地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

たいようパンは山形自慢のローカルフード!ベタチョコは長年愛されるご当地商品

地元にはかならずあるローカルフード。山形のローカルフードといえばたいようパンが有名です。種類も多く大人から子供までこよなく愛するたいようパンは昔懐かしい味のある地元で愛されるパン。見つけたらぜひ買って帰りたい人気のパンなのです。

山形で愛されるたいようパン見出し

Photo by contri

山形に老舗メーカーのたいようパンはローカルフードとして山形では有名な存在です。中でも「ベタチョコ」はその人気がとどまることを知らず、種類も豊富で販売店では上位の売り上げを誇る存在です。直売所では店頭に並ばないアウトレット商品もあり、地元のみならず旅行で来ても購入したい山形のご当地グルメです。

地方にあるご当地メーカー見出し

Photo by Yuya Tamai

SNSを通じて情報が拡散される現代。地元では人気だけど全国で取り扱いがなかったと驚く商品に気づくことがあります。それはスーパーやコンビニエンスストアで販売される、生活に密着した人気商品で感じることが多いです。山形のたいようパンも同じく、人気商品を多数そろえるご当地メーカーの一つです。

ご当地メーカーの良さの一つは直売所を置いているところが多いことです。この直売所は普段スーパーやコンビニなどで取り扱う商品以外に出来立てのパンを置いていたり、少し型崩れしてしまったものをアウトレット商品として安く販売してくれます。味には問題はないので、遠方から足を運んで買いに来る人もいます。

老舗メーカー「たいようパン」見出し

昭和23年に創業したたいようパンは食品加工会社から始まり、学校給食などを提供する地元企業として成長してきました。成長する過程で菓子パンの販売を始め、東京オリンピックの際にはベタチョコという現在でも人気の商品が誕生しました。そのため幼い頃からたいようパンで育ったという人や、親の代から好きだという人もいます。

今では山形中のスーパーやコンビニエンスストアで商品を取り扱っていますが、それでも直売所にやってくる人は多いです。たいようパンの人気パンは直売所でしか限定販売していないものもあり、県外から購入しに訪れる人も多いです。今では山形のみならず、関東でも人気のパンとなっています。

老舗メーカーはそれだけ多くの商品を取り扱い、長く売れるロングセラーや新しい味の新商品など飽きのこない味を提供してくれます。たいようパンも長年の研究結果が商品に現れ、選びきれないほどの種類の人気商品がずらりと並んでいます。菓子パンだけでなく総菜パンも人気商品が多く、おやつに、食事におすすめのメーカーです。

たいようパンのこだわり見出し

Photo by kayakaya

たいようパンが山形で50年以上愛される愛される人気メーカーとなったのは、こだわりをもった商品づくりを行ってきたからです。ただおいしいだけでなく、健康にも良いパンを作ることで、長く広く販売される商品となりました。生地には国産小麦を使用し、総菜パン等には地元の食材を使うことで、山形の顔としての存在感を高めていきました。

Photo by snopy645

たいようパンが大事にしてきたのは、ご馳走さまと笑顔で食べれてもらえる商品を作ること。取り扱う商品は若者に人気の菓子パンや惣菜パンだけでなく、山形の特産品を使ったパンや出来立てのパンもあり、手作りの味も提供してきました。そんなたいようパンだからこそ、直売所もいつも人であふれかえっています。

地元企業とたいようパンのタイアップ

山形県でバラを使ったジャムやお茶、ふりかけを販売している「坂元ローズガーデン」とたいようパンが合作して生み出した「バラがさいた」はバラの香りのするパンです。生地にもバラのエキスが練り込まれているため、トーストで焼くと香りが増しふんわりとしていて絶品。目を閉じて食べるとバラ園にいるような気持ちになります。

東京オリンピックから愛されるたいようパン見出し

たいようパンの一大人気商品「ベタチョコ」は東京オリンピックから愛される商品です。そのおいしさに種類を増やし、多くの人を虜にしてきました。たいようパンといえばベタチョコと答えられるほどのたいようパンの顔ともいえる商品。今でもその種類を増やして常時十種類以上のベタチョコが販売されています。

Photo by coniferconifer

安く手軽に食べられるベタチョコだけでなく、贈答用におすすめの栗がごろごろ入った「極美 和ごころ」のような、上品で奥深い味をしたお土産商品もあります。地元の人だけでなくお土産として観光客にも嬉しい商品を提供しているたいようパン。観光で来てファンになって帰って行く人もいます。

たいようパンの人気商品ベタチョコ見出し

Photo by Norisa1

テレビにも取り上げられる人気商品ベタチョコ。その正体は意外とシンプル。半分に切ったコッペパンにチョコレートをコーティングしたパンです。しかしそのチョコレートの量が伊達じゃない。たっぷりとチョコレートでコッペパンを包み込んで、チョコレートのパリッとした食感とパンのふんわりとした食感を両方味わうことができます。

ベタチョコのチョコレートはどこか昔懐かしい味がし、チョコレートとパンの間に塗られたバタークリームが独特の甘さと香りを感じさせます。その甘さ、香りは昔から変わらず、何年たっても病みつきになる味。おやつにも人気ですが、満足感のある食べ心地に食事としても人気がります。

販売する種類によって味や香りが変わってきますが、たっぷりのチョコレートは変わりません。ベタチョコの名前の通り、覆い隠すようにべったりとチョコレートがかけられています。甘いものが好きな人、チョコレートが大好きな人には病みつきになってしまう味。学生さんが実家に帰省した時にまとめて買って帰るローカルフードです。

ベタチョコの種類見出し

ベタチョコの種類は人気や定番の商品以外に、季節で変わる商品もあり、地元の人は季節の移り変わりを楽しみながら限定ベタチョコを食べる人もいます。山形の特産を使ったサクランボ味や、真っ青なブルーハワイ味まで、大人から子供まで大人気のベタチョコは幅広い種類の味を提供しています。そのためついつい買いすぎてしまうことも。

粒々いちごベタチョコ

定番のベタチョコも人気ですが、長く人気の商品として残っているのが、ほのかに甘酸っぱい「粒々いちごベタチョコ」です。甘いだけではないイチゴの香りと粒々の食感がアクセントになって甘いだけではない複雑な味を感じるベタチョコです。パンとの相性も抜群の味で人気のロングセラー商品です。

抹茶ベタチョコ

甘い中にほろ苦さがあるのが「抹茶ベタチョコ」です。甘さ重視の種類が多い中、ベタチョコにたっぷりの抹茶を使ってほろ苦く仕立ててあります。チョコと同じように香りを重視した抹茶味は、上品で高級感漂う味がします。後味残る抹茶の苦みに病みつきになる人が多く、幅広い年齢に人気のある商品です。

プレミアムベタチョコ

2020年東京で開催されることが決まったオリンピックに向けて発売された「プレミアムベタチョコ」はその名の通り、プレミアムなおいしさ。チョコレートの中でも高級品質のベルギーチョコレートを使った味は今までのベタチョコの比べてあっさりとした味。ガナッシュホイップクリームが練り込まれた生地もふんわりとして上品なベタチョコになっています。

ベタチョコを食べるときの裏技見出し

ベタチョコはとてもおいしいパンなのですが、食べるときにチョコの部分が手について汚れてしまう、と食べづらさを感じる人もいます。あまりにもたっぷりチョコがかかりすぎて、ビニール越しに触って体温でチョコが溶けてしまうという悩みはベタチョコを食べたことがある人なら誰しも感じたことがあるのではないでしょうか。

ベタチョコを食べるときは直前に少し冷蔵庫で冷やしてからがおすすめです。最初は特にぱりぱりのチョコレートの食感を味わうことができます。そして、袋からすべて出して開かれたコッペパンを元の状態に成るように折ってしまいます。するとコッペパン本来の形に戻り、たっぷりチョコを塗った面は中に入ってしまうので安心できます。

Photo by shig2006

食べやすいサイズにちぎって食べても良し。そのままかぶりついても良し。柔らかいクリーム状のチョコが好きな人は冷やさずにそのまま食べると甘さが際立ちます。中にはあえてトースターで焼いて焼きチョコ風にする人も。ベタチョコのアレンジをして楽しむ人もいます。お茶屋コーヒーなど様々な飲み物との相性も抜群です。

地元で大人気のたいようパンの直売所見出し

様々な種類のパンを販売しているたいようパンの直売所は、営業日が土日祝日と水曜日のみになっています。営業時間は9:00からなのですが、商品が売る着れ次第終了してしまうので昼過ぎに行くと閉まっていることもあります。6月2日から8月末にかけては8:00からの営業のため、朝早くから混み合います。

直売所の営業時間は開店と同時にお客さんがやってくるため、土日祝日は特に、午後には商品が売り切れて閉店していることが多いです。そのため早く行くか、穴場の時間を狙って平日に行くという人もいます。大勢の人がやってくるため、直売所も改装されて二倍の広さになりましたが、それでもあっという間に売り切れてしまいます。

出来立て、揚げたてが食べられるたいようパンの直売所見出し

出来立てがおいしいのは料理に限ったことではなく、コンビニやスーパーにならぶパンも一緒です。工場で働いたことのある人は知っていると思いますが、焼き立ての包装前のパンは香ばしく甘くたまらない匂いがします。そのパンが、直売所では販売されています。特にたいようパンの直売所では、ここでしか買えない商品も多くあります。

その日の朝に揚げたばかりの「朝揚げカレーパン」やリンゴ半分が豪快に入ったデニッシュ生地に包まれた「まるまるアップルパイ」など、遠方から朝早く来てでも手に入れたい商品が多く午前中で売り切れてしまうのが納得のおいしさ。自転車をこいで駆け付ける中高生も多いです。

山形のカフェのおすすめランキング!人気のお店やおしゃれなお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山形のカフェのおすすめランキング!人気のお店やおしゃれなお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
温泉やスキー場など色々な観光スポットをもつ山形市は、おしゃれなカフェや地元の人に人気のカフェがいっぱいあるんです。そんな人気のカフェの中から、特におすすめのお店を独自ランキングでご紹介します。山形市のおすすめカフェでゆったりとした時間を過ごしてみませんか?

たいようパンの「美味しいコッペパン」見出し

商品名に「美味しい」とつけるほど自信をもっている商品「美味しいコッペパン」は直売所だけの限定販売商品です。ベタチョコにも使われているように、たいようパン自慢のふんわりとしたコッペパンを使っています。豊富な種類の具材が挟み込まれた美味しいコッペパンは、ボリューム満点の惣菜パンから、素朴な菓子パンまで様々です。

一番人気の海老カツ

直売所の外にリアルな海老の飾りが置かれる、人気の美味しいコッペパン「海老カツ」は、大きく厚い海老カツが挟まれたコッペパンです。しゃきっとしたレタスとタルタルソースの酸味がマッチした病みつきになる味。外はかりっと、中はぷりっとした海老カツそのものもおいしく、ボリューム満点のサンドイッチです。

ボリューム満点ベーコンの厚切りジェイソン

柔らかいコッペパンに1cmはありそうな厚切りのベーコンが挟んである「ベーコンの厚切りジェイソン」はその名の通りインパクトのあるコッペパンです。ベーコンカツのさくっとした食感と甘辛いタレの味付けが絶妙。一つでお腹いっぱいになるボリュームある大満足な商品です。

定番人気粒あん&マーガリン

パンの具材として定番と言っていいほど歴史をもつあんことマーガリン。美味しいコッペパンシリーズでも定番の人気商品として「粒あん&マーガリン」はラインナップされています。ほくっとした触感感じるあんこと濃厚なマーガリンの組み合わせは甘いもの好きには人気の組み合わせ。おやつにも人気の味です。

たいようパンの直売所アクセス方法見出し

Photo by kumazo

たいようパン直売所は米沢市近くの東置賜郡にあり、米沢駅から車で約30分ほどで到着します。最寄り駅は南陽市にある赤湯駅ですが、3km以上離れているので、車でのアクセスがおすすめです。直売所には駐車場が併設してあり、かなり広くなっています。開店と同時に人で混雑するため早めに行くのがおすすめです。

お土産におすすめのたいようパン商品見出し

Photo by kagawa_ymg

たいようパンで販売しているのはパンだけに非ず、山形のお土産として有名なものも多いです。昔から販売されているものもあれば新しく開発されたものもあり。観光で訪れた時のお土産にもおすすめです。山形県産の特産品も使っている郷土愛に溢れた商品です。

Photo by JIRCAS

お土産におすすめなのが「赤おにのおもてなしBOX」です。山形県産「ゆきちから」と「つや姫」の玄米を使った米パンはチーズ、レーズン、チョコレート、くるみ、プレーンの五種類の味が楽しめるので朝食にもおやつにもおすすめ。かわいいBOXに入っている山形特産品の詰まったパンです。

山形のお土産おすすめランキング!必ず喜ばれる人気の名産品は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山形のお土産おすすめランキング!必ず喜ばれる人気の名産品は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山形のお土産といえば何を思い出しますか?山形といえば「さくらんぼ」が有名ですが、それ以外にもお土産に喜ばれるお菓子や名産品が多く存在しています。今回は、山形へ観光へ行ったら是非買っていただきたいお土産をランキングでご紹介します!

ネットで買えるたいようパンの人気商品見出し

たいようパンを食べてみたいけれど行くのが難しく観光に行く知人もいない。そんな悩みがある人におすすめなのがネット通販です。たいようパンの人気商品を購入することができ種類も豊富。人気のベタチョコなどたいようパンからのおすすめセットがあるため迷うこともありません。一日に個数制限のある「極美和ごころ」もネットで購入することができます。

ベタチョコは5種類の味がセットになった「ベタチョコセット」が1000円であり、初めて食べる人でも十分ベタチョコの魅力を感じるセットになっています。友人や家族でまとめて購入しても良し、一人で少しずつ味わうのも良し。山形を離れた人でも気軽にベタチョコを食べることができるセットです。

山形ではたいようパンを食べよう!見出し

Photo by rail02000

ローカルフードの名を冠するだけあり、たいようパンは山形の多くの人を虜にしてきました。それは看板商品のベタチョコだけでなく、たいようパンの美味しいコッペパンや和ごころなど多くの人気商品があります。山形に行った際にはぜひとも、たいようパンを食べてみてください。

投稿日: 2018年5月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote