留萌市の人気観光スポットは?おすすめグルメやホテルもご紹介!

2020年1月8日 (2020年1月14日最終更新)

北海道北西部に位置する観光地「留萌市」。海や緑豊かな自然に囲まれ、留萌市ならではの名物も種類豊富に提供されています。留萌市では子供から大人まで楽しめる観光地をはじめ、美味しい食事やお土産品、有名なホテルでの宿泊など充実した時間を過ごせます。

目次

  1. 留萌市とはどんな町?
  2. 留萌市の美味しい「グルメ」
  3. 留萌市の快適な「宿泊施設」
  4. 留萌市おすすめの観光地「留萌めぐり」
  5. 四季の景色を楽しめる「留萌市」へ行こう

留萌市とはどんな町?

札幌市から車で3時間でアクセスできる観光地「留萌市」。留萌市は明治時代から漁業が盛んな町になり、その中でもニシン漁が栄えた町です。

そんなニシンの卵であるかずの子が名物となり、「かずの子生産量日本一のマチ」としても有名です。かずの子をイメージして作られたご当地キャラ「KAZUMOちゃん」も人気があります。

留萌は四季ごとの絶景も楽しむことができ、特に水平線に夕陽が沈んでいき、黄金色に輝く海は圧巻です。春、夏は太陽に照らされてキラキラ輝く海から夕陽のオレンジ色に染まる瞬間を楽しめ、美しい夕陽の町でもあります。

寒さが厳しい冬には、岩に打ち付ける波濤、気象条件が揃わないと発生しない気嵐を見られます。地図で見ると留萌市はハートの形をしていることからハートのマチとしても親しまれています。

留萌市の美味しい「グルメ」

留萌市には美味しいグルメを味わえる食事処が数多く点在しています。名物料理も多く、留萌市ならではの食事を堪能することができます。

お寿司・海鮮丼

港町ならではのグルメが「お寿司・海鮮丼」です。日本海の新鮮な海の幸を味わうことができ、地元でしか食べられない前浜のネタがおすすめです。

かずの子

かずの子生産量日本一を誇る留萌市の名物グルメがニシンの卵である「かずの子」です。お土産で定番の塩かずの子、味付かずの子だけでなく、普段の食卓にも並べるように辛子マヨネーズやチーズ、バジルで和えたかずの子も販売されています。

また、常温で楽しめる燻製されたかずの子や、燻製されたかずの子とチーズなど珍味も登場しています。

ルルロッソパスタ

留萌市の豊かな自然で育てられたオリジナル小麦粉「ルルロッソ」。ルルロッソは生産から製麺まで留萌産で作られており、独特のコチコチとした食感や香りが高いことで人気があります。

製麺タイプは3種類の細さを用意し、お土産におすすめの長期保存できる乾麺は2種類作られています。

にしん漬

留萌市で昔ながらの伝統の味を楽しみたい方は「やん衆にしん漬」がおすすめです。大根やキャベツ、身欠きにしんを麹に漬け込みます。

野菜の乳酸発酵、麹の甘み、そしてにしんの旨味を逃がすことなく押し込めた漬物です。食事のお供としてお土産にもおすすめのグルメです。

留萌市のグルメ一覧はこちら
Img 0?1485862694留萌(るもい)観光のおすすめスポットを紹介!どんな場所?穴場が豊富! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
留萌という町をご存知でしょうか。ニシン漁で栄えた北海道北西の町です。それほど知名度はありませ...

留萌市の快適な「宿泊施設」

留萌市には観光の拠点として宿泊できるホテルや旅館、キャンプ場が数多く点在しています。自然と一体となって過ごせるので、家族連れやカップル、1人旅の方でも快適に過ごせます。

黄金岬海浜公園キャンプ場

留萌市で人気の「黄金岬海浜公園キャンプ場」は、奇岩、波濤、そして美しい夕陽を見られる観光名所「黄金岬」に位置している宿泊施設です。

道路を挟んで反対側がフリーサイトとなり、黄金岬の岩場では磯カニ釣りを楽しむことができます。太陽が沈む瞬間を正面に見ることができ、大切な家族や友人と素敵な時間を過ごせます。

ゴールデンビーチるもい

留萌市の国道231号線沿い、エリア幅が1キロにもなる道北最大級の海水浴場・キャンプ場です。夏のシーズンは海水浴場として利用することができ、夏以外でもキャンプ場として営業しているのでテントを張ることができます。芝生の有料テントサイト、常設テント、有料備品レンタルとあるのでキャンプ初心者の方でも快適に過ごせます。

留萌市の宿泊施設一覧はこちら

留萌市おすすめの観光地「留萌めぐり」

北海道の大自然に囲まれている留萌市には、子どもから大人まで楽しめる観光地が点在しています。初めて訪れる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

黄金岬

留萌市で水平線に沈む美しい夕陽を楽しめるおすすめの観光地です。奇岩が徐々に夕陽のオレンジ色に染め上げられていき、独特の景観を楽しめます。夏場には磯カニ釣りを楽しめ、岩場を上がった広場には留萌市出身の「佐藤勝」さんが作曲した「若者たち」が流れる歌碑も設置されています。

海のふるさと館

先程の黄金岬の高台に位置する郷土資料館「海のふるさと館」。留萌市の歴史や文化を学ぶことができ、特別展示室には佐藤勝さんが使用していたピアノも展示されています。2階の望遠鏡からは黄金岬の景色を一望できます。

千望台

留萌の市街地、そして港を見渡せるビュースポットです。沖合に天売島、焼尻島そして南側には暑寒別岳の景色を一望できます。

敷地内にはログハウス風の休憩施設も設置され、美味しいコーヒーやソフトクリームを味わえます。また、かつて留萌の基礎を築き、留萌港開拓の父とも呼ばれる「五十嵐億太郎」の像もあります。

礼受牧場

留萌でかつて牧場として使用されていた広い敷地の観光地です。10基もの風車が並び、丘からは目下に広がる美しい海の景色を楽しめます。時期によって菜の花が咲き乱れ、風車との景色が抜群です。敷地内には休憩施設が設置され、ソフトクリームや事前に予約をすれば「るもい浜焼き」が味わえます。

留萌市の観光スポット一覧はこちら

四季の景色を楽しめる「留萌市」へ行こう

北海道の四季を感じられる観光名所「留萌市」。美味しい食事をはじめ、快適なホテルや観光地など充実した時間を過ごせることで人気があります。時期によって体験できる内容が変わっていくので、何度でも足を運びたくなる観光地です。ぜひ、北海道へ旅行の際は留萌市へ足を運んでみてください。

関連記事

2278.thumb
この記事のライター
TravelNote編集部
「ふらっと旅に出かけませんか?」 TravelNote編集部が実際に行ってみて良かったスポットや施設、 また独自レポートをまとめて紹介しています♪ 次の休日に足を運びたくなるスポットを随時掲載していくのでチェックしてみて下さい✨

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

稚内・留萌・音威子府・紋別の新着のまとめ