地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

鹿児島の与論島への行き方は船・飛行機どっち?料金や宿泊先も紹介!

与論島(よろんじま)は鹿児島県の奄美群島の中でも最南端の島。島全体がサンゴ礁に囲まれており、その海の美しさは日本屈指と言われます。今回は、鹿児島や沖縄等を経由して飛行機または船で与論島を訪れる方法と、与論島でおすすめの宿泊施設をご紹介します。

鹿児島県与論島へ絶景を見に行こう見出し

与論島(よろんじま)は鹿児島県の離島。サンゴ礁で囲まれた与論島の周りに広がるのは、曇りのない真っ白なビーチ、そしてコバルトブルーとセルリアンブルーに彩られた鮮やかな海。今回はそんな与論島への行き方と、島の宿泊施設をご紹介します。今年の夏は与論島へ!そんな方はぜひご参考ください。

与論島を訪れるには飛行機か船を使おう見出し

与論島は鹿児島県と沖縄の間に浮かぶ、奄美群島の中でも最も沖縄に近い南端の島。与論島へは船か飛行機でアクセスすることになりますが、鹿児島か沖縄を経由して与論島へ渡るのが一般的な行き方です。飛行機で渡るのが最も簡単な方法ですが、道中ものんびりと楽しみたければフェリーがおすすめです。それぞれの与論島への行き方や、船については料金もご紹介します。

与論島観光の見どころは?おすすめスポットやグルメにお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
与論島観光の見どころは?おすすめスポットやグルメにお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
与論島をご存知ですか?青い海と自然豊かな鹿児島県の離島です。いま、与論島へ訪れる人が急増中なんですよ。今回は魅力たっぷりの与論島のおすすめ観光スポットやご当地ならではのグルメ、絶対に外せないお土産などをご紹介します。与論島観光へ出掛けてみませんか?

はじめに鹿児島への行き方について見出し

与論島への主な経由地である鹿児島県は、飛行機か新幹線を利用して訪れることが多いでしょう。与論島への行き方の前に、「鹿児島空港」「鹿児島中央駅」についても少しご紹介します。

鹿児島の空の玄関口「鹿児島空港」

全国の主な都市からANA、JALに加えてLCCも就航しているため、「鹿児島空港」は比較的アクセスのよい空港であるといえるでしょう。日本国内だけでなく、ソウルや上海、台北にも国際路線を運航する国際空港でもあります。鹿児島県内には主な都市と空港を結ぶバス路線が張り巡らされているだけでなく、お隣の宮崎や熊本でも空港バスが発着しています。

新幹線で訪れるなら「鹿児島中央駅」

九州新幹線の西の終着駅が「鹿児島中央駅」です。新大阪か新神戸で九州新幹線に飛び乗れば、4時間ほどで鹿児島中央駅に到着します。新大阪より東、たとえば東京や名古屋から新幹線に乗るのであれば、新大阪から博多間のどこかで九州新幹線に乗り換える必要があります。料金は、新大阪から鹿児島中央までで約20000円です。

鹿児島から飛行機で与論島へ行こう見出し

鹿児島から与論島へは、1日1便か2便、飛行機が往復しています。所要時間は約1時間10分。鹿児島県の一部とはいえ与論島は県の中心からかなり離れているので、結構時間がかかります。日本航空のグループ会社である日本エアコミューター(JAC)が運航しています。飛行機の料金は季節により変動するため、公式ホームページで確認しましょう。

沖縄から飛行機で与論島へ行こう見出し

沖縄の那覇空港から与論島へは、1日1便から4便の飛行機が往復しており、こちらの運航会社は琉球エアコミューター(RAC)。1日あたりの便数は季節によって変動するため、航空会社まで確認が必要です。那覇から与論島までは約40分間の空の旅。那覇を飛び立てばあっという間に与論島へ到着します。

奄美大島から飛行機で与論島へ行こう見出し

鹿児島か沖縄を経由する行き方の他には、奄美群島最大の島、奄美大島からも与論島へ飛行機で訪れることができます。沖永良部島を経由する便と直行便の2種類があり、曜日によって運航する便が区別されています。所要時間は、直行便なら約40分、沖永良部島を経由する場合は約1時間25分です。

奄美大島へは東京と大阪からも直行便が運航

補足になりますが、奄美大島へは東京と大阪から直行便が運航しているため、どちらかの都市からであれば容易に訪れることができます。LCCのバニラエラも就航しているので、こちらを利用すれば飛行機の料金をおさえることも可能です。所要時間は東京からなら約3時間弱、大阪からなら約2時間弱。奄美大島を観光してから与論島へ、という島巡りの計画も立てやすいですね。

鹿児島と沖縄から船で与論島へ行こう見出し

鹿児島と沖縄の間にある与論島。もし旅の時間をたっぷりととれるなら、のんびりと船に揺られながら与論島を目指すのも素敵ですね。飛行機は確かに便利ですが、船を使って与論島にアクセスする方法もご紹介します。

「鹿児島新港」から与論島へ

鹿児島と沖縄からは、与論島や奄美群島の島々を経由する船が毎日1便発着しています。船は鹿児島を出発した後、奄美大島や与論島を経由し、1泊2日をかけて沖縄へ到着します。運営するのは「マルエーフェリー」と「マリックスライン」の2社で、隔日で交互に船を運航しています。

与論島をはじめとする奄美群島の島々、そして沖縄へ向かうフェリーが発着するのは「鹿児島新港」です。鹿児島中央駅からは車で約10分、鹿児島空港からは車で約1時間のところにあります。鹿児島中央駅から向かうなら、フェリー時刻にあわせて運航する路線バス「ポートライナー」に乗れば約20分で新港に到着します。ポートライナーの料金は、大人が160円、子どもが80円です。

鹿児島から与論島までは、料金は片道約13000円、所要時間は鹿児島から約20時間の船旅です。ほぼ丸一日をかけて海上を進むことになります。

「那覇港」から与論島へ

那覇には「那覇港」と「那覇新港」がありますが、与論島などの奄美群島の島々や鹿児島へ向かうフェリーが発着するのは「那覇港」のフェリーターミナルです。乗り場を間違えないように気を付けましょう。沖縄から与論島までのフェリーについては、料金が約3000円から約4000円。所要時間は約5時間です。

与論島に泊まろう!おすすめの宿泊施設5つ見出し

続いて与論島でぜひ泊まってみたい宿泊施設をご紹介します。ラグジュアリーなプライベート空間を演出するコテージや、島に暮らす人々とふれあいながら家庭的な雰囲気を楽しむことのできる民宿やペンションなど、与論島には魅力的な宿泊施設がたくさん。滞在のスタイルによってぴったりなお宿を探してみください。

与論島でリゾートステイを楽しむ見出し

プリシアリゾートヨロン

「プリシアリゾートヨロン」は与論島の大型リゾート施設。白と青の2色を基調とする建物はギリシャのミコノス島をイメージしてデザインされており、与論島の青い海と空、真っ白なビーチにぴったりと似合っています。宿泊できるのはすべてコテージタイプで、宿泊の目的によって「ファミリー」「スタンダード」「スーペリア」の3種類から選ぶことができます。

「スーペリア」タイプは海に面し、プライベートが重視された広々としたコテージ。部屋の面積は48平方メートルとゆったりとした造りになっています。「ファミリー」はビーチに面した1棟独立型コテージ。「スタンダード」では友達グループやカップル、ロングステイを楽しみたい人など、様々な滞在のスタイルにあわせたコテージが用意されています。

プリシアリゾートヨロン

住所:
鹿児島県大島郡与論町立長358—1
アクセス:
車以外/羽田空港発、那覇空港また鹿児島空港経由、与論空港より車で3分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

与論島でアットホームな島の暮らしを体験見出し

星砂荘

アットホームなお宿に泊まりたいなら、おすすめなのが「星砂荘」です。こちらで宿泊できるのは、ほっと落ち着くシンプルな和室。部屋からはグリーンのさとうきび畑や与論の海を見渡すことができます。ビーチまでは徒歩10分。マリンスポーツも手配しており、美しい朝日を見られる早朝のシーカヤックが人気です。

こちらでいただくことができるのは、島の食材を使用した家庭料理。栄養満点の与論のお料理を味わいましょう。つい「ただいま」と言いたくなるような、与論島の我が家のようなお宿です。ほっこりと暮らすように与論島に滞在したい人におすすめです。

星砂荘

住所:
鹿児島県大島郡与論町東区616-3
アクセス:
車以外/各空港より沖縄、鹿児島経由でヨロン空港へ。空港より車で約10分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

竹丸荘

玄関前に植えられたパイナップルの木が印象的な民宿「竹丸荘」の自慢は、全室オーシャンビューであること!中には人気の観光地「百合が浜」が見えるお部屋もあります。アットホームな雰囲気のお宿で、建物は近年改装したため清潔感たっぷりです。こちらで提供している島の家庭料理はボリューム満点。美味しさだけでなく、栄養にも気を配ったものばかりです。

竹丸荘

住所:
鹿児島県大島郡与論町麦屋177-1
アクセス:
車以外/羽田空港~那覇空港(約2時間半)、那覇空港~与論空港(約30分)
料金の目安:
3,500円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 13:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:
与論島のホテルに泊まるなら民宿がおすすめ!食事付きで格安が人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
与論島のホテルに泊まるなら民宿がおすすめ!食事付きで格安が人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島県最南端にある与論島(よろんじま)は東シナ海の真珠と謳われたほど綺麗で神秘的。リゾートホテルも人気ですが、島文化が体験できる民宿ステイもおすすめです。今回はホテルでは味わえない、味ある民宿を一挙ご紹介しちゃいます。与論島の奥深さを体験してくださいね!

与論島のペンションでまったりステイを満喫見出し

民宿 楽園荘ペンションパラダイス

マリンスポーツクラブによって運営されている「楽園荘ペンションパラダイス」。和室、洋室の両方が提供されていますが、全室バスおよびトイレ付きなので女性も安心です。大きなガジュマルの木が植えられた広々としたお庭では、バーベキューを楽しむこともできます。

お宿の食堂「楽園食堂」では、素材にこだわった自慢のお料理を楽しみましょう。近くの畑でとれた野菜や薬草、島で獲れた魚に、自家製の味噌、天然塩を使い、美味しさと栄養に配慮したお食事を提供しています。

住所:鹿児島県大島郡与論町古里1279 電話番号:0997-97-3574

ホテルヨロン島ビレッジ

もう一軒与論島のペンションでご紹介するのは「ホテルヨロン島ビレッジ」。小高い丘の上に建つお宿に辿り着いたら、出迎えてくれるのは鮮やかな南国の植物。周辺の自然環境をなるべく活かすことができるように工夫をされているのだそうです。映画「めがね」のロケ地でもあり、映画ファンも数多く訪れます。

お部屋はオーシャンビューのホテルタイプと、よりお手頃なペンションタイプの2種類。島の豊かな自然にも馴染む落ち着いたナチュラルなインテリアで統一されています。建物内には夕焼けのきれいなガーデンテラスや、チェアでくつろげる緑の広場もあり、あまりの居心地の良さについ長く滞在してしまう人も。

住所:鹿児島県大島郡与論町茶花2904-6 電話番号:0997-97-4601

島の自然を満喫しに与論島へ行こう見出し

以上、今回は与論島への行き方と素敵なお宿をご紹介しました。与論島へは飛行機でアクセスするのが最も簡単ですが、奄美群島の島々をフェリーで巡りながら、南国の島旅を楽しむのも素敵ですね。与論島のゆっくりとした時間の中で過ごしていると、日頃の疲れもいつの間にか癒されていることでしょう。きっと住みたくなる島。与論島はそんなところではないでしょうか。

投稿日: 2017年6月1日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote