地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

北京・故宮博物院!見どころ・入場料!見学エリア拡大・行く前に知っておこう!

北京にある国立故宮博物院は、美しい宮殿として人気がある観光スポットです。今回は、ぜひここへ行く前に知っておきたい建物内の見どころや、入場料についてわかりやすくまとめていきますよ。見学エリアも拡大したという北京故宮博物院の魅力に触れましょう。

北京 故宮博物院に行ってみよう!見出し

北京にある国立故宮博物院は、美しい宮殿として人気がある観光スポットです。今回は、ぜひここへ行く前に知っておきたい建物内の見どころや、入場料についてわかりやすくまとめていきますよ。さらに見学エリアも以前より拡大したということで、宮殿でしか味わえない建物内の見どころを紹介!早速、北京故宮博物院の魅力に触れましょう。

時代で変化!北京 故宮博物院の歴史見出し

中国の歴代王朝の皇帝たちが収集した壺や陶器などのコレクションを基にして、約69万点のお宝を大切に保存してある建物が故宮博物院です。ここは歴史的な中国文化と芸術の宮殿といわれていて、設立した年が1925年だそうです。日中戦争が激化する前から現在に至るまでの長い間、多くの変遷を経て北京の一般市民に向けてオープンしました。

故宮博物院の始まりは北京の紫禁城といわれています。ですが蒋介石が厳選した貴重な文物などは、北京ではなく台湾に移すことに。多くのお宝が海を渡りました。日中戦争が終結した後には、文物は四川省の重慶に集められたものの、翌年に国共内戦が続き一時台湾で保管されました。その後落ち着きを取り戻し、今の故宮博物院に戻りました。

北京 故宮博物院の見どころ見出し

北京の故宮博物院での見どころは盛りだくさん!入場門や外から見る建物はもちろん魅力的なポイントです。宮殿内に入れば、現代にも通ずる美しい壺や陶器をはじめ、青銅で作られた動物のモニュメントなどの展示に注目ですよ。さらに、故宮博物院に行けば必ず見ておきたい翡翠の白菜など、とにかく見どころがとても充実しているといえます。

昔から現存している歴史ある書物なども、もちろん公開されていますよ。故宮博物院のお宝の展示物を通して、北京の過去の出来事や一般市民、職人、さらに貴族の生き方や暮らしを垣間見れるかもしれません。歴史が好きな人はもちろんのこと、女性の心が揺れるような可愛らしい動物の置物や焼き物の美しさなど故宮博物院の魅力がつきません!

住所:台北市士林区至善路二段221号 電話番号:02-2881-2021

北京 故宮博物院は南院にも注目!見出し

エリアが拡大した故宮博物院にも、注目すべきポイントが目白押しです!特に故宮博物院の南院では、表情豊かで近代的な建物がポイントになります。砂糖きび畑に囲まれた広い敷地の真ん中に南院の建物があり、初めての訪問でも見つけやすいでしょう。さらに現地で有名な現代建築家の設計で、敷地内などにも現代美術の品が置いてありますよ。

故宮博物院で保存されている展示物はどれも歴史あるものが多いですよね。一方新エリアの南院ではデザインに富んでいるオブジェクトや、近代的な展示物を楽しめるので観光の幅が広がります!アジアをテーマに仏像や陶磁器、織物などが展示されていて、日本のものもあるんだとか!角煮こと肉形石は、とてもリアルで思わず食欲が湧いてきますね!

本家の故宮博物院よりも、展示物が豊富に思える南院。上の写真は台湾茶事展演という期間限定コーナーで、凍頂冬片茶というお茶を飲むために使われ、汲み分ける器が日本人が浸かっていたものだそうです。貴重な展示物が、こちらにも多いことがうかがえますね。なお南院は、完全予約制での入場になります。事前にご連絡をおすすめします。

住所:台湾嘉義県太保市故宮大道888号 電話番号:05-362-0777

北京 故宮博物院は宮殿も見どころ!見出し

故宮博物院の見どころは外観もポイントになります!エメラルドグリーンの屋根が爽やかな雰囲気を醸し出している宮殿は遠方から見ても美しいことがうかがえます。また宮殿の建物内に行けば、凝ったデザインをじっくり見ることもできますよ。エリアが拡大した場所も、以前からあった故宮博物院の宮殿と遜色なく美しい建物といえるでしょう。

また故宮博物院の近くにある橋から望む宮殿も絶景ですよ!観光客もここでよく写真を撮っていることから、人気があり写真映えに使える場所になるようですね。さらに故宮博物院の向かい側にある、「順益台湾原住民博物館」からも故宮博物院の宮殿を望むことができます。また、一般150元から購入可能である入場チケットも販売されています。

アクセス方法も豊かな故宮博物院なので、初心者でも迷いにくいと思います。最寄りのMRT士林駅からが最も近く、バスで15分ほど走れば現地に到着できるようです。乗りこむバスの種類やバス停も10個ほどと多いので、時間の制限なく自分の好きな時間に行くことができますよ!観光ツアーにも故宮博物院が組まれ、人気スポットになっています。

気になる北京 故宮博物院の入場料見出し

気になる故宮博物院の入場料もチェックしておきましょう。一般入場料は250元、日本円では4100円ほどと高めになっています。しかし昨年から、故宮博物院の入場料が優待されるサービスが開始されました。入場料優待の条件は、今年8月31日までの午後4時30分以降に入場される場合と、台湾の身分証をお持ちの方は入場無料となっています。

台湾の身分証に上げられるものは、中華民國身分證の他に健保卡、駕照、軍警證、護照等などでしょう。またISICマーク入りの国際学生証を持っていれば150元、10人以上の団体観光客であれば1人当たり230元と入場料が優遇されます。また未就学児童や台湾国籍65歳以上のシニア層、障がい者手帳を持っている本人と同行者2人で無料になります!

注目!故宮博物院の入場料がタダの日見出し

さらに新暦の正月など入場料0円になる日があるようです。主に新暦の正月をはじめ、旧暦の1月15日になる元宵節や5月18日の国際博物館デー、さらに世界観光デーにあたる9月27日や10月10日の国慶節の日には故宮博物院の入場料がタダになるという嬉しいポイントが!これから夏休みを迎えますし、北京旅行のプランにも使えるかもしれません。

なおチケット販売時間は、午前8時20分から午後6時までです。ただ毎週金曜日と土曜日のチケット販売については、開館時間の延長に合わせて午後8時30分までとなっています。わざわざ故宮博物院へ急がなくても、ゆっくりとしたプランで楽しめるでしょう!また拡大されたエリアもあるので、たとえ1日中いても飽きることはないと思いますよ。

北京 故宮博物院に行くタイミング見出し

故宮博物院の営業時間は、午前8時30分から午後6時30分までとなっています。なお金曜日と土曜日は21時まで営業されているようです。この近くに住んでいる地元民だけでなく、各国から多くの観光客が訪れる故宮博物院は通年建物内が混雑することも。人混みが苦手な方は特に、その混雑に合わずにスムーズにいけるか、知りたいですよね。

基本的に開院時間に合わせて、故宮博物院に行った方が混雑を避けられると思います。つまり、故宮博物院を楽しんだ後に、士林夜市に行くというプランを立てる人が多いので開館直後のほうがお客さんが少なくゆっくり見られるでしょう。たまにエリア別に見ても限定公開イベントなど、混雑している場合がありますのでお気を付けくださいね。

北京 故宮博物院のお土産とグルメ!見出し

故宮博物院では、展示物の鑑賞や宮殿の観光だけでなくお土産にも注目ですよ!特に故宮博物院といえば、リアルな翡翠の白菜が有名ですよね。その白菜をモチーフとした文房具やキーホルダーなど、珍しくて可愛いグッズが故宮博物院の建物内にあるミュージアムショップで販売されています!ちなみに免税店なので、たくさん買っても安心ですね。

さらに故宮博物院内にはレストランもありますよ。ここでは翡翠白菜や肉形石そっくりな美味しいコース料理を召し上がれるんだとか!味は好評のようで、展示物再現グルメの他にチャーハンやスープなど、優しい北京の味に舌鼓を打てます。甘いものがお好みなら、名物のタピオカジュースはいかがでしょうか?本場のこだわりが光っていますよ!

魅力いっぱいの故宮博物院見出し

芸術的な陶磁器やモニュメントをじっくり楽しめる故宮博物院。歴史的な書物も多く今までに残されたから、たくさんの出来事を学べるチャンスでもあるでしょう。リアルな翡翠白菜や肉形石も現地で直接見ると、さらにすごいと思えるかもしれませんね。是非とも近くにお立ち寄りの際は、エメラルドグリーンの宮殿故宮博物院にお越しください!

もっと北京の情報を知りたいアナタヘ!

中国・北京観光お勧めスポットと注意点!名所・夜の繁華街!楽しい旅の前に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
中国・北京観光お勧めスポットと注意点!名所・夜の繁華街!楽しい旅の前に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国北京のおすすめ観光スポットを、注意点を含めてまとめました。中国北京の観光はとても人気ですが、観光名所や夜の繁華街では注意が必要なポイントも少なくありません。海外旅行の際には、現地情報の事前確認をして、安全に楽しく北京を楽しみましょう。
四合院・北京観光おすすめホテルはココ!宿泊で伝統的な中国の雰囲気を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
四合院・北京観光おすすめホテルはココ!宿泊で伝統的な中国の雰囲気を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中華人民共和国の首都である北京にある、中国伝統的家屋建築として知られる、四合院で造られたおすすめのホテルをご紹介します。北京に観光で訪れた際にはぜひ中国の伝統的な四合院を用いたホテルで中国の雰囲気を堪能されてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2017年7月10日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote