地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

マナウスの観光スポットを紹介!おすすめホテルやレストラン・治安情報も!

マナウスの観光といえばジャングルやアマゾン。マナウスはアマゾンの中心にある大都市であり、アマゾン観光の拠点のひとつでもある場所です。本記事ではアマゾンだけでなく、マナウス市内の観光地やホテル、レストランを含め紹介しています。

アイコンこの記事の目次

      1マナウスの観光は自然と冒険がたくさん!
      2マナウスの観光スポット【1】アマゾンイルカツアー
      3マナウスの観光スポット【2】アマゾナス劇場
      4マナウスの観光スポット【3】アマゾン河川の二河川合流地点
      5マナウスの観光スポット【4】インディオ博物館
      6マナウスの観光スポット【5】アドウフォ・リスボア市場
      7マナウスの観光スポット【6】国立アマゾン研究所
      8マナウスの観光スポット【7】アマゾン観光クルーズ&ロッジ
      9マナウスの観光スポット【8】ジュマ・ロッジ
      10マナウスの観光スポット【9】Amazon Junglep Palace
      11マナウスの観光スポット【10】アリアウ・アマゾン・タワーズ
      12マナウスの観光スポット【11】アマゾン・エコパーク・ロッジ
      13マナウスの観光スポット【12】クルーズ船「イベロスター」
      14マナウスおすすめホテル【1】Blue Tree Premium Manaus(ブルー・ツリー・プレミアム・マナウス)
      15マナウスおすすめホテル【2】Tropical Manaus Ecoresort(トロピカウ・マナウス・エコリゾート)
      16マナウスおすすめレストラン【1】Canto da Peixada(カント・ダ・ペイシャーダ)
      17マナウスおすすめレストラン【2】Himawari(ひまわり)
      18マナウスの治安情報:渡航前には必ず事前に治安情報の確認を
      19アマゾン観光は冒険と自然が醍醐味

マナウスの観光は自然と冒険がたくさん!見出し

マナウスは自由貿易港として、そしてアマゾン観光拠点地と別々の魅力を持つ一大産業都市です。マナウスにはアマゾン観光だけでなく、市内に歴史的価値のある建造物などもあり見どころがたくさんあります。本記事ではマナウスの観光スポットやオススメホテル、レストラン、そして治安情報などについて紹介しています。

マナウス市内観光のマメ知識

マナウス市街を観光する際、事前に注意しておきたいのが営業時間です。日曜日定休日としている博物館が多かったり、セントロ地区の商店街では土曜日の午後から日曜日が休みになります。そのため市内観光を平日にして週末にツアーにでるプランもおすすめです。

ブラジルの観光で世界遺産や名所を巡ろう!おすすめスポットランキング! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ブラジルの観光で世界遺産や名所を巡ろう!おすすめスポットランキング! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南アメリカ大陸最大の面積を擁するブラジル。日系人が多く、日本との縁が非常に深いことでも知られる国ですが、実は世界遺産や名所が多く存在します。今回はブラジルに行ったらぜひ足を運んでほしい、世界遺産や名所をランキングで紹介します。

マナウスの観光スポット【1】アマゾンイルカツアー見出し

マナウスから日帰りでアマゾンイルカと一緒に泳げるツアーがあります。ネグロ川のイルカの生息地まで移動しイルカと触れあえます。時間的にタイトで十分なアマゾンクルーズが出来い場合でも、このツアーであれば気軽に参加できますし、アマゾンの風景も十分に堪能できます。餌やりは専門のトレーナーが行います。

マナウスの観光スポット【2】アマゾナス劇場見出し

ヨーロッパからの移住者たちが19世紀後半、ジャングルの中にヨーロッパと同じ生活水準を求め建てられたもの。イタリアルネッサンス様式のオペラハウスです。外観も然ることながら、内部も大理石の階段など見どころがたくさんある劇場です。毎日のようにコンサートが開かれているのも魅力のひとつです。

マナウスの観光スポット【3】アマゾン河川の二河川合流地点見出し

アマゾン観光の醍醐味とも言える観光場所の二河川合流地点。マナウスからおよそ10km下流にある地点で2河川が合流する場所ですが、決して混じりあわず境界線がはっきりと分かれて見えます。日差しの影響によっても異なるので、日が高いときにいった方がよりはっきりと境界線を見ることができます。

マナウスの観光スポット【4】インディオ博物館見出し

アマゾン流域に暮らす先住民(ヤマノミ族やリオ・ネグロ族など)に関連した博物館で、生活用品や宗教の儀式に使われる道具、楽器などが所蔵されています。売店もあり民芸品なども購入することができます。

マナウスの観光スポット【5】アドウフォ・リスボア市場見出し

フランス・パリにある中央市場レ・アール(Les Halles)をモチーフにして建てられた市場です。アール・ヌーヴォー様式の建物にはステンドグラスなどが散りばめられ、建物を見るだけでも一見の価値があります。

アドウフォ・リスボア市場には鮮魚や肉、野菜を売る一般的な市場とは別にアマゾン独特の土産を選べるお店が多く入っています。ピラニアを使った工芸品やジャングルの植物でつくられた多種多様な製品類。市場の奥にはレストランもあり川魚料理などが安価で味わえます。

マナウスの観光スポット【6】国立アマゾン研究所見出し

国立アマゾン研究所は自然保護活動やジャングル実験区域の運営などを行う研究所です。日本のODAによる研究所が共同研究として参加しています。アマゾンに生息する昆虫や人間の背丈よりも大きい葉などが見どころとして人気があり、マナティの飼育もおこなわれています。散歩道もあり散策もできるようになっています。

マナウスの観光スポット【7】アマゾン観光クルーズ&ロッジ見出し

アマゾン観光の醍醐味、様々なアクティビティが体験できるロッジに宿泊するのがアマゾン観光の人気のひとつ。ジャングルロッジとひとことで言っても、リゾートホテル並みの設備が整った宿泊施設から電気は水道などが制限されているロッジもあります。近年ではクルーズ船を利用する人も多くなり、アマゾン観光はバラエティ豊かになっています。

マナウスの観光スポット【8】ジュマ・ロッジ見出し

マナウスから船で片道2時間半かかる場所にあります。そのため2泊くらいするのがおすすめです。ジュマ・ロッジでは携帯電話の電波は届かなく、昼間は電気も使えません。温水シャワーはでますが、環境への配慮がベースになっているロッジです。

住所:Autazas-AM 電話番号:092-3232-2707

マナウスの観光スポット【9】Amazon Junglep Palace見出し

ジャングル・パラシはマナウスから20kmほど離れたところにあるリゾート系ロッジです。エアコン、テレビに加えWi-Fi接続も可能なほど高級感のあるロッジです。もちろん電気も24時間使えます。ジャングル・パラシでは、ピラニア釣りや先住民の集落訪問などのツアーを催行しています。

住所:Av.Coronel Teixeira S/N 電話:092-3211-0400

マナウスの観光スポット【10】アリアウ・アマゾン・タワーズ見出し

樹上にあるロッジとして有名なジャングルロッジです。木の上に建てられたコテージやレストランがあり、ターザンハウスとも呼ばれています。足元にはネグロ川が流れており、アマゾンの自然が目の前で楽しめます。

住所:R. Leonardo Macher 699, Centro 電話:092-2121-5000

マナウスの観光スポット【11】アマゾン・エコパーク・ロッジ見出し

1800ヘクタールの密林に覆われた広大な敷地にあるロッジです。エコロジー観光の総合施設で、研究施設もあり希少なサルやアマゾンを代表するオオハシやインコなどの動植物を見ることができます。

マナウスの観光スポット【12】クルーズ船「イベロスター」見出し

スペインのホテルチェーン大手が手掛けるクルーズ船です。船内にはプールやレストランも備わっており、贅沢気分を味わいながらアマゾンの自然が楽しめます。小型の船に乗り換えてピラニア釣りなどに行けるツアーや夜にはショーも毎晩行われています。発着はマナウス国際港で、港内にチケット販売オフィスも完備されています。

住所:Port de Manaus 電話:092-2126-9927

マナウスおすすめホテル【1】Blue Tree Premium Manaus(ブルー・ツリー・プレミアム・マナウス)見出し

アドリアノポリス地区、日本総領事館も近くにある高級ホテルです。日系マネジメントのホテルのため、日本人の団体客も多く、従業員の対応も慣れているため、日本人にとってはとても過ごしやすいホテルです。

住所:Av. Humberto Calderaro Filho, 817 電話:092-3303-2000

マナウスおすすめホテル【2】Tropical Manaus Ecoresort(トロピカウ・マナウス・エコリゾート)見出し

マナウス市街から約18kmほどのネグロ河岸にある最高級ホテル「Tropical Manaus Ecoresort(トロピカウ・マナウス・エコリゾート)」。611室もある巨大リゾードで、敷地内にはプールはもとより、ミニ動物園などもありホテルだけでも十分に見どころ、遊びどころ満載です。

住所:Av, Coronel Teixeira 1320 電話:092-2123-5000

マナウスおすすめレストラン【1】Canto da Peixada(カント・ダ・ペイシャーダ)見出し

アマゾンにはるばる来たのだから、アマゾン料理を食してみたい!と思ったらレストラン「Canto da Peixada」。アマゾン産のおいしい魚料理が評判のお店です。アマゾン川で採れる魚「タンバキ」の炭火料理が人気のメニューです。

住所:R. Emilio Moreira 1677, Centro 電話:092-3234-3021

ブラジル料理のおすすめは?現地で人気の食べ物をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ブラジル料理のおすすめは?現地で人気の食べ物をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本ではまだ知名度は高くありませんが、ブラジルは伝統に裏打ちされた美味しい料理を誇る土地でもあります。今回はそんなブラジルの美味しい一皿たちをランキング形式で紹介してゆこうと思います。ランキングを通してあなたもぜひ美味しいブラジル料理を知ってみてください。

マナウスおすすめレストラン【2】Himawari(ひまわり)見出し

アマゾナス劇場のすぐ近くにある日本食レストランです。お寿司、刺身、丼ものから一般料理までメニュー豊富で、現地在住の日本人の人たちにも人気のレストランです。熱いアマゾンで冷たいメニューのそうめんを食べてほっと息つくのもひとつ。

住所:R. 10 de Julho 616 電話:092-3233-2208

マナウスの治安情報:渡航前には必ず事前に治安情報の確認を見出し

南米というだけで「危険」とイメージが先行してしまう人も多いそうですが、実際のところは訪れる地域によって異なってきます。とは言ってもここは海外。その国の治安は渡航前には必ず確認をておきましょう。外務省のホームページでは各国の海外安全情報を発信していますので、常に最新の情報を入手しておくことも大切です。

マナウス現地入りしても常に治安や情報収集を気にかけましょう。

生活環境がまったく違うと言っていいほどの南米では突然「外出禁止令」や「警戒令」などが発せられることもあります。言葉もニュースもわからない状態で、知らないままだと大変なことになりかねません。現地入りしても大使館の連絡先など治安や情報を収集できる方法をいくつか用意しておくことも大切です。

マナウスの治安は?

マナウス市街ではジョアキン・ナブコ通りや港周辺にはリーズナブルはホテルがたくさんあります。しかし、治安面を考えると安いホテルは避けた方が無難です。また夜間の一人歩きを避け、タクシーや公共の乗り物を利用するようにしましょう。観光地のためやはり市場など人の多い場所ではスリなどにも気をつけておくことも大切です。

アマゾン観光は冒険と自然が醍醐味見出し

マナウスに訪れる際のおすすめの観光スポット、レストラン、ホテル、治安情報などを紹介させていただきました。マナウスが拠点となるアマゾンは冒険と自然、そしてロマンを感じずにはいられません。そこには普段味わうことのできない体験がたくさん待っています。ぜひ素敵な旅をお過ごしください。

投稿日: 2017年7月31日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote