地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツが台北で大人気!おすすめメニューや店舗の場所は?

食べ歩きが楽しい台北は、今一番ホットな旅行先として日本人に人気です。数あるグルメ店の中から、台北っ子に大人気のドーナツ店「脆皮鮮奶甜甜圈」をご紹介します。脆皮鮮奶甜甜圈が大人気の理由や、おすすめメニュー、営業時間、店舗への行き方などを詳しく説明します。

グルメな街台北に来たら食べ歩きはマスト!見出し

Photo byPexels

今、日本は空前の台湾ブームです。特に台北へ旅行に行く日本人が絶えません。その魅力の一つは、絶品グルメやスイーツがたくさんあることです。台北は、旅の醍醐味である食べ歩きにうってつけのグルメな街です。老舗店から流行最先端のお店まで絶品グルメがひしめき合う中、今回は行列の絶えない人気ドーナツの人気ぶりや営業時間などをご紹介します。

脆皮鮮奶甜甜圈は行列ができる人気店見出し

Photo byStockSnap

台北の人気ドーナツ店の名前は、「脆皮鮮奶甜甜圈」です。台北には、日本や欧米で人気のドーナツ店も進出しています。それにも関わらず、台北っ子にとって、ドーナツと言えばこのお店「脆皮鮮奶甜甜圈」です。店頭に毎日行列ができる様子をみると、その人気ぶりに驚くかもしれません。

Photo byandrewhaimerl

脆皮鮮奶甜甜圈は、ツイピーシェンナイティェンティェンジュワンと読みます。脆皮はカリッとしていること、奶はミルク、甜は甘い、圈は輪っかを意味しています。甜甜圈は甘い輪っか、つまりはドーナツのことです。直訳すると「カリッとした皮の新鮮なミルクドーナツ」と言う意味になります。

脆皮鮮奶甜甜圈ってどんなお店?見出し

Photo by BAMCorp

脆皮鮮奶甜甜圈は、2003年に台北で開業したドーナツ店です。元々、晴光市場の屋台で販売していたことが始まりです。次第にドーナツの味のおいしさが評判となり、今では立派な店舗を構えるまでの人気店となりました。その評判は、連日の行列を見たらわかるように昔も今も変わらずです。

Photo bycocoparisienne

ドーナツは、全て店舗で揚げたてを作り販売しています。特に、出来たてのドーナツが出てくる時間帯は、それをを狙って訪れる常連も多く、店舗前にはいつも行列が絶えません。ただし、飲食スペースやカフェはなくテイクアウト専門店です。回転が良いので、あまり長い時間並ばなくても購入することができます。

台北の市場特集!有名な永楽・濱江市場、その他市場の見所をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台北の市場特集!有名な永楽・濱江市場、その他市場の見所をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
その土地の市場に行くと、現地の方の本来の生活を垣間見ることができます。台北にも、庶民の生活に寄り添い長年利用されている伝統的な市場がたくさんあり、朝早くから夜遅くまで賑わっています。生鮮食品から日用品まで揃い、活気あふれる台北の市場をご紹介していきましょう。

脆皮鮮奶甜甜圈は穴場のグルメスポット見出し

Photo by diogopalhais

脆皮鮮奶甜甜圈は、まだ日本ではあまり知られてないグルメスポットです。有名ガイドブックなどにも載っていないことが多い、知る人ぞ知るお店です。そのため、流行りものとおいしい物好きな人にとってはぜひおすすめの場所です。

インスタグラムなどを見ても、日本人が店舗を訪れた情報はまだまだ少ないようです。いち早く出かけて、その様子をアップすれば、大勢の人から注目を集めるでしょう。

台北グルメ特集!屋台から高級店まで絶品おすすめ料理を一挙ご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台北グルメ特集!屋台から高級店まで絶品おすすめ料理を一挙ご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
食の王国「台湾」には、美味しいグルメがいっぱい。台湾のソウルフード「魯肉飯」や、肉汁たっぷりの小籠包。元祖マンゴーかき氷や火鍋など。屋台でも楽しめる台北の絶品B級グルメから、高級店で楽しむ本格高級台湾料理まで、台北の絶品おすすめ料理をご紹介します。

脆皮鮮奶甜甜圈は台北に2店舗展開見出し

Photo byandrewhaimerl

脆皮鮮奶甜甜圈は、台北に2店舗を構えています。本店は、MRT中山國小駅から徒歩5分の場所にある晴光市場の中の「晴光總店」です。もう1店舗は、「台北分店」です。プチプラ雑貨屋やB級グルメ店の多い穴場スポットでもある、台北駅の裏通りにあります。

どちらの店舗も、駅から徒歩で行けて便利な場所にあります。また、周辺には観光地があるので、街歩きのついでに気軽にお店に立ち寄ることもできます。近くにはホテルも多く、朝早くや夜遅くもアクセスしやすいのが嬉しい点です。

脆皮鮮奶甜甜圈の晴光總店見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

まずはじめに紹介する店舗は、脆皮鮮奶甜甜圈晴光總店です。こちらは、お店の看板商品でもあるプレーンドーナツの形をした、大きな黄色い看板が目印です。店舗は台北駅からも近い晴光市場から続く雙城街にあります。晴光市場は朝から開いているので、お買い物のついでに立ち寄るという地元の人も多く、営業時間前からお客さんが並びます。

晴光總店への行き方見出し

Photo by andrew_haimerl

それでは、脆皮鮮奶甜甜圈晴光總店への行き方を説明していきましょう。アクセス方法は2通りあります。まず一つ目は、MRT中和蘆洲線の中山國小駅から行く方法です。2つ目は、MRT淡水信義線の民権西路駅からの行き方です。どちらの方法で行っても、徒歩5~10分で到着する便利な場所にあります。

また、脆皮鮮奶甜甜圈晴光總店は、市場や屋台街の中にあるので、それらも一緒に楽しみながらお店へ向かうことができます。

アクセス方法

Photo bycegoh

より近くて便利なおすすめの行き方は、中山國小駅からの方法です。徒歩5分でアクセスできます。1番出口から民権東路を西へ進んで右折し、林森北路を小学校沿いに歩きます。雙城街17巷で左折して進んでいくと左手にあります。店頭のドーナツ型の看板を探してください。

民権西路駅からは、徒歩9分でアクセスできます。9番出口から民権東路を東へ進みます。中山北路を過ぎて雙城街を左折します。雙城街17巷との交差点で右折すると右手に看板が見えます。

台北地下鉄の最新情報!路線・料金・台湾桃園空港から駅までなどご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台北地下鉄の最新情報!路線・料金・台湾桃園空港から駅までなどご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台北市内の移動は地下鉄が便利です。また以前は桃園空港から市内に入るためにはバスが主な交通手段でしたが新しい路線ができたことにより台北市内と空港がぐっと近くなりました。こちらではそんな台北の地下鉄の最新情報をご紹介していきます。

脆皮鮮奶甜甜圈の台北分店見出し

Photo by othree

では次に、台北駅近くの店舗である脆皮鮮奶甜甜圈台北分店をご紹介します。こちらの店舗は、プチプラ雑貨やご当地グルメの店舗が多く集まる、台北駅裏通りの「華陰街」にお店を構えています。

華陰街は、地元の人が集まるストリートです。そのため、よりローカル感を味わいながらドーナツを買いたいという人におすすめします。台北分店は晴光總店よりも小規模ですが、黄色のドーナツの看板があるので迷わずすぐに見つかります。

台北分店への行き方見出し

Photo by Chi-Hung Lin

迷わないおすすめの行き方は、台北駅直結の台北地下街からのアクセス方法です。徒歩2~3分で着く便利な立地です。台北地下街を通らなくても行くことはできます。しかし、台北駅自体がとても広い駅なので迷いやすいです。また、駅前は交通量が多い大通りがあるため、安全面からもあまりおすすめできません。

アクセス方法

Photo by くーさん

台北分店へは、まず台北地下街のY13出口から地上へ出ます。そして、右手に見える太原路を左折して進みます。すると、左手にセブンイレブンがある華陰街との交差点が見えてきます。その交差点を右折してすぐ左手に店舗があります。台北地下街のローカル感も楽しみながら、脆皮鮮奶甜甜圈台北分店へアクセスできる行き方です。

台北の地下街特集!激安ファッション・グルメ・営業時間をエリア別にご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台北の地下街特集!激安ファッション・グルメ・営業時間をエリア別にご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台北のメインステーションでもある台北駅の地下街には若い子から大人まで楽しめるお店がいっぱいあります。そんな台北地下街の激安ショップや美味しいお店をご紹介!エリアごとに別れている台北地下街をわかりやすく紹介していっちゃいたいと思います。

脆皮鮮奶甜甜圈の営業時間見出し

Photo byMonoar

脆皮鮮奶甜甜圈の営業時間は、晴光總店も台北分店もどちらも同じく11:00~19:15です。以前は、閉店時間が19:30までや19:00までという時がありました。今は営業時間が変わり19:15までなので気をつけてください。また、脆皮鮮奶甜甜圈には決まった定休日はありませんが、まれに休業する場合もあります。

最新情報はFacebookでチェックしよう

Photo byLoboStudioHamburg

これまでにも何度か営業時間が変更になっていることもあり、今後もそうなる可能性は否めません。詳しい営業時間や休業の情報は、脆皮鮮奶甜甜圈の公式Facebookページなどでチェックしましょう。また、イベント情報やインフォメーションなどもアップされているので、ぜひそれを見てから出かけてください。

さて、ここまで脆皮鮮奶甜甜圈の店舗について紹介してきました。いよいよ次からは、脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツがのおすすめメニューや人気のヒミツについて探っていきます。

脆皮鮮奶甜甜圈のサクッフワッドーナツ見出し

Photo by joyosity

全てのメニューに共通している人気の理由は、ドーナツ生地のおいしさと食感です。店名のとおり、周りはサクッとしているのに、中の生地はもっちりふんわりとした食感になるように揚げられています。また、油を使っているに女性でも一度に2~3個は食べられるほど、食べ応えがとても軽いのがおすすめポイントです。

また、店名の奶がミルクを意味しているとおり、脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツ生地にはミルクが練り込まれています。ミルクのリッチな味わいの中にも、どこか素朴で懐かしい味を感じられます。他にも、冷めても油っぽくならない、甘すぎない点もおすすめの理由です。

脆皮鮮奶甜甜圈のおいしさのヒミツ見出し

Photo byphilm1310

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツの食感は、食べる人たちを虜にしています。しかし、なぜこのドーナツは、人々を魅了しているのでしょうか。生地のおいしさはもちろんですが、多くの人が「食感がどのドーナツとも全く違っておいしい」と言っています。そこで、ここではその食感のヒミツを紹介します。

揚げる前のひと手間でおいしさアップ

Photo byTheUjulala

それは、揚げる前のひと手間にありました。通常、ドーナツを揚げる時には成形時に型に生地が付かないよう打ち粉はしますが、わざわざ衣のような粉類はつけません。しかしこちらでは、生地のまわりに小麦粉と片栗粉をブレンドしたものをまぶしてから揚げています。それゆえ、カラっと揚がり、サクサクの食感が生まれるのです。

脆皮鮮奶甜甜圈のメニュー紹介見出し

Photo by liefsvanstellaphotography

それでは、脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツメニューを見ていきましょう。こちらでは、甘いスイーツメニューだけでなく、甘くないお食事メニューもあります。たとえ甘いものが苦手でも、これならこちらのドーナツを楽しめます。スイーツメニューとお食事メニューを順番に案内していきます。

甘いスーツメニュー

Photo by bunnicula

定番メニューは、プレーン(原味)です。こちらは、砂糖がまぶされている甘いスイーツメニューです。形は、真中に穴の開いたドーナツ型です。他の甘いメニューには、あんこ(紅豆)、チョコレート(巧克力)、さつまいも(番薯)、タロイモ(芋頭)、ピーナツ(花生)などがあります。これらは、あんドーナツのようなボール型をしています。

甘くないお食事メニュー

Photo by Yuya Tamai

甘くないお食事メニューには、チーズ(起士)、カレー(咖哩)などがあります。日本ならば、パン屋に並ぶようなメニューがラインナップされています。お食事メニューは、カレーパンのような丸いボール型をしています。

プレーン以外は、常時全種類が揃っているわけではありません。特に旅行者にとっては一期一会の出会いかもしれません。お目当ての味や初めて見つけた味があったら、迷わず試してみてください。

脆皮鮮奶甜甜圈のおすすめはプレーン味見出し

Photo bybluebudgie

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツの中で一番おすすめするメニューは、プレーンです。形が不ぞろいで昔ながらのドーナツといった素朴な見た目ですが、誰もが購入するダントツの人気を誇ります。

その人気ぶりは、地元の台北っ子たちが、一度に20個、30個は当たり前、中には100個もまとめ買いしていく人がいることから分かります。初めてこちらのドーナツを食べるならば、間違いなくプレーンをおすすめします。

どうしてプレーンが一番人気なの?見出し

Photo by Avi-Singh

プレーンは、手のひらくらいの大きく昔なつかしいドーナツです。先ほどご紹介したように、表面をカリッと中をもっちりふんわりと揚げた食感が最もよくわかるのがプレーンです。

また、ミルクを練りこんだ生地の風味にプラスして、袋に入れる時に砂糖とミルクパウダーをたっぷりとまぶしてくれるので、ミルクの豊かな風味が広がります。一見とても甘そうに見えますがそれほどくどくなく、もう一つ食べたくなるようなクセになる味わいです。

味や食感だけではなく、1個25元(日本円で90~100円ほど)とリーズナブルな価格も人気の理由です。手軽に買えるので、まとめ買いをして一度に何個も食べたくなる魅力があります。

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツは出来たてが一番おいしい!見出し

Photo by jfiess

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツは、出来たてが特においしいと評判です。サクっともちもちの食感は、出来てから10分以内がベストだと言われています。特に、ふんわりとした軽い食感はこの時間帯でないと味わえません。そのため、営業時間中でも揚げあがりの時間前には、店頭にとても長い行列ができます。

営業時間内のいつがねらい目?見出し

Photo byJESHOOTScom

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツが最もおいしいとされる揚げあがりの時間は、営業時間中に3回あります。11:30、14:00、16:00です。そのため、この時間の前後はかなり混みあいます。週末だとなおさらです。それでも、おいしい物のためなら行列さえも苦にならない地元の人たちは、この時間をめがけてやってきます。

Photo by marcianneliese

ちなみに、揚げあがりはまずプレーンが出てきて、その次に他の味のドーナツが並べられていきます。もし、プレーン以外のドーナツを買いたい場合は少し待ってみましょう。ただし、一番人気のプレーンは出来たてが出てきてもすぐに売り切れてしまう場合があるので注意してください。

食べ歩きにぴったり!見出し

Photo byvirin000

脆皮鮮奶甜甜圈は、テイクアウト専門店です。そのため、揚げたてのドーナツをすぐ店内で食べることはできません。よく見ると、店舗近くでは、ジュースやコーヒーなどを片手にドーナツを食べている人もたくさんいます。

ここは地元の人たちに倣って、近くのジューススタンドなどでドリンクを買い、サクっと食べ歩きながら観光するのもいいかもしれません。

食べる時にはここに注意しよう

Photo by Jessie.yang

おやつや食べ歩きに最適な脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツですが、食べる時には注意してください。特にプレーンを食べるときは、まぶしてある砂糖とミルクパウダーがパラパラと落ちてきます。気が付いたら、洋服が砂糖まみれになっていたということも少なくありません。

また、食べ終わった後は最低限のマナーを心掛けてください。台北市内には、街かどの至る所にゴミ箱が設置されているので、食べた後の袋などはゴミ箱へ捨てましょう。地元の人も旅行者も気持ちよく店舗を利用しましょう。

住所(晴光總店) 台北市雙城街17巷24號
住所(台北分店) 台北市華陰街183號
電話番号 02-2550-9914

脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツを食べに台北へ行こう!見出し

Photo by lasta29

グルメな街台北の脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツのおいしさのヒミツやメニュー、営業時間などをご紹介しました。日本のドーナツとは全く違う味や食感の虜になる日本人も多いと言います。これを食べたら、もう他のドーナツは食べられない!という人もいるほどです。ぜひ脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツを食べるために、台北旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年11月7日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote