地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「パティスリーカフェひかり」の名物桃パフェを食べよう!メニューや値段を紹介

大阪のカフェ「パティスリーカフェひかり」がフォトジェニックなパフェで話題となっています。季節の旬のフルーツが続々とパフェに変身し、桃の季節には桃を丸ごと2個使用した「桃マシマシパフェ」も大人気に。そんなパティスリーカフェひかりの人気メニューをまとめました。

桃パフェが話題!パティスリーカフェひかり見出し

Photo by Kanko*

絶妙なバランスで積み上げられた桃のタワーをSNSで目にした人も多いのでは。大阪の羽衣にオープンしたカフェ「パティスリーカフェひかり」のパフェは、思わず写真を撮らずにはいられないビジュアルが話題となって予約が殺到しているのだとか。今回は、パティスリーカフェひかりの人気パフェやお店の情報などをたっぷりご紹介します。

大阪で人気のパティスリーカフェひかり見出し

「パティスリーカフェひかり」は大阪府高石市にあるカフェです。パティスリーという言葉が店名にあるようにオーナーは大阪府堺にある有名ホテルのパティシエを務めていたそうで、ケーキやパフェなどのスイーツが人気のメニューとなっています。小ぢんまりとした店内はソファ席もあり寛げる雰囲気で、気さくなオーナーの温かい接客も相まって若い女性客を中心に人気があります。

パティスリーカフェひかりは桃パフェで有名!見出し

そんなパティスリーカフェひかりが一躍人気店になったきっかけは、この桃のパフェと言われています。半分にカットした桃をドンとグラスに乗せたダイナミックなパフェはインパクト抜群。通常サイズは桃1個分の2切れで、これだけでもボリュームたっぷりなのですが、その上を行く「桃マシマシ」なるメニューは桃を丸々2個使い、4切れの桃が積み上げられています。桃を落とさずに席まで運んで来るのもプロの技!

見るからにインスタ映えする桃のパフェはまたたく間にSNSに拡散され、「インスタを見て食べてみたくなった」という客が殺到。1日に入荷する桃の数には限りがあるため、予約をしないと食べられない人気ぶりとなったそうです。ノーマルサイズの桃パフェの値段は1100円、桃マシマシパフェは1350円ですが、ほとんどの人は桃マシマシをオーダーするのだとか。

桃パフェに使われている桃はオーナーが八百屋から直接買い付けています。和歌山県を代表する桃のブランド「あら川」の甘くみずみずしい桃はカフェで熟成され、パフェになる時には最高の食べ頃に。桃パフェの桃はもちろん冷凍ではなく生なので、桃の出回る季節だけに楽しめるメニューです。2017年は7月上旬から8月下旬まで販売され、連日完売だったそうです。

パティスリーカフェひかりの桃パフェの楽しみ方見出し

大胆な盛り付けの桃パフェですが、一体どうやって食べればいいのか悩んでしまう人もいるのでは。桃パフェには取り皿がついてくるので、いったん桃を取り皿に乗せてまずは桃だけの美味しさを楽しみましょう。そして、グラスの中のバニラアイスやヨーグルトをスプーンで掘り出し、取り皿の桃と合わせて食べるのがおすすめです。お好みでファジーネーブルソースをかけるとさっぱり爽やかな味に。

旬の果物を楽しむパティスリーカフェひかりのパフェ見出し

パティスリーカフェひかりでは、桃だけでなく様々な旬のフルーツを使ったパフェが食べられます。桃の季節の終わりと同時に登場したのはシャインマスカットのパフェ。シャインマスカットを1房丸ごと枝のついたままグラスに突っ込んだ豪快なパフェの値段は2000円。皮ごと食べられるシャインマスカットは、もちろんそのまま食べてもバニラアイスやヨーグルトと合わせても甘味たっぷりで美味しいです。

シャインマスカットと同じ時期に展開されていたメロンパフェは、メロン本体が器となっているフォトジェニックなパフェ。ダイスカットされた苺とたっぷりの生クリームに苺のソースがかかったシンプルなパフェですが、メロンそのものが甘味たっぷりで食べ応えもあり大満足のメニュー。値段は1500円です。

秋の味覚、梨やイチジクを使ったパフェもリピーター続出のメニューです。梨のパフェにはバニラアイスではなくピンクグレープフルーツのシャーベットやサングリアのゼリーなどが入った大人の味。値段は1400円です。イチヂクのパフェはクリームチーズ、塩アイス、黒コショウという独創的な組み合わせがパティスリーカフェひかりらしいと評判で、イチヂクが苦手な人にもおすすめなメニュー。値段は1600円です。

パティスリーカフェひかりでは、入手困難なフルーツを使ったゲリラメニューもあります。宮崎マンゴーのパフェは1日限定、洋梨ルレクチェのパフェは2日限定というレアメニュー。美味しい旬のフルーツなら何でもパフェにしてしまう、パティスリーカフェひかりの柔軟な発想が人気の秘密なのでしょう。限定メニューはパティスリーカフェひかりの公式インスタグラムで告知されるそうなのでフォローがおすすめです。

果物だけじゃない!パティスリーカフェひかりの抹茶パフェ見出し

フルーツたっぷりのパフェメニューが多いパティスリーカフェひかりの中では珍しいメニューなのが抹茶パフェです。フルーツの代わりにアイスクリームが3段、いわゆるトリプルのボリュームたっぷりタワー型パフェです。アイスクリームのフレーバーは抹茶、ほうじ茶、バニラの3種類から好きな組み合わせが選べて、3つとも抹茶にしてもそれぞれ1つずつにしてもOK。

パティスリーカフェひかりの抹茶パフェに使われている抹茶は、大阪堺の老舗茶商「つぼ市製茶本舗」の本格抹茶。爽やかでほろ苦い香りの抹茶は、抹茶アイスにはもちろんのことグラスの中のフレークやパンナコッタにもふんだんに含まれていて、あんこや生クリームの甘さと絶妙に調和しています。和スイーツが好きな人におすすめのパフェです。こちらも期間限定メニューで、値段は1500円です。

パティスリーカフェひかりの苺パフェシリーズ見出し

パティスリーカフェひかりの冬のおすすめメニューは、国産苺をたっぷり使ったパフェです。たっぷりのクリームチーズが蓋をしているこちらのパフェは苺のブリュレパフェ。ブリュレというだけあり、席でバーナーを使ってクリームチーズを炙ってもらうと完成です。クリームチーズが温められて香りが引き立ち、さらに焦げる香ばしさもプラスされて食欲は最高潮に。

そして完成した苺のブリュレパフェがこちら。グラスから溢れたとろとろのクリームチーズはコクがあり、受け皿に敷かれたフレッシュな苺と一緒に食べると絶品の美味しさ。グラスの中にはヨーグルトやバニラアイスと共に苺ソースが入っていて、酸味や甘味が調和した奥深い味わいが楽しめます。値段は1700円です。

こちらもSNSで話題となっている苺のフレンチトーストパフェ。積み上げられたフレンチトーストは食パン1枚半という、ランチにもなりそうなボリューム。高級ホテルのパティシエを務めていたオーナーが焼き上げる本格フレンチトーストは熱々のままパフェに乗り、甘酸っぱい苺や冷たいバニラアイスとのコンビネーションも計算されつくしているようです。値段は1250円です。

もはやフルーツを積み上げるだけでは飽き足らなくなったのか、ついにグラスを2段積み重ねて完成した圧巻の高さを誇るパフェが苺の2段パフェです。上段のグラスにはパンナコッタや苺アイスの上にフレッシュな苺が乗ったフルーティーなグラス。下段には苺にスポンジケーキと生クリームが入ってケーキのようなパフェとなっています。値段は2000円です。

グラスに入った縦長のパフェを注文するのが少し恥ずかしいという男性には、平らなお皿に盛られたパフェがおすすめです。苺のティラミスパフェは、たっぷり1パックの苺にマスカルポーネチーズをからめた上品なパフェ。下には、エスプレッソアイスやコーヒーに浸したスポンジケーキも入っています。仕上げにはココアパウダーとフリーズドライの苺パウダーをふりかけて。

ミオールはパフェの上にケーキが乗ったメニューが話題!大阪梅田の喫茶店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ミオールはパフェの上にケーキが乗ったメニューが話題!大阪梅田の喫茶店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪梅田の喫茶店「ミオール」は、パフェの上にケーキを乗せたインパクト満点のデザートを楽しめるお店として大人気!好きなケーキとパフェを組み合わせて自分好みのビジュアルを作り、写真を撮ってSNSに投稿する楽しみも味わえる「ミオール」ついてまとめてみました。

パティスリーカフェひかりはケーキもおすすめ見出し

パティスリーカフェひかりはケーキもおすすめ。店内にはケーキのショーケースがあり、色とりどりのケーキが並んでいます。バースデーケーキやクリスマスケーキのオーダーもできるそうです。大きさや予算を伝えてお任せで作ってもらうのも出来上がりが楽しみになります。

パティスリーカフェひかり店舗情報見出し

パティスリーカフェひかりの営業時間は12時から23時30分です。夜はスイーツの他にもアルコールやおつまみメニューもあり、ゆっくり夜カフェが楽しめます。アクセスは、南海電鉄羽衣駅またはJR阪和線東羽衣駅から徒歩4分、ジャンボ食鮮館の向かいにあります。火曜は定休日です。

住所:大阪府高石市東羽衣3-7-12浅井ハイツ102 電話番号:072-242-4444

パティスリーカフェひかりでパフェを食べよう見出し

Photo bycbaquiran

大阪府高石市の「パティスリーカフェひかり」をご紹介しました。まるで果物狩りをしているかのようにたっぷりとフルーツの美味しさを堪能できるパティスリーカフェひかりのパフェは、さすがSNSで拡散されるだけのことはある確かな味。大阪を訪れたらぜひパティスリーカフェひかりへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年1月23日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote