ニコライバーグマンのフラワーボックス!値段や日持ちは?プレゼントにおすすめ

2017年9月10日 (2018年11月26日最終更新)

デンマーク出身のフローリスト、ニコライバーグマンが考案した「フラワーボックス」が今大人気です。BOXに敷き詰められた花が美しく、贈り物にとても喜ばれています。そこで、このニコライバーグマンのフラワーボックスについて紹介します。

目次

  1. ニコライバーグマンのフラワーボックス
  2. ニコライバーグマンは大人気フラワーアーティスト
  3. ニコライバーグマンによるフラワーボックスの誕生
  4. ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由1:箱詰めの花
  5. ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由2:デザイン
  6. ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由3:種類
  7. ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由4:日持ち
  8. ニコライバーグマンのフラワーボックスの値段
  9. ニコライバーグマンのフラワーボックスの保存方法
  10. ニコライバーグマンのフラワーボックスの購入場所:店舗
  11. ニコライバーグマンのフラワーボックスの購入場所:オンライン
  12. ニコライバーグマンのフラワーボックスを贈ろう

ニコライバーグマンのフラワーボックス

デンマーク出身のフローリスト、ニコライバーグマンが考案した「フラワーボックス」が今大人気なのをご存知ですか。箱に入ったフラワーギフトという斬新なアイディアと、色鮮やかなデザインがヒットし、プレゼントにとても喜ばれています。この記事では、フラワーボックスの人気の理由や気になる値段などについて徹底紹介します。

ニコライバーグマンは大人気フラワーアーティスト

ニコライバーグマン(Nicolai Bergmann)は、北欧の国デンマーク出身のフラワーアーティストで、和と洋を見事に融合させた独自のスタイルを確立しています。

父親が園芸植物の卸業者であり、父親の仕事の関係で19歳のときに来日しました。日本の花屋さんなどで下積み時代を過ごし、ヨーロッパとは対照的な花の色使いや、日本独特の枝ものを使った空間作りなどを学びました。

独立後の現在は名だたる企業とのコラボレーションや国内外に12店舗のショップを構えるなど目覚ましい活躍を遂げています。ここまで来るのに10年かかっているそうですが、着実に積み上げた経験と知識がニコライバーグマンの世界観を確固たるものにしています。今後はジュエリーや世界への事業展開など、まだまだいろいろな計画があります。

ニコライバーグマンによるフラワーボックスの誕生

ニコライバーグマンと言えば「フラワーボックス」というくらい、人気が定着してきているフラワーギフト。企業からの依頼をきっかけに考案されたフラワーボックスは、四角い箱に花が敷き詰められているというのが特徴ですが、これは四角の直線と、花の自然な曲線のコントラストが美しいというアイディアから生まれたものです。

今では大人気のフラワーボックスですが、当初は日本ならではの苦労話もありました。カラフルな花とのコントラストがより鮮明に映えるというこだわりから、使用する箱を黒色に決めました。しかし、日本で黒色はお葬式などのイメージがあることから、周りからの反対意見もあったそうです。

ここで折れずに信念を貫き通したニコライバーグマン。花の美しさをより活かすために黒にこだわり、結果として多くの人に愛される大人気のフラワーボックスが完成しました。ロゴ入りの黒い箱はスタイリッシュな装いで、とてもオシャレです。こうしたこだわりからもプロフェッショナルな顔が伺えます。

ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由1:箱詰めの花

様々なシーンで花をプレゼントしたり、受け取ったりすることがありますが、この場合花束やプリザーブドフラワーなどが一般的です。

実際のところ、持ち帰る時に気を遣ったり、花束なら持ち帰ったあと自分で花瓶に生ける必要があり、嬉しい半面取り扱いに困ることもしばしばあります。

ニコライバーグマンの生み出したフラワーボックスなら、美しいフラワーアレンジが詰まったボックスなので、持ち運びもしやすい上に、家に飾る時もそのまま置くだけで絵になります。このように美しさだけでなく、実用性も非常に優れているため、プレゼントにもおすすめです。

ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由2:デザイン

ニコライバーグマンがデザインするフラワーボックスは、季節の花を使ったり、組み合わせも様々で、その豊富なデザインが人気の理由のひとつです。

ボックスも基本的には四角い箱ですが、それ以外にも丸い箱やハート型の箱などもあります。箱を開ける瞬間まで中身がわからない、このワクワク感がたまりません。

ニコライバーグマンの創作するフラワーデザインは「ニコライカラー」と呼ばれ、ひと目で彼の作品であることが分かる程、その世界観が確立されています。ニコライバーグマンの出身地であるヨーロッパと日本では、花に対する色使いにも違いがあります。ニコライバーグマンは両方の良さを上手く融合させて、オリジナルの作品を生み出し続けています。

ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由3:種類

ニコライバーグマンのフラワーボックスはプレゼントとして大活躍しており、その使われ方はとても幅広いです。誕生日のお祝いやの記念日のお祝い、おめでたいことがあった時など、重宝されています。プレゼントする相手の好きな色やイメージなどに合わせてデザインを選ぶのがおすすめです。

また、父の日や母の日などの大切な日、クリスマスなどの一大イベントにもおすすめです。最近ではウェディングにも大活躍しており、リングピローや結婚式の引き出物としても人気です。

もちろん普段使いとして、季節に合わせたフラワーボックスを自宅に飾るなど、いろいろな楽しみ方ができます。

ニコライバーグマンのフラワーボックス人気の理由4:日持ち

フラワーボックスをプレゼントするにあたり、気になるのは日持ちですよね。ニコライバーグマンのフラワーボックスは、生花を使うボックスと、プリザーブドフラワーを使うボックスの2種類あります。当然ですが生花であれば、プリザーブドのように長く持ちしませんが、手入れをすれば1週間ほど日持ちします。

プリザーブドフラワーの場合は、保存方法に気をつければ最低でも5年は飾っておくことができるので、より長く楽しめます。

この2種類では値段も当然持ちがいますが、日持ちも手入れ方法も全く違うので、プレゼントする相手はどちらの方が喜ぶかを考えて選ぶことをおすすめします。

それぞれの特徴として、フレッシュフラワーは日持ちが短いですが、生花ならではの良い香りや色合いを楽しむことができます。

プリザーブドフラワーは、生花のような香りや自然の色合いはないですが、日持ちが長く美しい状態を保ちます。このように特徴を理解した上で、シーンによって使い分けるのも良いでしょう。

ニコライバーグマンのフラワーボックスの値段

ニコライバーグマンが手掛けるフラワーボックスの気になる値段ですが、これは大きさと種類、生花かプリザーブドかによって違います。生花の場合、日持ちは長くありませんが、予算を抑えたい場合には購入しやすい値段です。生花の小サイズは3780円、中サイズ7020円、大サイズ11340円となっています。

プリザーブドフラワーの値段は、小サイズ9000円台から購入できます。中サイズは中身によって10000円から30000円と値段に幅があります。大きいサイズは30000円台となっています。

生花に比べると値段があがりますが、長く楽しんでもらうには、プリザーブドフラワーがおすすめ。シーンや予算に合わせて、ベストのものを選びましょう。

Originalクリスマスプレゼントを友達に贈ろう!低予算でも絶対喜ばれるギフト特集! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
クリスマスと言えばプレゼント。予算が限られているけど喜ばれるプレゼントを贈りたいと時の為に、...

ニコライバーグマンのフラワーボックスの保存方法

せっかくプレゼントでもらったフラワーボックスは、やはり綺麗な状態で保存して、少しでも長く楽しみたいものです。フレッシュフラワーとプリザーブドフラワーそれぞれの保存方法を紹介するので、ぜひ参考にお手入れしてみてください。

フレッシュフラワー

フラワーボックスの底には、水を含んだスポンジが敷いてあります。水を絶やさないために、花の隙間から適度に水を補給しましょう。この時、スポンジよりも多い水をあげないように注意が必要です。水をやりすぎると、逆に傷みが早くなってしまいます。直射日光や風にさらされる場所を避けて、比較的涼しい場所で保管すると日持ちします。

プリザーブドフラワー

すでに保存用に処理されているため水やりは不要です。プリザーブドも生花と同じく直射日光を避け、涼しい場所で保管するようにしましょう。プリザーブドフラワーは長持ちする分、置きっぱなしにしているとホコリが溜まってきます。定期的にブラシなどで傷つけないよう掃除してあげてください。

ニコライバーグマンのフラワーボックスの購入場所:店舗

大人気のフラワーボックスは、ニコライバーグマンの展開する各店舗で購入することができます。本店は港区南青山にあり、表参道駅から徒歩数分というアクセスのよさが魅力です。その他、銀座や六本木など東京都内の各所にショップ展開されているので、実際に店舗に足を運び、素敵な雰囲気の中フラワーボックスを選ぶことができます。

東京以外の場所では、西日本の大阪、京都、福岡にも店舗があります。ショップにはフラワーボックスのほかにも、1本から購入できる美しい花や珍しい植物も置いてあり、見ているだけでも楽しい空間になっています。プレゼント選びのついでに、お気に入りを見つけて自分用にも購入いただけるのでおすすめです。

ニコライバーグマンのフラワーボックスの購入場所:オンライン

東京をはじめとする各店舗に行きたくても行けないという方は、オンラインストアで購入することが可能です。各地に店舗展開されていると言っても都市部に集中しているので、お店が遠くにあってなかなか行けない方や、行く時間がない人は、オンラインストアを利用できます。空いた時間にさくっと気軽に利用できるのでおすすめです。

オンラインストアでは、生花とプリザーブドそれぞれのフラワーボックスが掲載されていて、デザインや値段も一覧で表示されとてもわかり易いです。

フラワーボックス以外にも、フラワーアレンジメントやフラワーブーケなどもオンラインストアで購入することができるので、ぜひチェックしてみてください。

ニコライバーグマンのフラワーボックスを贈ろう

ニコライバーグマンのフラワーボックスの魅力や人気の秘密がよくお分かりいただけたでしょうか。プレゼント用に購入したら、その後のお手入れの方法も合わせて相手に伝えると、より喜んでもらえます。ぜひいろいろなシーンで、ニコライバーグマンのフラワーボックスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
Suzy

原宿・代々木・表参道の人気ランキング

原宿・代々木・表参道の新着のまとめ