地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ペトロナスツインタワーは傾きが話題の夜景スポット!予約方法・料金情報も紹介!

ペトロナスツインタワーは傾きが話題の夜景スポット!予約方法・料金情報も紹介!

傾きが話題の超高層ビルペトロナスツインタワーは、美しい夜景が見られるマレーシア最大の有名観光地だ。傾きのペトロナスツインタワーの人気夜景スポットや、入場料金、予約方法などを詳しく紹介する。行き方は事前にチェック!20世紀最大の超高層ビルの夜景をご堪能あれ。

傾きの超高層ビル!ペトロナスツインタワー見出し

マレーシアの超高層ビル、ペトロナスツインタワーは有名な夜景スポット。夜になると銀色にライトアップされ、それは美しい輝きを見せる。ペトロナスツインタワーの夜景を存分に楽しめるスポットや、料金、予約方法、行き方などを詳しく紹介しよう。マレーシアを代表する観光スポットを、存分に楽しんでもらいたい。

1.世界の傾きのある建物見出し

世界に目を向けると、イタリアの「ピサの斜塔」などに代表される、傾きのある建物を見聞きしたことがあるかもしれない。近年日本においても某マンションの傾きが確認されて、話題になったこともある。今回紹介するのはマレーシアにあるペトロナスツインタワー。この超高層ビルに傾きがあると言われているので驚きだ。

2.ペトロナスツインタワーの傾き見出し

マレーシアの首都クアラルンプールにあるペトロナスツインタワーは、高さ452メートル88階建ての20世紀最大の超高層ビルだ。マレーシアの石油会社ペトロナスによって建築され、ツインタワーとしては世界一の高さを誇る。そんなペトロナスツインタワーのひとつが、傾いていると話題になっている。

3.タワー2の傾き見出し

ペトロナスツインタワーのタワー1は日本企業の建設会社ハザマが、タワー2は韓国企業のサムスン建築部門が建築。41階、42階にあるスカイブリッジをフランス企業が手がけた。タワーの周りは緑で整備され、ゆったりとした時を過ごすことができる場所となっている。傾きが話題になっているのは、ペトロナスツインタワーのタワー2だ。

4.傾きをモニタリング見出し

傾きは数センチ程度と言われており、タワー2がタワー1の方へ傾いているのは事実のよう。係員が常時モニタリングをしているので、ペトロナスツインタワーへは安心して上ることができる。マレーシアを代表する観光地なので、是非20世紀最大のタワーに上ってみてほしい。

5.傾きを見てみよう見出し

街中からペトロナスツインタワーを眺めてみても、その傾きは確認できないだろう。とはいえ、話題のペトロナスツインタワーの傾きを見てみたい、という観光客は多くいるので、1度見てみるのもよい。写真に収めればよい思い出となるだろう。

6.ペトロナスツインタワーへの行き方見出し

ペトロナスツインタワーへの行き方を紹介しよう。チャイナタウン、KLセントラル駅方面からの行き方は、クラナジャヤ線に乗り、KLCC駅で下車。地下通路を通りペトロナスツインタワーへ直結。ブッキビンタン方面からの行き方は、ショッピングモールのパビリオンからKLCCまで歩道橋が連絡しており、徒歩で行くことができる。

受付までの行き方

ペトロナスツインタワーへたどり着いてから、受付までの行き方は少し複雑だ。まず、地下1階から地上1階に移動。公園とは反対方向にある北側入り口に向かうと、その北側入り口の両サイドに専用のエスカレーターがある。そのエスカレーターで降りていくと、受付に到着する。行き方をよく確認して、時間に余裕を持って出かけよう。

7.ペトロナスツインタワー基本情報見出し

ペトロナスツインタワーでは41階42階のスカイデッキと、86階の展望台に上ることができる。月曜日が休館日、訪問時間9時から21時(金曜日は13時から14時30分)だ。チケットの販売は8時30から先着順で販売。公式ホームページから事前予約が可能なので、予約をして出かけよう。大人料金80リンギット、子供料金30リンギット。

8.事前予約必須見出し

マレーシアを代表する人気観光スポットなので、事前予約しない場合は長時間行列に並ぶことになる。その人気ぶりは、休日になると早朝から行列ができるほどだ。事前予約は簡単な操作でできるので、英語が苦手でも挑戦してみては。希望の日時、人数、会員登録、本人のクレジットカード情報(当日現地で本人確認あり)を入力し、支払いで完了。

時間厳守

集合はツアー開始の10分前。チケットセンターの向かい側にツアーの入り口があり、遅れてしまうとキャンセルになってしまう。皆早めに集合して待っているので、時間厳守で向かおう。ツアーは10人程度のグループで順番に上っていき、混雑することなくゆっくりと鑑賞することができる。

手荷物検査を済ませてエスカレーターで41階まで上ると、スカイデッキからの眺めを楽しむことができる。15分程度空中散歩を満喫した後、ツアーのハイライト、86階展望台へ移動。展望台からは市内が一望でき、隣に並ぶツインタワーの頂上も間近に見られて迫力。展望台からの眺めを思う存分楽しんでほしい。

9.傾きのタワーから見る夜景見出し

夜のペトロナスツインタワーからは、引き込まれるような美しい夜景を眺めることができる。展望台への入場は20時15分が最終。クアラルンプールの日没は1年を通じて19時以降なので、20時前後の入場がおすすめだ。是非タイミングを合わせて上ってきてほしい。

10.ペトロナスツインタワーを臨むバー見出し

銀色にライトアップされたペトロナスツインタワーを真正面から眺めることができるのが、トレーダーズホテルの33階にあるスカイバー。人気の夜景スポットのため事前にメールで予約必須だ。ソファー席からの眺めは最高で、料金45リンギット。ドレスコードあり、サンダル、短パン不可。

来店時、入り口で荷物チェックあり。日中はプールバーとして使用され、夜景は見られないものの、ゆったりと過ごすことができる。夜のソファ席は大人気で、予約で埋まってしまっていることも多く、早めの予約必須だ。夕刻から来店すれば、夕日に染まるペトロナスツインタワーも眺めることができておすすめ。

11.タワー3から臨む見出し

ペトロナスツインタワーすぐ横にあるタワー3の57階にあるバー、マルティーニズ・オン・57から見るペトロナスツインタワーも素晴らしい。クアラルンプール内では最も高い場所にあるバーで、美しい夜景が楽しめる。タワー3は基本的にはオフィスビルなので、専用の入り口から直通のエレベーターで57階まで上がっていく。

マルティーニズ・オン・57からは、目の前にペトロナスツインタワーが迫ってくるような圧巻の夜景が楽しめる。ライトアップされた上方部が美しい。賑やかな雰囲気のバーだが、テラス席は落ち着いていておすすめだ。また、半テラスのソファ席も開放的で人気。ドレスコードあり、サンダル、短パン、Tシャツ、帽子、ジーンズ不可。

12.電波塔からペトロナスツインタワー見出し

KLCCから約1キロの場所にある、高さ421メートルの電波塔KLタワー。ここから見るペトロナスツインタワーも見事だ。地上276メートルの位置にあるガラス張りの展望台から、ペトロナスツインタワーを臨むことができる。残念ながらペトロナスツインタワーは横からの眺めとなるが、地上の夜景と併せて美しい眺めを楽しめる。

KLタワーは東南アジア最大の電波塔。標高94メートルの丘に建つため、目視ではペトロナスツインタワーよりも高く見える。展望台の入場料金47リンギット。ガラスのない屋上エリアも入場可能で、入場料金99リンギット。屋上エリアは19時までの入場なので、日没が19時以降のクアラルンプールでは残念ながら夜景を見ることはできない。

13.ペトロナスツインタワー下から見出し

ペトロナスツインタワー真下からの眺めも見逃せない。見上げると首が痛くなりそうなほどのペトロナスツインタワーだが、間近で見るタワーは大迫力で、今にも落ちてきそうな感覚を覚えるだろう。ペトロナスツインタワーは昼間も素晴らしいが、ライトアップされると圧巻の眺め。1度は見ておきたい夜景スポットだ。

14.ペトロナスツインタワー噴水広場見出し

スリアKLCCのKLCCパーク噴水広場では20時から噴水ショーを開催。ペトロナスツインタワーの夜景と併せて鑑賞することができておすすめ。タワーの真正面に位置していて、人気の夜景スポット。真下からペトロナスツインタワーを眺めた後には、こちらの夜景も楽しみたい。

噴水ショーは光と音楽がコラボレーションしており、クオリティの高いショーとなっている。地元のデートスポットで、無料でロマンティックな夜を楽しめる場所だ。混雑していないので、ゆったりと夜景とショーが楽しめる。ただし、夜女性一人で出かけるのは避けよう。

傾きのタワーの夜景は必見!見出し

ここまでペトロナスツインタワーについて紹介した。今回紹介した行き方や予約方法などを参考にして、マレーシアの旅に役立てほしい。また、銀色に輝くペトロナスツインタワーの夜景は見逃せない。人気の夜景スポットでお酒や夜景を楽しみながら、素敵な時間を過ごしてほしい。

マレーシアの食事でおすすめ料理は?人気グルメ情報を紹介!ラーメンも?のイメージ
マレーシアの食事でおすすめ料理は?人気グルメ情報を紹介!ラーメンも?
東南アジアの中心に位置する、旅行にも人気のマレーシア。マレーシアには、マレーシアならではのグルメがたくさんあるんです。今回はマレーシアのおすすめ料理や、定番の食事についてご紹介します。人気グルメやおすすめ料理をチェックして、マレーシアの食事を楽しみましょう。
マレーシアのお土産でおすすめは?雑貨やお菓子など人気商品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
マレーシアのお土産でおすすめは?雑貨やお菓子など人気商品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
マレーシアといえば、首都のクアラルンプールや、世界遺産に登録されているマラッカなど、様々な観光スポットがあります。そんなマレーシアでおすすめのお土産といえば何でしょうか。今回は、マレーシアに行ったらおすすめしたいお土産をご紹介します。
コタキナバル観光はマレーシアのおすすめ名所がいっぱい!魅惑のビーチに大感動! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
コタキナバル観光はマレーシアのおすすめ名所がいっぱい!魅惑のビーチに大感動! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
コタキナバルには大自然が生み出す癒しのスポットや、世界で3番目に大きい島、ボルネオ島があったりとマレーシアでのおすすめ観光スポットが数多くあります。今回はコタキナバルの美しいビーチをはじめとしたコタキナバルを満喫できる観光スポットを紹介していきます。

関連キーワード

投稿日: 2017年6月26日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote