地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ブラジルの観光で世界遺産や名所を巡ろう!おすすめスポットランキング!

南アメリカ大陸最大の面積を擁するブラジル。日系人が多く、日本との縁が非常に深いことでも知られる国ですが、実は世界遺産や名所が多く存在します。今回はブラジルに行ったらぜひ足を運んでほしい、世界遺産や名所をランキングで紹介します。

世界遺産や名所が多いブラジル見出し

南アメリカ大陸最大の面積を擁するブラジルは、神秘的なアマゾンの大自然や歴史的建造物等が目立ち、世界遺産や名所が多く存在します。今年に入ってヴァロンゴ埠頭の考古遺跡が世界遺産に登録されたのは最近の話ですが、他にも文化遺産が13件、自然遺産が7件の合計21件が登録されています。今回はブラジルに行ったらぜひ足を運んでほしい、世界遺産や名所をランキングで紹介します。

ブラジルの世界遺産ランキング15位オリンダ歴史地区見出し

ブラジル・ペルナンブーコ州にある都市で、1982年に世界文化遺産として登録されました。ポルトガルがブラジルに建設した最初の植民地で、地名のオリンダには、「なんと、美しい」という意味が込められています。保存状態の良いコロニアル風の建築物が多く残されている地区であり、ポルトガル、オランダ両様式のミゼルコルジア教会やブラジル・バロック様式のサン・フランシスコ修道院など観光客に人気のスポットです。

ブラジルの世界遺産ランキング14位ゴイアス歴史地区見出し

ブラジルゴイアス州にある小さな街で、2002年に世界文化遺産として登録されました。18世紀前半に金の鉱脈を発見し、ゴールドラッシュで栄えた都市で、かつては100万人以上の人々が生活をしていました。現在は人口も3万人程に減り、静かに観光客を受け入れる街となっています。ゴールドラッシュ時代に建てられた、豪華な建築物や知事の宮殿、魅力的な教会などが残され、その美しい景観を楽しむことができる名所です。

ブラジルの世界遺産ランキング13位サルヴァドール・デ・バイーア歴史地区見出し

ブラジル北東部の大西洋に面した港湾都市で、1985年に世界文化遺産として登録されました。1763年まではブラジルの首都として発展し、砂糖や金の交易で繁栄しました。市街はシダーデ・アルタ(上の町)とシダーデ・バイシャ(下の町)に分けられ、黄金の教会と呼ばれる「サン・フランシスコ聖堂」や旧ブラジル政府本部だった「リオブランコ宮殿」など350以上もの教会建築を有し、観光におすすめなスポットです。

ブラジルの世界遺産ランキング12位ボン・ジェズス・ド・コンゴーニャスの聖所見出し

ミナスジェライス州の州都ベロオリゾンテの南方に位置する名所で、1985年に世界文化遺産として登録されました。1771年に建造されたバシリカ式のボン・ジェズス・デ・マトジーニョス聖堂や、小礼拝堂、庭園などがあり、聖堂前には石鹼石で造られた旧約聖書の12人の預言者像などが並んでいます。ブラジルのミケランジェロと言われるバロック様式の芸術家アレイジャディーニョが手掛けた作品で、一見の価値があります。

ブラジルの世界遺産ランキング11位サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群見出し

アルゼンチンとの国境近く、リオ・グランデ・ド・スル州の北西部、サン・ミゲル郡にある遺跡で、1983年に世界文化遺産に登録されました。17世紀から18世紀にかけてイエズス会がグアラニー人のキリスト教の教化を進めるために築いた教化集落遺跡で、観光ツアーでは、馬に乗って遺跡や周辺スポットを巡るコースなども設けられています。

ブラジルの世界遺産ランキング10位セラ・ダ・カピバラ国立公園見出し

ブラジル北東部のピアウイ州カピバラ山地にある国立公園で、1991年に世界文化遺産に登録されました。1979年にブラジル人とフランス人の考古学者が地域の生態系と考古学的価値を保護することを目的につくった公園で、紀元前1万2千年前の古代人が描いたとみられる洞窟壁画が最大の見どころの名所です。壁画のほかにも先史時代の遺跡が数多く発掘されています。

ブラジルの世界遺産ランキング9位古都オウロプレト見出し

首都ブラジリア南東のミナスジェライス州に位置し、1980年に世界文化遺産に登録されました。街の名前、オウロプレトはポルトガル語で「黒い金」という意味で、この地で発見された砂金が、黒い色をしていたことに由来しています。ポルトガル統治時代につくられたサン・フランシスコ・ジ・アシス教会やボン・ゼズス・マトジンニョ教会などが残り、世界各地から年間100万人以上の観光客が訪れる人気スポットです。

ブラジルの世界遺産ランキング8位中央アマゾン保全地域群見出し

アマゾナス州ネグロ川流域に位置するエリアで、二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量が評価され2000年に世界自然遺産に登録されました。当初は「ジャウー国立公園」として登録されましたが、2003年に野生生物の生息持続が可能な開発保護区を含める登録範囲拡大に伴い、登録名も「中央アマゾン保全地域群」に変更されました。植物の多様性と独特の生態系、また絶滅危惧種が多数生息するエリアであります。

ブラジルの世界遺産ランキング7位サン・ルイス歴史地区見出し

ブラジルで唯一フランス人によって建設された州都で、1997年に世界文化遺産として登録されました。フランス国王ルイ13世にちなんで街の名前がつけられ、1615年にはポルトガル人に占領され、綿花や砂糖の輸出で繁栄しました。当時ポルトガル人が建てた装飾タイルで覆われた美しい建造物が数多く残り、セー教会の大聖堂や要塞などの歴史的建造物が、歴史上重要な時代を例証するものとし文化遺産として認められました。

ブラジルの世界遺産ランキング6位パンプーリャの近代建築群見出し

ブラジルベロオリゾンテ市北東部に位置する人造湖周辺に形成された庭園都市の建造物群で、2016年に世界文化遺産として登録されました。ブラジルの建築家、オスカー・ニーマイヤーが手掛けたサンフランシスコ・デ・アシス教会、曲線的なデザインが印象的なカーザ・ド・バイリ、当初はカジノのとして設計されたパンプーリャ美術館などの建造物が並び、観光におすすめのスポットです。

ブラジルの世界遺産ランキング5位リオデジャネイロ山と海との間のカリオカの景観群見出し

ブラジルの大都市リオデジャネイロにあるスポットで、2012年に世界文化遺産として登録されました。コルコバードの丘やコパカバーナ海岸など、都市開発と自然が合わさってできた珍しい世界遺産です。世界遺産の名前の中に、リオデジャネイロの住民、出身者という意味を持つ「カリオカ」という言葉が入っているのは、国だけの世界遺産ではなく現地の人たちで生み出した世界遺産という思いが込められています。

ブラジルの世界遺産ランキング4位パンタナル自然保護地域見出し

ブラジルの4つの自然保護区からなる名所で、2001年に世界自然遺産として登録されました。日本の本州とほぼ同じ広さで、世界で最大規模の湿原といわれています。南米で最も野生動物が集中している地域とされ、400種の魚類や50種の爬虫類、650種の鳥類などが生息しています。

ブラジルの世界遺産ランキング3位ブラジリア見出し

標高1100mに位置するブラジルの首都ブラジリアは、1987年に世界文化遺産として登録されました。無人の大草原にわずか4年足らずでつくられた都市計画の珍しさが評価されています。街を上空から見ると飛行機の形をしており、街の発展を願う思いが込められています。アルボラーダ宮殿やメトロポリタン・カテドラル、国会議事堂、ドン・ボスコ聖堂など創造性に富んだ現代建造物が建ち並ぶ近未来的な都市です。

ブラジルの世界遺産ランキング2位ヴァロンゴ埠頭の考古遺跡見出し

リオデジャネイロにある1811年建設の港湾施設の遺跡で、今年世界文化遺産として登録されたばかりの名所です。大西洋奴隷貿易末期に黒人奴隷を受け入れる場所として整備された場所であり、リオ市港湾部開発工事中に行われた発掘調査で発見されました。アフリカからブラジルへの奴隷貿易時代の名残を今に伝える重要なスポットであり、その歴史に思いを馳せることができます。

ブラジルの世界遺産ランキング1位イグアス国立公園見出し

ブラジルとアルゼンチンにまたがっている国立公園で、1986年に世界自然遺産として登録されました。およそ18万ヘクタールの広大な敷地の内、観光客に開放されているのは約0.3%で、世界3大瀑布として知られ、最大落差約80mのイグアスの滝や亜熱帯動植物、貴重な野生動物が生息している観光客におすすめのスポットです。

世界遺産にはなっていないブラジルおすすめの名所見出し

おすすめの名所1レイソス・マラニャンセス国立公園

ブラジルの北東部大西洋岸のマラニャン州にある広大な砂丘。レイソス(シーツ)という名前が付けられるように、美しいシーツのように白い砂丘が15万5000ヘクタールに渡って広がっています。さらに、雨季の時期だけ砂丘の至る所に無数のエメラルド色の湖が現れ、この神秘の湖を目的に訪れる観光客が目立ちます。

おすすめの名所2サッカー博物館

サッカー王国ブラジル。そんなブラジルサッカーの歴史をすべて知ることが出来る名所が、南米最大規模と言われるサンパウロパカエンブースタジアムのスタンド下にあるサッカー博物館です。サッカー関連グッズなどが多く展示されている他、迫力ある等身大の名選手の映像上映、シュート速度を競うゲームなどを楽しむことができます。サッカー好きはもちろんそうでない方にもぜひ足を運んでほしいおすすめのスポットです。

おすすめの名所3バットマン路地

サンパウロのビラ・マダレーナ地区にある路地。アートギャラリーのように、路地の壁に所狭しと様々なアーティストの作品が並んでいます。学生らによって1980年代からこの場所に落書きが始まったそうで、現在はカラフルでユニークな作品が描かれ、観光客や地元の若者の隠れた名所となっています。観光には車や治安の心配をせず、のんびり歩きながらグラフィティ・アートを眺めることができる日中がおすすめです。

おすすめの名所4リベルダージ

サンパウロ市中心地に隣接する東洋人街です。第二次世界大戦前後から日本人街が形成されており、中心部を貫くガルボン・ブエノ街の入口には鳥居や大阪橋、日本式庭園などが設置され、街全体の街灯が鈴蘭の形をしているなど、日本らしさを随所に取り入れた日本人におすすめの観光名所です。近年、中国人や韓国人が増えたことで東洋人街と改名されました。

おすすめの名所5シャパーダ・ジアマンチーナ

バイーア州に位置するシャパーダ・ジアマンチーナは、「ダイヤモンドの台地」という意味を持つように、かつてはダイヤモンドの産地として栄えた名所です。ここにある洞窟は、世界で最も幻想的な青の洞窟としても有名です。「魔法の泉」「青の泉」という神秘的な泉が2つあり、青の泉は泳いで楽しむことも出来ます。

ブラジルの世界遺産や名所はいかがでしたでしょうか?見出し

世界遺産や名所の多いブラジル。その中でも今回は観光におすすめなスポットをランキングで紹介させていただきました。ブラジルへの観光の際はぜひ今回の世界遺産・名所ランキングを参考にしてみてください。

もっとブラジルの情報を知りたいアナタへ!

リオデジャネイロを観光!世界遺産もおすすめ!名所やビーチも人気!のイメージ
リオデジャネイロを観光!世界遺産もおすすめ!名所やビーチも人気!
ブラジルの人気観光スポットのリオデジャネイロ。カーニバルやビーチなどの、明るく楽しいイメージが強いリオデジャネイロですが、実は世界遺産に登録されている有名な観光名所も数多くあるのです。そんなおすすめのスポットをご紹介します。
投稿日: 2017年7月15日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote