マリメッコアウトレットは日本の半額以下?ヘルシンキの人気ブランドを紹介

2019年10月17日 (2019年10月17日最終更新)

マリメッコアウトレット店は日本の半額以下の安い価格でアイテムが購入できる人気のお店です。ヘルシンキ観光でも気軽に立ち寄れるマリメッコアウトレット店について詳しい情報をたっぷりご紹介します。お店の特徴、おすすめのコーナー、アクセス方法などぜひチェックして下さい。

目次

  1. 安い価格でマリメッコを買おう!
  2. マリメッコとは?
  3. マリメッコアウトレット店の特徴
  4. マリメッコアウトレットおすすめコーナー【テキスタイルコーナー】
  5. マリメッコアウトレットおすすめコーナー【社食maritori】
  6. マリメッコアウトレットへのアクセス
  7. マリメッコの日本の店舗
  8. マリメッコアウトレットならお財布を気にしないでショッピングできる!

安い価格でマリメッコを買おう!

皆さんはフィンラド発の人気のブランド、マリメッコをご存知でしょうか。色鮮やかな見ているだけで元気が出てきそうなデザインは1960年のアメリカ大統領選挙でジョンFケネディ候補夫人のジャクリーンケネディが着ていたことで一躍アメリカでも有名になったブランドです。

そんな有名ブランドのマリメッコがヘルシンキのお店でとても安い価格で購入することができます。今回は日本でも人気のブランド、マリメッコを安い価格で購入できるマリメッコ本社・アウトレット店について詳しくご紹介します。

マリメッコとは?

日本でも大人気のマリメッコとは一体どんなものなのでしょうか。多くのメディアでも取り上げられ、おしゃれな人なら誰もが知っているというマリメッコについて詳しくご紹介していきましょう。今更聞けないマリメッコについて抑えておきたい人も要チェックです。

マリメッコは鮮やかな色と可愛いデザインが人気のブランド

マリメッコは鮮やかな色と可愛いデザインが人気のブランドです。日本でも多くの人がマリメッコブランドのアイテムを身につけています。婦人服はもちろん、紳士服、子供服やカバンなどのインテリア用品や食器などの生活雑貨も手掛けていて、日本ではルックが取り扱っていて、最近では米国のマイクロソフトとコラボもしています。

1952年に初の直営店をオープンしたマリメッコは今や世界各地に100を超える直営店を持ち、40以上の国でその商品が販売されています。

マリメッコの本社があるヘルシンキにアウトレット店がある

マリメッコの本社はフィンランドのヘルシンキにあり、ヘルシンキ郊外のヘルットニエミ駅近くにはマリメッコのアウトレット店もあり、観光客からもとても人気です。食器類、キッチン用品、傘、カードセット、バッグなど棚いっぱいにアイテムが並び、マリメッコ特有の華やかなデザインがお店全体を彩っています。

T n2jk0bwzf65hd2vtl2wi愛媛の美術館!おすすめランキングは?マリメッコ社・恐竜・ジブリまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛媛県には30件以上の美術館があります。マリメッコの元デザイナー・石本藤雄さんの作品展やジブ...

マリメッコアウトレット店の特徴

日本人観光客からも人気があるマリメッコのアウトレット店の特徴を詳しく紹介していきましょう。傍にあると思わずテンションが上がってしまうマリメッコブランド。そんな魅力のアイテムを扱うアウトレット店とは一体どんなお店なのでしょう。マリメッコアウトレット店の特徴を4つのポイントでご紹介していきます。

とってもカラフルなマリメッコアウトレットの店内

マリメッコアウトレット店の店内では実にたくさんのアイテムを扱っています。食器はもちろん、洋服や雑貨などマリメッコで扱っているほとんどのアイテムが揃っていると言っても過言ではありません。

マリメッコの柄が所狭しと並んでいて、お店全体がとてもカラフルな印象です。マリメッコに興味のない人でもそのカラフルさに思わず立ち止まってしまうほどでしょう。

ヘルシンキ郊外ヘルットニエミ駅から歩いて10分のマリメッコアウトレット

マリメッコアウトレット店はヘルシンキ郊外のヘルットニエミ駅から徒歩10分程のところにあります。マリメッコ本社のビルの一角にあるアウトレット店は駅からのアクセスがとても便利なので観光ついでに足を延ばすのもとてもスムーズです。マリメッコファンなら一度は足を延ばしておくのもおすすめです。

ヘルシンキ市内にはマリメッコショップがいくつもあり、ヘルシンキを観光しているとあちこちでマリメッコの柄を目にすることになります。

有名な店舗としてはマリクルマ店が有名で最新のファッションからインテリア、キッチンウェアまで圧倒的な品ぞろえを誇っています。また、ディスプレイにも凝っているので店内を見渡すだけでも楽しいのがポイントです。

可愛いウニッコデザインのアイテムが豊富なマリメッコアウトレット

マリメッコのシンボル的デザインになっているのがケシの花をモチーフにしたウニッコデザインと言われる柄で、マリメッコアウトレット店にもウニッコデザインのアイテムが多く展示してあります。

有名なウニッコデザインは1964年にマイヤ・イソラが手掛けたデザインです。色鮮やかで大胆な花の柄が1990年頃から世界的なブームを巻き起こしました。

アウトレットなので人気のマリメッコも安い価格になっている

ヘルシンキ郊外の本社にあるマリメッコのアウトレット店では通常は高額なマリメッコのアイテムがとても安い価格で販売されています。例えばロゴがプリントされたミニマツクリバッグは98ユーロ、ウニッコのトートバッグは84ユーロ、グリーティングカードのセットが14.9ユーロと日本で購入する値段と比べると約半額ほどの安い価格です。

マリメッコアウトレットおすすめコーナー【テキスタイルコーナー】

ヘルシンキ郊外の本社内にある人気のマリメッコアウトレット店の内部はいくつかのコーナーに分かれています。その中でも特におすすめコーナーはテキスタイルのコーナーで、天井から大胆に大きなテキスタリルが吊り下げられいて、日本では1m5000円ほどものがかなり安い価格で販売されています。

部屋のトータルコーディネートもできちゃうマリメッコアウトレット!

マリメッコでは定番の柄、ピエニウニッコや小花が丸く集まったプケッティ、動物柄が可愛いカルクマトカ、大胆なカイヴォなどのテキスタイルは部屋のカーテンにしても良し、クッションなどを作っても良しで部屋全体をマリメッコでコーディネートするのも夢ではありません。

中にはテーブルクロス用に撥水加工が施されているテキスタイルもあり、部屋だけでなく、キッチンまで素敵にアレンジすることもできます。

ウニッコ柄だけでなく、おしゃれでセンスあふれるテキスタイルが沢山安い値段で販売されているので、ぜひマリメッコアウトレットに立ち寄った際はチェックしてみてはいかがでしょう。おすすめです!

マリメッコアウトレットおすすめコーナー【社食maritori】

マリメッコアウトレット店でもうひとつおすすめしたいコーナーは、社員食堂のmaritoriマリトリです。

ロビーの反対側にあり、アウトレット店で沢山買い物した後に休憩するにはぴったりの場所でぜひおすすめです。

マリメッコ社員が利用する社員食堂

ヘルシンキ郊外にあるマリメッコ本社のマリメッコアウトレット店にあるmaritoriは社員食堂になっていて、マリメッコの社員さんが沢山利用しています。もちろん外部の人も利用できるようになっているので、マリメッコの服を身に着けた社員さんを観ながらランチを楽しむことができておすすめです。

マリトリのメニューは日替わりでサラダ&スープのビュッフェが11.40ユーロ、メイン料理とスープ、サラダ、パンなどのランチビュッフェは13.40ユーロです。サラダはオーガニックのサラダでたっぷり新鮮で美味しい野菜が食べられるのもおすすめのポイントです。

子供とシェアすることも可能で、サラダ&スープでも十分お腹いっぱいになるほどの豪華ビュッフェになっています。

もちろん食器からペーパーナフキンに至るまですべてがマリメッコで提供され、テーブルクロスもマリメッコです。スタッフの制服もマリメッコ、置かれているクッションもマリメッコ、とにかくすべてがマリメッコ一色の中で美味しい食事が楽しめます。

マリメッコ本社の中にあるmaritoriの営業時間は月曜から金曜まで9時から15時で、ランチは10時半から14時までです。土曜と日曜が定休日になっています。最初に入り口のレジで注文して会計を済ませるスタイルです。

マリメッコアウトレット店のテキスタイルで購入したアイテムをコーディネートする時のイメージ作りに役立つmaritoriにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

住所 Puusepänkatu 4, 00880 Helsinki

マリメッコアウトレットへのアクセス

魅力いっぱいのアイテムが安い価格で購入できるマリメッコアウトレット店はフィンランド観光で立ち寄っておきたい人気のスポットです。

そんなマリメッコアウトレット店への詳しいアクセス方法をご紹介しましょう。ヘルシンキ中心部からは少し郊外になりますがそれほど遠くないのでぜひ立ち寄ってみてください。

中央駅から地下鉄に乗って約10分と便利なマリメッコアウトレット

マリメッコ本社も隣接しているマリメッコアウトレット店へのアクセスは中央駅から地下鉄に乗って6つめの駅、約10分程のヘルットニエミ駅からアクセスします。

ヘルットニエミ駅からマリメッコアウトレット店までは徒歩10分程なのでとても便利ですが、駅の出口を間違えないようにするのがポイントです。地下鉄の駅から地上への出口はいくつかあり、そのうちのひとつ、キオスクのある出口が正解です。

地上に出た後は高速道路上野橋を渡り、真っすぐ進んでマクドナルドの看板を左折します。看板前の横断歩道を渡ってから左折するようにしましょう。

どんどん進んでいくとウニッコがデザインされたマリメッコの看板が見えてきます。看板が見えたら看板の矢印に沿って右へ向かいます。ボルボ前を道なりに進むと目的地の本社、アウトレット店に到着です。

マリメッコアウトレット店の営業時間は月曜から金曜の8時から18時までと土曜日の10時から16時まで、さらに日曜日は12時から16時となっていて季節によって多少の変更もあるようです。マリメッコ本社にある社員食堂maritoriは土日が休みなので合わせて利用する場合には平日の来店がおすすめです。

住所 Kirvesmiehenkatu 7, 00880 Helsinki, Finland

マリメッコの日本の店舗

オンラインショップでも気軽に手に入るマリメッコですが、日本にも関東、関西、九州を中心に全国に取り扱いのショップがあります。

関東を関西を代表するマリメッコの店舗をご紹介しておきましょう。マリメッコアウトレット店で安いアイテムをゲットするためにも下見しておくのもおすすめです。

マリメッコなんばパークス

マリメッコなんばパークスはキッズ、メンズ、レディース、服飾雑貨、生活雑貨を幅広く扱っている店舗です。幅広い年齢の人が楽しめるお店になっていて、子供服に特化したムクスラコーナーが設置されています。

お店の営業時間は11時から21時まででアクセス方法は難波駅南館一階南出口(南海)出口から徒歩約2分、なんば駅5出口から徒歩約4分、大阪難波駅21出口から徒歩約8分です。

住所 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス 3F
電話番号 06-6631-3223

マリメッコルミネ横浜

マリメッコルミネ横浜はは2017年9月にオープンしたショップで、ルミネ横浜の5階にあります。ギフトにもピッタリのアイテムが沢山揃うマリメッコルミネ横浜はプレゼント選びのお店としてもぜひおすすめです。扱っている商品はキッズ、メンズ、レディースで雑貨などの取り扱いはありませんが、センスあふれる洋服がずらりと並んでいます。

マリメッコルミネ横浜の営業時間は10時から21時まででお店へのアクセス方法はJR横浜駅 中央北改札または中央南改札からすぐです。また東急東横線、相鉄線、横浜市営地下鉄、みなとみらい線、京急線「横浜駅」からのアクセスも便利です。

住所 神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜
電話番号 045-444-5224

マリメッコアウトレットならお財布を気にしないでショッピングできる!

いかがでしたでしょうか。マリメッコアウトレットならお財布を気にせず大好きなマリメッコのアイテムをたっぷりと購入することができるのでマリメッコ好きにはぜひおすすめです。

安い商品をたっぷりゲットしてお部屋全体をマリメッコでコーディネートしてみてはいかがでしょう。本社を見学しながらぜひマリメッコアウトレット店でショッピングを楽しんでみてください。

関連記事

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka
札幌在住のnyaokakaです。旅行やアウトドアなど、経験を活かしたわかりやすい記事をお届けできるよう心掛けています。どうぞよろしくお願いします!

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

フィンランド全都市の新着のまとめ