地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

四日市名物「とんてき」のおすすめ店は?人気の有名店や発祥の店など!

メキメキと人気が急上昇しているとんてきですが、戦後まもなく四日市で生まれたグルメです。ビーフステーキとの違いは豚肉を使用している点ですが、濃いめのタレでソテーしているという特徴があります。四日市へ行けばお店ごとの名物とんてきを食べることができます。

四日市で本場のとんてきを食べよう!見出し

ビーフステーキは牛のステーキ、とんてきは豚のステーキという考え方が一般的でしょう。しかし実際にとんてきを食べたことがある人は、意外に少ないのです。例えば豚の生姜焼きをとんてきと同じと思い込んでいたりします。そこでとんてき発祥の地・四日市の名店やとんてきの本当の魅力を、ご紹介しましょう。

四日市のおすすめランチ特集!子連れに人気のバイキングやカフェ・和食など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
四日市のおすすめランチ特集!子連れに人気のバイキングやカフェ・和食など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
三重県北部に位置する中心都市四日市市は、ランチがおいしいお店がたくさんあります。三重県下最大の人口を誇る四日市で特産物を使ったランチを堪能してみませんか?四日市名物「とんてき」を食べれるお店も多いので、是非行かれてみてはいかがでしょうか。

四日市のとんてき代表が「まつもとの来来憲」見出し

このお店によって四日市のとんてきが全国的に有名になったと言われています。このお店の名物は看板にあるとおり「大とんてき」です。別名グローブと呼ばれるように、手の平より大きなボリュームのあるとんてきです。

このボリュームある「大とんてき」を目当てに、全国からグルメがやってくるほど有名なお店です。まさに四日市とんてきおすすめの逸品ですね。しかも素材にこだわりがあり、三重県産の厳選された豚の肩ロースを250グラムも使っているんです。

このボリュームの「大とんてき定食」が1725円で、豚汁と漬け物とご飯のお替わりが無料なんです。美味しいと安いが両立したおすすめメニューです。営業時間は昼が11時から14時、夜が17時から20時となっており、定休日は月曜と火曜です。月曜が祝日の場合は営業します。近鉄の伊勢松本駅から徒歩で3分、車の場合は477号線の松本郵便局の前になります。

住所:三重県四日市市松本2丁目7-24 電話番号:059-353-0748

ボリュームで勝負の四日市とんてき「隆座(たかくら)」見出し

四日市のとんてきはボリュームが特徴ですが、その中でも「隆座」は量が多いことで知られている名物店です。特にキャベツの量は圧倒的で、タレのかかった美味しさは格別です。メニューはシングルとダブルがありますが、健啖家にはダブルをおすすめします。霜降りロース肉を使っているので柔らかくて、ダブルでもペロリといただけますよ。人気の「とんてき定食セミダブル」が2480円です。

初めての方へのおすすめは「とんてき定食シングル」1840円で、「山かけとんてき定食」が2060円です。営業時間は昼が11時30分から13時30分、夜が17時30分から21時ですが早めに行かないと行列ができますよ。定休日は木曜と第3水曜日です。アクセスは近鉄赤堀駅から徒歩で7分、日永駅から徒歩10分。駐車場があるので車も利用できます。

住所:三重県四日市市赤堀2-6-8 電話番号:059-358-3322

個性で勝負の四日市とんてき「きりん亭」見出し

このお店は「マンゴーカットとんてき」の店として有名です。肉厚のとんてきがマンゴーのようにカットされているので火が入りやすく、とても食べやすいのです。栄養価の高い地元三重産のさくらポークを使用しているので、とても美味しいとんてきがいただけます。ソース味とみそ味があって、人気メニューは「元祖マンゴーカットとんてき定食」1860円です。もっと安い「コマ焼きとんてき定食」もおすすめですね。

「コマ焼きとんてき定食」は1580円で、さくらポークを薄く切ってあるので女性やお子様向けの名物メニューです。営業時間は昼が11時から14時、夜が17時から20時までとなっています。材料がなくなり次第終了することもありますよ。定休日は月曜日ですが、祝日と重なった時は営業します。近鉄四日市駅から徒歩12分、駅前中央通りの繁華街にあります。

住所:三重県四日市市安島2-8-6 昭和ビル 1F 電話番号:059-356-0310

中華料理店の四日市とんてきなら「一楽」見出し

「一楽」は他のとんてき専門店とは違って中華料理店です。そのため中華風の風味があるとんてきですが、コッテリした濃厚タレが美味しいと評判の名物店です。特にとんてきの脂身がぷりぷりで、ご飯と合わせて食べると申し分のない美味しい満足感にひたれます。人気の「とんてき定食」が1400円です。

近鉄四日市駅から徒歩3分で、駅前の1番街商店街の中にあるのでお昼時は混雑しています。手近なところでとんてきを食べたい観光客には利用しやすい名店です。営業時間も昼は11時から14時30分、夜は16時30分から20時50分と長めに開いているので便利です。お伊勢参りの途中に立ち寄りたいお店ですね。

住所:三重県四日市市諏訪栄町10-2 電話番号:059-352-5073

とんてきでビールなら「アサヒビアケラー四日市」見出し

ここはアサヒビールの直営店で、工場直送のできたてビールを7種類飲めるビアホールです。もちろん人気メニューは四日市名物のとんてきです。できたてのビールを飲みながら美味しいとんてきを食べるという至福の時を過ごせますよ。四日市駅からも違いので仕事帰りのサラリーマンや、名物のとんてき目当ての観光客に愛されているお店です。

ここのおすすめは「四日市名物 とんテキセット」です。1556円でスープとライスがついており、月曜から金曜はサラダバーとドリンクバーがついています。厚切りのとてんきが250グラムなのでボリュームもたっぷりです。営業時間は11時30分から22時まで、定休日は元日と施設休業日となっています。四日市駅北口から徒歩1分というアクセスの良さです。

住所:三重県四日市市諏訪栄町7-34 近鉄四日市駅北口 ふれあいモールグルメパーク内 電話番号:059-352-1360

お好み焼き店「あたりや」の四日市とんてき見出し

「あたりや」はご夫婦2人が切り盛りしているお好み焼きのお店です。有名な四日市とんてきはお好み焼きのお店でもいただけるんですね。地元に長く愛されている有名なお店で、ご家族連れや女子会などにおすすめです。目の前の鉄板で焼いてくれるとんてきを熱々でいただけば、もう最高です。ニンニクとブラックペッパーの香りが食欲をそそりますね。そして安いのが魅力なんです。

おすすめはもちろん四日市とんてきですが、「とんてき定食」が1000円と安いんです。200グラムの単品だとたったの850円、300グラムのセミダブルでも1150円と安いんです。もしかしたら四日市で一番安いとんてきがいただけるお店ですね。営業時間は昼が11時30分から13時30分、夜が17時30分から22時まで。定休日は火曜日です。近鉄伊勢川島駅から徒歩3分のところにあります。

住所:三重県四日市市川島町6516-6 電話番号:059-321-2890

ラーメン屋のとんてき「ちゃん 四日市店」見出し

四日市とんてきは全国的に有名なご当地グルメなので、四日市市内にも色々なお店があります。この「ちゃん 四日市店」は実はラーメン屋のチェーン店の1つなんです。トンコツスープで有名なラーメン屋でおすすめのメニューはライスとみそ汁付きの「トンテキ(200グラム)セット」1540円です。150グラムの「コマギレセット」はさらに安い1210円です。「コマギレ丼」はなお安い860円でいただけます。

濃いめの味付けなのでご飯がすすみます。添えられたキャベツがほどよい箸休めになって、美味しいトンテキがますます大好きになります。営業時間は昼が11時30分から15時、夜が18時から24時30分です。ただし土日祝日の夜は17時から営業します。定休日はなしで、四日市駅から徒歩2分なのでとても便利です。

住所:三重県四日市市安島1-2-20 電話番号:059-356-1550

四日市とんてき発祥の店「来来憲 本店」見出し

四日市名物「とんてき」の美味しいお店を紹介してきましたが、最後に発祥元となったお店をご紹介しましょう。それがこの「来来憲 本店」です。冒頭でご紹介した「まつもと来来憲」はこのお店の従業員の方が受け継いでいるお店なんです。

四日市とんてきの元祖らしいニンニクの効いた酸味と甘みのタレが食欲をそそります。ランチタイムサービスの「来来定食」がおすすめです。880円と安いので人気があります。この本店では三重県産のさくらポークを使った「大とんてき」が有名で、美味しい豚肉をたっぷりいただくことができます。

営業時間は平日の昼が11時から14時40分まで、土日祝の昼が11時から14時まで、夜は17時から20時までとなっています。定休日は木曜日です。近鉄の伊勢松本駅から徒歩で15分、東名阪自動車道の四日市ICから10分です。

住所:三重県四日市市小生町229-186 電話番号:059-399-7778

食べてわかる四日市とんてきの美味しさ!見出し

とんてき専門店、中華料理店、ラーメン店、お好み焼き店、ビアホールと色々なお店をご紹介してきました。どのお店も四日市とんてきの名店といっておかしくない美味しさとボリュームです。写真を見てるだけでよだれが出ますが、実際に本場を訪れて食べていただきたいご当地グルメです。

投稿日: 2017年7月25日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote