地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

鳴門の渦の道へ行こう!アクセスや料金・営業時間などの詳細を紹介!

うず潮で有名な鳴門海峡。海なのに大きな渦が発生するのは有名ですね。見学は渦潮見学船や陸地の展望台などからが普通ですが、大鳴門橋にある『渦の道』というスポットがあります。渦潮を海上高くから見ることのできる『渦の道』へのアクセスや営業時間など調べました。

まるで空中散歩。海上45メートルの『渦の道』見出し

大鳴門大橋の下に作られた全長450メートルの遊歩道『渦の道』は徳島県を代表する観光地のひとつでもあります。近くの公園からの眺望も素晴らしく、近隣には架橋記念館や美術館、観光船乗り場など見所いっぱいです。そんな観光スポット『渦の道』のアクセスや料金、営業時間など魅力を紹介していきます。

『渦の道』ってなに?見出し

自動車専用道路のため人が歩いて入ることのできない大鳴門橋。車道の下の部分に徒歩で海上まで出られるよう設置されているのが『渦の道』です。徳島側より450m、海上45mの高さに設置された回廊です。側面は風の影響を受けにくくするため、部分的に金網構造です。公共交通機関でのアクセスも良く、立ち寄りやすいスポットです。

数カ所で床がガラス張りになっているところがあり、渦潮や船舶を見下ろすことができます。上から見ると、海なのにまるで川のように海水が動いているのがよくわかります。大きな渦のすぐそばまで接近する遊覧船を見ていると、なんだか心配になって見入ってしまいますよ。

ガラス部分は、当然ですがかなり厚く、人が乗っても全く問題ありません。さらに金網もあるので、よほどのことでもなければ大丈夫。しかし、わかっていても、さすがに海上45メートルともなると、高いところが苦手な人は生きた心地がしませんね。強化ガラスはよく磨かれているのでよけいに落ちるんじゃないかと感時させます。

渦潮遊覧船は様々な種類があります。渦のすぐそばまで行くタイプや、船底からも渦潮が見れるタイプ、帆船型(淡路から出ている船)のタイプと選ぶのに迷ってしまいますね。こうして高いところから海上の船をみていると、高い方か、近い方か、どちらが怖いのかわからなくなってきますね。乗船するときは、好みの会社の営業時間をよく確認してから向かいましょう。

渦の道でイベントもあります。見出し

『渦の道』でも阿波踊りがみられます。8〜10月の日曜日に渦の道展望室で2回、大鳴門橋架橋記念館で1回披露されているようです。ガラスの部分で踊る人ってどんな心境なんでしょうね。下駄で大丈夫なのかなぁ。イベント日じゃない時も、入り口で記念撮影用の衣装が借りられます。旅の思い出に一枚撮ってみてはどうでしょう。

『渦の道』へのアクセスは?見出し

『渦の道』へ車で向かう場合は、鳴門公園駐車場を目指してください。時々ナビが違った場所を指すようですので目的地の確認はお忘れなく。『渦の道』には駐車場がありませんので、鳴門公園の有料駐車場を利用することになります。徳島市内からは30分ほど、高速道路の最寄ICの鳴門北からは5分程度で『渦の道』までアクセスできます。

路線バスでは、徳島駅からは80分。鳴門駅から25分で鳴門公園まで行けます。飛行機で徳島入りする人は徳島阿波おどり空港からは40分。いずれも行き先は鳴門公園行きを利用します。鳴門公園から『渦の道』までは徒歩で5分ほどです。高速バスは鳴門公園口でおりれば、『渦の道』の真上なのですが、回りこむのでバス停から5分程度で『渦の道』へ到着します。

『渦の道』の営業時間は見出し

3月~9月は9:00~18:00まで。10月~2月9:00~17:00まで。ゴールデンウィークと夏休み期間は8:00~19:00までとなっています。終了時刻の30分前で入場受付が終わってしまうのでご注意ください。営業時間とは別に注意して欲しいのは渦の発生する時刻です。渦は、潮の干満で発生するので大事なポイントです。

『渦の道』の通行料金は?見出し

『渦の道』は入場料がかかります。料金は大人510円、高校中学生410円、小学生250円です。近隣の『渦と橋の大鳴門橋架橋記念館エディ』、『エスカヒル鳴門』、『鳴門観光汽船』、『うずしお汽船鳴門市ドイツ館』などとのセット割引チケットがありますので予定のある方は利用した方がお得料金です。

『渦の道』見学のオススメ時間帯は見出し

春と秋の大潮(新月と満月)を狙いましょう。満潮と干潮は毎日6時間毎に発生しますが、干満の差が大きいほど大きな渦が発生します。その時刻の前後1時間半ぐらいが見頃の時間となります。自然が相手なのでなかなか大変ですが、潮見表が公開されているので参考にしてください。時間帯がずれていても海上45mを散歩しながら大パノラマを満喫できますよ。

渦の道の近くのみどころ見出し

千畳敷展望台は、橋も渦潮も一緒に眺められる欲張りな場所です。よく見たらフェンスも渦潮になってるのですね。下の海岸まで降りたりもできます。渦の見れるベストタイミングまで時間があるときは先にこちらを見学してのんびり渦潮待ちをしてもいいと思います。くれぐれも時刻は忘れずに。前後1時間半ぐらいが見頃です。

大鳴門橋架橋記念館 エディは『渦の道』のすぐ近くにあります。渦潮の発生するメカニズムや大鳴門橋架設過程、鳴門海峡の動植物などについて学べます。参加型の展示も多く、子供達にも人気です。渦潮を見に行く前に立ち寄って知識を深めてみてはどうでしょう。営業時間は8:00〜18:00(季節により変更あり)。料金は大人610円。

お茶園展望台は先ほどの千畳敷展望台のちょうど反対側から橋を眺める感じです。こちら側は比較的人も少なく落ち着いた感じの雰囲気です。ツツジやウバメガシなどが植えられています。昔、阿波藩主の蜂須賀が観潮のために茶屋を設けた場所として有名です。

大塚国際美術館は名前の通り、大塚製薬が創立75周年事業として設立したもの。鳴門公園内にあり世界で類をみない陶板名画美術館です。西洋の名画1000点あまりを古代から現代まで鑑賞できる巨大美術館です。料金は美術館らしい設定ですが内容は充実。駐車場からのアクセスは良くありませんが、シャトルバスが運行しているので気になりません。

エスカヒル鳴門は、鳴門公園第一駐車場前にある全長68メートルのエスカレーターです。ガラス張りの建物の中にあり、高低差34メートルをわずか3分で頂上まで運んでくれます。料金は大人300円。レストラン、展望台のある山頂建物にアクセスするならこれがいいですね。営業時間は夏季は8:00から、冬季は9:00から運転。終了はともに17:00まで。

鳴門公園一番の眺望と言われる屋上展望台から徳島方面を望む景色。これから行くところなのか、すでに巡ってきた場所なのか、旅人によっていろいろな事が思われますね。駐車場から、左上の丸い建物手前の歩道橋で神戸淡路鳴門自動車道の上を通って『渦の道』へアクセスします。歩道橋から見る大鳴門橋も絶景です。

鳴門の人気観光スポット!子供も楽しい・おすすめ名所から穴場まで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鳴門の人気観光スポット!子供も楽しい・おすすめ名所から穴場まで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
徳島県の鳴門エリアの人気観光スポットをご紹介します。鳴門には子も大人も楽しめるおすすめの人気観光スポットがたくさんあります。鳴門の近くにお住まいの方も、そうでないという方も必見のおすすめの鳴門観光情報です。鳴門の観光に興味のある方はチェックしてみてください。

『渦の道』でお腹が空いたら見出し

『渦の道』の入り口から坂を少し下ったところには食堂があります。海の幸を使ったメニューが揃ってますが、中でも鯛丼は外せないメニューですね。他にも鳴門金時や塩ワカメが変えたり、お土産にも困りません。鳴門公園駐車場からアクセスしてきた方は、駐車場前にも食事やお土産の買えるお店がたくさんありますよ。海上を潮の流れに逆らって進む船をみながらの食事もまた一興です。

甘いものならこちらの金時芋ソフトがおすすめ。なんとカップの底に敷いてあるのは蒸したアツアツの鳴門金時がたっぷり。そこに乗せられるソフトクリームも鳴門金時ソフトで、さらに芋の皮チップス。アツアツと冷たいソフトクリームとパリパリの食感。忘れられない味ですよ。是非お試しを。

おどる宝島パスポート見出し

駐車場に止めた時にいただきました。パスポート本体はスタンプ帳、別の冊子に利用できるお店が掲載されています。スタンプラリーとクーポンが一緒になったような感じです。スタンプ集めて応募すると景品をもらえます。利用できる施設はかなり多いです。ずっと継続でやってほしいサービスですね。残念ながら僕は四国を離れる日にもらったので一個もハンコ押せませんでした。

鳴門公園と『渦の道』の情報はいかがでしたか?見出し

徳島へ来たら外せない観光スポットの渦潮観光。ガラス張りの橋の上から渦潮をみられる『渦の道』についてご紹介しました。春と秋が大きな渦がみられるとのことですが、僕が訪れたのは冬の時期だったのですが、なかなか迫力のある渦潮が見られましたよ。是非、潮位表を確認して行ってみてくださいね。

もっと徳島を知りたいあなたにはこちら

徳島の観光スポットランキング11選!モデルコースや子供に人気の観光地も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
徳島の観光スポットランキング11選!モデルコースや子供に人気の観光地も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
徳島の観光は渦潮だけじゃない!徳島市には見るべき観光スポットがたくさんあります。子供に人気の観光スポットも合わせてランキングでご紹介します。徳島市の観光モデルコースもご紹介するので、お出掛けの参考になさってみてください。
鳴門ランチおすすめのお店11選!個室あり・子連れOK・人気のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鳴門ランチおすすめのお店11選!個室あり・子連れOK・人気のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鳴門市と言えば渦潮!そして豊かな緑が多くある恵まれた土地です。鳴門の綺麗な自然で育った食材を使用した絶品ランチを堪能してみませんか?子連れでもOKなお店・個室があるお店・安いお店などなど、鳴門おすすめランチ店を11店舗紹介します。
投稿日: 2017年4月20日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote