地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

仁淀川町観光スポット10選!ひょうたん桜・上久喜の花桃は必見!

仁淀川町観光スポット10選!ひょうたん桜・上久喜の花桃は必見!

高知県仁淀川町は仁淀川を始めとした自然あふれる豊かな町です。自然が作り出した神秘的な場所や、これからのお花見シーズンにも最適な観光スポットも合わせてご紹介いたします。仁淀川町へと観光に行く際は参考にしてはいかがでしょうか。

仁淀川町の観光スポットを紹介!見出し

仁淀ブルーで有名な仁淀川。聞いたことがある人はいるかもしれませんね。仁淀川町には仁淀ブルーが見られる安居渓谷など、仁淀川町には魅力がいっぱい!これからの時期は桜も見ごろ。有名なひょうたん桜や上久喜の花桃など仁淀川町の観光スポットをご紹介していきます。

仁淀川町を観光しよう!『仁淀川』見出し

高知県の仁淀川町と言ったらここ仁淀川!仁淀ブルーで有名な仁淀川は、全国1級の河川の水質第1位!愛媛県の石鎚山を源に発し高知県の土佐湾まで流れています。

高知県の清流といえば、四万十川が有名ですが水の透明度はなんと仁淀川の方が透明なんです。その透明度は『奇跡の清流』とも呼ばれています。

仁淀川の鮎

仁淀川は見るだけでなく、天然の鮎が釣れます。囮の鮎を泳がせて、そこに攻撃を仕掛けてくる鮎を針で引っ掛けて釣り上げる『友釣り』を楽しむことができます。この鮎釣りは、仁淀川の夏の風物詩みたいです。友釣りができる期間は決まっているので注意していただけたらと思います。

もちろん鮎釣りだけでなく、仁淀川流域の飲食店でも仁淀川の天然鮎を食べることができます。釣りをしなくてもキレイな川で釣れる鮎を食べてみてはいかがでしょうか。7月下旬から8月中旬に水揚げされる鮎は脂が乗っており、よりおいしいですよ。

仁淀川町を観光しよう!『久喜橋』見出し

仁淀川流域は日本でも有数の多雨地域であり、大洪水が起こったとき橋の流水を防ぐため洪水時に水没することを前提とした『沈下橋』が多く架けられています。その中でも久喜橋は、高知県で最も古い沈下橋です。

この久喜沈下橋は、仁淀川流域でも珍しいアーチ形の鉄筋コンクリートで出来た沈下橋です。国の登録有形文化財にも指定されています。岩と一体化しているシンプルな沈下橋です。仁淀川のキレイな水と歴史を感じることができる久喜橋を見るのもいいかもしれませんね。

仁淀川町を観光しよう!『安居渓谷』見出し

高知2大渓谷の1つここ『安居渓谷』は、川石が青みがかっていたり、原生林に囲まれていたり緑豊かな渓谷です。初夏には新緑が、秋には紅葉が楽しめ、どの季節でも絶景を見ることができます。安居渓谷は最も仁淀ブルーを堪能できる場所ともいわれています。他にもたくさんの見どころがあります。仁淀川町に訪れるなら1度は目にしたい景色があるので仁淀川町を観光する際には、ぜひ参考にしてくださいね。

みかえりの滝

安居渓谷の最初の見どころはここ、『みかえりの滝』小川が数段、段違いになって流れ落ちている滝です。立ち去るときにもう一度振り返って見たくなることからこの名前が付いたそうです。

飛龍の滝

乙女河原から遊歩道を歩いていくと飛龍の滝を見ることができます。安居渓谷の中心的な観光スポットです。みかえりの滝とはまた違った壮大さがありますね。

昇龍の滝

見返りの滝や、飛龍の滝ほど水量は少ない昇龍の滝ですが、落差60mもあり、雨が降った後など水量が多い時は迫力満点!周囲の植林を間伐することによって人目に触れるようになった滝です。趣がある滝ですね。

水晶淵

仁淀川ブルーをもっとも堪能できる場所といえば、水晶淵。水の流れが穏やかなので一層ブルーに見えます。ここだけ空を切り取ったような青色でとても神秘的な場所ですね。安居渓谷に来たら一度は訪れて欲しい場所です。

仁淀川町を観光しよう!『中津渓谷』見出し

高知2大渓谷のもう1つはここ『中津渓谷』入口から遊歩道が整備されており、まるで冒険をしているかのように渓谷を間近に見ながら散策を楽しめます。燃えるようなもみじが知られている名所です。雨などの自然の力で造られた造形美が楽しむことができます。安居渓谷とはまた違った仁淀ブルーを見ることができます。

雨竜の滝

中津渓谷の奥深くにある、シンボルともいわれる雨竜の滝。観光に訪れるなら外せないこの場所!この雄大さから『竜吐水』とも呼ばれています。天候や時間帯にもよりますが、運が良ければ虹がみられることもあるみたいです。運が良ければ見れるかもしれませんね。遊歩道が整備されており、間近でこの迫力を体験することができます。

竜宮淵

雨竜の滝の上にあるのがここ竜宮淵。周りにもみじがあるので紅葉の時期だと、燃えるようなもみじと竜宮淵が楽しめます。古くからの言い伝えで主が住んでいたとも言われています。

石柱

遊歩道の最上流部にある、千古の流水が彫刻を施した石柱があります。この石柱は谷底から約20mの高さがあります。ここは渓谷の中で最も幅が狭いです。この神秘的な光景は一度は目にしたいですね。

七福神

中津渓谷の遊歩道を、歩くと7人の神様に出会うことができます。渓谷のキレイな景色を眺めながら、7人の神様をぜひ探してみてください。神様全員に出会えることができたらなにか良いことが起こるかもしれませんね。

仁淀川町を観光しよう!『ひょうたん桜』見出し

高知県で最も人気のある桜。仁淀川町の桜地区にある『ひょうたん桜』学名はウバヒガンといいます。樹齢500年余り、高さ21m、根本廻り6mもある大木です。ほんとに大きな木ですよね!県の天然記念物にも指定されている古くからある桜の木です。見ごろは例年だと4月上旬だそうです。

つぼみの形がひょうたんに似ていることから『ひょうたん桜』と呼ばれるようになったそうです。普段目にする桜のつぼみは細長いのですが、ひょうたん桜のつぼみは本当にひょうたんのようで不思議ですね。

ひょうたん桜の周りには菜の花も咲いているので、ピンク色の桜と黄色の菜の花のキレイなコントラストも見ることができます。仁淀川町を訪れる際には、春らしい景色をぜひ見てはいかがでしょうか。

桜の見ごろの期間中、地元の人たちが売店を出されております。そこでは、うどん、おでんなどの軽食の他に、名物の桜ゼリー、手作り饅頭、特産のブンタンなどを販売しています。目と舌でひょうたん桜を目一杯楽しむことができます。

仁淀川町を観光しよう!『上久喜の花桃』見出し

仁淀川町上久喜にある『上久喜の花桃』。山一面に花桃が植えられており、辺り一面花桃で埋まっています。その光景はまさに桃源郷とも呼ばれています。

地元の人が15年かけて植えてきた、寒さに強い花桃。今ではその数は約1000本とも言われています。まるで山が花桃でできているかのようです。見る場所によっては、花桃と農村の美しい光景も見ることができます。春に仁淀川町に観光に来るならひょうたん桜と上久喜の花桃は、外せませんね。

仁淀川町を観光しよう!『中越家のしだれ桜』見出し

ひょうたん桜、花桃以外にも春に見ごたえのあるお花見スポットがあります。それがここ『中越家のしだれ桜』です。樹齢約200年のエドヒガン(ウバヒガン)桜。仁淀川町別枝本村の旧庄屋中越家の庭にあります。

咲はじめはピンク色で満開になると白っぽくなり、開花の割合によって色味が変わる美しい桜です。山間の中に凛々しくたつ美しいしだれ桜は雄大です。中越家とその周辺は土佐の3大祭りの1つ『秋葉まつり』の重要な舞台でもあります。ご鑑賞の際は個人宅のため迷惑にならないよう注意してください。

仁淀川町を観光しよう!『池川茶園』見出し

ここではお茶を使ったスイーツが味わえます。茶農家の女性達が2010年に立ち上げたスイーツ工房です。お茶の栽培からお茶の風味豊かなスイーツまで手作りされております。

池川茶園で一番人気なのはこれ『茶畑プリン』このプリンに使用される茶葉はプリン専用に育てている茶葉を使用しているそうです。『かぶせ茶プリン』と『ほうじ茶プリン』を味わってはどうでしょうか。プリンだけではなく、茶畑ロール、茶畑パフェ、ソフトクリームもあるので、テラス席で景色を楽しみながら味わってみてはどうでしょうか。

仁淀川町を観光しよう!『長者の大銀杏』見出し

高知県の県指定天然記念物に指定されているこの『大銀杏』は、樹齢1、200年とも言われており樹高約15m、根回り11.6mもある大きな銀杏の木です。秋には樹全体が黄色く色づき、地面は銀杏の落ち葉で黄色い絨毯が広がる景色を見ることができます。

春は花しょうぶ祭り、夏は長者、秋はキャンドルナイトなど様々なイベントもこの長者地区で行われています。どの季節に行っても楽しめる場所です。堂々とたたずむ長者の大銀杏を人目見てはいかがでしょう。

仁淀川町を観光しよう!『大渡ダム公園』見出し

大渡ダム湖の茶霧湖を中心に14ヵ所の広場や公園が整備されています。大渡ダム公園には、公園内は緑豊かでアスレチックや遊具などがあります。毎年5月頃に町内の神楽が集まり舞を披露するイベントも行われています。公園には展望台もあり大渡ダムの歴史や働きを知ることができ、大渡ダムを一望することもできます。

茶霧湖周辺の坂道や小道に約3000本のソメイヨシノがあり、春には桜も楽しむことができます。遊び場もあるので、ご家族で行ってみてはいかがでしょう。

仁淀川町は自然が豊か!見出し

仁淀川町の観光スポットはいかがでしたでしょうか。自然が作り出した神秘的な光景や、歴史を感じられる建築物などに淀川町には、見どころがいっぱい!春は桜などの花が咲き誇り、夏は仁淀川のキレイなブルーが見られ、秋には美しい紅葉、冬には山に雪化粧が施される景色を見ることができます。どの季節に行っても自然豊かな景色を見ることができます。ぜひ仁淀川町へ観光に行ってみてはどうでしょうか。

仁淀川観光スポット10選!仁淀ブルーに放心!アクセス・川遊び・カヌー! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
仁淀川観光スポット10選!仁淀ブルーに放心!アクセス・川遊び・カヌー! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高知県には仁淀川という日本一の透明度を誇る川が流れ、『仁淀ブルー』と呼ばれています。夏はカヌーや川遊びにキャンプ等、仁淀川周辺の美しい自然の中で愉しめます。仁淀川周辺の観光地では楽しい催しも盛りだくさんです。そんな仁淀川の観光スポットを厳選してご紹介します。
投稿日: 2017年3月6日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote