サンノゼ空港を徹底紹介!ターミナル・お土産・ラウンジなどお役立ち情報満載

2019年3月1日 (2019年9月1日最終更新)

アメリカのカリフォルニア州にあるサンノゼ空港は、シリコンバレーの玄関口と言われる西海岸で重要な空港です。ビジネスにも観光にも人気の都市サンノゼを始め、カリフォルニアへの旅行にとても便利です。今回は、サンノゼ空港のお役立ち情報を余すところなくご紹介します。

目次

  1. サンノゼ空港を使ってカリフォルニアへ!
  2. サンノゼ空港があるサンノゼとは?
  3. サンノゼ空港ってどんな空港?
  4. サンノゼ空港のターミナル情報
  5. サンノゼ空港で購入できるお土産・BEST3
  6. サンノゼ空港でのおすすめ飲食店・BEST3
  7. サンノゼ空港の周辺観光・BEST3
  8. サンノゼ空港にアクセスする方法は?
  9. サンノゼ市内へのアクセス方法は?
  10. サンノゼ空港のラウンジや空港送迎の乗合タクシー情報
  11. とっても便利なサンノゼ空港は魅力いっぱいです!

サンノゼ空港を使ってカリフォルニアへ!

サンノゼ空港は、カリフォルニアの主要都市であるサンノゼにある国際空港です。日本人にはあまりメジャーな空港ではありませんが、人気のサンフランシスコにも近く、ビジネスや旅行でアメリカ西海岸へアクセスするのにとても便利です。西海岸の穴場的なサンノゼ空港の免税店やラウンジ情報、アクセス方法などを徹底紹介していきます。

サンノゼ空港があるサンノゼとは?

サンノゼ空港をご紹介する前に、まずはサンノゼについてご説明します。サンノゼは、日本では知られていませんが、アメリカの西海岸カリフォルニア州にある主要都市です。気候は、サンフランシスコと同じ地中海性気候で、夏は涼しく、冬は暖かくて過ごしやすい街です。

カリフォルニア州に位置している都市

サンノゼは、アメリカ西海岸のカリフォルニア州第3の都市と言われている主要都市です。カリフォルニア州の中部に位置しています。サンノゼは、シリコンバレーがあることから世界的企業が本社を構え、世界の産業を支える重要な都市です。カリフォルニアで一番人気の高い観光地サンフランシスコにも近く、車で南へ1時間ほどの場所にあります。

サンノゼの魅力とは?

サンノゼの魅力は、2つあります。一つ目は、コンピュータ関連の企業が集結しているシリコンバレーを有し、IT産業における世界の中心都市であることです。サンノゼには、FacebookやApple、Twitterなど、誰もが知る世界的企業が本社を構えています。そのため、サンノゼはハイテク産業の集積地やシリコンバレーの首都とも言われています。

二つ目は、街の多様性です。サンノゼは、IT産業の主要都市でありながら、その一方で歴史ある建造物が多く残る文化の街でもあります。現代の最先端とアメリカの歴史が混ざり合い、ビジネスだけではなく観光都市としても注目を集めています。

サンノゼ空港ってどんな空港?

では、サンノゼ空港についてご紹介していきましょう。サンノゼ空港は、カリフォルニア州の主要都市であるサンノゼにある国際空港です。しかし、国際空港といっても、サンノゼ空港に発着している航空機はほとんどがアメリカ国内便です。同じカリフォルニアのサンフランシスコ国際空港と比べると、規模の小さい地方空港です。

日本にもゆかりのあるサンノゼ空港

サンノゼ空港の正式名は、「ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港」(Norman Y. Mineta San Jose International Airport)と言い、この名前は、日系アメリカ人初のアメリカ閣僚となったノーマン・Y・ミネタ氏に由来しています。日本とも繋がりのあるミネタ氏は、サンノゼ市長から下院議員、商務長官、運輸局長などを歴任した政治家です。

過去には、ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港からシリコンバレー押しの空港名に名称変更する案もでていましたが、現在は保留となっています。では、日本に親しみのあるサンノゼ空港を選ぶ利点を挙げてみましょう。

サンノゼ空港を選ぶ利点1:日本からの直行便がある

サンノゼ空港に発着する飛行機の多くは、アメリカの国内線です。そのため、サンノゼ空港は国際空港ですが、国際線の飛行機の発着数はとても少ないのが現状です。しかし、日本からサンノゼ空港へは成田空港から直行便が就航していてカリフォルニアへのアクセスが便利です。詳しい情報は、のちほどご紹介します。

サンノゼ空港を選ぶ利点2:出入国審査が楽!

9.11のテロ事件以降、アメリカへの入国審査は年々厳しくなっています。一人ひとりへの審査時間が長いため、どの空港でも入国審査を待つ長い列ができています。しかし、規模の小さなサンノゼ空港であれば、就航する国際便数が少ないため入国審査の列も比較的短く、無駄な時間を最小限に抑えることができます。

Apc kiosks 2アメリカ入国審査&ビザ特集!ESTAとは?初心者も安心の手続きの流れを解説 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカを訪れる時は、ビザは必要なのか、ESTAの申請、入国審査はどのような流れなのか気にな...

サンノゼ空港のターミナル情報

ここからは、サンノゼ空港を利用するときのお役立ち情報をご案内していきます。まず、サンノゼ空港のターミナルについてです。サンノゼ空港は、1990年から利用されている新しい空港で、ターミナルAとターミナルBの2つのターミナルがあります。以前は、ターミナルCもありましたが、今は駐車場となっています。

ターミナルA

ターミナルAは、国内線および国際線のターミナルです。ターミナルAは、1990年にオープンして2009年に改装されたキレイなターミナルです。アメリカン航空やハワイアン航空などのアメリカ系の航空会社のほか、ANAの成田空港直行便もターミナルAから発着しています。

搭乗ゲートは、1~16番まであり、国際線はそのうちの15、16番ゲートを利用して搭乗します。

ターミナルB

2010年にオープンしたターミナルBは、国内線ターミナルとして利用されています。ターミナルBでは、アメリカ国内の主要都市を結ぶ国内線が発着しています。搭乗ゲートは、17~28番まであり、主にアメリカ系の航空会社である、デルタ航空やアラスカ航空、サウスウエスト航空などの航空機が発着しています。

サンノゼ空港は充電場所が豊富!

サンノゼ空港のターミナルには、充電スポットが至る所に用意されています。ターミナルA、ターミナルBどちらにも、Power Suiteと名付けられた充電スペースがあります。場所は、ゲート7a、9、15、18、28番です。

この場所では、テーブルはもちろん待合椅子にも電源とUSBソケットが付いていて充電場所に困りません。これならスマートフォンやPCも、バッテリー量を気にせず使用できます。

サンノゼ空港はターミナル間の移動が自由

サンノゼ空港では、ターミナルAとターミナルBは一直線で繋がっていて、行き来が自由です。通常、規模の大きな国際空港では、国際線エリアに入るとターミナル間の移動ができなかったり、できてもシャトルバスやモノレール移動などをしなければならず面倒な場合がほとんどです。

しかし、規模の小さいなサンノゼ空港では、ターミナルAとターミナルB間を徒歩で自由に行き来できます。さらには、端から端まで歩いてもそれほど時間がかからないので、ターミナル間を移動してショッピングなどを楽しむこともできます。

サンノゼ空港のショッピング事情

ここまでにご紹介したように、サンノゼ空港には、規模が小さいからこその利点があります。しかし、ショッピングという観点では、免税店などのショップ数や品揃えがどうしても少なくなってしまい、イマイチ充実度に欠けています。そのため、お土産の購入は、サンノゼ市内やサンフランシスコのような大きな都市で済ませておくことを推奨します。

旅の最後に、空港での免税店でのショッピングなどを期待していると肩透かしにあいますが、規模は小さくても、サンノゼ空港でも人気のお土産品を購入することはできます。外貨が残ってしまったり、お土産の買い忘れをした場合には安心してください。

サンノゼ空港で購入できるお土産・BEST3

ここでは、サンノゼ空港で購入できるおすすめのお土産ベスト3をご紹介します。サンノゼ空港では、やはりカリフォルニア生まれの商品や免税店の商品がお土産として人気です。ここからご紹介するお店の商品ならば、友人に渡しても喜ばれますし、ぜひ自分用にも買いたくなる商品ばかりです。

1:お菓子類が豊富な【C・J・OLSON】

C・J・OLSONは、カリフォルニア州にある自社農場で育てられたチェリーやアプリコットを使用したお菓子を販売していているお店です。

ヒット商品は、チェリーやアプリコットなどのドライフルーツをチョコレートで包んだ「Assorted Chocolate-Covered Fruit」です。他にも、ドライフルーツとナッツを混ぜた「Cherry Nut Trail Mix」も人気です。

C・J・OLSONは、サンノゼのサニーベイルという場所に販売店がありましたが、2018年に閉店してしまいました。現在は販売を縮小し、サンノゼ空港やオークランド空港で商品を購入できます。サンノゼ空港では、ターミナルBのゲート19番と20番付近にあります。人気なので見つけたら、必ず手に入れたいお土産です。

2:お土産の定番コスメや香水が揃う【免税店】

国際線に乗るならば、免税店に必ず立ち寄ってショッピングを楽しみたい人も多いでしょう。もちろんサンノゼ空港にも免税店はあります。免税店の場所は、ターミナルAのゲート14番と15番の間です。残念ながらサンノゼ空港の免税店は、大型店舗でないので品揃えはあまり期待しないでください。

それでも、ハワイと違いカリフォルニアには街中に免税店がないので、コスメや香水、サングラスなどを購入したいと考えているならばぜひ空港内の免税店を覗いてみましょう。特に、アメリカのブランドであれば、空港内の免税店ならば、安く購入できます。

3:かわいいパッケージのチョコレートが人気の【See’s Candies】

See’s Candiesは、1921年にカリフォルニアのロサンゼルスで創業した老舗のチョコレートショップです。かわいいパッケージが人気で、カリフォルニアのお土産の中でも最も有名です。以前は東京の銀座にもお店がありましたが、現在は閉店してしまったので、カリフォルニアに来たらぜひ購入したいお土産のひとつです。

See’s Candiesで観光客に人気の商品は、ダーク、ミルクなどのチョコレートの中に、パイナップルやレモン、ナッツのペーストが入っている「TRUFFLES」というトリュフチョコレートの詰め合わせです。

地元カリフォルニアで人気の商品は、「Toffee-ettes」というチョコレートです。アーモンドにチョコレートをコーティングして、さらにアーモンドチップをまぶした香ばしい味です。お土産とは別に自分用に購入する人が多い商品です。店舗は、ターミナルBのゲート24番、ターミナルAのゲート7番付近にあります。

日本未上陸コスメの自販機が話題!

もしコスメ好きならば、免税店だけでなくサンノゼ空港にある日本未上陸のコスメBenefit Cosmeticsの自動販売機「Benefit Cosmetics Kiosk」でのお土産探しもおすすめです。写真を撮りたくなるほどかわいいピンク自販機は、インスタでも話題です。

Benefit Cosmeticsは、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれのコスメです。アメリカンポップなかわいいパッケージで世界中の女性から注目を集めています。サンノゼ空港にある自販機では、Benefit Cosmeticsのベストセラーコスメが購入できます。設置場所は、ターミナルAのゲート6番付近です。

サンノゼ空港でカリフォルニアのお土産を買おう

カリフォルニアらしいお土産ならば、「Discover San Jose」に行きましょう。Discover San Joseでは、カリフォルニアの特産品や生活用品などのお土産品を買うことができます。おすすめは、カリフォルニア州ソノマ群にあるワイナリー「B.R. Cohn Winery」の商品です。

B.R. Cohn Wineryは、ワインも美味しいと評判ですが、注目はエクストラバージンオリーブオイルやビネガーです。B.R. Cohn Wineryのオリーブオイルやビネガーは、カリフォルニアオリーブオイルのパイオニアと言われ、様々な賞を受賞する実力派です。地元でもファンが多く、カリフォルニア州で最も素晴らしいと称されています。

サンノゼ空港でのおすすめ飲食店・BEST3

免税店やお土産店でショッピングを楽しんだけれど、まだ時間が余っている時には、カフェや飲食店でゆっくりしてみてください。サンノゼ空港には、店舗数はあまり多くありませんが、アメリカで複数の店舗を構える人気店がいくつもあります。では、サンノゼ空港でおすすめの飲食店BEST3をご紹介していきましょう。

1:焼きたてのパンが美味しい【Le Boulanger】

Le Boulangerは、カリフォルニア内に10店舗とサンノゼ空港に店舗を構えるベイエリア有数のパン屋です。様々な受賞歴を持つLe Boulangerの焼きたてパンは、おいしいと評判です。こちらでは、パンの他にも、スープやサラダなどもオーダーでき、出発前にしっかりお腹を満たすことができます。ターミナルBのゲート20番付近にあります。

2:フローズンヨーグルトで気分爽快【Red Mango】

Red Mangoは、フローズンヨーグルトの人気店です。ヨーグルトの酸味が爽やかなRed Mangoのフローズンヨーグルトは、すべてナチュラル素材から作られていて低カロリーです。トッピングは、フレッシュフルーツやヘルシーグラノーラ、ナッツなどから自分で好きな物を選んでカスタマイズできます。ターミナルAのゲート10番と11番の間にあります。

3:スムージとフレッシュジュースを楽しめる【Jamba Juice】

Jamba Juiceは、カリフォルニア発のスムージとフレッシュジュースのチェーン店です。余計なものを加えず、果実や野菜のみを使い、オーダーを受けてからブレンドしてくれます。人気のグリーンスムージーもあり、朝食代わりにサッと栄養を補給するのにもピッタリです。場所は、ターミナルBのゲート23番付近です。

サンノゼ空港は小さくても見どころ満載!

サンノゼ空港には、滞在を楽しむための仕掛けが満載です。おすすめのパブリックアートは、どれもダイナミックで見応えがあります。アートとテクノロジーをテーマにした作品たちは、シリコンバレーの玄関口の空港らしい展示です。お買い物や飲食だけでなく、ぜひ空港をパトロールしておもしろいスポットを巡ってみてください。

サンノゼ空港の周辺観光・BEST3

ここからは、サンノゼ空港近郊の観光スポットをご紹介していきます。サンノゼは、世界のIT産業の中心地でもありますが、自然や歴史的建築が残る美しい街づくりがされています。せっかくサンノゼ空港を利用するのですから、サンノゼの街にもぜひ足を延ばしてみてください。

1:ロマンチックな雰囲気の【ミッション・サンタクララ・デ・アシス】

ミッション・サンタクララ・デ・アシスは、スペインのフランシスコ会によって1777年に建てられた伝道所です。サンノゼ空港の南西にあるサンタクララ大学内の敷地内にあります。カリフォルニアで最古の歴史あるスペイン調建築として市民や観光客に開かれています。また、ミッション裏のお庭は、春になるとバラが咲き誇り一層美しさが増します。

2:豊富な種類の薔薇がステキな【ミュニシパル・ローズ・ガーデン】

ミュニシパル・ローズ・ガーデンは、サンノゼ空港の南に位置する市営バラ園です。アメリカのベストローズガーデンにも選ばれたことがあり、5月のピークシーズンには、広大な敷地に4000本のバラが咲き誇ります。デートやピクニックスポットとして人気です。開園期間は4月~11月で、189種類の多種多様なバラを無料で楽しむことができます。

3:美しい外観が目立つ【セントジョセフ大聖堂】

セントジョセフ大聖堂は、サンノゼの市街地にあるローマカトリック教会です。真っ白な外観は、街中でひときわ目を惹きます。1803年に建てられたカリフォルニア最古の教会でしたが、地震や火災などの被害を受けて改修され、現在の姿になりました。ステンドグラスが美しく、カリフォルニア歴史建造物と国立歴史登録財に認定されています。

Originalサンノゼの人気観光スポット11選!買い物を楽しめるおすすめの場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカのサンフランシスコ州にあるサンノゼはハイテク産業でも有名なスポットです。観光旅行の際...

サンノゼ空港にアクセスする方法は?

魅力的なサンノゼについて、様々な観点からご紹介してきました。サンノゼに行ってみたいと思った人もいるのではないでしょうか。ここでは、サンノゼ空港へのアクセス方法を具体的にご案内します。サンノゼ空港へは、日本の成田空港から直行便が就航していることは先ほどご紹介しました。さらに直行便の発着時間や所要時間などを見ていきましょう。

日本からの所要時間

日本からサンノゼへは、ANAが成田空港からサンノゼ空港への直行便を1日1便飛ばしています。成田空港を17:00ごろ出発し、サンノゼ現地時間10:15ごろ到着します。飛行時間は、9時間25分です。

また、日本への帰国便は、サンノゼ空港を12:15ごろ出発し、翌日の15:15ごろ成田空港に到着します。飛行時間は、11時間です。発着時間については、日程によって変更になる場合があるので、予約の際は確認することをおすすめします。

空港からのアクセスは【カルトトレイン】がおすすめ

サンノゼ空港から、サンノゼ市内やサンフランシスコなどのカリフォルニアの都市へのアクセスは、カルトレイン(caltrain)がおすすめです。カルトレインは、北のサンフランシスコと南のギルロイを結んでいる鉄道です。

サンノゼ空港の最寄り駅は、サンタクララ駅です。サンタクララ駅へは、空港からVTA Airport Flyerという無料のバスが出ています。乗り場は、空港出口を左折して徒歩数分のバスターミナルです。サンタクララ駅へは、10番のバスでアクセスします。

サンノゼ市内へのアクセス方法は?

セントジョセフ大聖堂のあるサンノゼ市内へは、ライトレールでのアクセスがおすすめです。まず、サンノゼ空港から、無料のVTA Airport Flyer10番のバスでMetro/Airport駅へ行きます。バスを降りると、目の前にライトレールの乗り場が見えます。そこから、ライトレールでConcention Centre駅で下車します。ライトレールの料金は、一律2.5ドルです。

サンノゼ空港のラウンジや空港送迎の乗合タクシー情報

最後に、帰国時にサンノゼ空港で知っておくと役立つ情報をご紹介していきましょう。帰国時は、ゆとりを持って行動したいものです。そこで、便利なサービスを積極的に利用するのがおすすめです。ここでは、サンノゼ空港へ楽々アクセスできる便利な方法や、ゆったり寛ぎたい人にサンノゼ空港のラウンジ情報をご案内します。

ラウンジ

サンノゼ空港には、THE CLUB AT SJCというラウンジが、ターミナルAの国際線出発ゲートの近くにあります。ラウンジへは、検査場を出て左折し、ゲート15番近くの階段かエレベーターで3階へアクセスします。サンノゼ空港のラウンジは、ラウンジ利用資格保有者、およびプライオリティパス所有者が利用できます。

サンノゼ空港のラウンジは、カリフォルニアにある空港の中でも、とても居心地がよくフードも充実していて顧客満足度が高いラウンジです。

食べ物はどんなものがある?

THE CLUB AT SJCが人気なのは、軽食がとても充実していていることです。ベーグルやサラダ、カップヌードルなど品数が豊富です。また、ANA便が就航しているからか、味噌汁やごはん、どら焼きなどの日本食も提供されています。もちろん、ラウンジでは、ソフトドリンクをはじめアルコール類も全て無料で楽しめます。

ラウンジの特徴

サンノゼ空港のラウンジは、広々としてとてもキレイな内装で大変居心地がよい空間になっています。ソファも十分用意されているので、ゆっくり滞在できます。日本の雑誌や新聞も用意されていますし、充電用のコンセントも充分にありWifiも完備していて設備も整っています。長いフライト前に、シャワー室でスッキリして飛び立つのもよいかもしれません。

空港送迎の乗合タクシー情報

サンノゼ空港内の免税店などでのショッピングやラウンジを利用するために、時間にゆとりをもってサンノゼ空港へアクセスできる便利な方法をご紹介します。重たいスーツケースを持って公共機関を使って乗継するのはとても面倒です。そこで、できる限り負担をかけず空港へアクセスできるのが、空港送迎の乗合タクシーです。

特徴

空港送迎の乗合タクシーでアクセスする利点は、公共機関のような乗り換えをせずに空港へアクセスできることです。乗合タクシーならば、ホテルなど希望の場所でピックアップをしてくれて、空港入り口までDoor-to-Doorで楽々アクセスできます。

ただ、乗合いのため、サンノゼ空港までの途中で何度かストップすることがあり、少々時間がかかります。それでも、リーズナブルで移動負担が少ない乗合タクシーは、利用価値大です。

おすすめの会社:スーパーシャトル社

サンノゼ空港では、様々な空港送迎の乗合タクシーが運行しています。その中でおすすめの会社は、スーパーシャトル社です。スーパーシャトル社は、エアポートタクシーのパイオニア企業で、今ではアメリカ全土の主要都市でエアポートタクシーを運行しています。インターネットで事前に予約が可能です。

とっても便利なサンノゼ空港は魅力いっぱいです!

いかがでしたでしょうか。今回は、シリコンバレーを有するハイテク都市サンノゼにあるサンノゼ空港のターミナルや免税店、おすすめのお土産品、ラウンジの情報などを詳しくご紹介しました。サンノゼ空港は、日本から直行便でアクセスでき、便利で魅力的な空港です。みなさんもカリフォルニアへの旅行には、ぜひサンノゼ空港を利用してみてください。

関連記事

Missing
この記事のライター
shoka

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

サンフランシスコの新着のまとめ