地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ブラジルは治安が悪い?危険な場所や原因を調査!安全に旅行するには?

ブラジルは治安が悪く、危険だというイメージはないでしょうか。しかし、その理由はなんでしょうか。今回は、治安の悪いといわれる都市や危険情報、また、ブラジルでおすすめの安全な観光地をご紹介します。ぜひ、次回のご旅行の参考にしていただければと思います。

ブラジルは治安が悪いのは事実見出し

ブラジル旅行を計画している人も多いと思います。ブラジルはリオデジャネイロでオリンピックが開催されましたし、コルコバードのキリスト像や、リオのカー二バル、都市景観の世界遺産が有名な大都市です。今回は、ブラジルの治安や安全でない理由、危険な都市などを調査しました。最新情報を入手して旅行をするのがおすすめです。

ブラジルでも、特にリオデジャネイロという都市は、治安が悪いというイメージが強いようです。実際に、2015年には、リオでの強盗は81740件起こっています。これは、市民80人中1人は強盗の被害にあったという計算だということです。たしかに、これでは街の治安は悪いといっても過言ではありません。

ブラジル人は陽気な親日家が多い見出し

基本的には、ブラジル人の大半は、親日家で人懐っこく、陽気です。親日家が多い理由は、日系移住者の勤勉なイメージの影響が強いといわれています。リオで生まれ育ったカリオカ(リオっ子)も、陽気で愛想が良いといいます。そして、危険な地域は危険ですが、国全体や特定の都市のみの治安が悪いというイメージは間違っているんだそうです。

ブラジルの治安:特に強盗が多い見出し

外務省の2014年の情報では、強盗被害に遭う確率は米国の約10倍以上だそうです。リオ市の場合、人口10万人あたりの強盗発生率は、日本の510.7倍だそうです。危険が大きいのは、観光地から付近の人気のない路地、空港からのタクシーの目的地で降車する場所や、都市の両替所やATMから出てすぐの場所などだそうです。

ブラジルの治安:スマホは狙われる見出し

狙われるのは観光客や外国人とは限らないのですが、特に狙われやすいのが、スマートフォンだそうです。2、3秒で瞬間的にひったくられたりスリにあったりして盗られるとのことです。街中で取り出して使用することは考えられないのです。日本での感覚では、ほとんどの人がスマホを奪われてしまいます。

その理由は、スマホは、基本的に数万円もするもので、ブラジルに限らずしっかりと身に着けておくべき高級品といえます。ブランドバッグや高級アクセサリーと同じ感覚ですね。しかし、ブラジルでは月の平均賃金や給料1ヶ月ほどの値段になるそうで、相当高額商品と考えて間違いありません。

ブラジルの治安:貴金属はピアスも注意見出し

ブラジルでは、貴金属もひったくられたり、まさに身に付けた状態で引っ張ってちぎられてしまいます。ピアスといった小さいものまであっという間にちぎり取られるそうです。ピアスですから、耳たぶに刺したままですよね。それを、耳たぶを引きちぎってまでも奪われるんだそうです。街中ではつけず、会場などまではつけないのがおすすめです。

高価な腕時計やアクセサリーを付けて歩くのは止めましょう。貴金属は、パーティー会場や高級レストランなど、安全な場所に着いてから身につけるようにして下さい。荷物を座席やテーブル、車のシートに置きっぱなしにするのも厳禁です。常に身に着けておきましょう。

ブラジルの治安:ファーベラ(貧民街)は危険!見出し

サンパウロなどのファベーラ(貧民街)も危険といわれています。ファベーラを見学するツアーもありますが、しっかりしたガイドに案内してもらいましょう。理由は、麻薬や銃器の密売、ギャング同士やギャングと警察との抗争に近づくと身の危険だからです。絶対に独りよがりの行動はやめておくのがおすすめです。

都市の治安の悪い場所では、紛争や抗争が警察を交えながら連日連夜続いており、無法地帯や独自のルールで動いている闇社会になります。絶対に近づいてはいけません。そのため、こういった場所がたくさんあるということで街を確かめておくのがおすすめです。スリや強盗の被害には合わないように、一瞬も油断せずに行動しましょう。

治安が悪いというのは、想像を超える悪さであり、日本の治安とは全く異なり、感覚そのものが違うのです。外務省の「海外安全ホームページ」によると、2017年3月現在、危険度レベル1の「十分注意して下さい」に指定されている都市が多く、危険情報で安全な地域に指定されていない限り、緊張感が必要です。

ブラジルの治安:安全対策としてできること見出し

では、おすすめの安全対策はといえば、たとえば、時計や指輪は基本的に身に着けない、ビーチで目立つ行動をとらない、人通りの少ないところは避ける、特に、日が暮れて夜になったら一人で出歩かない、なるべく移動にはタクシーを利用する、しかもすぐに乗る、といったことがおすすめです。

万一、スリや強盗に合ってしまったら、おすすめの方法は、おとなしくしておくことです。理由は、もし、抵抗したり逃げたりすれば、命がないかもしれないんです。なにしろ強盗ですので、下手に動かず、要求しているものを渡すのがおすすめです。子どもが持っている銃ですら、本物だそうですよ。自分の身は自分で守りましょう。

ブラジルの治安:銃による事件も多発見出し

銃による凶悪犯罪も起こっています。しかも、2015年の治安情報によれば、9分に1人殺されているそうですよ。これは、都市とか郊外とかは関係ないんです。また、観光客だから狙われない保証もありません。ブラジルは銃社会だという事を肝に銘じておくのがおすすめです。

ブラジルの治安:静かなビーチも危険!見出し

世界的に有名なコパカバーナビーチは誰もいないビーチで泳ぎやすそうにも見えるかもしれませんが、実は危険です。理由は、その人気のなさにあります。陽気な地元住民ですら寄り付かない場所だとすればどうでしょう。あっという間に狙われて、犯罪に巻き込まれたりしてしまいます。夕暮れから夜のビーチは近づかないのがおすすめです。

ブラジルの治安:ウイルス感染症も怖い!見出し

渡航前の黄熱予防接種がおすすめです。理由は、2015年後半からは、ジカウイルス感染症(ジカ熱)が流行しています。また、ジカウイルスを媒介するネッタイシマカを媒体とした黄熱病も発生しています。都市でもやぶ蚊に刺されないようにしましょう。特に妊婦さんは気を付けましょう。なお、旅行の際には最新の情報を確認してください。

ブラジルの治安:両替所は危険!見出し

当然ながら、ATMや両替所は、大きな建物内のものを利用してください。空港内やショッピングセンター、スーパーがおすすめです。ただ、出口付近で強盗に合うケースも近年目立っているといいます。徒歩、車に関わらず尾行されている可能性があります。終始、持ち物や行動には十分気をつけてくださいね。

2017年1月から、サンパウロ市の日系人が多く集まるリベルダージ区では、大手旅行代理店で両替を行った日本人を銃で狙う強盗事件が何件も連続して起こっており、死亡者や被害者も出ています。犯人は被害者が徒歩での移動や車の乗降のタイミングを狙いました。また、バイクを使って犯行に及んでいます。

ブラジルの治安:車でも危険!①サンパウロ国際空港のタクシー見出し

安全に思える空港からのタクシー乗車も、最もといってよいくらい危険です。理由は、強盗犯が待ち伏せしているからなんです。ターゲットになってしまうと、目的地のホテルまで尾行され、降りた瞬間を狙われます。まるで、政府の要人、そのくらい警戒しなければ、民間人でも狙われるという事を忘れてはなりません。

しかし、タクシーなどに乗らなければならないというときは、降りる場所を考えておくのがおすすめです。空港からタクシーやレンタカーに乗る際には、降車する場所は、道路ではなく、ホテルのセキュリティがある車寄せやアパートの鉄扉のあるガレージ内に止めるのがおすすめです。自分で注意するしかありません。

ブラジルの治安:車でも危険!②レンタカー見出し

また、レンタカーなどの運転するならば、道に迷いやすい深夜は絶対にやめましょう。道路に外灯や標識が設置されていない真っ暗な場所もあり、強盗を避けるためには住民でさえ赤信号を無視します。オフィス街、高級住宅街も、夜は静まり返って危険だといいます。夜は車に乗らないのがおすすめです。

また、ドライバー付きの車で観光する場合、荷物を座席に残すと危険です。運転手さんに頼んでトランクに入れるか、座席の足下に置くなどして下さい。理由は、外から見えるので狙われるからです。おすすめは、車内が見えないように窓にシートを貼った車に乗ることです。

ブラジルの治安:道がわからないと危険!見出し

観光客は、言葉も地理も分からず、隙をつかれて強盗やスリの被害に遭いやすいですよね。道順がわからないまま歩き回ると危険です。スマホで地図をチェックしながら歩くと、スマホも危険です。基本的には親日家が多いといわれていますが、不用意に道を尋ねるのもやめておいた方がよいかもしれません。

ブラジルの治安:サッカー大国ならではのフーリガンやデモ見出し

サッカーの盛んな国であることはよく知られており、日本でもある大臣が失言して非難されていましたが、サポーターやサッカーの刺激になるようなことは絶対にやめましょう。たとえば、服装など、地味にしておきましょう。また、特に、競技場の出入り口付近などでたむろしている悪い人達には注意しましょう。

通常のひったくりやスリに気をつけるのは当然のこと、興奮したり興奮させたりして、デモ隊の軍警察、政府との抗争に巻き込まれないよう気をつけてくださいね。さらに、そういったデモ情報はあらかじめアナウンスされるものなので、情報をチェックしてください。

ブラジルで緊急時は「警察」「 救急」「消防 」に電話を見出し

警察は197、救急車192、消防193となっています。あっては困りますが、緊急時に備えてメモしてはいかがでしょうか。また、紙などに書いて身に着けておきましょう。けがをしたら、ツアー会社に連絡して治療費を払ってもらってください。後で保険会社に請求されます。日本でも治療費をもらうために海外保険にも入りましょう。

大使館情報見出し

ここでは、ブラジル日本大使館などの連絡先をご案内します。ブラジル国内の他の州からの通話は,市外局番の前に「021」(国内長距離通話コード)をつけます。また、同一州内からの通話については市外局番をつける必要はありません。困ったときは連絡してみてください。

在ブラジル日本国大使館 住所:SES Avenida das Nacoes Q811, Lote 39, 70425-900, Brasilia, D. Federal 電話:(市外局番61)3442-4200

在サンパウロ日本国総領事館 住所:Avenida Paulista 854, 3-andar, 01310-913, Sao Paulo, SP 電話:(市外局番11)3254-0100

在リオデジャネイロ日本国総領事館 住所:Praia do Flamengo, 200-10 andar, 22209-901, Rio de Janeiro, RJ 電話:(市外局番21)3461-9595

ブラジルの治安で安全なところはないという認識で見出し

ブラジルの治安はいかがでしたか?安全対策はしていても、狙われたら大変です。命だけは守れるように、なるべく相手を刺激しないようにしましょう。相手の目につかないように、こちらもできるだけ素早く行動することが大切かと思われます。楽しい旅にしてくださいね。

投稿日: 2017年8月18日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote