは年中無休で営業しています。そのため利用したいときに気軽に足を運ぶことができ、地元の方にも人気があります。朝の時間帯はおにぎりの売れ行きが高いので、昼間には売り切れてしまう商品も出てきます。

立山サンダーバードのアクセス

Photo by Kentaro Ohno

立山サンダーバードまで車でアクセスする場合は、「富山IC」を利用するのがおすすめです。富山ICからは下道で20分ほどの距離に位置しており、専用の駐車場が設置されているので安心してアクセスすることができます。

立山サンダーバードへは電車でもアクセスすることが可能です。電車でアクセスする場合は、最寄り駅が富山地鉄立山線の「横江駅」となっています。横江駅からは徒歩1分でアクセスすることができます。

横江駅までは富山駅から乗り継ぐのがおすすめです。富山駅からは約1時間ほどかかりますが、乗り換えもないのでのんびりと電車の旅を楽しめます。予め行きやすいアクセス方法を調べておきましょう。

ロードバイク用スタンドも完備

Photo bytaehwan_kim

大自然の中に位置している立山サンダーバードは、ロードバイクでアクセスする方も多くいます。サイクリングの休憩がてらアクセスすることができ、ロードバイクのクライマーがよく来る有名スポットです。

そのため、立山サンダーバードにはロードバイク専用のスタンドを設置しています。ロードバイクでアクセスする場合も置き場所に困らずコンビニを使用でき、クライマーからは注目を集めています。

住所 富山県中新川郡立山町横江6-1
電話番号 076-483-3331

称名滝の紅葉は見逃せない!アクセス情報!日本一の絶景は迫力満点!のイメージ
称名滝の紅葉は見逃せない!アクセス情報!日本一の絶景は迫力満点!
日本一の落差を誇る称名滝は紅葉の季節が一番!滝の高さが350mと東京タワーよりも高い落差になります。春は雪解けの水により、称名滝ではない他の滝も生まれ、秋の紅葉シーズンはとにかく絶景の一言。マイナスイオンをたっぷり浴びながら、日本一の滝を一目見てみませんか?
立山登山ルート!初心者でも楽しめるコース!子供連れおすすめ散策も!のイメージ
立山登山ルート!初心者でも楽しめるコース!子供連れおすすめ散策も!
立山といえば標高約3000メートルの山々からなっていて、立山登山となると身構えてしまうかもしれませんが子供と一緒でも立山の自然を楽しみながら散策できるコースもあります。子供が自然と触れ合える絶好の機会ですので一度登山に出かけてみてはいかがでしょうか。

伝説のコンビニ「立山サンダーバード」で名物グルメを味わおう!見出し

Photo by toshifukuoka

富山県で伝説と言われているコンビニ「立山サンダーバード」。立山サンダーバードはアクセスしやすいコンビニになり、大手のコンビニでは見られない商品のラインナップがワクワクできると人気を集めています。

立山サンダーバードは季節ごとに商品も変わっていくので、何度訪れても飽きないとの声も挙がっています。観光客はもちろん、地元の方からの利用頻度も高いので、ぜひ富山へ観光の際は「立山サンダーバード」へ足を運んでみてください。

投稿日: 2021年1月15日最終更新日: 2021年1月15日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote