地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ナパバレーでワイナリー巡り!ワイントレインなど観光おすすめ情報を紹介!

アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるナパ。そこにはナパバレーと呼ばれる、ワイナリーとブドウ畑が広がっている一帯があります。ナパバレーでは、ワイントレインなども走り見どころいっぱいの観光スポットです。そんなナパバレーの情報をご紹介します。

ナパバレーはワインが有名見出し

アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるナパ郡。カリフォルニアワインの生産地の一つで、ワイナリーが沢山あり、ブドウ畑も広がり、ナパバレーと呼ばれています。ナパバレーでは、ワインのテイスティングが出来るワイナリーが多く、ワイントレインもあり、ワイン好きに人気で、多くの人が観光に訪れています。そんなナパバレーのワイン観光スポットをご紹介します。

ナパバレーはどこにある?見出し

ナパバレーがあるナパは、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあり、サンフランシスコから北へ、車で約2時間ほど行った場所にあります。カリフォルニア州は、あまり交通機関が発達していない為、公共交通機関で行くと、乗り換えが多くなりますし、車での移動だと、ドライバーがワインを飲めなくなるので、サンフランシスコからのバスツアーが人気でおすすめです。

ナパバレーは、170平方キロメートルほどのワイン畑が広がっています。北と南で気温に差があるため、同じナパバレーで作っても、ワインの味が異なるという特徴があります。早く収穫するブドウから出来るワインと、ゆっくり収穫するブドウから出来るワイン、ワイナリーが200以上集結し、研究に研究を重ねているナパバレーです。

研究した成果が1976年に出ています。フランスワインを押さえて優勝した記録を持つナパバレーのワインは、カリフォルニアワインの5%を作っています。例えば、「テイクン・レッド・ナパバレー」「ベリンジャー・ナパバレー・カベルネソヴィニヨン」「フープスヴィンヤード・オークヴィル・カベルネソヴィニヨン」などです。ぜひ飲んでもらいたいおすすめのワインです。

2017年10月、ナパバレーがあるナパとソノマで多発的に火災が起こりました。被害に遭ったワインナリーもいくつかあります。ワインを作るブドウの収穫はほとんど終わっていたものの、まだ終わっていないカベルネ・ソーヴィニヨンの収穫。深刻なダメージを受けたワイナリーもあります。停電だったワイナリーもあり、ワインの品質の影響が心配されていました。

しかし、ワインの場合、冬は、ブドウの樹をかなり刈込みますし、燃えさえしなければ、来年の収穫には影響しないとも言われています。2017年の火災時、カリフォルニア州の周りの州からも救助の手があり、そして雨も降り、早く鎮火したので、早い復帰が始まっています。鎮火した翌週には、多くのワイナリーが営業再開し、復旧計画も進んでいます。

ナパの人達は、「ほぼ影響していない、例通りワインづくりを続ける」「洗えば匂いは取れる」とポジティブな意見が多く、おおらかな人柄を見る事が出来ます。葡萄の強さも感じられます。このポジティブな人達と強いブドウから作られるワインは、とても素晴らしいワインです。ぜひ、アメリカのカリフォルニアへ観光に行った際は、立ち寄ってほしいナパバレーです。

サンフランシスコ観光おすすめはココ!人気名所や定番スポットも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
サンフランシスコ観光おすすめはココ!人気名所や定番スポットも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカで定番の観光地であるサンフランシスコ。有名な赤い大きな橋、ゴールデンゲートブリッジや、可愛い街並みなど、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。今回は、そんなサンフランシスコのおすすめの観光地をご紹介させていただきます。

ナパバレーのワイントレイン見出し

「ナパバレーワイントレイン」は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のナパ郡とセントヘレナの間を、自足30キロで約3時間かけて走るツアー観光列車です。列車の中は、アンティークな仕様になっていて、とても素敵な時間を過ごす事が出来ます。例えば、列車が奏功している間に社内ランチやディナーを楽しんだり、イベントを楽しんだりするツアーがあり、人気でおすすめです。

また、ワイントレインは、ナパを出発し、州道29号線に沿って走るので、その29号線沿いにある「ヤントビル」「オークビル」「ラザフォード」と駅に泊まって、ワイナリーを観光するツアーがあります。29号線沿いに走るので、ブドウ園、ワイナリーが建ち並ぶ姿を見る事も出来ます。葡萄畑の美しい風景を見るならランチタイムを狙うのがおすすめです。

夕焼け染まるブドウ畑を見たい人やロマンチックなキャンドルの灯りで過ごしたい人は、ディナータイムを狙うのがおすすめです。ワイントレインには、主に3つの車両があります。窓が大きいビスタドーム(展望車両)、クラシックな雰囲気の食事車両のグルメ車両、テイスティング車両です。そして、期間限定では、シルベラード車両があります。

テイスティング車両は、11時45分から14時限定で、有料でワインのテイスティングが出来ます。ナパバレーの素晴らしい景色を見ながら、数種類のワインを堪能できるテイスティング車両はおすすめです。ワイントレインですが、子連れ観光の人達も多く利用します。プランには、もともとワイングラス1杯が付いていて、食事の時にでます。もっと飲みたい人は、列車内で購入して飲むか、追加料金で持ち込みも出来ます。

シルベラード車両は、エアコン設備がなく、窓をオープンする車両で、ナパバレーの空気を感じながら食事が出来、人気があります。ランチのみ、5月から10月のみと、季節限定で運行されます。バーベキュースタイルの食事で、カジュアルな雰囲気の車両です。ワイントレインは、料理の美味しさも人気の一つです。列車内で調理され、出来たてを堪能できます。

ナパバレーのワイントレインでワイナリー巡り見出し

ナパバレーワイントレインで、ワイナリーを観光するツアーが各旅行会社から提供されています。例えば、サンフランシスコ現地オプショナルツアーでは、「ガーギッチヒルワイナリーでの試飲が付いたツアー」「オーパスワン、スタッグスリープ、エチュード、ガーギッチヒルズのワイナリー4か所を巡るツアー」「カッスルワイナリーツアー」が企画されていたりと、ワイントレインに付いたツアーはおすすめです。

ナパバレーおすすめワイナリー1「ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤーズ」見出し

セントヘレナ近郊にワイナリーがあります。1972年創業です。起伏のある広大な牧場、オークの森があり、自然豊かな場所でワインづくりをしています。多くの品種を有し、「ナパバレー・カルベネ・ソーヴィニヨン」などを生産しています。また、カリフォルニアで最も味わい深い、豊潤な香り漂う「インシグニア」は、世界的にも高い評価を得ていて人気があります。

テイスティングは予約制で、ツアーに参加するか、自分で予約を入れましょう。手続きが済めば、最初からワインの試飲をしながら、建物内を観光します。ディスプレイを見る事が出来ます。葡萄畑を見渡せるテラスがあり、そのテラスで、有料でテイスティングで終了です。ツアーでは、解説も付き、質問にも対応してくれる素敵なワイナリーです。

ナパバレーおすすめワイナリー2「ガーギッチ・ヒルズ・エステート」見出し

1976年にフランスワインを押さえて白ワイン部門優勝の記録を残したのが、このガーギッチ・ヒルズ・エステートのオーナーであるマイク・ガーギッチ氏です。ワイン界に衝撃を与えたそのテイスティングは「パリスの審判」と呼ばれる程すごい出来事でした。この優勝したワインは、白ワイン「シャトー・モンテレーナ・シャルドネ」です。ワイナリーにもディスプレイしてあり、ワイナリー観光に行くと、見る事が出来ます。

パリスの審判で優勝したのちに、このガーギッチ・ヒルズを設立し、生まれ故郷のクロアチアにも「グリッグワイナリー」を建てたり、ぶどうの先祖を調べたり、クロアチアのワイン界を盛り上げようとしているガーギッチ氏です。無農薬の有機栽培のぶどうにも切り替えています。すごいワインを作った人会う機会がある人気のワイナリーですが、90歳を過ぎているガーギッチ氏に会えるのは運次第です。

ナパバレーおすすめワイナリー3「ヴィ・サトゥーイ」見出し

敷地内でピクニックが出来る人気のワイナリー「ヴィ・サトゥーイ・ワイナリー」は、広大な芝生に沢山のテーブルが置かれています。ワインと一緒につまむ事が出来るデリも充実していて、週末にはバーベキューが開催されたりと、大人気で、平日はもちろん、週末は多くの人で賑わうワイナリーです。ワイナリーの建物も石造りの建物で、素敵な空間が広がっています。

週末のバーベキューは、長蛇の列です。デリも列が出来ますが、バーベキュー目的の人が多く、まだ早く料理が来ます。もちろんワインテイスティングも出来ますが、テイスティングも週末は混んでいて長蛇の列です。なるべく平日に訪問するのがおすすめです。ワインは購入できるので、ワインとデリを購入して、敷地でピクニックする人も多くいます。サービスが良い素敵なワイナリーです。

ナパバレーおすすめワイナリー4「スタッグス・リープ ワイン・セラーズ」見出し

パリの審判で優勝したワインはもう一つここにあります。それは、赤ワイン部門で優勝した「スタッグス・リープ・ワインセラーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン」です。1976年は、白と赤の両方のワインで、無名のワイナリーが優勝したという事で、かなりの衝撃が走ったことになります。ワイナリーの設立は1970年で、今はカークグレイス氏がブドウの栽培責任者として管理しています。

自然の力を応用した病虫害対策をしたり、ぶどうの搾りかすを手作業で取り除いたり、熟成はフレンチオーク100%しようしていたりと、ワインを作る過程で、ぶどうにストレスがかからないようにしているワイナリーです。そのワイナリーは、晴れてる日は敷地内にテーブルが置かれテイスティングが出来ますし、雨の日でも室内でテイスティングが出来るワイナリーです。

ナパバレーおすすめワイナリー5「オーパス・ワン」見出し

カリフォルニア観光には、このオーパス・ワンワイナリーは外せないと言われているほど有名なワイナリーです。温暖な気候で育てられたぶどう。そのぶどうから作られた「オーパス・ワン」は世界中で人気のワインです。ワイナリーの建物は、広いぶどう畑が広がっている少し上に建てられていて、ブドウ畑を見下ろす事が出来ます。徹底的に管理されている工場を見学する事もできます。

オーパス・ワンのワインは、管理から手摘みのぶどうにこだわり、製造に関しては、新しい手法も取り入れています。オーパス・ワンは、最高のものを作る事に努力を惜しまず、オーパス・ワンのワインを認めてくれる人たちとの関係づくりを大切にしています。その為か、日本語の公式サイトがあります。見やすい日本語の公式サイトから予約出来るので、ワイナリー観光に訪れやすいワイナリーです。

カリフォルニアの観光地おすすめ11選!ショッピングや食事も楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カリフォルニアの観光地おすすめ11選!ショッピングや食事も楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カリフォルニアは、気候もよく、アメリカ大陸の中でも日本人にもっとも人気のある観光地ではないでしょうか。特に、ロサンゼルスを中心とした場所に人気の観光地が集中しています。そこで、ショッピングや食事も楽しめるカリフォルニアのおすすめ観光地をご紹介します。

ナパバレーでワインを堪能しよう!見出し

葡萄畑が広がっていて、ワイナリーが建ち並び、ワイントレインも走るナパバレーは、とても素敵な観光スポットです。1976年に衝撃のワインを発表したワインがあるワイナリーもありますし、イベント盛りだくさんのワイナリーもあります。特にワイントレインを含めたツアーは、ナパバレー全体を堪能することも出来るので、おすすめです。ぜひナパバレーでワインを堪能しましょう!

投稿日: 2017年12月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote