地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

留萌(るもい)観光のおすすめスポットを紹介!どんな場所?穴場が豊富!

留萌という町をご存知でしょうか。ニシン漁で栄えた北海道北西の町です。それほど知名度はありませんが、実は人気な観光地顔負けの穴場観光スポットなんです。今回は絶景スポットやおすすめグルメなど、留萌の魅力をご紹介します。穴場観光をしたい人は、ぜひ役立ててくださいね。

北海道の北西!留萌ってどんなところ?見出し

北海道の観光といえば、札幌や小樽、函館に網走、美瑛に旭川と様々な有名なスポットがありますよね。しかし、一般にはまだまだ知られていないものの、魅力あふれる観光地がいっぱいあるんですよ。普通の北海道観光に飽きた人におすすめなのが北海道の北西「留萌(るもい)」地方。豊かな自然、おいしい食事といった北海道の魅力は外さずに穴場観光ができるんです。

風変わりな名前の由来はアイヌ語!

留萌は北海道の北西、札幌と稚内のちょうど中間あたりにある港町です。風変わりな名前の由来はアイヌ語からとられています。はるか昔は「ルルモッペ」、潮が奥まで入って来る川と呼ばれていました。

北海道では一般的なアイヌ語が起源になっていて、「るもい」は「ルルモッペ」(潮が奥深く入る川)、「ましけ」は「マシュケ」(カモメの多いところ)なんだそうです。

そんな名前の通り、留萌は漁業が盛んな町でもあります。かつてはニシンの漁獲量が日本一だったこともあり、今でも日本海の新鮮な幸に恵まれた地域なんですよ。

かつてニシンの千石場所として栄えた港町・留萌市は生産量日本一を誇る「塩数の子」をはじめとする水産加工を基幹産業に重要港湾である留萌港とともに発展してきました。

留萌へのアクセス方法

留萌へはJRを利用してアクセスすることができます。JRの最寄り駅は留萌本線の留萌駅です。留萌本線は、函館本線の深川駅から乗り換えることができます。また、札幌駅前と旭川駅前から観光バスも利用することができます。

車でアクセスする場合は、札幌から道央自動車道で深川市に出た後にオロロンラインを利用するのがおすすめ。3時間ほどかかるものの、道中の景色は本当に見ごたえがあり、退屈することはなさそうです。

訪れる四季によりまったく違う顔を見せて旅人の心をひきつける景色、人情。味覚。 そして、歴史。 すべてがオロロンラインの魅力であるといえるでしょう。

留萌市の人気観光スポットは?おすすめグルメやホテルもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
留萌市の人気観光スポットは?おすすめグルメやホテルもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道北西部に位置する観光地「留萌市」。海や緑豊かな自然に囲まれ、留萌市ならではの名物も種類豊富に提供されています。留萌市では子供から大人まで楽しめる観光地をはじめ、美味しい食事やお土産品、有名なホテルでの宿泊など充実した時間を過ごせます。

留萌観光名所1黄金岬の夕日は北海道一見出し

北海道の中では、どちらかといえば穴場観光地である留萌。しかし、北海道のどの観光地にも負けない絶景スポットがあるんです。

それは「黄金岬」。黄金は、留萌の名物だったニシンの色と、沈みゆく夕日の色です。黄金岬は留萌で一番人気な、はずせない観光スポットでもあるんですよ。

黄金岬は、ニシン漁が盛んだった時代にニシンの見張り台があったところです。ゆえに日本海の眺望、そして夕暮れが見事です。黄金岬という名前はニシンの群れが黄金色に輝いたということから名付けられました。

今ではニシンはそれほど見られませんが、沈みゆく夕日の美しさは変わりありません。北海道広しと言えど、留萌ほど美しい夕日を見ることができるスポットは珍しいです。

沈みゆく夕日もいいですが、日が沈んだ後、空が徐々に紫がかっていく光景も見逃せません。

留萌観光名所2礼受牧場で菜の花を見下ろして見出し

留萌市の郊外に広がる高地には、雄大な自然に抱かれた牧場「礼受(れうけ)牧場」があります。特に夏には牧草地の緑、空と海の青、そして風車と雲の白とどこを見てもため息ができるような自然の美しさを味わうことができます。

特に人気があるのは5月下旬から6月中頃。このころ、牧場で育てられている菜の花が見頃を迎えるんです。

10基の大型風車と、5月下旬~6月中旬にかけては童話の世界のような菜の花畑が出迎えてくれます。

天気がいい日は日本海の海岸線もきれいに見渡すことができます。夏の北海道らしい、さわやかな光景を楽しむことができますね。

留萌観光名所3千望台からの眺めを楽しもう見出し

日本海に抱かれた港町、留萌を見下ろすことができる千望台は、黄金岬に次ぐ留萌のビュースポットです。

千望台は、留萌市街から車で約10分程の距離にある景勝地。海抜180mのなだらかな丘陵地帯で、留萌港を中心に広がる市街地を一望する事ができる絶景ポイントです。

晴れた日には留萌市街だけでなく、はるか利尻島まで望むことができるんです。

黄金岬と同じくらい美しい夕日を見ることができる夕方はもちろん、留萌市や隣町の増毛町の夜景を見下ろせる夜も人気です。

留萌名物は海の幸!お腹が空いたら魚やエビを見出し

さて、最後に留萌市でぜひとも食べておきたい絶品グルメをご紹介しましょう。

日本海の幸に恵まれた留萌市では、なんといっても魚介類がおいしいです。お寿司に海鮮丼、変わったところでは海鮮焼きそばなんかも人気です。留萌ではソースではなく、あんかけで食べるのが主流なんだとか。

ニシン漁で栄えたことで有名な留萌は漁業の町。留萌に行ったらまず味わっていただきたいのが、海鮮をつかったグルメです。

新鮮な魚がたくさんとれる港町だけあって、本格的な食事も安く済ませることができるというのも留萌の魅力です。

ちなみに留萌はボタンエビの漁獲高が日本一の町でもあります。魅力的なグルメが多すぎて選べない、という人はボタンエビをふんだんに使ったお寿司を食べてみてください。

北海道はエビの主要産地ですが、留萌は全道一の漁獲高を誇ります。

北海道の穴場 留萌観光を楽しもう見出し

留萌は、北海道らしい美しい自然が残る、おすすめの穴場観光地です。特に日本海の眺めは必見の美しさ。おいしい海の幸も見逃せません。観光地らしく整備されているわけではないものの、素朴な魅力が留萌にはあります。のんびり気ままに北海道を歩きたい人におすすめしたい港町です。

投稿日: 2017年2月1日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote