地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

祐天寺の「ばん」はレモンサワー発祥のもつ焼き店!おすすめメニューを紹介!

東京都目黒区祐天寺にお店を構える、もつ焼き「ばん」のおすすめメニューをご紹介します。安くて美味しいメニューがたくさんあり、アットホームな雰囲気で常連のお客様で賑わっています。また、祐天寺もつ焼き「ばん」はレモンサワー発祥の地と言われています。

祐天寺もつ焼き「ばん」へ行ってみよう!見出し

祐天寺駅から歩いて5分~6分にあるのが、もつ焼き「ばん」です。駅から近いのでアクセスしやすいです。アットホームな雰囲気なので女性お一人様でも入りやすいお店です。メニューがとても豊富なので初めて行かれる方の為に、祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニューをご紹介していきます。

祐天寺もつ焼き「ばん」の目印は赤い提灯見出し

中目黒から目黒区祐天寺に移転しご利用しやすくなりました!もつ焼き「ばん」の目印はお店の入り口に「もつ焼ばん」と書かれた赤い提灯がぶら下がっています。常連のお客さんに人気がありアットホームな雰囲気が特徴の居酒屋です。平日の夜でも混んでいて満席になるほど大繁盛しています。気軽に飲みに行きたい方にはうってつけのお店です。なんだか懐かしいような感じの雰囲気もするお店ですね。

安くて豊富なメニューの中から、美味しくてお客さんに人気のおすすめメニューをご紹介していきたいと思います。実際に召し上がって頂き、自分だけのお気に入りの逸品を見つけてみてください。また、自分流の食べ方を探してみるのも楽しいと思います。とにかく全てのメニューが安いので、3,000円もあれば十分にお腹いっぱい飲んで食べることができます。

祐天寺もつ焼き「ばん」はレモンサワー発祥の地見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」はなんとレモンサワーの発祥の地といわれているお店です。さっぱりとしていて爽快なレモンサワーはお酒の中でも老若男女問わず人気の定番のメニューとなっていますね。そんな国民的に愛されている人気メニューを生み出した祐天寺もつ焼き「ばん」で是非一度レモンサワーを味わってみてください。

キンミヤ焼酎が入ったジョッキにハイサワーの炭酸と生レモンを絞って自分で作るスタイルなので、味の濃さなど自分の好みに調節出来るのがおすすめです。ちなみに生レモンは半分に切ってあります。また、期間限定で「すだちサワー」もあるみたいです!すだちがお好きな方はすだちサワーを飲んでみるのもおすすめです!

祐天寺もつ焼き「ばん」初心者の方は是非この記事を参考してみてください。ちなみに雑誌などでも取り上げられているお店です!毎日、日替わりでおすすめメニューが手書きしてあるので、是非おすすめメニューにも注目してみてください。

祐天寺もつ焼き「ばん」おすすめメニュー(1)レモンサワー見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニューまず一つ目はなんと言っても発祥の地でもある「レモンサワー」ですよね!!一杯300円という価格で常連のお客さんになってくると、ハイサワーと生レモン1つに対して、焼酎を2、3回おかわりできるようになってくるのでコスパはとても抜群です。低価格でいっぱい飲めるのでお酒が好きな方にはたまらなくとっても嬉しいです。

最近では、レモンサワーを頼んだお客さんが絞り終わったレモンを積み上げてタワーを作る人がたくさん居るみたいです。祐天寺「ばん」に行ってレモンサワーを頼んだ人の楽しみ方の一つになっているようです。他のテーブルのお客さんとレモンタワーをどれだけ高く積み上げられるか挑戦して、飲み過ぎないようにだけはくれぐれも注意してください!

祐天寺もつ焼き「ばん」おすすめメニュー(2)もつ焼き見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニュー二つ目は「もつ焼き」です。お店の名前にもなっている人気のメニューです。新鮮なモツをじっくり丁寧に焼き上げているので、歯ごたえもしっかりあってお値段はなんと一本100円で食べられます。味付けはタレか塩を選ぶことが出来て、さらにお好きなものを一本ずつ注文することも出来ます。この値段の安さもつい注文したくなる魅力です!

その他にも、レバー、かしら、しろ、タン、ハツ、ガツ、テッポー、なんやわ、こぶくろ、ワッパ、オッパイ、チキンボール、軟骨つくね串などあり、こちらもそれぞれ味付けがタレか塩かを選べます。これらも全て一本100円で食べられます。串焼きだけでもこんなに種類があるとどれを食べるか迷ってしまいます。

祐天寺もつ焼き「ばん」おすすめメニュー(3)トンビ見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニュー三つ目は「トンビ」です。普通のもつ煮込みもありますが、せっかく「ばん」に来たならトンビを食べてみてください。「トンビ」とは豚の尻尾(しっぽ)を柔らかく煮込んだもので祐天寺もつ焼き「ばん」の名物おすすめメニューです。

とろっとろに煮込んだスパイシーな汁が食欲をそそり人気があります。サワーとの相性は抜群です。種類は「トンビ」、豆腐が入っている「トンビ豆腐」、汁と豆腐が入っている「トンビ汁豆腐」があります。豆腐が入っているのを頼んだら豆腐を潰して食べるのがおすすめです。

また、毎週火曜日にはゆで卵がサービスで貰えるので、そのゆで卵を入れて潰して食べるのもおすすめです。トンビ1本入り180円、トンビ豆腐1本入り350円、トンビ汁豆腐半丁200円で食べられます。火曜日にお店に行かれる方は是非、ゆで卵入りのトンビを召し上がってみてください!

祐天寺もつ焼き「ばん」おすすめメニュー(4)レバカツ見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニュー四つ目は「レバカツ」です。トンビと並びレバカツも「ばん」の名物メニューでおすすめの一つです。新鮮なレバーを使っているので臭みがまったく無く、旨味だけを美味しく食べられます。

甘めのタレがたっぷりかかっていて、タレが染み込んでとても柔らかくなっています。お皿にカラシが付いているのでお好みでカラシを付けて食べてみてください。1本150円で食べられます。臭みがないのでレバーが苦手な方も一度お試しで食べてみてはいかがでしょうか!

祐天寺もつ焼き「ばん」おすすめメニュー(5)コブ刺し見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニュー五つ目は「コブ刺し」です。コブ刺しとは豚の子宮のことです。厚みがありコリコリシコシコとしていて脂肪が少なくあっさりとしたお肉です。子宮独特の臭みもなく美味しく食べることが出来るおすすめのメニューです。

ニンニクや生姜、ごま油などを自分の好きな調味料で食べることが出来ます。薬味も自分が好きなものを選ぶことが出来るので何通りもの食べ方を楽しんでみて、自分のベストの「これだ!」というものを探してみてはいかがでしょうか。一つ280円で食べるとこが出来ます。コブ刺しが食べられるお店は珍しいと思うので、祐天寺もつ焼き「ばん」に行ったら一度食べてみてください。

その他嬉しいサービスも見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」には嬉しいサービスがたくさんあります。このサービスが皆さんから親しまれる人気の理由の一つなのかもしれませんね。お通し代を気にする方もいると思いますが、祐天寺もつ焼き「ばん」ではお通し代は全て無料なので、またついつい行きたくなってしまいます。

嬉しいサービス1つ目は、毎週火曜日にはゆで卵が一つ貰えます!このゆで卵は「トンビ」に入れて食べると絶品です。嬉しいサービス2つ目は、早い時間からお店に入っていると柿ピーが貰えます!嬉しいサービス3つ目は、ノーチャージでぬか漬けや枝豆などのお通しが貰えます!ここまでサービスしてくれるお店ならリピート決定です!

祐天寺もつ焼き「ばん」店舗情報見出し

祐天寺もつ焼き「ばん」の営業時間は、月曜日~金曜日は16時~23時、土曜日は15時~23時、日曜日は15時~22時となっております。4名様からご予約が出来ます。週末は込み合って入れない場合もあるので予約するのが良いかもしれません。ぜひ行ってみてください。

店内には毎日変わる「本日のおすすめ」が手書きで書かれてあるので、店員さんのおすすめを食べてみるのも良いですね!!また、手書きで書かれてあるのが店員さんの温かみを感じますね。祐天寺駅から歩いて5分から6分という近さにお店があるので仕事終わりの一杯にも気軽に立ち寄れるお店だと思います。祐天寺もつ焼き「ばん」に寄って仕事の疲れを落として明日の活力になると思います。

住所:東京都目黒区祐天寺2丁目8-17 電話番号:03-3792-3021

祐天寺駅周辺でラーメンを食べるなら?地元民おすすめの名店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
祐天寺駅周辺でラーメンを食べるなら?地元民おすすめの名店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高級住宅街として知られるエリアの祐天寺には、美味しいラーメンをいただくことができるラーメンの名店が多く集まっています。地元民なら誰もが知っているような人気店から隠れ家的な穴場まで、祐天寺でおすすめのラーメン店をご紹介していきます。

祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニュー見出し

以上、祐天寺もつ焼き「ばん」のおすすめメニューを紹介させて頂きました。紹介したメニュー以外でも美味しくて人気のおすすめメニューがまだまだたくさんあるので是非一度行ってみて自分のおすすめの逸品を見つけてみてください。4名様から予約の受付も出来ます。是非、祐天寺もつ焼き「ばん」でディープで楽しい素敵な夜を過ごしてみてください。

投稿日: 2017年10月8日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote