地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

与論島観光の見どころは?おすすめスポットやグルメにお土産も紹介!

与論島をご存知ですか?青い海と自然豊かな鹿児島県の離島です。いま、与論島へ訪れる人が急増中なんですよ。今回は魅力たっぷりの与論島のおすすめ観光スポットやご当地ならではのグルメ、絶対に外せないお土産などをご紹介します。与論島観光へ出掛けてみませんか?

与論島って知ってる?見出し

与論島を知っていますか?ここは日本国内とは思えないほど、透明な海が広がる離島です。見どころの多い観光スポットとして、いま大人気なんですよ。与論島は鹿児島県の最南端に位置している小さな島です。周りを海に囲まれているので、日本にいながら非日常を味わえる最高のロケーションになっていますよ。

与論島は小さな島なので、車であれば1時間もかからずに島内を一周できてしまいます。琉球文化が根付いていて、南の島特有のゆっくりと時間が流れるようなのんびりとした空気が魅力の島です。もちろん見どころ満載の観光スポットもたくさんありますよ。今回は青い海と広大な自然、観光地やグルメなど見どころ満載の与論島観光のおすすめをいくつかピックアップしてご紹介します。

鹿児島の与論島への行き方は船・飛行機どっち?料金や宿泊先も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鹿児島の与論島への行き方は船・飛行機どっち?料金や宿泊先も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
与論島(よろんじま)は鹿児島県の奄美群島の中でも最南端の島。島全体がサンゴ礁に囲まれており、その海の美しさは日本屈指と言われます。今回は、鹿児島や沖縄等を経由して飛行機または船で与論島を訪れる方法と、与論島でおすすめの宿泊施設をご紹介します。

与論島の観光スポットをチェック「大金久海岸」見出し

まず、与論島の魅力を満喫したいのなら、欠かせない観光スポットが大金久海岸です。こちらは与論島内で最大のビーチになっています。約2kmに渡って白い砂浜が広がっています。白い砂浜と青いビーチがどこまでも広がる景色は夢の中にいるような気持ちになりますよ。もちろんマリンアクティビティも充実しているので、のんびりした後は海で思いっきり遊ぶのもおすすめです。

また、大金久海岸に行くなら絶対に行って欲しいおすすめの場所が百合ヶ浜です。百合ヶ浜は普段は海の中に隠れてしまっていて、干潮時にだけ現れる砂浜なんですよ。百合ヶ浜で星砂を歳の数だけ拾うと幸せが訪れるという素敵なジンクスがあります。観光の思い出に、百合ヶ浜で星砂を拾ってみてはいかがでしょうか。

百合ヶ浜周辺はシュノーケリングもできますよ。とても透明度が高い海なので、綺麗な魚や珊瑚をゆっくり探すのも良いですね。大金久海岸に行くときは干潮時を狙って行くようにしてくださいね。

与論島の百合が浜への行き方は?幻の絶景が現れる時期や時間を教えます! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
与論島の百合が浜への行き方は?幻の絶景が現れる時期や時間を教えます! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島県にある与論島には、幻の絶景と呼ばれる天国のような島が存在することはご存知ですか?数々の条件が合わないと現れないその島は百合が浜と呼ばれ、幸せになれるというジンクスも。今回は与論島にある絶景の島、百合が浜への行き方から周辺情報まで全部ご紹介します!

与論島のダイビングスポットはココ「海中宮殿」見出し

与論島に観光で訪れるのなら、ダイビングをしてみるのもおすすめです。ダイビングをするなら海中宮殿は外せません。この海中宮殿は文字通り、海の中に造られた宮殿。人工的に造られたギリシャ神話のような神殿と柱が並ぶポイント。今では珊瑚が着き、海中の魚たちにも人気のスポットになっています。とても幻想的な景色はココでしか見れない絶景ですよ。

与論島の地下も見てみよう「赤崎鍾乳洞」見出し

与論島は海も自然も見とれてしまうほどに綺麗ですが、与論島の地下も負けてはいません。与論島の東南、赤崎海岸の近くにある赤崎鍾乳洞は自然の神秘を感じられるおすすめ観光スポットですよ。受付で懐中電灯をもらい探検気分で地下へ進みましょう。

大自然の中に長い年月をかけて彫られた自然の彫刻を見てみると、自然の偉大さを感じることができるでしょう。鍾乳洞内はとても涼しいので、暑い日の避暑としてもおすすめです。雨の日の観光にも良いですね。

与論島内を一望できる観光スポット「サザンクロスセンター」見出し

与論島で青い海を堪能したあとは、与論島内を散策してみましょう。こちらのサザンクロスセンターは、与論島内の小高い丘の上に位置していますよ。サザンクロスセンターは5階建ての歴史資料館です。与論島の歴史や文化の資料が展示されています。また、与論島の特産品の展示もしてありますよ。

サザンクロスセンターは、与論島に来たら外せない観光スポットになっていますよ。ここへ訪れたら、5階の展望フロアに行ってみましょう。こちらの展望フロアからは、のどかな島の景色と青い海、そして遠くに見える沖縄本島などを360度ぐるりと一望できます。

のどかな与論島観光を楽しむ「ユンヌ楽園」見出し

次にご紹介するのはユンヌ楽園。こちらも与論島の観光スポットになっています。ユンヌ楽園は5000坪の敷地に200種類以上もの亜熱帯植物が集まっている植物園です。1年中花が咲いているので、いつ行っても楽しめるのも魅力です。

小さな植物園ですが、普段見ることのないような珍しい植物を見ることができますよ。ハイビスカスやアダンなどの亜熱帯植物が咲き誇る様はまさに南国といった雰囲気です。のんびりお散歩気分で周ってみてくださいね。

与論島のグルメをチェック見出し

見どころいっぱいの与論島ですが、グルメも注目したいところです。では、次は与論島の美味しいグルメが味わえるおすすめのお店をいくつかご紹介します。与論島ならではのグルメを是非チェックしてみてくださいね。

与論島のホテルに泊まるなら民宿がおすすめ!食事付きで格安が人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
与論島のホテルに泊まるなら民宿がおすすめ!食事付きで格安が人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島県最南端にある与論島(よろんじま)は東シナ海の真珠と謳われたほど綺麗で神秘的。リゾートホテルも人気ですが、島文化が体験できる民宿ステイもおすすめです。今回はホテルでは味わえない、味ある民宿を一挙ご紹介しちゃいます。与論島の奥深さを体験してくださいね!

与論島観光の〆にオススメ「青い珊瑚礁」見出し

まず、ご紹介するのが、青い珊瑚礁です。与論空港から徒歩5分ほどなので、空港へ向かう際の最後の与論島ご飯に訪れる人も多いそうですよ。こちらのお店はお蕎麦や鶏飯などが食べられます。おすすめは、小麦粉6に対して若もずく4の割合で作り上げられたもずくそば。与論島はもずくの名産地なんですよ。もずくそばは、そば粉を使用せずに作られていて、もずくの風味を存分に感じられる美味しい一品ですよ。

奄美の文化を与論島で味わう「ヨロンの味 たら」見出し

Photo by veroyama

与論島へ観光に来たら、一度は食べてもらいたいメニューが鶏飯です。鶏飯は元々は奄美諸島の郷土料理ですが、奄美の影響を受けている与論島でもしっかりと根付いている郷土料理です。こちらのヨロンの味たらでは、美味しい鶏飯を堪能することができますよ。ご飯の上に、具をいっぱい乗せて、コクのある出汁をかけて豪快に食べてみてくださいね。

与論島観光の休憩におすすめ「海カフェ」見出し

さて、次にご紹介するのは与論島の茶花海岸の近くにある海カフェです。可愛い物が大好きな女性に大人気のカフェなんですよ。店内も外観もまるで物語の中に出てくるお店のようです。テラス席からは茶花海岸を一望できるとても贅沢なロケーションです。

こちらは美味しいドリンクからご飯ものまで豊富なメニューが揃っていますよ。中でもオススメなのが石窯で焼かれた熱々のピザ。こちらのカフェは何を頼んでも外れなしと言われているので、メニューを見て食べたいものにチャレンジしてみるのも良いですね。

与論島観光で外せない氷「味咲」見出し

与論島は1年を通して温暖な気候です。そうなると美味しいのが、かき氷ですよね。こちらの味咲(みさき)は、与論島の南東側、赤崎海岸の近くにあります。外観は海の家という感じで、観光客もたくさん訪れる人気店です。

かき氷の種類がとても多く、ドラゴンフルーツが入った「かおり」や、珈琲とシナモン味の「ほぼブラジル」など全てにユニークな名前がついていて、見ているだけでワクワクしてしまうお店ですよ。こちらのかき氷の美味しさの秘密はなんといっても、ふわふわの氷です。いくらでも食べれそうなふわふわの氷と、絶妙なシロップのハーモニーは立派なグルメになっていますよ。

観光のお土産にオススメ見出し

さて、見どころたくさんのおすすめの観光スポットやグルメをご紹介しましたが、与論島に訪れたらお土産も忘れずにゲットしておきたいですよね。与論島の離島ならではのお土産をいくつかご紹介します。与論島でしか買えない貴重なお土産もあるので是非チェックしてみてくださいね。

モリンガ麺

馴染みのない言葉で驚いてしまうかもしれませんが、モリンガはヨロンの特産品の一つです。モリンガとは、奇跡の樹木と呼ばれるほど栄養価の高いハーブなんですよ。モリンガを贅沢に練りこんだモリンガ麺はモチモチの食感。爽やかなモリンガの香りが広がる与論島のおすすめのお土産です。

アテモヤ

こちらは、与論島で生産されているフルーツ、アテモヤです。糖度が20度あり、とても甘くて美味しいフルーツです。森のアイスクリームと呼ばれているほどクリーミーなアテモヤを是非一度食べてみてくださいね。珍しい形なので、お土産にすれば盛り上がる事間違いなしですね。

次にご紹介するのが、ヨロン豆です。ヨロン豆は、与論島の黒糖をピーナッツにコーティングした癖になる豆菓子です。こちらのヨロン豆は、与論島に訪れた人のほとんどがお土産として購入する大人気商品なんですよ。お土産にぴったりのサイズなので、人数分購入して配るのにも最適ですよね。

こちらは、与論島名物いしかたこしょうです。先ほどご紹介した味咲のオリジナル商品です。与論島に自生している島みかんである「いしかた」を島唐辛子と合わせたスパイスです。ピリッとした辛さと爽やかに香るいしかたが相性抜群の万能調味料なんですよ。パスタやお鍋に入れるととても美味しいおすすめのお土産です。

与論島でのんびり観光のすすめ見出し

いかがでしたか?与論島は豊かな自然と青い海、見どころいっぱいの観光スポットがある離島です。与論島内をじっくり観光するも良し、のんびりと海を眺めるのも良いですよね。見どころはたくさんありながら、離島独特のゆったりとした空気を満喫できる最高の島です。きっと都会では味わえない素敵な体験ができるでしょう。のんびり旅をしたい時は、与論島へ是非出かけてみてくださいね。

投稿日: 2017年5月23日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote