地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

貝塚人工島は大阪の人気釣りスポット!おすすめの仕掛けや穴釣りのコツを伝授!

大阪湾に浮かぶ貝塚人工島は、大阪で有数の人気釣りスポットです。貝塚人工島の人気釣りポイントを紹介しながら、各ポイントで狙える魚やおすすめの仕掛けをじっくり解説しています。貝塚人工島へのアクセス方法や周辺情報もまとめました。

大阪の人気釣りスポット「貝塚人工島」をチェック!見出し

Photo by Zengame

大阪の西側は大阪湾に面し、様々な場所で海釣りが盛んに行われています。今回は、大阪湾の人気釣りスポットの中から「貝塚人工島」をピックアップしてご紹介します。

釣りファンの間で人気の貝塚人工島ではどんな魚が釣れるのでしょうか。貝塚人工島でおすすめの釣りポイントや、用意したい仕掛けをたっぷりご紹介します。

貝塚人工島とは?見出し

Photo byblurithmics

貝塚人工島は、関西空港のすぐ近くにある人工島です。貝塚人工島は大阪湾の釣りスポットの中では人気の釣り場で、年間を通してたくさんのアングラーが釣りを楽しんでいます。

多くの釣りファンから人気を集める貝塚人工島とはどんな場所なのでしょうか。まずは、貝塚人工島の基本情報をおさらいしておきましょう。

Photo by monoooki

貝塚人工島は、大阪府貝塚市の大阪湾に浮かぶ人工島です。貝塚人工島は二色大橋と貝塚大橋という2本の橋で市街地とつながっていて、車でアクセスが可能です。

貝塚人工島は、元々は釣りのためにできた島ではなく、島内には工場が立ち並んでいます。また、貝塚人工島の南側の入口には二色の浜公園が広がっています。

上級者から初心者まで楽しめる釣り場

Photo by ajari

貝塚人工島は市街地からのアクセスが良い上に、様々な魚がたくさん釣れるとあって、釣り上級者はもちろん初心者でも気軽に釣りが楽しめるスポットとして人気があります。

また、貝塚人工島での釣りとあわせて広々とした二色の浜公園で遊ぶこともでき、子連れファミリーの釣りスポットとしてもおすすめです。

多様な魚が簡単な仕掛けで釣れる

Photo by jinkemoole

貝塚人工島周辺の海域は、潮の流れが紀淡海峡から大阪湾内に流れ込む通り道に当たります。そのため、貝塚人工島には潮の流れに乗って様々な種類の回遊魚がやって来ます。

難しい仕掛けやテクニックを労さずとも、タイミングが良ければいわゆる「爆釣り」も期待できるところが、貝塚人工島の大きな魅力です。

大阪南港は釣りポイントがたくさん!魚種も色々で楽しく釣れる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大阪南港は釣りポイントがたくさん!魚種も色々で楽しく釣れる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪南港は、釣りポイントがたくさんあります。様々な種類の魚を釣ることができるので、地元大阪の人は勿論、大阪郊外からも釣り人が訪れるポイントです。南港は本格的な釣りから、ファミリーフィッシングまで楽しむことができます。大阪南港の釣りポイントをまとめました。

貝塚人工島へのアクセス見出し

Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

続いて、貝塚人工島へのアクセス方法をご紹介します。釣り道具をたくさん持って行く場合や早朝の釣りには、車でのアクセスが便利です。

一方で、貝塚人工島は貝塚市の中心部から近いため、電車でもアクセス可能です。釣り具店へ立ち寄るのも、さほど遠回りになりません。

電車でのアクセス

Photo by keyaki

貝塚人工島の最寄り駅は、南海電鉄南海本線の貝塚駅です。また、貝塚駅は水間鉄道も乗り入れています。

貝塚駅から貝塚人工島までは徒歩40分ほどかかるため、貝塚駅からはバスを利用するのもおすすめです。水鉄バス「二色海浜緑地公園」行きに乗車し、「海浜緑地公園・国華園前」バス停で下車して徒歩10分です。

車でのアクセス

Photo by SAWADA Tadashi

貝塚人工島への車でのアクセスは、阪神高速道路4号湾岸線の貝塚ICが便利です。貝塚ICを降りたら府道29号を泉佐野方面へ向かい、「二色1丁目東」交差点を左折して貝塚大橋を渡ります。

貝塚大橋を越えたら2つ目の信号を左折し、二色の浜公園方面へ向かいます。そのまま突き当りまで道なりに進むと、無料駐車場へ到着します。

貝塚人工島の駐車場

Photo by marcschaefer

貝塚人工島の釣り場近くには無料の駐車場があります。「ベランダ」と呼ばれる遊歩道の下が駐車場になっています。

駐車場は道なりに長く続いていますが、無料で利用できる駐車場は人工島の南側、二色の浜公園寄りのみとなっています。奥の方は会社専用駐車場となっているのでご注意下さい。

住所 大阪府貝塚市二色南町

大阪の「海上釣り堀 岬」は初心者でも楽しめる!手ぶらで気軽に出掛けよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大阪の「海上釣り堀 岬」は初心者でも楽しめる!手ぶらで気軽に出掛けよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪にある「海上釣り堀 岬」は大阪市内からアクセスしやすい人気の釣り堀です。釣り道具も借りることができるので、道具を持っていない初心者の方でも手軽に楽しむことができます。今回は初心者でも楽しめる海上釣り堀 岬について、利用方法などをご紹介していきます!

貝塚人工島の釣りスポット見出し

Photo by evanthewise

貝塚人工島には4ヶ所の釣り場があります。ここでは、貝塚人工島にあるそれぞれの釣り場の特徴をご紹介します。

狙いたいターゲットに合わせて、貝塚人工島の4ヶ所の釣り場を上手に活用しましょう。各釣り場でのおすすめの仕掛けもご紹介します。

①プール

Photo by Konstantin Lukas

無料駐車場の左側にある、貝塚人工島の左端のエリアは「プール」と呼ばれるエリアです。その名の通り桟橋で囲まれていて、プールのようになっています。

プールは壁に囲まれているため、外海が荒れていても波が穏やかなのが特徴。潮の流れに左右されずに釣りができ、初心者には釣りやすいおすすめのポイントです。

青物が釣れる

プールではサバやアジのサビキ釣りが人気です。サビキ釣りは子どもでも簡単にできるので、ファミリーの釣りではサビキ釣りの仕掛けを準備しておきましょう。また、ショアジギングでは大型の青物も狙えます。

②ベランダ

Photo by monoooki

青物がかなり釣れる

貝塚人工島の「ベランダ」と呼ばれているエリアは、関西国際空港の連絡橋が見える方向に延びる、プールへと続く細長い通路です。テトラと同じ沖方向に面していて、青物やタチウオといった大物が狙いやすい場所です。

ベランダでの釣りで青物やタチウオを釣るには、ショアジギングやライトショアジギングといった仕掛けを使うアングラーが多いです。また、初心者や女性でもやりやすいちょい投げでキスやカレイ、カワハギなども釣れます。

Photo by cotaro70s

ベランダの通路は幅がさほど広くはありませんが、柵が設けてあるので子どもと一緒でも安全に釣りができます。子どもがいてテトラで釣りができないファミリーに人気のエリアです。

また、ベランダは夜釣りにも人気です。夜間はテトラの足場が見えにくく危険なため、ベランダでは夜釣りが安全に行えておすすめです。

③沖向きテトラ

Photo by ume-y

貝塚人工島で中級以上のアングラーに人気の釣りスポットが、「沖向きテトラ」と呼ばれる場所です。外海に面して波消しブロックが並んでいる場所で、潮当たりが良いため様々な魚が狙えるポイントです。

シーバスやカレイが釣れる

沖向きテトラでは、チヌのフカセ釣りやタチウオ狙いのショアジギング、シーバス釣りが盛んです。また、テトラならではの穴釣りも人気。冬にはカサゴやメバル、カレイなどの根魚がたくさん釣れます。

沖向きテトラで釣りをする時にはライフジャケットを着用し、足場に注意して行いましょう。また、海が荒れている時は危険なため、他のポイントへ移動しましょう。

④水路

Photo by TAKA@P.P.R.S

貝塚人工島の「水路」と呼ばれている釣りスポットは、貝塚人工島と陸地の間のエリアです。車の場合、二色大橋を渡ってすぐの場所にある有料駐車場に停めると便利です。なお、駐車場は先払いで小銭が必要になるので用意しておくのがおすすめです。

水路沿いには遊歩道が整備され、散策も気持ちの良い場所です。また、海沿いには柵が設置されているのも子連れアングラーにはうれしいポイントです。

アジやキスなど人気の魚が釣れる

水路には大型の魚が回遊してくることはあまりありませんが、アジやキス、メバルがよく釣れます。また、夏になるとタコ釣りの人気ポイントとなります。

貝塚人工島周辺の釣りスポット見出し

Photo by hiroooooki

電車でも車でもアクセスが便利な貝塚人工島。大阪湾には、貝塚人工島の他にもおすすめの釣りスポットがあります。

ここでは、貝塚人工島から近い場所にあるおすすめの釣りスポットをご紹介します。天候やターゲットによって使い分けるのもおすすめです。

①ホクシン裏

Photo by : : Ys [waiz] : :

アジなどが釣れる

貝塚人工島の北、岸和田の人工島には、通称「ホクシン裏」と呼ばれる釣りスポットがあります。ホクシンという建材メーカーの貯木場裏手の、沖に面した波消しエリアが釣り場となっています。

貝塚人工島の沖向きテトラと似た環境のホクシン裏では、穴釣りやサビキ釣りが盛んです。アジやタチウオのほか、グレやアコウもよく釣れます。

Photo by oh dear, how sad, never mind

ホクシン裏には駐車場はありませんが、道路脇が空いていれば駐車することができます。周辺にトイレはありません。また、防波堤には柵がないため、夜や悪天候の際は注意しましょう。

ホクシン裏へのアクセスは、阪神高速道路岸和田北ICを降りて大阪湾方面に向かってすぐです。電車の最寄り駅は、南海本線忠岡駅または春木駅となります。

住所 大阪府岸和田市木材町17-2

②食品コンビナート

Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

メバルが釣れる

貝塚人工島の南にある「泉佐野食品コンビナート」付近も、大阪湾では人気の釣りスポットです。2つの人工島に挟まれてプール状になっているエリアで、メバル、サビキから大物狙いまで様々なスタイルの釣りが楽しめます。

泉佐野食品コンビナートは釣り場が広く、車で乗り入れできるところが大きなメリット。また、釣り場の前にある食堂「おさかなはうす」では釣り具も取り扱っていて、釣りをするのに便利な環境が整っているところも人気のポイントです。

泉佐野食品コンビナートへのアクセスは、阪神高速道路泉佐野北ICからすぐの場所にあります。電車での最寄り駅は、南海本線井原里駅です。

住所 大阪府泉佐野市住吉町9

貝塚人工島で狙いたい魚と仕掛け見出し

Photo by torne (where's my lens cap?)

貝塚人工島では様々な魚の釣りが楽しめます。ここでは、貝塚人工島で釣れる魚の中でも特に人気の高い魚種について、おすすめの仕掛けや攻略法をご紹介します。

貝塚人工島へ釣りに行くのに、どんなタックルや仕掛けを用意したら良いか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

タチウオ

Photo by ume-y

大阪湾の秋の風物詩とも言われているタチウオ。平らで鱗のない体表は青く光り、刀のように見えることからその名がついたそうです。

大阪湾のタチウオ釣りは、秋から冬にかけて接岸するのを狙って陸釣りをするか、その他の季節では船釣りも行われています。

タチウオの成魚は、夜間は深い場所、日中はやや上方で暮らしています。朝や夕方には、水面近くまで上がって来てエサを食べるため、貝塚人工島でのタチウオ釣りも朝や夕方に行うとたくさん釣れそうです。

タチウオ釣りの仕掛け

Photo by zabit

タチウオは、エサ釣りやルアーで狙うことができます。エサ釣りなら夜間、ルアーフィッシングは日中に行うのが一般的です。

タチウオをエサ釣りで狙う場合、キビナゴやカタクチイワシといった細身の魚をエサにして漂わせるウキ釣りの仕掛けがおすすめです。夜にウキ釣りを行う場合は、アタリを取るための電気ウキと集魚用のケミホタルを仕掛けに加えると効果的です。

Photo by demircagatay

また、タチウオのルアーは、矢じり型のジグヘッドとシャッド系のストレートワームをセットしたものが代表的なスタイルです。

タチウオのルアーの釣法はワインドです。シーバスロッドやエギングロッド、ライトショアジギング用のロッドが使えますが、ワインドのアクションが効きやすいタチウオ用ロッドも発売されています。

タチウオには鋭い歯があるので、いずれの仕掛けでもハリスやリーダーにワイヤーを使うのがおすすめです。また、素手で触って怪我をしないように注意しましょう。

カレイ

Photo by bocagrandelasvegas

海の底で泥に紛れている姿が有名なカレイも、貝塚人工島の人気ターゲットです。ひとくちにカレイと言ってもたくさんの種類がありますが、日本沿岸でよく釣れるカレイはマコガレイやイシガレイが一般的です。

冷たい水を好むカレイは、秋から春にかけて釣りのシーズンを迎えます。関西エリアでは10月から11月が乗っ込みシーズンで、12月を過ぎると産卵期に入って釣果が落ちてきます。そして2月から3月頃にかけて「戻りカレイ」「花見カレイ」の時期となります。

カレイ釣りの仕掛け

Photo byAnestiev

貝塚人工島でカレイを狙うなら、沖向きテトラでの穴釣りがおすすめです。穴釣りとは、波消しブロックや石畳のすき間に仕掛けを落とす釣法です。

貝塚人工島の波消しブロックのすき間には、カレイだけでなく年間を通してたくさんの根魚が生息しています。そこを狙う穴釣りは「ボウズ逃れ」とも呼ばれるほどよく釣れる釣法です。

Photo by Chang'r

穴釣りの仕掛けは、ブラクリという仕掛けを使います。道糸に中通しオモリをつけ、その先に短いハリス、丸セイゴ針をつけるのがブラクリで、簡単な仕掛けなので穴釣り初心者でもマスターできそうです。

穴釣りに用いるブラクリは、波消しブロックなどのすき間に入ると底まで転がっていくように出来ているので、スムーズに穴釣り仕掛けを着底させることができます。

Photo by ume-y

ただ、穴釣りは障害物が多い状態で行う釣法で、根掛かりが多いところが玉に瑕です。穴釣りをする時には、ブラクリ仕掛けを多めに準備しておくと安心です。

穴釣りのコツは、1ヶ所の穴で粘らないこと。仕掛けを穴に落として着底を確認したら少し巻き上げ、5秒ほど待ってもアタリがなければ他の穴へ移って再び穴釣りを始めます。

カレイの穴釣りには、アオイソメやゴカイといったエサや、細長いワームを使います。カレイはエサを取るのが遅いため、アタリが来たと思って慌てて合わせてしまうと、まだしっかり口に入っていないということもあるのでゆっくり合わせるのがポイントです。

チヌ

Photo by onohiroki

チヌとはクロダイのことで、貝塚人工島周辺では年間を通して釣ることができる魚です。体長は平均30cm、大物では70cmほどになるというチヌは、パワフルな引きが楽しめて食味も良い人気のターゲットです。

チヌは堤防や河口付近、磯などに生息し、岸壁や岩に付着した貝類をエサとして食べています。貝塚人工島では、水路がチヌ釣りのポイントとして人気です。

チヌは鯛の仲間ながら身近な場所に生息しているので、船釣りでなくても狙えるところも人気のポイントです。

チヌ釣りの仕掛け

Photo byFree-Photos

貝塚人工島のチヌ釣りでは、フカセ釣りがよく使われます。フカセ釣りは、仕掛けを潮の流れに自然に漂わせて魚を誘う釣法です。

貝塚人工島の水路は幅が広いため、撒き餌を使ってチヌを寄せるのがおすすめです。撒き餌と仕掛けを違和感なく潮の流れに乗せることがポイントとなります。

Photo by demircagatay

フカセ釣りの仕掛けは、まず道糸に中通しのウキをつけます。ウキの上にはウキ止め用のセル玉、ウキの下にはからまん棒をつけます。その先にサルカンをつけ、ハリスを結びます。

ハリはチヌ針を使います。エサが浮いてしまい、狙ったタナに仕掛けが落ちない場合は、ガン玉で重さの調整をします。

フカセ釣りでは、ウキではなくラインでアタリを取るため、糸ふけが起きないように注意しましょう。とは言え、ラインを張りすぎてしまうと、チヌが食った時に違和感を感じてしまうため、張りすぎず緩めすぎずを心がけるのがポイントです。

サバ

Photo by mjambon

食卓によく上るサバも、貝塚人工島ではよく釣れる人気の魚です。貝塚人工島では、腹が白く背中に斑点のラインがあるマサバが主に釣れます。

サバ釣りのおすすめシーズンは春から秋にかけてです。朝マズメや夕マズメの時間帯が狙いやすく、夜はあまり釣れないようです。

サバ釣りの仕掛け

Photo by neonbrand

サバ釣りに効果的な仕掛けはサビキです。サビキ釣りとは、道糸にエサの入ったコマセ袋をつけ、その先にサビキとおもりを結びつけます。サビキはハリスが7本程度に枝分かれしているもので、市販されているので初心者でも簡単に仕掛けが作れます。

サビキ釣りは、岸壁に沿って仕掛けを落とします。ロッドをしゃくるとコマセ袋から少しずつコマセが出てきて、自然に撒かれることになります。アタリがない場合はサバがいない可能性があるため、コマセを外して遠投してみるのもおすすめです。

タコ

Photo by andrew_j_w

貝塚人工島の夏は、タコ釣りに挑戦してみるのもおすすめです。タコは狭い場所に身を潜める習性がありますが、貝塚人工島の水路の石畳のすき間が、タコが隠れるのに適した場所となっているのです。

貝塚人工島の水路には、タコ狙いのアングラーが集まります。釣って楽しく、食べて美味しいタコは釣る楽しみも一層大きいです。

タコ釣りの仕掛け

Photo by Ansgar Gruber

タコはちょい投げ釣りや落とし込み釣りで釣ることができます。ちょい投げ釣りの場合は、ちょい投げ用ロッドにトリプルサルカンをつけ、タコエギとオモリをつけます。タコエギの上のラインに、タコ用のデコレーションを取り付けるのもおすすめです。

沖に向かってキャストし、仕掛けが着底したのを確認したら、底を引きずるように手前に引きます。落とし込み釣りの場合は、石畳のすき間の上をゆっくりと通るイメージで仕掛けを動かしていきます。

タコのアタリは魚とは異なり、根掛かりしたような重みを感じます。アタリがきたら糸を緩めないように思い切り合わせますが、勢いが強すぎると岸壁にタコが張り付いてしまって剥がせなくなるので気をつけましょう。

関西釣り情報!初心者や子供も楽しめる釣り堀・釣り場・釣り船まで総特集! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
関西釣り情報!初心者や子供も楽しめる釣り堀・釣り場・釣り船まで総特集! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大人から子供まで誰でも気軽に楽しむことができるのが釣りの醍醐味です。様々な釣り情報をもとに岡や船から大きな魚を釣り上げれば最高の瞬間を味わうことができるでしょう。日本各地ははもとより関西でも多くの釣り場が点在しています。そんな関西の釣り情報をお届けします。

貝塚人工島で釣りをしよう!見出し

Photo byannca

大阪湾で人気の釣りスポット「貝塚人工島」についてご紹介しました。貝塚人工島は潮の流れの通り道に位置し、年間を通して様々な魚が回遊する魅力的な釣り場です。ファミリーや初心者でも気軽に楽しめて、上級アングラーは大物も狙える貝塚人工島で釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2019年3月23日最終更新日: 2021年3月22日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote