地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「萌木の村」は山梨の人気観光スポット!カフェや雑貨などおすすめショップも紹介

「萌木の村」は山梨の人気観光スポット!カフェや雑貨などおすすめショップも紹介

山梨県清里の豊かな自然の中にあるのが「萌木の村」です。イギリス人アーティストが手掛けたナチュラルガーデンが広がる園内には、カフェやレストランがあるほか、雑貨などのショップも揃います。オルゴール館や野外バレエなどもあり、芸術も楽しめるのが「萌木の村」です。

「萌木の村」は自然に囲まれた癒しスポット!見出し

Photo by ai3310X

山梨県清里という自然豊かな環境の中にあるのが「萌木の村」です。敷地の広さは約33000平方メートルで中央にはイギリス人作家がデザインしたガーデンが広がります。そしてそれを囲むようにあるのが約25のショップやカフェ、レストラン。今回はそんな癒しスポットである「萌木の村」についてご紹介します。

「萌木の村」の美しいガーデン見出し

Photo by revelyrist

もともと自然豊かな山梨県の清里ですが、その中でもひときわ目立つのが「萌木の村」にあるガーデンです。もともと八ヶ岳や清里の自然の中で育っていた植物をうまく生かしたガーデンとなっており、ここを歩いているだけで心が洗われると大人気です。

この「萌木の村」の人気ガーデンをデザインしたのはイギリス人のガーデンデザイナーであるポール・スミザー氏です。ポール氏はイギリスのバークシャー州出身で、英国王立園芸協会ウィズリーガーデンなどでガーデニングを学びました。

2003年には兵庫県宝塚ガーデンフィールズの英国式ナチュラル庭園を手掛けたり、翌年には新潟県見附市にある柳橋千刈街区公園を開園するなど、日本全国で活躍しています。

そして、2012年山梨県の清里にある「萌木の村」でガーデン造りをスタートしました。もともとある日本の自然と融合させたデザインが人気で、野草にスポットライトを当てた山野草ガーデンはほかでは見られないユニークさです。

「萌木の村」にあるメルヘン満点のメリーゴーラウンド見出し

Photo by canorus

「萌木の村」は自然豊かな環境の中におしゃれなレストランや可愛いショップなどが点在しており、どの角度から写真を撮っても素晴らしい仕上がりになるスポットなのですが、その中でも特に人気のスポットがメリーゴーラウンドです。

「萌木の村」に入ってまっすぐ進み、敷地の一番奥にあるのがその名も「森のメリーゴーラウンド」です。名前のとおり、まさに森の中にぽっかり現れるメリーゴーラウンドで、まるで童話の世界にうっかり足を踏み入れてしまったかのようなメルヘンな気分に浸ることができます。

Photo by Spiros Vathis

このように森の中にメリーゴーラウンドがあるのは日本中を探してもほかにはどこにもなく、柴咲コウなどのプロモーションビデオの撮影場所としても人気を集めています。夜にはライトアップもされます。料金は1回300円となっています。

「萌木の村」のキャラクターはもえすけ見出し

「萌木の村」のショップを見ていると緑色をしたテディーベアが販売されていることがあります。これが「萌木の村」のキャラクターであるもえすけです。

もともとは手作り作家の方が作ったものでしたが、人気が出たこともあって「萌木の村」の公認キャラクターとなりました。やや上目遣いのキュートな表情が特徴的です。

「萌木の村」では野外でバレエも楽しめる見出し

Photo by3938030

「萌木の村」ではガーデンを散歩して山梨の美しい自然を満喫したり、ショップでお買い物をしたりと様々な楽しみ方がありますが、なんと野外でバレエ鑑賞も出来てしまいます。

「萌木の村」で活動しているのは「清里Theフィールドバレエ」で、日本で唯一となる長期の野外バレエ公演です。

Photo bySkitterphoto

野外バレエ公演がスタートしたのは1990年で、当時の観客はわずか350人というスタートでした。ところが人気は年を追うごとに高まり、2004年には1万人を超えるものへとなりました。

「清里Theフィールドバレエ」の開催期間は2019年は7月30日から8月10日までで、連日様々な演目が上演されました。指定席は大人6000円、小人3000円、自由席は大人5000円、小人2000円からとなっています。ほかには舞台袖席や期間パスポートなどもありました。2020年の開催が待ち遠しいところです。

「萌木の村」にはセグウェイツアーも!見出し

Photo by toooooool

山梨県の豊かな自然を満喫できると人気の「萌木の村」。散策しているだけでも十分楽しいのですが、更にアクティブに行動してみたいという方におすすめなのがセグウェイツアーです。

八ヶ岳アウトドア・アクティヴィティーズが提供しているこのツアーでは、セグウェイに乗って八ヶ岳の山麓をツーリングすることができます。

ほかには、カヤック体験やハイキング、ヨガなどのプログラムもあります。一人から参加できるコースもあるほか、犬と一緒に参加できるコースもあります。

電話番号 080-4436-8423

「萌木の村」のおすすめレストラン1:ROCK見出し

Photo by ai3310X

ここからは「萌木の村」にあるおすすめレストランをご紹介していきましょう。「萌木の村」の中でも特に熱い支持を受けているレストランでその歴史はなんと1971年にまでさかのぼります。

1971年に開業したROCK。当時は喫茶店としての営業でした。しばらくは厳しい経営でしたが、1974年頃からトラックの運転手さんを中心にカレーが話題となり、次第に人気が高まります。

Photo by yto

そして1970年頃からは山梨県の清里が一躍ブームとなりとなりました。その後は1997年に現在の形でのパブレストランROCKを2店目としてオープンをし、ブルワリー併設をしたレストランとして賑わっていました。

2015年にはプレミアムロック・ボックが金賞を、翌年には清里ラガーが世界一となるなど、日本だけでなく世界からも評価が高いビールが揃っていると人気でしたが、残念ながら2016年8月に火災で焼失してしまいます。

しかし2017年6月には現在の形となる3代目のROCKが誕生します。真ん中には暖炉もある250席の大型レストラン。一番人気は「ROCKビーフカレー」です。

甲州麦芽ビーフを贅沢に使用しているほか、地元の野菜もたっぷり使用し、隠し味にはなんとイチゴジャム!年間では150000食も注文が入るこのカレーの値段はレギュラーが1080円、ビッグが1320円、ハーフが890円、そしてクオーターが760円となっています。

電話番号 0551-48-2521

「萌木の村」のおすすめレストラン2:メリーゴーラウンドカフェ見出し

Photo by odysseygate

続いてご紹介する「萌木の村」のおすすめレストランは、先にもご紹介した森の中にあるメリーゴーラウンドのすぐそばにあるメリーゴーラウンドカフェです。

メリーゴーラウンドカフェは少し高台にあるので「萌木の村」の自然を一望できるのがポイントです。また、気候のいい時期にはぜひ座りたいオープンテラス席もあります。そしてこのテラス席はペットも可能なのが嬉しいところ。

Photo by Dave_S.

メニューは洋食が中心で「焼きチーズビーフカレー」や「キッシュプレートセット」などが揃うほか、スイーツも充実していますので歩き疲れた時の休憩スポットとしてもおすすめです。雑貨やお土産も揃います。

電話番号 0551-48-3741

「萌木の村」のおすすめレストラン3:フェアリーテイルズ見出し

Photo by ohsarahrose

続いてご紹介する「萌木の村」のおすすめレストランはフェアリーテイルズです。ガーデンの中で美しいバラに囲まれた優雅なティータイムをしてみたいという方にはぴったりのこちらのカフェ。

薔薇を始めとする色鮮やかな花々や木々に囲まれたテーブルで、コーヒーや紅茶、ソフトクリームなどを楽しむことができます。また、雑貨や植物なども購入できます。冬期はお休みです。

電話番号 0551-48-2988

「萌木の村」のおすすめレストラン4:ナチュラルガーデンカフェ見出し

Photo by revelyrist

続いてご紹介するおすすめレストランはナチュラルガーデンカフェです。「萌木の村」の美しいガーデンを散歩していると、この美しい自然を眺めながらランチを食べたくなってきます。そんな時にテイクアウトができるのがこちらのカフェです。

夏場のみ営業するナチュラルガーデンカフェでは、八ヶ岳地ビールや人気の「ROCKビーフカレー」も扱っています。

電話番号 0551-48-3522

「萌木の村」のおすすめレストラン5:Perch見出し

Photo by yurayura_naoko

続いてご紹介するレストランはPerchです。こちらは「萌木の村」の中にあるホテルに入っているバーで、山梨県のウィスキーの豊富な品ぞろえが特徴的です。

また、フルーツの産地としても知られている山梨県。そんな豊富なフルーツを使用した「和梨のギムレット」や「巨峰のサイドカー」といったカクテルも大人気です。

電話番号 0551-48-2131

「萌木の村」のおすすめショップ1:てんつくりん見出し

Photo by T.Kiya

「萌木の村」の中には雑貨やお土産を扱うショップも数多くあります。まずご紹介するのはてんつくりんです。地元である山梨県の八ヶ岳の作品はもちろん、日本全国から集められたハンドメイド作品が揃います。

世界に一つしかない作品が揃っていると大人気のお店は、インテリアにも注目です。昭和初期のアンティークの家具でまとめられており、懐かしい雰囲気が漂います。

電話番号 0551-48-2812

「萌木の村」のおすすめショップ2:エッセンガルテン見出し

Photo by revelyrist

続いてご紹介するおすすめショップはエッセンガルテンです。山梨県の名産品を扱うギフトショップで、お菓子やジャム、雑貨のほか、地酒や「萌木の村」オリジナルのビールも購入することができます。

また、2019年4月からは日本でここだけでしか食べられないカカオ豆を使ったソフトクリームの販売もスタートしました。

電話番号 0551-20-7712 

山梨お土産おすすめランキング!人気の名産品や有名な信玄餅も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山梨お土産おすすめランキング!人気の名産品や有名な信玄餅も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山梨県で有名なお土産といえば信玄餅ですが、それ以外に何が思いつきますか?今回は、山梨県へ観光に行ったら買っていただきたい、おすすめのお土産をランキング形式にてご紹介をさせていただきます。山梨旅行の参考にしていただけたら幸いです。

「萌木の村」のおすすめショップ3:メイフェア見出し

Photo bystevepb

続いてご紹介するおすすめショップはメイフェアです。マニー系のインテリア雑貨やビンテージのリネンなども一見の価値ありなのですが、メイフェアの一番人気は300体を超えるテディベアです。

どのテディベアもキュートな表情をしており、眺めているだけでもつい笑顔になってしまうのが特徴的。モノを売るだけではなく、モノにまつわる思い出も持ち帰ってもらいたいという店主も思いが伝わる店内です。

電話番号 0551-48-4671

「萌木の村」のおすすめショップ4:ペーパーバグ見出し

Photo byNic0leta

続いてご紹介するおすすめショップはペーパーバグです。日本国内だけでなく世界でも評価の高い作品展「ペーバーアート廣岡正勅の紙の世界」がそのままショップへと形を変えました。

店内には、清里の虫や花などがデザインされた飛び出すカード、自分で虫が作れる型紙セットなどが販売されています。体験工房では、自分で紙の虫を作ってみることもできます。値段は540円です。

電話番号 0551-30-4281

「萌木の村」のおすすめショップ5:シュガープラム見出し

Photo by photojenni

続いてご紹介するショップはシュガープラムです。イギリスの片田舎にあるおばあちゃんの家に遊びに来たような雰囲気の店内には、温かみのある作品が並びます。

アントステラの家具やキャス・キットソンのポーチやステーショナリーもあり、カントリーが好きな方にはたまらない空間となっています。

電話番号 0551-48-5100

「萌木の村」にはオルゴール博物館も!見出し

Photo by Kentaro Ohno

「萌木の村」には、ガーデンに加え、人気のレストランやショップがあるだけではありません。なんとオルゴール博物館のホール・オブ・ホールズもあります。自然の中で聞くオルゴールの音は更に美しいこと間違いありません!

博物館内には様々なオルゴールの展示があるほか、オルゴールや自動演奏楽器によるコンサートも定期的に開催されています。博物館内は犬を連れて入ることもできます。

電話番号 0551-48-3535

「萌木の村」に泊まってみよう!見出し

Photo by suneko

「萌木の村」には自然と共に暮らすというコンセプトを掲げたホテルもあります。名前はホテルハット・ウォールデン。木を多用したおしゃれな客室はアンティーク調でまとめられています。

洋室と和室を組み合わせたタイプのファミリールームは子どもさん連れに特に人気が高いほか、ナチュラルガーデンを見渡すことが出来るウッドテラスのある部屋もあります。

電話番号 0551-48-2131

「萌木の村」へのアクセス情報見出し

Photo by revelyrist

山梨の自然豊かな環境の中にある「萌木の村」。美味しいレストランやおしゃれなショップで人気のスポットですが、最後にご紹介するのは「萌木の村」へのアクセス情報です。周辺は空気の美しい清里高原ですので、他の観光スポットと合わせてアクセスするのもおすすめです。

「萌木の村」へ車でアクセスする場合

Photo by yuiseki

「萌木の村」へ車でアクセスする時の方法ですが、東京からアクセスする場合は首都高速から中央自動車道へと入り、須玉ICで下ります。そこから国道141号線に入り「萌木の村」へとアクセスする方法が一般的です。この方法でアクセスすると所要時間は約2時間です。

「萌木の村」へ東京からアクセスする場合、上信越自動車道を利用するアクセス方法もあります。上信越自動車道の佐久ICで下り、国道141号線を通って清里を目指すという方法です。この方法でアクセスすると所要時間は約3時間40分です。

Photo by Takashi(aes256)

「萌木の村」へ愛知県方面からアクセスする方法もあります。愛知小牧JCTから中央自動車道へと入ります、そこからは、小淵沢ICから八ヶ岳横断道路を経由して清里へとアクセスもできますし、長坂ICを経由して清里高原道路へと入って清里へとアクセスする方法もあります。どちらのアクセス方法でも約3時間30分で「萌木の村」にアクセスができます。

「萌木の村」へJRでアクセスする場合

Photo by Kentaro Ohno

「萌木の村」にはJRを使ってアクセスする方法もあります。新宿からの場合は、中央本線で小渕沢駅まで行きます。そしてそこから小海線に乗り換えて清里駅まで行きます。この方法でのアクセスの場合、所要時間は約2時間40分です。

「萌木の村」へ新幹線を利用してアクセスする方法もあります。上野駅から新幹線に乗って佐久平駅までアクセスをしてください。そして小海線に乗り換えて清里まで行きます。この方法でアクセスする場合の所要時間は約3時間です。

Photo by kagawa_ymg

名古屋方面から「萌木の村」へアクセスする場合は、中央本線で塩尻駅まで行きます。そこで各駅停車に乗り換えて小渕沢駅まで行き、小海線で清里まで行くという方法が一般的です。この方法だと約3時間30分で「萌木の村」までアクセスができます。

ちなみに「萌木の村」の最寄駅は清里駅ですが、そこから「萌木の村」までは歩いて7分から8分ほどでアクセスが可能となっています。

住所 山梨県北杜市高根町清里3545
電話番号 0551-48-3522

清里観光のおすすめスポットをご紹介!八ヶ岳周辺は子供にも人気 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
清里観光のおすすめスポットをご紹介!八ヶ岳周辺は子供にも人気 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山梨県北杜市の八ヶ岳南麓に位置する清里高原は山梨県を代表する避暑地として一大ブームを巻き起こした観光地です。現在では、子供から大人まで楽しめるアクティビティや、酪農地としても名高い清里で作られるソフトクリームなど、観光スポットは数え切れません。
清里でランチを楽しむ!おすすめのレストランやカフェ情報!人気店満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
清里でランチを楽しむ!おすすめのレストランやカフェ情報!人気店満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山梨県北杜市のある清里高原は夏は避暑地、冬はスキーやスノーボードとリゾート地として人気です。そんなリゾート地として人気のある清里ではランチを楽しめる人気レストランやカフェがたくさんあります。人気のあるお店や地元食材を使用したおすすめランチを紹介します。

「萌木の村」で山梨県の自然やグルメを満喫しよう!見出し

Photo by revelyrist

「萌木の村」全体を華やかに演出しているのがナチュラルガーデン。犬などのペットを連れている人も多く、のんびりと自然を満喫しているのがよく分かります。山梨県の名産を扱うお店も多く、グルメスポットとしても注目を集めている「萌木の村」。清里に来たら必ず訪れたい注目スポットの一つです。

投稿日: 2019年10月3日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote