「パンのトラ 八事店」を徹底調査!行列しても買いたい人気商品&おすすめは?

「パンのトラ 八事店」を徹底調査!行列しても買いたい人気商品&おすすめは?

食パンで人気の「パンのトラ」八事店は、行列の絶えない人気パン屋さんです。「パンのトラ」初の名古屋進出店が八事店。食パンだけでなく「パンのトラ」八事店にはおすすめのメニューがたくさんあります。「パンのトラ」八事店の食パンの買い方やおすすめメニューをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.行列必須の人気食パン「パンのトラ」が名古屋八事に誕生!
  2. 2.名古屋八事に初進出の「パンのトラ」は行列のできるパン屋さん
  3. 3.「パンのトラ」八事店も行列必須の人気店!
  4. 4.「パンのトラ」八事店でもおすすめなのは食パン
  5. 5.「パンのトラ」八事店の食パンは電話予約がおすすめ
  6. 6.「パンのトラ」八事店おすすめメニュー「高級食パン」
  7. 7.「パンのトラ」八事店メニュー白くて丸い「牛乳クリームパン」
  8. 8.「パンのトラ」八事店大きな具がおすすめ「カレーパン」
  9. 9.「パンのトラ」八事店自家製クリームの「トラのクリームパン」
  10. 10.「パンのトラ」八事店おすすめメニュー「ガーリックフランス」
  11. 11.「パンのトラ」八事店やみつきメニュー「メープルちぎりパン」
  12. 12.「パンのトラ」八事店おすすめ「ブルーベリーのチーズタルト」
  13. 13.「パンのトラ」八事店独特の「クロワッサンダマンド」
  14. 14.「パンのトラ」八事店人気おかずパン「パリパリピロシキ」
  15. 15.「パンのトラ」の人気メニューを堪能するなら八事店がおすすめ!

行列必須の人気食パン「パンのトラ」が名古屋八事に誕生!

Photo by freedomcat

愛知県三河地方で人気のパン屋さん「パンのトラ」がついに名古屋八事に進出しました。絶大の人気を誇る「パンのトラ」は名古屋の高級住宅街である八事でも行列が絶えません。「パンのトラ」の食パンは予約することができます。人気メニューである食パンをはじめ「パンのトラ」のおすすめのメニューをご紹介します。

名古屋八事に初進出の「パンのトラ」は行列のできるパン屋さん

「パンのトラ」は愛知県安城市にある行列のできるパン屋さんです。1番人気メニューは食パン。今までは愛知県三河地方を中心に半田店、NEOPASA岡崎店と展開されてきました。初めて三河地方から出て、激戦区名古屋の中でも高級住宅街として有名な八事に進出しました。

「パンのトラ」の行列の秘密はこだわりの食パンです。門外不出の秘伝のレシピを湯種製法で練り上げます。食パンの保水量は60%から70%と言われますが、「パンのトラ」の食パンの保水量は85%。遠赤外線直火焼きのスペイン窯で焼き上げた「パンのトラ」の食パンは水分が多く、もっちり感としっとり感が楽しめます。

「パンのトラ」にはカフェスペースがあり、焼きたてパンをその場でいただくことができます。また、うれしいことにコーヒー1杯が無料サービスされます。店内にはキッズスペースもあり、行列待ちに疲れた子供たちを遊ばせることができます。「パンのトラ」は東海地方を中心にメディアでも多数紹介されています。

名古屋のパン屋さん21選!人気有名店やモーニング・食べ放題ができるお店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
名古屋のパン屋さん21選!人気有名店やモーニング・食べ放題ができるお店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
パン大好きな方必見!名古屋のパン屋さんを紹介します。知る人ぞ知る人気有名店パン屋さんからモーニングや食べ放題が楽しめるパン屋さんまで大公開!名古屋の美味しいパン屋さんめぐりは、車で名古屋へお越しの方も、電車でお越しの方も、どちらも楽しめること間違いなしです。

「パンのトラ」八事店も行列必須の人気店!

「パンのトラ」は今まで愛知県三河地方にだけあるいつも行列のパン屋さんでした。何時間もかかって人気の食パンも買いに来る人もいました。その人気の「パンのトラ」が初めて名古屋に進出したのが、名古屋の高級住宅街として有名な八事です。広い敷地にあり車でも来店することができます。

「パンのトラ」八事店は場所もわかりやすいです。山手グリーンロードから一本入るとすぐ右側にあります。40台ほど収容できる駐車場があり、気軽に車でアクセスできます。駐車場は広いですが、お昼時など混雑する時間帯には満車になることもあります。イートインスペースもあり、その場でパンをいただくことができます。

店内に入るまでに行列になることも少なくなく、「パンのトラ」八事店の外にもいすが並べられています。人気店ですが、各メニューの値段は比較的安く200円前後です。現金だけでなくクレジットカードでも支払うことができます。「パンのトラ」八事店のみの限定メニューも用意されています。

「パンのトラ」八事店でもおすすめなのは食パン

「パンのトラ」八事店でも一番人気ややっぱり「パンのトラ」の食パンです。秘蔵のレシピで作られたもっちり、しっとりの食パンは大人気。遠赤外線直火焼きのスペイン窯で焼き上げる「パンのトラ」の食パンは、1時間に15本のみ。行列に並んで待っても食べたい味の食パンです。

「パンのトラ」は人気はすさまじく、24時間の販売数ではギネス記録を持っているほどです。「パンのトラ」の食パンは、世界的な販売数を誇る食パンなのです。「パンのトラ」八事店は店内に入るまでにも並びますが、入ってからもパンを選んでトレーに乗せレジに向かうまでに20分ぐらいかかります。

「パンのトラ」八事店内に並べられている様々なパンメニューも次々になくなってなっていきます。店員さんが行列の間を縫って次々に補充してくれるので、なくなる心配はありません。食パンは時間により焼きあがる本数に限りがあるので、入手するのは大変です。「パンのトラ」は電話予約ができるので、確実に手に入れたいときにはおすすめです。

よいことパンは名古屋の食パン専門店!素材にこだわった体にやさしい人気のパン! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
よいことパンは名古屋の食パン専門店!素材にこだわった体にやさしい人気のパン! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
よいことパンは、名古屋の食パン専門店です。厳選された素材にこだわっており、体に優しいパンとして人気を集めています。今回は、そんなよいことパンの詳細についてと、おすすめの人気メニューなどについてまとめましたので、ご紹介をいたします。

「パンのトラ」八事店の食パンは電話予約がおすすめ

「パンのトラ」の食パンは人気で1時間に焼きあがる本数に限りがあるため、行列に並んでも入手するのが大変です。もっちり、しっとりで人気の「パンのトラ」の食パンを確実に手に入れるには電話予約がおすすめです。「パンのトラ」安城店、半田店、八事店で1人3本まで予約できます。

「パンのトラ」の食パンは受け取れる時間帯が決まっています。9時、12時40分、16時、17時です。焼き上がり時間は目安で、天候や気温により遅れることもあります。「パンのトラ」の食パンの予約は、店頭でも電話でも行うことができます。何日の何時の「パンのトラ」の食パンを予約するかを伝えると予約できます。

「パンのトラ」NEOPASA岡崎店のみ「パンのトラ」の食パンの予約方法が異なります。電話予約ができず、店頭での予約だけになります。予約できるのは、1人3本までです。予約の受付は「パンのトラ」NEOPASA岡崎店のレジに並んだ順番になります。行列に並んで確実に受け取れるように予約をうまく利用することをおすすめします。

「パンのトラ」八事店おすすめメニュー「高級食パン」

「パンのトラ」八事店で一番の人気メニューは食パンですが、「パンのトラ」の食パンには種類があります。中でも人気なのがフランスの高級バターエシレバターをふんだんに使った「高級食パン」です。そのままでも焼いてもしっとりもちもちした「パンのトラ」の食パンの美味しさを存分に味わえます。値段は1本2200円。

「パンのトラ」の食パンには「高級食パン」とは別に「パンのトラ食パン」があります。24時間で世界で最も売れた食パンとしギネスに認定されたメニューが「パンのトラ食パン」です。1日限定150本ですが、毎日完売です。「パンのトラ」の食パンには店舗によって限定の食パンがあります。

「パンのトラ」岡崎店では、「三州三河みりん食パン」が限定で販売されています。砂糖を使用せずに三州三河みりんを使用しています。舌に残らない甘みが特徴で、焼かずに食べるのがおすすめです。半田店では、トーストにバターを塗ってその場で食べられるモーニングサービスがあります。

「パンのトラ」八事店メニュー白くて丸い「牛乳クリームパン」

「パンのトラ」のメニューの中で食パンの次におすすめなのが、「牛乳クリームパン」です。白くて丸いかわいらしい外見が特徴的です。表面はクッキー生地でサクサクしています。中はパン生地。さらに中にとろとろした牛乳のクリームが入っています。とろとろですがくどい味のクリームではなく、さっぱりしています。

「牛乳クリームパン」の値段は230円。中が空洞になっているので、意外に1個をさくさく食べることができます。牛乳クリームが中に入ったメロンパンのようなパンです。牛乳クリームはカスタードクリームとは違い卵が入っていません。さっぱりとした味わいが人気のクリームです。

「牛乳クリームパン」に似たメニューが「パンのトラ」岡崎店限定であります。「岡崎おうはんクリーム」です。中のクリームが牛乳クリームではなく、岡崎の有名な鶏「岡崎おうはん」の卵を使用して作ったクリームになっています。「牛乳クリームパン」と食べ比べてみるのもおすすめです。

「パンのトラ」八事店大きな具がおすすめ「カレーパン」

「パンのトラ」のメニューの中でも、これを目当てに来店したという方もいるほどの人気メニューが「カレーパン」です。カレールーは自家製で10種類のスパイスがブレンドされています。お肉は、国産牛バラ肉と牛すじ肉の2種類が使われています。揚げたての「カレーパン」はすぐに売れ切れになります。

「パンのトラ」の中でも「カレーパン」がおすすめできるのは、具が大きいから。ただカレーが入っているのではなく、食べるときちんとカレーの具を感じることができるのです。「パンのトラ」の「カレーパン」は食べごたえがあり、おなかもきちんと満たしくれます。満足感が高いのが人気の秘密です。

「パンのトラ」のおすすめメニュー「カレーパン」には種類があります。人気が高くまずおすすめできるのが「お!おいしいカレーパン」。また、大きさを2倍にした大きなカレーパン「2倍サイズ!お!おいしいカレーパン」があります。また、岡崎店限定で「八丁味噌のカレーパン」があります。カレーの代わりに八丁味噌を使った変わりメニューです。

「パンのトラ」八事店自家製クリームの「トラのクリームパン」

つやつやと焼きあがったパンの中に自家製のカスタードクリームが使用されている「トラのクリームパン」。甘さ控えめのカスタードクリームでくどさを感じずに食べることができます。子どもたちにも大人気。「トラのクリームパン」目当てに「パンのトラ」に来店する人もいます。

「パンのトラ」半田店と八事店には限定のクリームパンがあります。「塩レモンクリームパン」は、さっぱりとさわやかなレモンクリームが甘いブリオッシュで包まれています。甘いだけでなく、しょっぱさも感じる新感覚のクリームパンです。沖縄の塩「シママース」が仕上げに使われています。

「パンのトラ」の「メイプルクリーム」は、水を使わずに卵と牛乳だけで作られたやわらかいパン生地が使用されており、「トラのクリームパン」とはまた違う食感が楽しめるクリームパンです。自家製カスタードクリームだけでなく、メープルジャムも一緒に包んで焼き上げてあります。

「パンのトラ」八事店おすすめメニュー「ガーリックフランス」

「パンのトラ」の人気メニューは定番の「ガーリックフランス」。フランスパン生地に生ニンニクとバジルソースをのせて焼き上げています。自家製のガーリックバターがトッピングされています。値段は210円。「パンのトラ」の「ガーリックフランス」は、バジルソースの緑が目立ちます。

「パンのトラ」の「ガーリックフランス」はフランスパン生地を使用していますが、食感が固すぎることがありません。まるでバターロールを食べているような感じで、固さを意識せずにフランスパンの美味しさを味わうことができる「ガーリックフランス」です。「パンのトラ」にはほかにもフランスパン生地を使用したメニューがあります。

「パンのトラ」の「明太子ポテトフランス」は、北海道産のじゃかいもが入ったポテトサラダと明太子バターがたくさんのっています。カレーパン同様、じゃがいもが大きく食べ応えのある「明太子ポテトフランス」です。フランスパン生地を使った総菜パン「ベーコンとほうれん草のチーズフォンデュ」と「たっぷりチーズクッペ」もあります。

「パンのトラ」八事店やみつきメニュー「メープルちぎりパン」

「パンのトラ」の人気メニュー「メープルちぎりパン」は、焼きたてでも冷めてもおいしいと評判です。8個にちぎって食べることができます。メープルシロップがしっかりとしみこんで、メープルシロップの美味しさを存分に味わいつくすことができます。「メープルちぎりパン」のふわふわの食感を目当てに「パンのトラ」の来店する人も多いです。

「パンのトラ」の店員さんにもファンが多いメニュー「メープルちぎりパン」。焼きたてのパンにメープルシロップをじゅわっと塗って、奥まで浸透させます。焼きたての香りがたまらないほど美味しそうです。ふわふわの食感とメールプルシロップの甘さが絶妙なバランスをしています。

8個にちぎれる「パンのトラ」の「メープルちぎりパン」は、食べやすい大きさにちぎれると人気です。「パンのトラ」の「メープルちぎりパン」は、また食べたいという口コミが多いおすすめメニューです。8個に別れるようになっていますが、もっと小さく割いて食べるのもおすすめです。

「パンのトラ」八事店おすすめ「ブルーベリーのチーズタルト」

「パンのトラ」の「ブルーベリーのチーズタルト」はクリームチーズが好きな方にはとてもおすすめな「パンのトラ」のメニューです。生地にもチーズが練りこまれていて、ふわふわしたパンになっています。真ん中にトッピングされているのはブルーベリージャムです。クリームチーズとブルーベリージャムの相性が抜群です。

「ブルーベリーのチーズタルト」は、「パンのトラ」で行われた人気メニューランキングで3位以内にランキングはしませんでしたが、票を集めたメニューとして注目されたメニューです。値段は240円。デザートとして楽しめるという口コミもあり、赤ワインと一緒に食べられるパンメニューでもあります。

タルトという名前から固いタルト生地を連想されがちですが、「パンのトラ」の「ブルーベリーのチーズタルト」はやわらかくてふわふわのパンが使われています。まずその食感の違いに驚かれます。クリームチーズとブルーベリージャムの量も見た目より多くスイーツとしていただけます。

「パンのトラ」八事店独特の「クロワッサンダマンド」

「パンのトラ」の「クロワッサンダマンド」は、カスタードクリームを挟んで焼き上げたパンメニューです。バターの香りが美味しさを感じさせます。カスタードクリームは「パンのトラ」の自家製です。甘さ控えめで、くどすぎることのないカスタードクリームになっています。上にのったアーモンドはカリカリして、食べる楽しみを広げてくれます。

カスタードクリームが入っている「クロワッサンダマンド」は珍しく、他店の「クロワッサンダマンド」を食べた方には「クロワッサンダマンド」とは思えないという口コミもあります。シロップに浸ったクロワッサンにアーモンドで挟んでアーモンドクリームをかけた「クロワッサンダマンド」が一般的です。

上にかけられているのは粉砂糖。「パンのトラ」の「クロワッサンダマンド」は、アーモンドと自家製カスタードで新感覚の「クロワッサンダマンド」になっています。「クロワッサンダマンド」と思わずにいただくのがおすすめです。「パンのトラ」の「クロワッサンダマンド」の値段は180円です。

「パンのトラ」八事店人気おかずパン「パリパリピロシキ」

パン屋さんにおいてあるメニューとしては変わった形のパンが「パンのトラ」の「パリパリピロシキ」です。中身は、春雨、タケノコ、椎茸、挽肉、生姜です。これらをパン生地に入れて、春巻きの皮に包んで揚げてあります。外側のパリパリ感を楽しめるのが「パンのトラ」の「パリパリピロシキ」です。

ピロシキの本場ロシアでは、揚げるのではなく焼くのが一般的です。「パンのトラ」の「パリパリピロシキ」は日本流に揚げてあります。揚げてあるから出せるパリパリした食感が人気の秘密です。カレーパンは日本の揚げて作るピロシキをモデルに作られた歴史があります。

「パンのトラ」の「パリパリピロシキ」は、中の具がぎっしり入って食べごたえがあります。外のパリパリと中のパン生地のふわふわ、旨味しっかりした具、特に挽肉の味の絡まりぐあいが絶妙なおすすめメニューです。「パンのトラ」の「パリパリピロシキ」の値段は、200円です。

「パンのトラ」の人気メニューを堪能するなら八事店がおすすめ!

Photo by dreamcat115

食パンで人気の「パンのトラ」は初めて名古屋に進出しました。場所は高級住宅街と言われる八事です。「パンのトラ」はどこの店舗でも行列が絶えません。食パンやそのほかの人気メニューのために、多くの人が「パンのトラ」の前に並びます。「パンのトラ」に行くなら食パンの電話予約もできて、オリジナルメニューもある八事店がおすすめです。

土田愛華
ライター

土田愛華

はじめまして。ライターの土田愛華です。独身時代は、国内、海外の旅行へよく行きました。現在は、子連れでの気軽なお出かけがメインです。夏は家族でアウトドアを楽しんでいます。楽しめる観光スポット、おいしいグルメをご紹介していきます。

関連記事

人気記事ランキング