地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

パンドサンジュは「とびばこパン」が名物!メニューも豊富!通販もOK!

堺にある「パンドサンジュ」は、とびばこパンが人気のベーカリーです。名前の通り跳び箱の形をしたとびばこパンは、そのままでもサンドイッチにしてもインスタ映えすると大人気に。パンドサンジュ名物とびばこパンのおすすめの食べ方や、通販の情報などをまとめました。

とびばこパンが人気のパンドサンジュ見出し

Photo byKalipco28

懐かしい跳び箱のフォルムがかわいい、その名も「とびばこパン」。SNSでも注目されているこのとびばこパンを作っているのは、大阪府堺市にあるベーカリー「パンドサンジュ」です。今回は、パンドサンジュの名物とびばこパンの魅力やおすすめの食べ方、そして遠方からもとびばこパンを入手できる通販の情報などをご紹介します。

パンドサンジュってどんなお店?見出し

パンドサンジュは、大阪府堺市津久野の住宅街の一角にあるベーカリーです。赤い壁が印象的なおしゃれな雰囲気のパン屋さんで、2012年のオープン以来堺の地元で親しまれています。オーナーの門田充氏は元グラフィックデザイナーという経歴の持ち主で、自分の作った物がその場で直接お客さんの手に渡るというベーカリーの魅力に惹かれて、パン職人に転職したのだそうです。

店内には大きなテーブルが置かれ、ハード系のパンからふわふわのクリームパンまで色々な種類のパンがずらりと並びます。カウンターを挟んだ向こう側はパン作りのスペース。オープンキッチンになっているので、パンを焼く香りや粉をこねる音まで間近に感じられてライブ感もたっぷり。パンを作る職人さんたちの姿に子供たちの視線も釘付けです。

これがパンドサンジュのとびばこパン!見出し

パンドサンジュで最も人気のメニューが「とびばこパン」です。ピラミッドのように高く積み上げられたパンタワーは壮観!ここまでたくさん積み上げても下の方のパンが潰れることがないほど、生地がしっかりと詰まった食べ応えのあるパンです。小学校時代が懐かしい跳び箱の形は、金型職人と何度も打ち合わせをして試行錯誤の末にたどり着いたマスターピース。1から5までの段の数字もとびばこパン専用の焼き印です。

とびばこパンは天然酵母を使用しており、ほのかな甘味があってリッチな味わい。食パンと同様、具材は入っていませんが、生地に卵が入っているため食パンと一味違うと感じる人も多いようです。とびばこパンが入る富士山のようなパッケージも飾りたくなるかわいさで、自宅用だけでなくお土産やプレゼントにも人気です。価格は1個335円で、パッケージがつくと443円となります。

とびばこパンはお店ではカットされていない状態で販売されており、希望により5段にスライスしてくれるそうです。上段の方はふわふわ感があり、下段になるにつれて生地が詰まってしっかりした食感が楽しめるのだとか。横にスライスして好みの食感の段を食べるのも良し、縦にスライスして食感の違いを楽しむのも良し。色々な食べ方が楽しめるとびばこパンです。

ミニもあるパンドサンジュのとびばこパン見出し

とびばこパンは食パンタイプの5段の他に、中身が入った3段タイプのミニとびばこパンもあります。小さいのでお土産に配りやすくメニューも豊富なので、ついたくさん買ってしまう人が続出の人気ぶり。ミニとびばこパンにはカスタードクリームやこしあんなどがたっぷり入っていて、おやつに食べれば大満足のボリュームです。価格はプレーンが1個130円、中身入りは1個216円からです。

ミニとびばこパンのメニューは、定番のこしあん、カスタード、チョコレートの他にも色々あります。栗、りんご、ブルーベリー、ストロベリーの果物系から、抹茶大福や黒ごまといった和菓子テイストまで様々。また、2018年のバレンタインには不二家LOOKチョコとのコラボ商品も発売されるのだとか。バナナ、ストロベリー、コーヒーというLOOKの3フレーバーのチョコがそれぞれミニとびばこパンに入っています。

かん袋のくるみ餅が絶品と人気!堺市の有名老舗和菓子店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
かん袋のくるみ餅が絶品と人気!堺市の有名老舗和菓子店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪堺市にあるかん袋は、くるみ餅が人気のお店です。かん袋のメニューの中でも特に人気なのがかき氷がのった氷くるみ餅です。かん袋ではくるみ餅を店内で食べられるだけでなく持ち帰りも可能です。営業時間は午前10時から午後5時までですが、売り切れしだい営業も終了します。

とびばこパンはサンドイッチにおすすめ見出し

とびばこパンはそのまま食べたりトーストするだけでも十分おいしいですが、とびばこパンのかわいい形を活かしたおすすめの食べ方はサンドイッチです。横5段にスライスして、好みの具を挟むだけでインスタ映えするとびばこサンドイッチの出来上がり。具を挟むと一層高さがアップして、ホームパーティーで出せば盛り上がりそうです。

生クリームと薄くカットしたフルーツを挟んだフルーツサンドもおすすめです。とびばこパンそのものに甘みがあるので、生クリームやフルーツがよく合うと人気です。子供のバースデーパーティーやハレの日のデザートにおすすめ。とびばこパンは上の方が小さくなっているのでたくさん重ねても傾きにくく、誰でもきれいに豪華なサンドイッチが作れます。

フォトジェニックなとびばこパンのサンドイッチですが、それぞれのパンの間に具が挟まっているので実際の食べ方に困ってしまうことも。そこで考え出されたアイデアが、それぞれの段をさらに2枚にスライスする方法です。これならきちんと具の上下にパンがくるので、好きな段のサンドイッチが味わえます。パンをスライスする前に、たくさん写真を撮っておきましょう。

アレンジ自在!とびばこパンの食べ方あれこれ見出し

とびばこパンを目の前にして、さあどうやって食べようかとあれこれ食べ方を考えるのも楽しみの一つです。とびばこパンは食べる人の想像力や創作意欲を掻き立てる不思議なパン。とびばこパンは縦に切ってみると富士山のような形になるので、とびばこパンの上に目玉焼きを置けばご来光の出来上がりです。焼き色を工夫すれば雪の降る富士山も表現できます。

スライスせずに中をくり抜いてパングラタンにするのもおすすめの食べ方です。ホワイトソースとグラタンの具材をとびばこパンに流し込んでオーブンで焼けば出来上がりです。流し込む具材が少ないと焼き上がった時にグラタン部分がへこんでいるように見えてしまうので、具材は溢れるくらいたっぷりと入れるのがポイントです。オーブンで焼かずにクリームシチューを入れてもおいしいです。パーティーメニューにおすすめ。

こちらは催事向けにパンドサンジュ自らアレンジした、とびばこパンのフレンチトーストです。スライスしたとびばこパンを1枚ずつフレンチトーストにして、生クリームやいちごソースでデコレーションしたもの。アイスクリームをトッピングすれば豪華なスイーツに。いちごの代わりにチョコレートソースをかけたメニューも販売され、どちらも大人気となったそうです。

パンドサンジュはとびばこパンだけじゃない!見出し

パンドサンジュの店頭には、とびばこパンだけでなく毎日色々な種類のパンが並びます。どのメニューもおいしく、あれもこれもとまとめ買いする人も多いそうです。中でもオープン当初からのロングセラーメニューはクロワッサン。層の数や巻き方を試行錯誤し、理想のクロワッサンにたどり着いたのだとか。リッチなバターの香りと、サクサクとした軽い食感が人気です。価格は1個140円です。

パンドサンジュのラスクは堺市民のおいしいおやつ。100度のオーブンで8時間焼き上げたというラスクドプレミアムはダイスカットされているものの固すぎず、サクサクとした食感と程良い甘さでついつい手が伸びてしまうやみつきになる味なのだとか。店頭には試食も用意されているのでぜひお試しを。ラスクドプレミアムは1袋200円です。

パンドサンジュと同じ堺市にあるハンバーガーショップ「ナツメグ」のバンズもパンドサンジュ特製。パテに合う味や形状を何度も試作して完成したこだわりのバンズなのだそうです。パンドサンジュでは他にも、地元のだんじり祭りで「だんじりパン」の差し入れをするなど、地元のつながりを大切にしているそうです。

パンドサンジュのとびばこパンを通販で見出し

堺近郊に住んでいない人も、通販ならパンドサンジュのとびばこパンを入手できます。パンドサンジュ公式ホームページには通販ページがあり、パッケージ入りのとびばこパンが購入できます。パッケージの色はさくら色やモスグリーンなど色々選べて、通販限定の6色パックは通常より100円安くなっています。なお、通販できるのはとびばこパンのみ。7000円以上の購入で送料無料なので、友達同士でまとめ買いがおすすめ。

パンドサンジュの基本情報見出し

パンドサンジュの営業時間は10時から18時までで、定休日はありません。アクセスはJR阪和線津久野駅東口正面から真っ直ぐ進み、津久野町1丁目交差点を右折して2つ目の信号手前の右側です。お店の前には駐車場がないので、車でアクセスする場合は注意しましょう。

住所:大阪府堺市西区津久野町1-8-15 電話番号:072-320-7257

パンドサンジュのとびばこパンが食べたい!見出し

Photo by dreamcat115

大阪府堺市の人気ベーカリー「パンドサンジュ」のとびばこパンをご紹介しました。堺に住んでいない人も、全国の百貨店の催事やフードイベントに積極的に出店しているパンドサンジュのとびばこパンを食べるチャンスはたくさんあります。通販なども利用して、評判のとびばこパンの味を確かめてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2018年1月24日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote