地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

『明神下 神田川』は老舗のうなぎ屋さん!おすすめメニューやお値段は?

秋葉原で美味しいものが食べたいと思ったとき何をはじめに思い浮かべるでしょうか?今回は「明神下神田川」という老舗のうなぎのお店についてご紹介します。秋葉原に訪れた際、特別な時などにぜひ「明神下神田川」でおすすめのうなぎメニューを堪能してみてください。

秋葉原でおすすめのうなぎ店見出し

Photo by othree

人気観光スポットの一つである秋葉原。電気街やアニメ文化の街として有名で、多くの人で毎日賑わっています。食事の時間にはどこのお店も混雑して、値段の高いうなぎ店もおすすめです。今回は「明神下神田川」という老舗のうなぎ店のおすすめメニューや値段などの情報についてご紹介します。

明神下神田川は老舗のうなぎの店舗見出し

Photo by ttanabe

美味しい飲食店が多く立ち並ぶ神田川。近くには秋葉原、神田が近いということもあり、連日多くのお客さんで賑わっています。鰻の焼き上がりには時間がかかるため、事前に予約をして「明神下神田川」のメニューを楽しむのがおすすめです。

文化2年創業以来、門外不出のたれを代々守り続けています。自慢のうなぎは浜松や四国九州など、全国から厳選したものを使用し、炭火焼きならではの香りが食欲をそそります。

店内は木目調がきれいなフローリングにテーブル席があります。お庭を見ながらいただくことのできるうなぎを使用したメニューはどれもおすすめです。

神田川のうなぎは江戸前風見出し

Photo by toshifukuoka

うなぎを焼くときは関西風と江戸前風というものに大きく分かれています。関西では腹から割きますが、江戸前では「切腹」という表現を嫌っているため、背中から割きます。関西風はうなぎを蒸さずに焼きますが、江戸前では白焼きをした後に一度蒸し、タレをつけてからまた焼いています。淡白で柔らかい食感が特徴的です。

神田川で使用されている国産うなぎ見出し

Photo by ttanabe

うなぎといえば近年は天然物もが減少していることもあり、養殖のうなぎを使用しているお店がほとんどです。日本にはにほんうなぎとオオうなぎの2種類が生息しています。

国産うなぎというものは国内で生産された養殖うなぎのことを指します。天然うなぎは生息環境などにより脂ののり具合や大きさが異なってきますが養殖のうなぎと比べると余分な脂が少なくさっぱりとした味わいが特徴的です。

現在、うなぎの餌や養殖技術が上がっていることで、味に違いはほとんどありません。ついでに値段の安い外国産のうなぎも味に違いはほとんどありません。国産の方が人気という理由で値段を下げざるを得ない状態となっているだけになります。

老舗うなぎ店「明神下神田川」おすすめメニュー1:うな重見出し

Photo by 4einstitute

お新香付きのメニューです。値段は大きさによって異なります。4300円と3700円の2種から選ぶことができます。たれにたっぷりつけられているわけでないので、うなぎの味を存分に楽しむことができます。お新香はきゅうり、大根、奈良漬けの3種類になります。

香ばしくふっくらと焼き上げられたうなぎ。半分はそのままで。もう半分は山椒をかけていただくのがおすすめの食べ方です。皮目の書簡を残しつつも程よい柔らかさとなっています。肉厚なうなぎの身の脂ののりがよく、たれはやや辛め。ご飯は少しかために炊きあげられています。

老舗うなぎ店「明神下神田川」おすすめメニュー2:う巻き見出し

Photo by monoprixgourmet_bis

値段は1600円。かなり黄色の色がきれいなう巻き。見た目だけでもほれぼれする美しさとなっています。甘くてしっとりとした食感の玉子焼きの中に肉厚なうなぎが入っています。

うなぎが入っていない、通常の玉子焼きも1000円という値段で食べることができます。卵だけの味を楽しんでみたい方は両方食べ比べてみるのもおすすめです。

老舗うなぎ店「明神下神田川」おすすめメニュー3:白焼き見出し

Photo by ayustety

大の値段は2700円。小の値段は2400円です。串にささった状態で提供される白焼きは身がふっくらと焼き上げられています。口の中に入れたとたんふわっとなくなってしまうと好評です。

鼻にツーンと来ないワサビが一緒につけられていて、一緒に食べるとうなぎをよりさっぱりと食べることができます。蒸し時間が短いため、程よい柔らかさと白身魚ならではの食感とうまみを味わうことができます。

老舗うなぎ店「明神下神田川」おすすめメニュー4:きも焼き見出し

Photo by macglee

値段は900円。単品メニューの中では値段が安く、また、うなぎの肝は数に限りがあるため、売り切れ次第終了のメニューになります。確実に食べたい方は開店時間前に「明神下神田川」へのアクセスをおすすめします。

1本のくしに刺さった状態で出される「きも焼き」。見た目は割と黒め。きもというと苦みが強い印象ですが、こちらの肝焼きは苦みがあまりなく、プリッとした食感を存分に味わうことができます。お酒が飲める方は冷酒と合わせていただくのがおすすめです。

うな重のメニューを提供するお店ではお吸い物の中に肝が入っているお店がほとんどですが、こちら明神下神田川のお吸い物のメニューには肝を使用していなく、代わりにきも焼きで大量の肝を使用しています。きもの周りをひれで巻い特徴的な見た目に驚く方が多いメニューです。

老舗うなぎ店「明神下神田川」おすすめメニュー5:うざく見出し

Photo by odysseygate

値段は1000円。うなぎの酢のもののメニューになります。酢のものの特徴である酢の酸味ですが、強すぎず、鰻の味を引き立たせる上品な味となっていて、老舗のうざくはすごいと好評です。付け合わせにはきゅうりの酢のものが一緒に添えられています。うなぎは短冊状にカットされたものが3枚。口直しに最適な一品です。

老舗うなぎ店「明神下神田川」のアクセス情報見出し

Photo by Takashi(aes256)

JR御茶ノ水駅から徒歩6分。JR秋葉原駅からもアクセスすることができます。外観は秋葉原の電気街が近くにあるとは思えない、落ち着いた雰囲気の黒い木の外壁となっています。一歩足を踏み入れると別世界に来たかのような空間となっています。

営業時間は11時30分から20時。14時から17時は休憩です。定休日は第二土曜日、日曜、月曜、祝日になります。うねぎなどのメニューの値段の他にサービス料というものがプラスされるので、少し多めのお金の用意を忘れないようご注意ください。

住所 東京都千代田区外神田2-5-11
電話番号 03-3251-5031

東京のうなぎ名店ランキング!おすすめの人気有名店をピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京のうなぎ名店ランキング!おすすめの人気有名店をピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京で美味しいうなぎ料理を食べませんか?様々な種類の名店が集中する東京には、うなぎ料理が美味しい人気有名店や老舗店等といった名店も沢山あります。そこで、このページでは、東京でおすすめの選りすぐりのうなぎ名店15選をランキング形式でご案内いたします。

秋葉原で神田川に次ぐおすすめうなぎ店1:久保田見出し

Photo by Zengame

明神下神田川とおなじ、伝統的なうなぎメニューをいただくことのできるお店です。創業は1897年。地元の人はもちろん、秋葉原や神田市場で働く方たちから愛されています。川魚問屋直営のうなぎメニュー専門店ですので、店舗の向かいには「川魚問屋久保田商店」というお店があります。

Photo by Yuya Tamai

創業当時は天然うなぎを使用していましたが、現在は技術の進歩もあり、養殖で品質のいいうなぎを主としてどじょうや鯉を使用したメニューあり、そちらもおすすめです。自慢のうなぎを使用した定食メニューや一品料理、値段が11000円もするコース料理のメニューもあり、デートや特別な日に利用することもおすすめです。

「久保田」のおすすめメニュー

Photo by norio_nomura

昼限定20食の「うな丼」。値段は1600円です。11時から15時までで完売次第終了のメニューです。備長炭で焼かれているので香ばしく、うなぎはふわふわ。さっぱりとした甘辛いたれでおいしくいただくことができます。きゅうりのお新香が付いてきます。通常のうな重の値段は3000円から5300円まであります。

Photo by 極地狐

一品メニューには数に限りのある「きも焼き」で値段は850円。お吸い物に肝を使用していないため、かなりの大きさの肝焼きとなっています。タレがしっかりつけられていて焼けた香ばしさも堪能することができます。きもそのものの味はほろ苦いのが特徴的です。身はぷりぷりとした食感となっています。

Photo by bryan...

うなぎ専門店にしては珍しく、親子丼やたまご丼、刺身定食、焼き鳥、玉子豆腐などのメニューがあります。定食のメニューにはきゅうり、かぶ、大根、ニンジンのお新香にお吸い物のセットが付いてきます。お新香は創業当時から代々受け継がれてきたぬか床を使用してつくられているもので塩気や歯ごたえがちょうどいいものとなっています。

「久保田」のアクセス情報

Photo by avlxyz

店内は古典的な落ち着いた雰囲気です。営業時間は11時から21時。定休日は日曜日と祝日になります。東京メトロ末広町駅から徒歩3分の所にあります。秋葉原駅からは徒歩6分ほどです。お弁当やお土産に鰻のかば焼きやうな重を購入することもできるで混んでいる際はこちらも利用することをおすすめします。

住所 東京都千代田区外神田5-6-9
電話番号 03-3831-6082

上野のうなぎ(鰻屋)特集!老舗や名店でおすすめの一品を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
上野のうなぎ(鰻屋)特集!老舗や名店でおすすめの一品を堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
歴史のある街上野にはおいしい鰻屋さんが何軒もあります。栄養満点のうなぎは、ちょっと特別な日に食べたい料理です。定番のうな重、通が好む白焼きなど、絶品のうなぎ料理を上野で味わってみませんか?選りすぐりの名店を9軒集めました。上野のうなぎの特集です。

秋葉原で神田川に次ぐおすすめうなぎ店2:うな匠見出し

Photo by zenjiro

秋葉原のヨドバシカメラのすぐ近くにあるおすすめのお店です。愛知県の名物であるメニューを比較的安い値段で堪能することができます。使用しているうなぎは三河一色産の「うな姫」になります。使用しているお米は厳選した国内産一等米になります。ビタミンなどの栄養が豊富なうなぎメニューを堪能してください。

「うな匠」のおすすめメニュー

Photo by kawamura shin

一番のおすすめメニューが「ひつまぶし」で値段が3000円。2段になると3800円になります。1杯目はそのまま、2杯目はネギやワサビなどの薬味と一緒に。3杯目はさらに出し汁をかけていただくのがおすすめの食べ方になります。「うなところまぶし」というメニューの値段は1700円で、ひつまぶしに入っているうなぎの半分がとろろと卵黄が入っています。

Photo by Richard, enjoy my life!

「うな重」のうなぎは短冊切りになって、お重の中にご飯が見えないようきれいに、隙間なく入っています。値段は上が3300円。特上の値段が4000円です。うなぎが苦手な方でも安心のメニューもあります。ディスプレイにはありませんが「特製親子丼」などがあり、うなぎが苦手な方と来ても安心です。

Photo by kynbit

一品メニューにはうなぎを巻いた出汁巻き卵の「うまき」や酒にぴったりの「肝串」などうなぎメニューの定番メニューが揃っています。「肝ポン酢」の値段は580円。「うな匠」のオリジナルメニューです。黒酢の酢ポン酢を使用しています。苦みのあるうなぎの肝をさっぱりといただける人気メニューです。

「うな匠」のアクセス情報

Photo by hans-johnson

秋葉原駅から徒歩3分です。店内はカウンター席とテーブル席があります。2015年にリニューアルしたレストラン街である8階に店舗があります。客層は秋葉原という土地柄だと男性客が多いイメージですが女性客も多く利用しています。秋葉原で愛知名物のひつまぶしをぜひ味わってみてください。

秋葉原で神田川に次ぐおすすめうなぎ店3:神田明神下喜川 見出し

Photo by [puamelia]

創業1896年の老舗のうなぎメニューを食べることのできる店舗が「神田明神下喜川」になります。元々は東京有数の花街柳橋にありましたが、時代の流れとともに現在の場所に店舗を移しています。

朝に届いた国産のうなぎをその日のうちに調理します。30分蒸し、伝統のたれと一緒に焼き上げたうなぎは余分な脂が落ち、あっさりとした江戸前のかば焼きとなっています。うな重だけでなく、季節のコース料理、お刺身、天ぷら、鍋料理のメニューが豊富です。

「神田明神下喜川」のおすすめメニュー

Photo by hirotomo

「うな重」の値段は松2500円、竹3000円、梅3600円、祭4200円。「蒲焼定食」の値段は松3000円、竹3600円、梅4200円、みこし5000円です。ランチ限定のうな丼定食はお手頃の値段で1600円になります。

うなぎの外側は炭火で焼かれた香ばしさを感じることができ、中はふわふわの食感となっています。脂もしっかりとのっています。タレは甘辛いものですが後味がすっきりとしているのが特徴的です。

他のランチ限定のメニューでは、「お刺身定食」「天ぷら重定食」予約がいる「松花堂弁当」などがあります。コースメニューは全部で約8種類の品物からなり、5500円から15000円まであり、デートや誕生日など、特別な時におすすめです。

Photo by *Yaco*

一品料理には蒲焼や白焼き、肝のほろ苦さとぷりぷりとした食感が特徴的な「肝焼き」、小さめの短冊切りにしたうなぎときゅうりの酢のもので箸休めにおすすめの「うざく」、卵の焼き加減が絶妙で食べやすいように小さめサイズのうなぎが入っている「うまき」、などの定番のうなぎメニューとなっています。

「神田明神下喜川」のアクセス情報

Photo by kurokayo

神田明神のすぐ近くにある店舗です。お茶の水と秋葉原の駅から徒歩6分。テーブル席とお座敷の席があり、ゆっくりとくつろぐことのできる店内となっています。営業時間は11時30分から21時です。14時30分から17時は休憩時間となっています。定休日は土曜・日曜、祝日になります。

Photo by Zengame

こちらの店舗の一部メニューはなんと家でも手軽に味わうことができます。通販サイトで2種類購入可能です。「常次郎国産炭火手焼きうなぎ蒲焼」は創業以来伝統のたれで厳選した国産の常次郎うなぎを手焼きでさっぱりと焼き上げたメニューです。「国産手焼きうなぎ蒲焼」はブランド鰻ではないですが国産うなぎを使用したメニューになります。

秋葉原のうなぎ紹介!有名店や安いお店の他ランチに嬉しい持ち帰り対応店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
秋葉原のうなぎ紹介!有名店や安いお店の他ランチに嬉しい持ち帰り対応店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
観光客に人気の秋葉原はいつも多くの人で賑わうスポットです。今回はそんな秋葉原でおすすめの、うなぎをたっぷりとご紹介いたします。秋葉原には、ヨドバシビル内で美味しいうなぎを食べられる便利なお店や、安い値段で絶品うなぎを堪能できる持ち帰りもOKの有名店がたくさん。

秋葉原で神田川に次ぐおすすめうなぎ店4:神田きくかわ見出し

Photo by ttanabe

こちらも神田川同様歴史が深く、こだわりの焼く新鮮な市場の江戸前のうなぎはとても絶品と人気です。創業は昭和22年。その日に使う分だけのうなぎを各店舗に運ぶことで新鮮なうなぎを味わうことができます。各テーブルにはタレが置いてあるので、好みでタレの量を調整できます。

「神田きくかわ」のおすすめメニュー

Photo by ttanabe

職人の方が一匹一匹を丁寧に調理しているうなぎメニュー。「うな重」のイの値段は3650円。ロの値段は4950円。「特製丼」は1日35食限定で値段は4450円。「蒲焼」「白焼き」にもイとロがあり値段は3550円と4850円です。

焼き加減が絶妙で、香ばしく、ふわふわの食感。少しかために炊きあげられているご飯全体やうなぎにかかっているタレは甘めです。箸ですっと切ることができます。うなぎの脂ののり具合もちょうどいいものとなっています。

Photo by JIRCAS

一品メニューもおすすめです。「肝焼き」は16時30分から食べることのできる人気メニューです。値段は340円。照りがあってうなぎの身はぷりぷり食感となっています。串にぎっしりと刺さっていて見た目でも満足することができます。うなぎを巻きす状態にしてから蒸した「うなぎハム」は珍しく肉厚があり食べ応え抜群です。値段は850円です。

Photo by ray.k

「うまき」は平日のみ16時から食べることのできるメニューで値段は1000円です。硬めに焼き上げられただしの効いた卵の中にたっぷりのうなぎが入っています。ふんわり食感とうなぎの柔らかな食感を楽しむことができます。

「白焼きのたたき」の値段は1130円です。短冊状にカットされたうなぎの身は10切れほど。歯ごたえのある食感とさっぱりした味わいを楽しむことができます。小葱と酢橘の酸味がうなぎの身をより引き締めてくれています。

「神田きくかわ」のアクセス情報

Photo by yagi-s

店内は落ち着いた昔ながらの和の雰囲気をなっていて、テーブル席とお座敷席があります。営業時間は11時から21時。定休日は月曜日です。店舗は神田だけでなく上野毛や日比谷、御殿場にもあります。店内でいただくことはもちろんですが、おみやげ・お持ち帰りでの購入も可能となっています。

住所 東京都千代田区神田須田町1-24-2
電話番号 03-3251-1506

老舗うなぎ店「明神下神田川」でおいしいメニューを堪能しよう!見出し

Photo by june29

老舗うなぎ屋さんの「明神下神田川」のおすすめメニューや値段のご紹介いかがでしたでしょうか?秋葉原、お茶の水の両方からアクセス可能なため、秋葉原・お茶の水に用事のある方はぜひ予約をして、ランチや夕食の時間におすすめのうなぎメニューを堪能してみることをおすすめします。

関連キーワード

投稿日: 2018年11月30日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote