地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

台湾の嘉義から行ける温泉は日帰りもOK!行き方やおすすめのスポットを紹介!

台湾の嘉義(ジャーイー)には、台湾四大温泉の一つがあることをご存知ですか?有名な温泉のある嘉義は、台南の高雄市から日帰りで行くことができる人気の観光スポットです。今回は、温泉の行き方やおすすめのホテルの他、周辺の観光地のまで盛りだくさんでお伝えします!

台湾の嘉義から温泉へ行ってみよう見出し

台湾の台南地域にある嘉義には、温泉街として知られている関子嶺温泉があります。台湾の四大温泉の一つとして有名な関子嶺温泉街は、台南から日帰りできる観光地。温泉街は、嘉義から車で約1時間ほどの山間にあります。今回は、温泉だけでなく、嘉義で人気の観光スポットや台湾グルメ、そしておすすめのホテルもご紹介していきます。

嘉義の温泉街の魅力見出し

嘉義の関子嶺温泉街の中には、人気の温泉宿があり、老舗の関子嶺大旅社や泥湯の規模が大きいと評判の景大渡假荘園などがあります。嘉義客運バスで行くなら、終点の嶺頂公園が最寄りのバス停となります。海外の温泉では、日本と違って裸での入浴が禁止されていることが多いです。水着着用となりますのでご注意ください。

嘉義の温泉「関子嶺温泉」の泥湯見出し

嘉義の温泉「関子嶺温泉」は、世界でも数少ない泥湯の温泉です。泥湯と言うと、重くてドロドロしているイメージがありますが、泥質は意外とサラッとしているようです。泥を体や顔に塗って、泥パックにすればお肌がつるつるになるとか?嘉義の関子嶺温泉は、美人の湯として知る人ぞ知る人気の温泉なのです。

嘉義の温泉「関子嶺温泉」の効能見出し

嘉義市街から少し離れた静かな山間にある関子嶺温泉の泉質は、アルカリ性炭酸泉です。お肌がすべすべになる人気の温泉です。嘉義と関子嶺温泉への行き方や温泉近辺のホテル情報は、のちほど詳しくご紹介します。台南から日帰りできますので、人気の台南観光も併せて計画してみましょう。きっと大満足の旅になること間違いなしです。

台南観光におすすめ!人気のスポットやグルメ情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台南観光におすすめ!人気のスポットやグルメ情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「台湾の京都」と呼ばれる台南はその歴史的背景から多くの旧跡が残る観光スポットです。また台南小吃(たいなんしゃおちー)と呼ばれるおすすめグルメもたくさんあります。台湾観光は台北だけではありません!このまとめでは今人気の台南のおすすめスポットをご紹介します。

嘉義の温泉周辺おすすめの観光地1:北回帰線標塔見出し

嘉義の温泉周辺おすすめの観光地その1は、北回帰線標塔です。台南市の南西3.3㎞の下寮村内にある、北緯23度27分4秒51、東経120度24分46秒5の位置にある北回帰線の標塔です。この線より南は、緯度上の熱帯地域とされ、北側は亜熱帯地域となります。初代の北回帰線標塔は1908年に建てられたそうです。

台南の気候は沖縄南部と近く、台風や震災などが頻繁に起こります。この標塔も台風や震災で破壊されるなど、自然災害の影響にさらされ、建て替えられてきました。現在、道路沿いに建っているのは、5代目の標塔だそうです。また、標塔の周囲は公園としても整備されています。夜はライトアップも綺麗だそうです。

住所:嘉義県水上郷下寮21‐25号 電話番号:055‐286‐4905

嘉義の温泉周辺おすすめの観光地2:嘉義公園見出し

嘉義の温泉周辺おすすめの観光地その2は、嘉義公園です。嘉義公園は1911年に開園された広大な公園で、正面から入って左の道をまっすぐ行くと、昔使われていた阿里山鉄道の蒸気機関車が展示されています。日本統治時代に嘉義神社だった忠烈祠には、今も狛犬や手水舎、灯篭が残っています。

また、木造建築の社務所は、嘉義史蹟資料館となっています。この資料館も、日本軍統治時代の歴史が感じられる建物です。忠烈祠の参道の奥には「射日塔」という12階建てのビルがあり、11階と12階の展望台から、嘉義市内を見渡すことができるようです。嘉義公園への行き方は、嘉義公社2路バスなどをご利用ください。

住所:嘉義県嘉義市忠孝路275号 電話番号:05‐278‐8225

嘉義の温泉周辺おすすめの観光地3:九華山地蔵庵見出し

嘉義の温泉周辺おすすめの観光地その3は、九華山地蔵庵です。丸華山地蔵庵は、300年以上の歴史を持つお寺です。行き方は、嘉義公園から北西方向に徒歩10分ほどです。地下室を含めた7つの宝物殿は1978年に再建されたものだそうです。その高さは台湾一とも言われています。

九華山地蔵庵の宝物殿には、各階に地蔵菩薩が祀られていて、参拝者は各階で丁寧に焼香します。写真では、信者の方々が熱心にお祈りを捧げている様子が伺えます。最上階までは、きつい階段が続いていますが、上からは嘉義市内を一望できる絶景ポイントなのでおすすめです。

住所:嘉義県嘉義市民権路255号 電話番号:05‐278‐2555

嘉義でおすすめの台湾グルメ見出し

嘉義でおすすめの台湾グルメその1:噴水鶏肉飯店

嘉義で味わいたいおすすめの台湾グルメその1は、鶏肉飯。ご飯の上に七面鳥の蒸した肉と野菜を細く切って載せ、たれをかけたシンプルなお料理です。「噴水鶏肉飯店」は、地元の人なら誰もが知っている人気のお店です。メニューには、鶏片飯と鶏絲飯があります。蒸し料理なので薄味でヘルシーなので、健康志向の女性にもおすすめです。

住所:嘉義県嘉義市中山路325号 電話番号:05‐222‐2433

嘉義でおすすめの台湾グルメその2:林聡明沙鍋魚頭店

嘉義で味わいたいおすすめの台湾グルメその2は、沙鍋魚頭。揚げた扁魚の頭に、豆腐屋白菜、きくらげなどを加えてじっくり煮込んだスープ料理が味わえます。「林聡明沙鍋魚頭店」の沙鍋魚頭は三人前で230元ほど。コクと甘みのあるスープは、ピリッとした絡みも利いていて美味です。台南から日帰りで行けますので、ぜひ一度食べてみてください。

住所:嘉義県嘉義市中正路361号 電話番号:05‐227‐0661

嘉義温泉近辺のおすすめホテル1:耐斯王子大飯店見出し

台南から日帰りで行ける嘉義でおすすめのホテルその1は、耐斯王子大飯店。プリンスホテル系列のホテルです。こちらは、嘉義で一番新しいホテルです。大型デパートの耐斯松屋に隣接していてお買い物にも便利です。行き方は、タクシーで嘉義駅から15分ほどです。台湾のタクシーは日本ほど高くないので、気軽に利用できます。

台湾のタクシー事情!料金や乗り方の注意点は?安くておすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾のタクシー事情!料金や乗り方の注意点は?安くておすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の面積は日本の九州より少し小さくて人口は約2400万人です。案外知られていない台湾のタクシー事情と料金や乗り方の注意点、安くておすすめのタクシーなどについてご説明します。これで台湾のタクシーを利用するのに困らないための予備知識は万全です。

嘉義温泉近辺のおすすめホテル2:皇爵大飯店見出し

台南から日帰りで行ける嘉義でおすすめのホテルその2は、皇爵大飯店。広々としたロビーが特徴です。お値段は先ほどのプリンスホテルよりお手頃で、立地も設備もスタッフの対応も良いと評判です。レストランやバーの他、会議室などの施設もあるようです。行き方は、嘉義駅から東へ徒歩5分ほどです。

嘉義温泉近辺のおすすめホテル3:嘉冠大飯店見出し

台南から日帰りで行ける嘉義でおすすめのホテルその3は、嘉冠大飯店。設備は少し古いですが、お部屋は広くて清潔です。フロントの対応もフレンドリーだそうですよ。朝食は有料で、中華または洋食から選べます。4、5人部屋は1600元から2100元、などもあるそうです。行き方は、こちらも嘉義駅から東へ徒歩5分ほどです。

嘉義温泉のアクセス見出し

嘉義にある関子嶺温泉までの行き方をご紹介します。台湾には台鉄といわれる鉄道と高鉄といわれる新幹線がありますが、台南と嘉義の新幹線の駅はいずれも街から離れたところにあるので、台湾鉄道がおすすめです。まずは、台南の高雄市から特急に乗ります。50分ほどで嘉義に到着です。

次に、嘉義駅から温泉街のある関子嶺への行き方です。関子嶺へは、嘉義から1時間おきにバスが運行されています。嘉義客運というバスを利用します。バスターミナルは、嘉義駅から5分ほど離れた中山路沿いにあります。関子嶺温泉までの料金は85NTD、所要時間は約1時間ほどかかります。台南から日帰りでも行けます。

まだまだあります嘉義の楽しみ方!見出し

嘉義は、元来木材や製糖業が盛んな産業都市でした。2007年に台湾新幹線が開通し、その後、国立故宮博物院南分院が会館されるなど、観光の拠点として発展してきています。また、阿里山観光の出発点としてもよく知られています。一方、日本による統治時代に嘉義農林(現在の国立嘉義大学)が甲子園で準優勝したことでも有名です。

2015年には、嘉義農林の野球チームがテーマとなった映画「KANO」の舞台としても有名になりました。甲子園を戦った選手たちの熱い物語のロケ地を回ってみてはいかがでしょうか。KANO故事館には、監督の家を再現した撮影現場があり、昭和初期の暮らしぶりを見ることができます。ギフトショップでは関連グッズなども販売されています。

また嘉義は、台湾でも有名な観光地「阿里山」へのアクセスポイントとしても知られています。嘉義駅前のバスターミナルから阿里山行きのバスにのると、所要時間二時間半ほどで到着です。阿里山の日の出見物をしたい方は、初日は、台南から嘉義を経て阿里山へ移動し、翌朝、祝山駅付近の展望台からご来光を待つのも良いかもしれません。

また、自然が好きな方は、阿里山森林有楽区へ行って森林散策するのもおすすめです。廟や博物館、お寺などを過ぎると、歳月を刻んだ大きな木の切り株やや、不思議な形をした木々の間から差し込む薄い日差しが幻想的な風景を醸し出しています。巨木群に囲まれた遊歩道はマイナスイオンたっぷりで癒されます。

嘉義への日帰りが終わったら台南も満喫しよう!見出し

嘉義エリアと温泉街への旅はいかがでしたか?日帰り旅行が終わったら、台南に戻ってローカルグルメを堪能しましょう。有名なナイトマーケットをはじめ、台湾居酒屋やオリジナル料理が味わえる名店がたくさんあります。温泉で疲れを癒して、安くておいしい台湾料理に舌鼓を打てば、大満足の旅になること間違いなしです。

投稿日: 2017年10月2日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote