地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「来宮神社」のご利益は?熱海のパワースポットは大楠で有名!

「来宮神社」のご利益は?熱海のパワースポットは大楠で有名!

熱海にある「来宮神社」には、樹齢二千年といわれる大楠があり、その幹を回ると願いごとが叶うなどといわれています。パワースポットとしても知られる来宮神社の大楠にまつわる伝説やそのご利益など、そして福を呼ぶ話題の「来福スイーツ」について紹介します。

熱海のパワースポット「来宮神社」見出し

熱海の来宮(きのみや)神社は、日本屈指のパワースポットとしてメディアでも度々紹介され、毎日多くの人が訪れています。参拝客が目指すのは国の指定天然記念物にも指定されている樹齢2000年の大楠。この大楠には願いが叶うという伝説があります。境内に素敵なカフェもあり、ゆったりとお参りできる来宮神社には、珍しいご利益もあります。

来宮神社へのアクセス見出し

来宮神社は静岡県熱海市西山町にあります。電車の場合は、熱海から伊東を結ぶJR伊東線の「来宮駅」が最寄りとなり、徒歩5分程です。熱海駅からは歩いて20分くらいなので、海沿いを歩いたりブラブラと観光しながら向かうのもまたおすすめです。熱海駅からはバスも出ており、タクシーを利用の場合は6分くらいで料金は1000円程度です。

駐車場は無料で2ヶ所ありますが、その台数は30台ほどとあまり多くありません。熱海のパワースポットとしても人気の場所なので、駐車場はかなり混雑します。特に週末などは、予め駅前にある市営駐車場を利用した方が安心かもしれません。駅前駐車場は、来宮駅、熱海駅共に30分ごとに100円で、16時間までは8時間分の料金で利用できます。

来宮神社とは見出し

社伝によると来宮神社の創建は奈良時代のこと。熱海湾で漁師が網をおろしていたところ、木像のようなものがかかっていたので不思議に思っていると、五十猛命(いそたけるのみこと)が現れました。「波の音が聞こえない楠の洞に祀ってくれれば、村人たちとこの地へ来る者を守護しよう」と言い、今の場所を探し当てたと言われています。

来宮神社に祀られているのは、自然保護の神とされている先述の五十猛命、後に合祀された営業繁盛と身体強健の神である大己貴命(おおなもちのみこと)と、武勇と決断の神である日本武尊(やまとたけるのみこと)の三神です。大己貴命とは、出雲大社の祭神である大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名で「国譲りの神」とも呼ばれています。

来宮神社での平均滞在時間は1時間程度ですが、それよりゆっくり滞在する方も多いようです。一つ一つの見どころを丁寧に見たり御朱印をいただいたりという意味では当然なのですが、来宮神社では「心清かに参拝出来る境内環境つくり」を掲げており、境内の中には様々な方法で快適に過ごすことができるよう工夫がなされています。

来宮神社の大楠見出し

来宮神社の御神木である大楠はパワースポットとしての象徴!実は第一大楠と第二大楠の2種類が存在します。天然記念物に指定されているのは第一大楠で、樹齢二千年の長い歴史を持っています。元々来宮神社は、木の根を神体としたことから「木の宮」と称されるようになったそうです。この大楠には願いが叶うという、いくつかの伝説があります。

まず一つ目は、この大楠の幹を一周まわると寿命が一年延びるという伝説。そして願いごとのある人は、心に願いを秘めながらまわると願いが叶うという伝説もあります。願いごとがふたつあれば二周、ということで何周もする参拝客も多くいるのだそうです。また、人生に迷った時に幹の周りを歩くと、踏み出す勇気をもらえるとも言われています。

第一大楠を訪れた時に是非チェックして欲しいのが、そこに見える蛇と龍。幹の中央に蛇が巻きつき、右下には龍が立っているように見えると言われています。最近では、右上にある2つのコブあたりには、猿の顔も見えるという噂も!こういった興味深い姿にもパワースポットの所以を感じます。大楠に魅了されて何度も訪れる人もいるそうです。

来宮神社の第二大楠見出し

第一大楠だけでなく、第二大楠にも強いパワーがあると言われています。樹齢千三百年の第二大楠は、落雷により幹の中身がほとんど失われてしまったにも関わらず、生き生きと青い葉が茂り成長し続けています。この力強い姿に、第二大楠こそがパワースポットだという人さえいます。来宮神社では2つの御神木からパワーをもらえることでしょう。

来宮神社の摂末社見出し

三峯神社

本社とは別に境内にある小さな社のことを摂末社と呼びますが、来宮神社には3つの摂末社があります。「三峯神社」は昭和初期に、埼玉県の三峯神社より祀られました。三峯神社では狛犬の代わりに狼が鎮座しています。狼は憑き物を追い払ってくれる神様の遣いとして知られており、その由来から災難や泥棒などを防ぐご利益があるとされています。

来宮稲荷社

来宮神社の伏見稲荷は、京都伏見稲荷大社から分社され創られました。「イナリ」は「稲が成る」(育つ)からきているともいわれており、食物を司る神様とされています。農業だけでなく商業を営む人々にも稲荷大神の信仰が広がり、現在は商工業の神様として知られ、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、諸願成就にご利益があると言われています。

来宮弁財天

弁財天は七福神の中の紅一点の女神。音楽など芸術や学問全般の神様として信仰を集め、芸事上達にご利益があるとされています。来宮弁財天は、秩父神社にあったものを移動されたということで、そのご神体は、出世を願った武士が厳しい修行と祈願の末に手に入れたと伝えられており、訪れる人には立身出世のご利益があることでも有名です。

来宮弁財天はとても強い「気」を発していて、気の充電にも良いといわれるパワースポットの一つ。その逆に、身体が弱っているときにはパワーが吸い取られることもあるそうです。また来宮神社には、高村光雲作の來宮弁財天像もあり、年に一度11月に御開帳があり、その際には弁天祭りも開催されてたくさんの参拝客が訪れることでも有名です。

来宮神社の気になるご利益とは?見出し

来宮神社は樹木神を祀った「木の宮信仰」の神社で、昔から来福や縁起の神として信仰されています。その他にも様々なご利益がありますが、大国主命は縁を結ぶ神様と言われていることから、縁結びを祈願する人も多く訪れますし、商売繁盛についてもご利益があります。また、少し変わったものとして「酒断ちの神様」もいると言われています。

その昔、来宮神社の神様と近くにある伊豆山神社の神様が会う約束をしていたところ、来宮神社の神様がお酒を飲みすぎて約束をすっぽかしてしまったことから、戒めの意味を込めて酒断ちの神様になったといわれています。きのみやを「忌の宮」とする説もあり、酒断ちだけでなく、悪い習慣を絶つといったことにもご利益があるようです。

来宮神社でハートを探す!見出し

来宮神社の境内の中には、落ち葉で作られたハートがあります。神職や巫女さんたちが境内の落ち葉を掃いて作ったものだそうですが、実はこれはハートではなく、猪目(いのめ)といわれる日本古来から使われている縁起の良い模様とのこと。猪目とは読んで字のごとく「イノシシの目」のことで、魔除けや招福のご利益があるそうです。

ハート(猪目)をモチーフとした由来は、獣の目力で魔除けや福を招く護符の意味合いがあり、伝統的な日本建築には必ずと言っていいほど使われているようです。熱海の来宮神社のハート(猪目)は、落ち葉だけでなく本殿などの建物にも使用されています。最近はこのハートが話題となっており、訪れる人がハート探しをしている姿も見られます。

社殿右脇にある建物の前の地面には、ハート型のタイルもあります。来宮神社に訪れたら、是非探してみて下さい。ちなみに落ち葉のハートですが、季節によってサイズが異なります。秋から冬だと大きなハートが見られることと思います。ハートではなく猪目と聞いても、縁結びの神様のいる来宮神社らしい素敵な心遣いと思えてなりません。

来宮神社の夜のライトアップ見出し

時間が合う人には是非見ていただきたいのが、夜の来宮神社。「木霊(こだま)フォレストプロジェクト」として、夜に参拝に来る人が心くつろげるようにと、境内を約140個のLEDでライトアップしています。ライトで杜の草木に宿る木霊を表現しており、幻想的なパワースポットを見たいと、あえて夜に訪れる人も多くいます。

ライトアップは、夕暮れ時から23時頃まで。年中無休でやっています。熱海に宿泊をする人は日中にゆっくり参拝をして、夜に再訪してライトアップを楽しむというのもおすすめです。ロマンチックな大楠の姿はもちろん、竹の路なども幻想的に浮かび上がり、とても綺麗です。参拝客も日中より減りますので、ゆっくりとその雰囲気を楽しめます。

来宮神社のお守り見出し

来宮神社のお守りは種類も多く、見た目もスタイリッシュなものが多いと評判です。縁結びでも有名な来宮神社。縁結びのお守りは何種類かありますが、特にピンクとブルーのリボンが一緒になったお守りはとても可愛いと人気です。身の回りのものにも付けやすいお守りなので、縁結びを祈願されている方へのお土産にされる方も多いそうです。

また、来宮神社は酒立ちの神様がいるため、「酒難除」のお守りを求める人も多くいます。例えば、お酒を飲んだ帰りに事故に遭わないようにだったり、酔っ払って財布をなくさないようにだったり、飲酒による災難から守る願いが込められています。お酒での失敗がある人や飲む機会が多い人は、この酒難よけのお守りを持っておくと安心です。

その他にも来宮神社ならではの珍しいお守りとして、楠の葉に防虫効果があることから「むし除」のお守りがあります。浮気虫やとばく虫等様々な凶虫除、つまりは悪癖から守ってくれるというものです。ギャンブル癖などにも効果的。また、縁結びのお守りを持っている人には、邪虫お守りと一緒に持つと更に良縁が固くなると言われています。

来宮神社の御朱印見出し

来宮神社の御朱印の初穂料は300円です。御朱印は参集殿内の受付でいただきますが、参集殿ではアロマが焚かれて心地良い空間です。受付時にもらう番号札と交換となりますので、参拝に行かれる方はもちろん、参拝後に受付をしてお茶などをしながらゆっくり待たれるという方もいます。尚、兼務社である「湯前神社」の御朱印もあるようです。

既に御朱印帳をお持ちの方も多いと思いますが、来宮神社の御朱印帳は御神木である大楠が描かれた華やかなもの。表紙は薄い緑とゴールドの2種類。どちらもとても人気で品切れになっていることも多いようです。新しく始める人にはもちろん、次の御朱印帳としてのお求めもおすすめです。御朱印帳の初穂料は1500円(御朱印代込)です。

来宮神社 「大楠五色の杜」見出し

来宮神社では大楠を側面高台からも眺めて欲しいという想いから、昨年、大楠五色の杜(もり)が誕生しました。普段は参拝者の休憩施設ですが、行事の舞台や結婚式などにも活用されています。五色とは、自然界の「木・火・土・金・水」を表し、それらを「大楠・明かり・砂利・鉄筋・湧き水」で表現しているとのことです。

五色の社では、言わずもがなライトアップ時はとても美しい光景となりますが、日中は空の青と木々の緑が美しく、川のせせらぎが聴こえ、心地よい空間に時間を忘れてゆったりと過ごすことができます。また、抹茶やあま酒も頂けます。希望すれば茶碗とポットが付いた、抹茶を自分でたてられるセットに変更ができるそうです。

話題の「来福スイーツ」とは見出し

来宮神社では、「来福スイーツプロジェクト」という興味深い事業もおこなっています。来宮神社の祭神である五十猛命が海からやってきたときに、「麦こがし、橙、ユリ根、ところ」をお供えしたところ、とても喜ばれたという伝説に基づいて、この4つの食材を使ったスイーツが考えられました。神様の好物を頂くことができると好評です。

来宮神社の境内にある直営のカフェや休憩処のほか、付近の13のお店で来福スイーツが食べられます。一番人気は「麦こがし饅頭」。こしあんが入っているシンプルなお饅頭ですが、麦こがし(はったい粉)の香ばしさと甘みがポイントです。他にも「大楠ロール」「橙のコンフィチュール」なども人気。参拝の際にはチェックして見てください。

来宮神社にあるカフェ「報鼓」見出し

来宮神社には、境内の中に神社直営の素敵なカフェ「茶寮報鼓」(さりょうほうこ)があります。古民家をリノベーションしたオシャレなカフェで、美味しいスイーツが楽しめます。おすすめメニューは、「麦こがしアイスと温かいおしるこ」「ユリ根入りクラムチャウダー」など。先述の来福スイーツも食べられ、御朱印待ちの場所としても最適です。

来宮神社を参拝してみよう見出し

パワースポットとしても人気の来宮神社ですが、どんどん参拝客が増えているそうです。神社が様々な工夫をしていることにも感心します。来宮神社を訪れる人たちは参拝だけでなく、パワースポットを訪れること、ハートを見つけること、お守りを買うこと、御朱印を頂くことなど目的は様々ですが、訪れる皆様がその御利益にあずかりますように。

熱海のデートスポットはココがおすすめ!人気のプランにランチもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
熱海のデートスポットはココがおすすめ!人気のプランにランチもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
静岡県伊豆地方にある熱海市は、都内からもアクセスしやすい人気の観光スポットです。日帰りでもお泊りでもデートプランが立てやすい熱海は、デートスポットとしても人気のある場所です。そんな熱海でデートをするならおすすめの観光スポットやランチをご紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年11月17日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote