地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

有楽町の本屋9選!ルミネなど大型店の営業時間やおすすめのブックカフェも?

東京でも有数のビジネス街であり、ショッピングや観光でも毎日大勢の人が訪れる有楽町。そんな有楽町にはビジネスパーソンに欠かせない本屋さんも数多くあります。今日は有楽町でおすすめの本屋さんを厳選して9選ご紹介します。お楽しみに!

有楽町のおすすめ本屋をご紹介見出し

Photo by sekido

古くは戦国時代の大名、織田有楽斎にその名を由来すると言われる東京都千代田区有楽町。言うまでもなくビジネスやショッピング、そして観光など、日本の経済の中心地と言っても過言ではありません。そんな有楽町で働く人たちにとっても、本屋さんは常に身近にあり欠かせないものです。今日は有楽町の本屋さんを盛りだくさんでご紹介します。

有楽町はどんなところ?見出し

Photo by IQRemix

改めて言うまでもなく、有楽町と言えば新宿に移転する以前の東京都庁所在地で、また東京駅が隣にありショッピングのメッカ銀座は歩いてほんの数分という大都会で、連日大勢の人々がビジネスや観光で訪れる場所です。ありとあらゆるショップがあり、東京を代表するほどの活気ある街です。

有楽町のおすすめ本屋1:三省堂書店有楽町店見出し

Photo by shibainu

有楽町でまずご紹介する本屋さんは「三省堂書店」です。おそらく「三省堂」の名前を知らない人はいないのではないでしょうか。全国各地に支店を持つ、とても有名な大型書店です。有楽町の交通会館の1階と2階に店舗があります。大型店ならではの本の種類の豊富さはもちろんのこと、いろいろなイベントなども開催する楽しい本屋さんです。

Photo by t-mizo

有楽町のランドマーク、東京交通会館の中にある「三省堂書店有楽町店」は、JR、東京メトロの有楽町駅から徒歩30秒という近さです。営業時間は10時から22時と遅くまで開いていますので、急に何か本が必要になったときにも、また仕事帰りにふらっと寄ることもでき、とても便利な書店です。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1(東京交通会館内) 電話番号:03-5222-1200

有楽町のおすすめ本屋2:MUJI BOOKS有楽町店見出し

自然の素材を使った「無印良品」のファンの方も多いことでしょう。JR有楽町駅の京橋口を出てすぐのところにある「MUJI BOOKS」は、日本全国と上海、香港、そして台湾にも店舗を展開している、とても人気の大型書店です。ずっと良い言葉、というコンセプトの下、本のある暮らしを大切にする「MUJI BOOKS」で、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。

店内には本棚がぐるっと巡るようにぎっしり並んでいます。フロアスペースもとても広く、世界一の売り場面積を誇る「MUJI BOOKS」ということです。有楽町店は「無印良品」の旗艦店ですので、日本はもちろん世界中から「無印良品」の好きな人たちが訪れています。インテリアだけでも一見の価値ありのお店です。10時から21時の営業時間となっています。

「MUJI BOOKS」のユニークなところは、本と他の商品との境目がないことでしょう。例えば子供向きの絵本の売り場に子供服が置いてあったり、子どもたちが遊べるキッズスペースがあったりと、訪れる人の利便性を考えたディスプレイになっていることに気が付きます。他では見られない大型店舗ならではの「MUJI BOOKS」のアイデアです。

近頃では大型の本屋さんは本だけを売る場所ではないようです。カフェを併設したお店もあたくさんありますが、「MUJI BOOKS」でも、広々としたカフェでゆっくりとコーヒーなどを飲みながら読書を楽しむことができます。天井の高い、洗練されたイメージの「MUJI BOOKS」のカフェもぜひ一度訪れていただきたい場所です。

住所:東京都千代田区丸の内3-8-3(インフォス有楽町) 電話番号:03-5208-8241

有楽町のおすすめ本屋3:HMV&BOOKS日比谷コテージ見出し

日比谷シャンテの中に、とてもおしゃれな大型本屋さんがオープンしました。「HMV&BOOKS日比谷シャンテ」は、東京の真ん中の小さな別荘、という少し変わったコンセプトを持つ、とても落ち着ける本屋さんです。明るく広々とした店内は特に大人の女性に人気で「わたしの本屋さん」と言われる所以です。営業時間は11時から20時までになります。

イラストレーターの利光春華さんデザインの、素敵なリボンの世界が広がります。可愛い絵本もたくさん並んで、心が浮き立つ空間です。本だけでなく雑貨や焼き菓子なども販売していて、一人で行っても楽しめるお店になりました。日比谷シャンテの3階が「HMV&BOOKS日比谷コテージ」で生まれ変わったことを実感できるでしょう。ぜひ行ってみてください。

住所:東京都千代田区有楽町1-2-2(日比谷シャンテ) 電話番号:03-5157-1900

有楽町のおすすめ本屋4:本の教文館見出し

創業1885年、古くから銀座で地元の人々に愛されてきた老舗の本屋さん「本の教文館」をご紹介します。プロテスタントのクリスチャンの方にはお馴染みの本屋さんでしょう。聖書を始め、キリスト教関連の本はさすがの品揃えです。教文館ビルの1階から9階まで、各フロアごとにいろいろな種類の書籍が見やすくディスプレィされています。

教文館ビルの4階、エインカレムと名付けられた売り場ではカードやCDなど、本以外の様々なグッズを販売しています。またギャラリーもあり、いろいろなイベントや展示会なども定期的に開催しています。藤城清治さんの素晴らしい影絵も数多く展示していますので、ぜひ一度ご覧いただきたい本屋さんです。営業時間はフロアごとに若干の違いがありますので、お問い合わせください。

4階には「カフェきょうぶんかん」もあり、ゆっくりとコーヒーを飲みながら読書を楽しむことができます。「本の教文館」は、1階ごとのフロアスペースはそんなに広くはなく、大型店舗というわけではありませんが、9階までのそれぞれのフロアはとても個性的で楽しい本屋さんです。ここは実際に出かけていただきたいお店ですが、オンラインでの購入も可能です。

6階は「子どもの本のみせナルニア国」です。子どもたちの大好きな絵本などが種類豊富に並んでいます。テレビドラマ「大草原の小さな家」の作者として有名なアメリカの作家、ローラ・インガルス・ワイルダーの生誕150年のイベントも開催され、大勢の子どもたちが訪れました。こんなイベントや展示会は家族で出かけると楽しいでしょう。

住所:東京都中央区銀座4-5-1 電話番号:03-3561-8446

有楽町のおすすめ本屋5:蔦屋書店見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

スターバックスと併設されていて、会計前の本を持ち込んで読むことができた大型のブックカフェ「TSUYAYA BOOK STORE有楽町マルイ店」が閉店してしまい、がっかりされた方も多いことでしょう。その「蔦屋書店」がブックカフェとして「銀座SIX」の6階にオープンしています。好きな本とスターバックスのお好みのドリンクで、至福のひとときを過ごしてください。

大型書店の筆頭「蔦屋書店銀座SIX」の自慢のひとつが、6メートルもの高さの本棚に囲まれたこのイベントスペースです。様々なアートがふんだんにディスプレィされた「蔦屋書店」ならではの、アートフェアやファッションショー、またオークションなどにも対応します。アートの情報発信基地として、ここを訪れる人が後を絶たないおすすめのブックカフェです。

Photo by Richard, enjoy my life!

奈良美智さんや草間彌生さんのオブジェでも有名な「銀座SIX」は、海外からの観光客も大勢訪れる、銀座のランドマーク的な存在ともなっている場所です。何時間いても飽きない、という人がとても多いのもうなづける楽しい本屋さんです。有楽町へ行ったらぜひ「蔦屋書店」のブックカフェで、ゆっくりと読書を楽しんでください。営業時間は9時から23時30分です。

住所:東京都中央区銀座6-10-1(GINZA SIX) 電話番号:03-3575ー7755

有楽町のおすすめ本屋6:森岡書店銀座店見出し

情緒あふれるノスタルジックな建物が印象的な「森岡書店銀座店」は、銀座1丁目の鈴木ビルにあります。1929(昭和4)年に建てられたこのビルは、東京都の選定歴史的建造物にも指定された歴史ある建物です。1冊の本を売る本屋、というシンプルなコンセプトの下にオーナーの森岡督行氏が、茅場町の第1号店に続き出店したお店です。

ひとくちに本屋さん、と言ってしまうのがためらわれるような「森岡書店」は、そのコンセプトの通り一定の期間1冊の本だけを売る、という作家と読者の橋渡しのような空間です。銀座へお出かけのときには、オーナーの夢がたっぷり詰まったユニークな「森岡書店」をぜひ訪れてみたいものです。営業時間は13時から20時、月曜日は定休日です。

住所:東京都中央区銀座1-28-15(鈴木ビル) 電話番号:03-3535-5020

有楽町のおすすめ本屋7:Cafe&Booksビブリオテークルミネ見出し

雨の日でも有楽町駅から地下街を通って行ける、お馴染みの大型モール「ルミネ有楽町」へは、割と頻繁に行かれる方も多いことでしょう。今回ご紹介したい本屋さん「Café&Booksビブリオテークルミネ有楽町」は、ルミネ1の3階にある、本の他にカフェと雑貨が一緒になった大型の店舗です。有楽町ルミネ店の以外にも、自由が丘、大阪や福岡、熊本にも展開しています。

「Café&Booksビブリオテーク有楽町ルミネ店」は、本屋と食堂を基本コンセプトに、本だけでなくアートやライブなどのイベントも楽しめる情報発信基地、というスタンスのスタイリッシュな本屋さんです。本や既成の雑貨だけに飽き足らず、手作りのユニークなアートも豊富に扱っています。注目を集めること間違いなしのアクセサリーもとても素敵です。

仲良しさんたちとカフェで女子会というのも素敵です。「Café&Booksビブリオテーク有楽町ルミネ店」では、女の子の大好きなパンケーキ付の女子会プランがあります。前菜やサラダはもちろん、選べるパスタに美味しいパンケーキの付いたプランは、2600円ととてもお得です。「Café&Booksビブリオテーク有楽町ルミネ店」は11時から21時の営業時間となっています。

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1(ルミネ1) 電話番号:03-5222-1566

有楽町のおすすめ本屋8:八重洲ブックセンター見出し

首都圏を中心に展開する大型書店「八重洲ブックセンター」は、日本でも有数の大型の本屋さんで、その在庫数は120万冊とも言われています。八重洲本店を旗艦店とし、残念ながら日比谷シャンテ店と八重洲地下街店は閉店しています。またルミネ荻窪にある店舗は「Quiet Village」と名付けられ、書店は癒しの場であるべき、という新しいコンセプトを掲げています。

「八重洲ブックセンター」のブックカバーはとても素敵で、こんな風に封筒に作り替えてみたりする方も多いです。有名な大型店ならではの絵画展や有名人の講演会など、いろいろなイベントも常に開催されていて楽しめます。昔からビジネスマンの利用が多く、ビジネス書の豊富さでは並ぶ書店はないでしょう。営業時間は月曜日から土曜日が10時から21時で、日曜祝日は10時から20時までです。

住所:東京都中央区八重洲2-5-1 電話番号:03-3281-1811

有楽町のおすすめ本屋9:丸善本店見出し

Photo by macglee

次にご紹介するのは、やはり知らない人はいないほどの有名な大型の本屋さん「丸善」です。全国各地に店舗を展開していますので、利用する機会の多い大型書店でしょう。本店は有楽町のお隣、JR東京駅の丸の内北口から徒歩1分ほどと、とても便利なところにあります。あらゆる種類の本が揃っていて、またカフェも併設していますのでゆっくりとお茶を飲みながらの読書も楽しめます。

Photo by macglee

丸の内オアゾの1階から4階が「丸善」です。1階にはビジネス書など、2階には雑誌や文芸誌などの書籍、3階には専門書などとカフェもあり、4階は洋書や文房具、時計や眼鏡などの商品が揃っていて、この階にもカフェがあります。ゆっくり見て歩いたら1日では足りないくらいの大型書店です。営業時間は9時から21時となっています。

鉄腕アトムやジャングル大帝、火の鳥などの数々の漫画で有名な漫画の神様、手塚治虫さんの作品のファンの方には必見のコーナーが「丸善」の3階にあります。「手塚治虫書店」と名付けられたこちらのコーナーには、手塚治虫さんの漫画の数々が置いてありますので、ファンの方はぜひ行ってみてください。

住所:東京都千代田区丸の内1-6-4(丸の内オアゾ) 電話番号:03-5288-8881

新橋の本屋ならココ!大型店からゆっくりできるおすすめ店舗も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
新橋の本屋ならココ!大型店からゆっくりできるおすすめ店舗も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「サラリーマンの街」と呼ばれている、新橋。そんな新橋は実は、本屋さんの宝庫としても知られているんです。圧倒的な充実した品揃えを誇る大型書店から、ゆっくりとくつろげる地域密着型の街の本屋さんまでが勢揃い。新橋で特におすすめの店舗をまとめてご紹介します。

有楽町のおすすめ本屋番外編1:BOOK EXPRESS東京駅見出し

有楽町からは少し離れますが、駅構内の便利な本屋さんをご紹介します。大きなターミナル駅の構内には大抵本屋さんがあり、通勤や通学の途中立ち寄ることも多いです。こちらは東京駅八重洲南口改札内にある「BOOK EXPRESS」で、本屋さんのコンビニ版といったところでしょうか。毎朝毎晩、大勢の人が利用しています。

住所:東京都千代田区丸の内1丁目(東京駅八重洲南口改札内京葉ストリート内) 電話番号:03-3218-8016

有楽町のおすすめ本屋番外編2:HINT INDEX BOOK見出し

こちらも東京駅の構内エキュート東京にあるブックカフェ「HINT INDEX BOOK」です。何と言っても駅ナカのエキュートにあり、カフェも併設しているので忙しい朝に朝食を取るついでに本も探せるのが便利です。カフェでは国産食材にこだわったメニューを提供していますので、ぜひ一度お試しください。営業時間は平日7時から22時までです。

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1(東京駅構内) 電話番号:03-3211-9003

有楽町のおすすめ本屋番外編3:ジュンク堂書店見出し

丸善グループの「ジュンク堂」も全国に店舗があり、訪れることの多い本屋さんのひとつでしょう。有楽町周辺ではプレスセンター店があります。ここは主にビジネスの専門書などを多く扱っているお店で、もちろん一般的な文庫や雑誌などもいろいろと置いています。営業時間は平日の11時から19時ですので、お仕事で使う本が必要の際はぜひ行ってみてください。

住所:東京都千代田区内幸町2-2-1(日本プレスセンタービル) 電話番号:03-3502-2600

有楽町の本屋さんを満喫しよう見出し

Photo byReisefreiheit_eu

有楽町の本屋さんをいろいろご紹介してきました。どんな本でも探せる大型書店や、ブックカフェ、ルミネなど駅チカのモールに入っていて雑貨なども一緒に選べる楽しい本屋さんなど、本の好きな方にとって本屋さんは最高の癒しの空間です。有楽町へ行くときは、忙しい日常にひとときの安らぎを与えてくれる、お気に入りの本屋さんを探してみてください。

投稿日: 2018年4月17日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote