地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

職人苺は福井で話題のスイーツ店!インスタ映え必至の可愛いメニューが揃う

福井県にある『職人苺』は自家農園で栽培した絶品のイチゴを使ったスイーツが楽しめる人気のカフェです。この『職人苺』ではさまざまなイチゴスイーツが味わえるのはもちろん、農園で行われているいちご狩りに参加することで新鮮なイチゴを最高の形で楽しむこともできます。

福井の『職人苺』はスイーツ好きには最高のカフェ見出し

Photo by yuko_okuy

福井県にはドラマの舞台としても有名な"東尋坊"をはじめとする人気の観光地がたくさんありますが、最近若い女性を中心に人気になりつつあるのが『職人苺』です。この『職人苺』は福井県の坂井市にあるカフェで、自家栽培している美味しいイチゴを使ったスイーツが食べられるお店です。今回はこの『職人苺』のおすすめメニュー等を紹介します。

福井市のランチおすすめは?人気のカフェや子連れOKなお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
福井市のランチおすすめは?人気のカフェや子連れOKなお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福井市のランチが、おすすめのお店をご紹介いたします。人気のカフェや、子連れも歓迎なお店をまとめてみました!子連れでも楽しいランチタイムを過ごしたいと思うので、ぜひ参考にしてみてください!福井市のランチのおすすめのお店を8つご紹介いたします。

福井にある『職人苺』とは?見出し

Photo by findelight

福井県にある『職人苺』はふたりの職人によって手がけられているカフェです。福井県で美味しいイチゴを栽培している岡田さんと同じく福井県でスイーツショップを営んでいる出蔵さんというふたりがタッグを組んで作られたお店が『職人苺』です。それぞれが最高の仕事をするなかで地方都市である福井から美味しいイチゴを全国に発信しています。

福井にある『職人苺』は土へのこだわりが凄い見出し

Photo by 丹波写眞 Tamba photo

福井の『職人苺』のスイーツが美味しいのにはいくつかの理由があります。まず美味しさに大きく影響を与えているのが土です。ここ『職人苺』ではイチゴを育てる際に用いる土に大きなこだわりを持っています。イチゴ栽培に使われている土はオーナーが土の専門家のところまで自ら足を運び、そこで良質な土の作り方を科学的な側面から学びました。

Photo by 丹波写眞 Tamba photo

研究に研究を重ねて生み出されたのが現在使われている土と言うわけです。つまり、ここ福井の『職人苺』では普通に農家をしていただけではまず使わないであろう土を使っているので飛び抜けて美味しいのです。福井の『職人苺』でイチゴを使ったスイーツを食べてみると「土が違うだけでここまで差が出るのか」ときっと驚くに違いありません。

福井にある『職人苺』は徹底した管理体制でイチゴを栽培見出し

Photo bypasja1000

福井の『職人苺』は土だけでなく少しでも美味しくなるように徹底的に管理して栽培している点も美味しさの秘訣と言えます。肥料に関しても科学的なものは一切使わず、有機肥料だけを使って丁寧に育てています。一株どころか一粒ごとに手塩にかけて、それこそ我が子のように『職人苺』では育てているのでみずみずしくて甘いイチゴになるのです。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー1:職人苺椀パフェ見出し

福井の『職人苺』でまずおすすめしたいスイーツが"職人苺椀パフェ"です。この"職人苺椀パフェ"はお椀のなかにイチゴが「これでもか!」といった具合に盛り付けられています。さらに"職人苺椀パフェ"のお椀は地元福井県の伝統工芸品である越前漆器を使用しており、見た目にもおしゃれなスイーツになっています。インスタ映えにもぴったりです。

福井の『職人苺』の"職人苺椀パフェ"は年中通して食べられるスイーツではあるのですが、可能ならばイチゴが旬の時期に来店することをおすすめします。この"職人苺椀パフェ"はイチゴの美味しさがストレートに出るスイーツです。そのためイチゴが美味しい時期であればあるほど"職人苺椀パフェ"の質も上がるというわけです。値段は1620円です。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー2:職人苺バウムロール見出し

先ほど紹介した職人苺椀パフェと同じくらいおしゃれなスイーツが福井の『職人苺』にはあります。それが"職人苺バウムロール"です。いちご風味のバウムクーヘンのなかに濃厚な生クリームをたっぷりと詰め込んだ甘いものが大好きな人にとっては最高のスイーツです。値段も税別450円とそこまで高くないので来訪した際にはぜひ食べたい逸品です。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー3:職人苺バウムクーヘン見出し

ちなみに福井の『職人苺』では生クリームのないシンプルな"職人苺バウムクーヘン"を食べることも可能です。生地のなかに自家製のイチゴを使って作った絶品のいちごジャムをたっぷりと練り込み、毎日パティシエが丁寧に手作りで焼き上げています。この"職人苺バウムクーヘン"の一層一層からイチゴの美味しさが口のなかいっぱいに広がります。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー4:ジェラートソフトパフェ見出し

福井の『職人苺』で暑い日にぴったりなのが"ジェラートソフトパフェ"です。この"ジェラートソフトパフェ"はパティシエのこだわりが詰まった絶品のスイーツで、店内にあるメニュー表には「パティシエの進化形ソフトクリーム」というフレーズが書かれています。値段は税込み802円とソフトクリームとしては少々高いですが、値段分の価値はあります。

実は福井の『職人苺』にはテラス席が何個か用意されており、購入したスイーツをそこで食べることもできます。ですから、天候次第ではありますがぜひ購入した"ジェラートソフトパフェ"を太陽の光の下で味わうのもおすすめです。濃厚なイチゴのクリームと下の方にあるグラノーラやパイ生地がいい具合に混ざり合う絶品のスイーツとなっています。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー5:スムージーパフェアラモード見出し

福井県の『職人苺』には数多くのメニューが用意されていますが、特にイチゴが好きな人たちから高い支持を集めているのが"スムージーパフェアラモード"です。この"スムージーパフェアラモード"には自家農場で栽培されたイチゴをふんだんに使ったスムージーがコップのなかにたっぷりと注がれています。これだけでも十分に美味しいスイーツです。

しかし、さらに"スムージーパフェアラモード"ではそのスムージーの上に手作りのいちごジェラートがトッピングされています。さらにその周りには生のイチゴが芸術的な形で盛り付けられており、味だけでなく見た目にも美しいスイーツと言えるでしょう。値段は税込み1080円とそこそこしますが、ボリュームがあるので必ずや満足できる逸品です。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー6:職人苺プリン見出し

小さいお子さんから年配の方まですべての人におすすめできる福井県『職人苺』のスイーツが"職人苺プリン"です。可愛らしい容器に入った"職人苺プリン"にはいちご風味のプリンがぎっしりと詰まっており、表面にはこちらもイチゴをたっぷりと使って作ったいちごジャムが敷き詰められています。これを混ぜながら食べる瞬間はまさに至福の時です。

ちなみに"職人苺プリン"はイチゴだけでなく卵にも大きなこだわりがあるスイーツとなっています。平飼いという極力ストレスがかからないスタイルで育てられた鶏の産む卵、通称「のらたまご」は濃厚でありながら嫌な臭みが一切ありません。この卵を絶妙なバランスでイチゴと合わせて作られたのが"職人苺プリン"で、美味しくないはずがありません。

この"職人苺プリン"は店内のイートインコーナーで食べることもできますが、テイクアウトで持ち帰ることも可能です。自分で持ち帰って食べるのもいいですが、ほかにもお土産として買って帰るのもおすすめです。イチゴが嫌いな人はほとんどいませんから、この"職人苺プリン"はどんな人でも必ず喜んでくれる最高の手土産です。値段は270円です。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー7:グラスアラシュー見出し

また福井の『職人苺』にある"グラスアラシュー"もおすすめです。ここ『職人苺』にあるメニューはその多くが1000円近い値段に設定されています。もちろん、美味しいイチゴをたっぷりと使っているからこその値段なわけですが少々お高く感じる人も少なくないでしょう。そんななかで今回紹介する"グラスアラシュー"は値段が540円とかなりお得です。

この"グラスアラシュー"はサクサクのシュークリーム生地のなかに自家製のミルクアイスをサンドし、その周りにフレッシュなイチゴをたっぷりと盛り付けた絶品のスイーツです。シュークリームと言えば手にもってかぶりつくのが一般的ですが、この"グラスアラシュー"はかなりボリュームがあるのでこのようなスタイルで食べるのはまず不可能です。

福井の『職人苺』のおすすめメニュー8:職人苺大福見出し

福井の『職人苺』にある"職人苺大福"は甘いものが苦手な人でも食べられる甘さ控えめのスイーツです。モチモチのお餅のなかに粒あんをたっぷりと詰め、その上に大きなイチゴが「ちょこん」と乗っている見た目にも可愛らしいメニューとなっています。また、この"職人苺大福"の特徴のひとつにマスカルポーネチーズを用いたクリームがある点です。

Photo by klm*

マスカルポーネチーズを使ったクリームを台座代わりにしてイチゴをお餅の上に乗せており、粒あんとマスカルポーネクリームとイチゴの異なる甘さが口のなかで一気に混ざり合います。このマリアージュこそが"職人苺大福"の最大の魅力となっています。値段も270円と比較的手が出しやすいメニューですから、ぜひ1個購入してみてはいかがでしょうか。

福井にある『職人苺』ではいちご狩りも楽しめる見出し

Photo by ktsugita

福井にある『職人苺』ではスイーツに使われているイチゴをいちご狩りで楽しむこともできます。スイーツに加工して食べるイチゴももちろん美味しいのですが、イチゴそのもの持っている味わいを楽しむのであればいちご狩りがベストでしょう。福井の『職人苺』でいちご狩りを経験するとほかの農場のイチゴは食べられなくなるかもしれません。

Photo by kavaomenthol

福井の『職人苺』でできるいちご狩りは年齢によって値段が違います。大人の値段は税込み2000円となっており、ここで言う「大人」とは中学生以上を指します。小学生のいちご狩りの値段は税込み1700円です。小学生未満から4歳までの値段が税込み1400円となっています。ちなみに3歳未満の値段は無料となっているので小さい子と一緒でも安心です。

福井にある『職人苺』でいちご狩りをする際の注意点は?見出し

Photo by kavaomenthol

福井の『職人苺』でいちご狩りをしたい時には事前に予約を入れる必要があります。ここ『職人苺』にはいちご狩りの予約専用のダイヤルが用意されているのでそこに電話をかけましょう。ただ、営業時間が10時から15時と短いのでいちご狩りの予約の電話がなかなかできない人もいるかと思います。そんな場合はメールでいちご狩りの予約をしましょう。

福井にある『職人苺』へのアクセス方法は?見出し

Photo by sabamiso

福井の『職人苺』へ行く場合には車がおすすめです。ここ『職人苺』には無料の駐車場が併設されているのもそうですが、最寄りの"あわら湯のまち駅"から直線にして約2kmとかなり距離があるのも理由です。徒歩にすると30分ほどなので決して歩けない距離ではありませんが、スイーツのテイクアウト等を考えると車で行くのが無難だと思います。

Photo by Tagosaku

遠方から福井の『職人苺』へアクセスする際には北陸自動車道の"丸岡インターチェンジ"が最初の目印です。そこから日本海に向かって坂井市を北上していくと目的地の『職人苺』が見えてきます。もし、ゴールがわからない時には坂井市内にあるボートレース場を目印にするといいでしょう。このボートレース場のすぐ横が『職人苺』です。

Photo by HIRAOKA,Yasunobu

住所:福井県坂井市三国町池上103-36
電話番号:0776-43-0281

福井県を観光するなら?子供も楽しめるスポットやグルメを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
福井県を観光するなら?子供も楽しめるスポットやグルメを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国民の幸福度総合評価で1位を取ったことのある福井県(2014年度)。自然にも恵まれた福井県は住民だけでなく観光客にも魅力たっぷりなんです。歴史、伝統、自然と3拍子揃った福井県の観光スポットへ思い出を作りに行きませんか。きっと、心から満足出来る旅が出来ますよ。
福井の日帰り温泉ランキング!おすすめの人気施設を厳選紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
福井の日帰り温泉ランキング!おすすめの人気施設を厳選紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
家族との休日、たまには温泉に浸かって心も身体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。福井には、家族連れにおすすめの日帰り温泉がたくさん集まっているんです。そんな福井で人気の日帰り温泉を、気になる料金と合わせてランキング形式でまとめてご紹介していきます。

福井にある『職人苺』の営業時間は?見出し

Photo by sekido

福井の『職人苺』は少し営業時間が短いので気を付けてください。オープンが午前の10時で、クローズが午後の15時です。このように『職人苺』は営業時間が5時間だけなのである程度余裕を持ってアクセスするようにしましょう。定休日は毎週火曜日で日曜日を含む週末はオープンしているので遠方から遊びに行く場合にはこのあたりが狙い目です。

福井にある『職人苺』の混雑状況は?見出し

Photo by yto

前述したように福井の『職人苺』は営業時間がかなり短めです。そのため週末などの休みの日になると多くの人が限られた時間のなかに集中するためタイミングによっては非常に混雑します。それこそ休みの日になるとオープンの10時前に行列ができることもあるほどです。繁忙期に来訪する場合にはある程度並ぶ覚悟を持っておくことも大切でしょう。

Photo by yoppy

また、福井の『職人苺』ではその日に収穫をしたイチゴしかスイーツにしないというこだわりを持っています。そのためどれくらいスイーツのメニューが並んでいるかはその日になってみないとわかりません。当然収穫量が少ない場合はスイーツメニューの製造量も少なくなり、結果として売り切れになるタイミングも早まります。この点は要注意です。

福井の『職人苺』にはイチゴの絶品スイーツがいっぱい見出し

Photo by onohiroki

福井の『職人苺』には普通のレストランやカフェではなかなかお目にかかれないような絶品のいちごスイーツが多数並んでいます。メニューも豊富なので『職人苺』は何度足を運んでもその度に新しい出会いのある素晴らしい場所とも言えます。福井へ旅行する際にはもちろん、この『職人苺』を訪れるためだけに遊びに行くのも非常におすすめです。

投稿日: 2018年6月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote