対馬の観光スポットのおすすめは?子供にも人気の見所やグルメ・お土産情報も!

対馬の観光スポットのおすすめは?子供にも人気の見所やグルメ・お土産情報も!

韓国に最も近い日本の島である対馬。小さな島ながらも、美しい大自然に囲まれた観光スポットがたくさんあるんです!子供も大人も楽しめる人気の観光スポットや、対馬でしか食べられない絶品グルメ、思わず買いたくなるお土産情報などたっぷりお届けします。

記事の目次

  1. 1.対馬ってどんなところ?
  2. 2.対馬へのアクセス方法
  3. 3.対馬観光スポットランキング第7位:万松院(ばんしょういん)
  4. 4.対馬観光スポットランキング第6位:対馬野生生物保護センター
  5. 5.対馬観光スポットランキング第5位:和多都美神社
  6. 6.対馬観光スポットランキング第4位:韓国展望台
  7. 7.対馬観光スポットランキング第3位:鮎もどし自然公園
  8. 8.対馬観光スポットランキング第2位:万関橋
  9. 9.対馬観光スポットランキング第1位:浅茅湾(あそうわん)
  10. 10.対馬の絶品グルメ:対馬のB級グルメ「とんちゃん」
  11. 11.対馬ならではのおすすめお土産:対馬の伝統的銘菓「かすまき」
  12. 12.対馬の人気観光スポットへ行ってみよう!

対馬ってどんなところ?

Photo by yto

対馬とは、九州と韓国の間の対馬海峡に浮かぶ長崎県に属する島です。地理的に朝鮮半島に近いため、古くからユーラシア大陸と日本の文化的・経済的交流の窓口の役割を果たし、現在は「国境の島」と呼ばれ、韓国からの観光客も急増しています。島内の至る所にハングルが併記された標識や案内版がみられ、日本の海釣りの名所としても有名です。そんな対馬のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

対馬へのアクセス方法

対馬へのアクセス方法は飛行機とフェリーの二種類あります。対馬には、島の南部に対馬空港が設置されており、長崎空港と福岡空港から飛行機が出ています。双方とも一日に4往復しており、長崎空港から約35分、福岡空港から約30分で到着する距離にあります。空からの浅茅湾の景観は素晴らしく、複雑に入り組んだ入り江と無数の島々が浮かぶ対馬ならではの景観を楽しむことができます。

フェリーの場合は博多港から出港しており、島南部の「厳原(いづはら)港」と島北部の「比田勝(ひたかつ)港」へと運航しています。しかし、フェリーだと厳原港まで4時間40分もかかるので、ジェットフォイル(高速艇)を使うのがおすすめです。ジェットフォイルだと2時間15分で到着します。また、対馬から韓国の釜山への運航もあるので、多くの韓国人観光客がフェリーを使って対馬へと旅行に来ています。

対馬へのフェリーでの料金やアクセス方法は?乗り方を完全ガイド! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
対馬へのフェリーでの料金やアクセス方法は?乗り方を完全ガイド! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
対馬にフェリーで行くには?フェリー料金やアクセス方法は、どんな風になっているのか。博多港からフェリーに乗るというところまでは知っています。しかし、フェリー料金や乗り方など、わからない人が多いようです。そこで、対馬へのフェリー料金やアクセス方法など紹介します。

対馬観光スポットランキング第7位:万松院(ばんしょういん)

万松院(ばんしょういん)は、1615年に宗家20代目の義成が父の義智の冥福を祈って創建したお寺です。それ以降は宗家の菩提寺となり、歴代藩主の墓所は国の指定史跡です。安土桃山式の山門と仁王像は、対馬最古の建物となっており、堂内には朝鮮国王から贈られた三具足や徳川将軍の大位牌が並んでいるんです。墓所の手前に、なんと樹齢1200年と言われる万松院の大スギが3本もあり、長崎県指定天然記念物となっています。

万松院 [住所]長崎県対馬市厳原町西里192

対馬観光スポットランキング第6位:対馬野生生物保護センター

Photo by iyoupapa

対馬野生生物保護センターは環境省の施設で、対馬の貴重な動植物の保護や調査、交通事故防止の普及啓発などの活動を行っています。中でも対馬で有名な「ツシマヤマネコ」は、対馬にのみ生息する山猫で、国の天然記念物に指定されていると同時に絶滅が危ぶまれており、このセンターではそんな貴重なツシマヤマネコが生で見ることができます。対馬観光ランキングでも上位に入るほど人気の施設となっています。

ツシマヤマネコ以外にもツシマテンなどの数々の野生動物が山に生息していますが、山の道路整備がなされたこともあり、自動車との接触事故によって命を落とす動物が増加しました。そのような背景もあり、対馬の道路には「ツシマヤマネコ飛び出し注意!」という標識が多数設置されています。施設では、ツシマヤマネコの生態がクイズ形式で学べたり、対馬の自然の様子を映像を通して学べたりするので子供にもおすすめです。

対馬野生生物保護センター [住所]長崎県対馬市上県町佐護2956−5

対馬観光スポットランキング第5位:和多都美神社

Photo by mrhayata

和多都美神社は、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る神社で、古くから竜宮伝説が残されている歴史の長い神社です。実は竜宮伝説の発祥はこの二人の神様のラブロマンスがもとになっている言い伝えもあるそうです。5つの鳥居のうち2つは海中に建てられており、潮の満ち引きによって様々な表情を見せてくれるのでどんな景色が見られるかはお楽しみです。

和多都美神社では、女性が舞う最古の神楽といわれる「命婦の舞」が奉納され、手漕ぎの和船による「舟ぐろう競争」、演芸、奉納相撲、餅まきなど様々な祭事が行われます。また、航海安全、豊漁祈願、安産祈願、恋愛成就、所願成就などの御利益があり、御朱印もいただけます。

壱岐・対馬の観光おすすめ!観光船で島めぐり!旅行に便利なアクセスも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
壱岐・対馬の観光おすすめ!観光船で島めぐり!旅行に便利なアクセスも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
壱岐・対馬は九州の北方海上にある島で、古くから交通の中継地点として重要視されてきました。それぞれ魅力的な独自の文化を持っており、近年は観光を目的として旅行に訪れる人が増えています。壱岐・対馬へのアクセスやおすすめ観光スポットとまとめました!

対馬観光スポットランキング第4位:韓国展望台

対馬に来たら隣国を感じられるとっておきの観光スポットへ行ってみませんか。韓国展望台では、気象条件が良ければ韓国釜山市がはっきり見える絶景ポイントです。この展望台は韓国の古代建築様式を取り入れて建造されており、展望台はソウルのパゴダ公園にある多目的施設を、ゲートは韓国国際ターミナル(釜山)の入口ゲートをそれぞれモデルにしているそうです。

韓国展望台がある鰐浦地区は韓国までわずか49.kmという距離にあるため、韓国からの観光客も非常に多いです。対馬は歴史的にも韓国と接点が多く、朝鮮通信使使節団来訪の際は、対馬港を寄港地として本土まで渡航していました。現在も多くの観光施設にハングル文字の標識や看板が利用されるほど韓国と深い関係がある島です。

対馬観光スポットランキング第3位:鮎もどし自然公園

子供が喜ぶおすすめスポットといえば、鮎もどし自然公園は外せません。鮎もどし自然公園は、山に囲まれた盆地を流れる清流「瀬川」にあり、川全体が一枚の花崗岩で覆われている珍しい場所です。夏になると子供たちが川遊びに訪れ、対馬の避暑地として地元民にも親しまれています。吊り橋を渡った先にはキャンプ場もあるので、アウトドア好きの方にもおすすめです。

鮎もどし自然公園 [住所]長崎県対馬市厳原町豆酘字西龍良1249-56

対馬観光スポットランキング第2位:万関橋

実は対馬は二つの島から構成されているのをご存知でしたか?その二つの島をつなぐために浅茅湾と三浦湾の間にかかる橋が万関橋です。現在かけられている橋は1996年に建設された三代目の橋ですが、もともと万関橋が作られたのは明治33年で、旧海軍が大小の軍艦が出入りできるようにという目的でした。

万関橋の手前にはちょっと車を止められるスペースもあるので、万関橋から眼下に広がる絶景も堪能できます。高い位置に橋が架けられているため、ちょっぴりスリルも味わえます。万関橋は対馬の真ん中に位置していることもあるため、地元民にとってドライブの目印にもなっています。

対馬観光スポットランキング第1位:浅茅湾(あそうわん)

浅茅湾(あそうわん)は、対馬の上島と下島の間、西側にあるリアス式海岸に囲まれた湾です。飛行機から浅茅湾の絶景を楽しめるのはもちろん、遊覧船でゆっくりと浅茅湾を眺めることもできます。近年では、シーカヤック目当てに来る観光客も多く、初心者でもシーカヤック体験ができる施設もあります。ガイドさんがカヤックの説明やパドリングの練習も行なってくれるので、特に子供連れの家族におすすめです。

浅茅湾にある島々をつなぐ渡海船「うみさちひこ」は、普段は定期航路として運航していますが、運航の合間をぬって月曜日から金曜日は午前9時から午後12時、土日祝日は午前9時から午後3時までの間、浅茅湾周遊観光としての貸切や乗合遊覧を行っています。遊覧船を利用する際は予約が必要ですが、浅茅湾から見える独特の地形や複雑に入り組んだリアス式海岸をたっぷり観光できますよ。

対馬の絶品グルメ:対馬のB級グルメ「とんちゃん」

Photo by naka_hide

対馬で超有名なB級グルメといえば「とんちゃん」!醤油や味噌をベースにした秘伝のたれにじっくり漬け込んだ対馬発祥の豚肉料理です。子供から大人まで誰からも愛され、ご飯が止まらなくなるほどクセになる味わいが人気です。野菜炒めにしてお弁当に入っていたり、バーベキューで焼いて野菜に包んで食べたりと、地元民にとっては非常に身近なグルメです。

とんちゃんは、なんと「B-1」初出場にしてシルバーグランプリ獲得という偉業を成し遂げ、いまや対馬のソウルフードとしてのみならず、全国的に人気になりつつあります。とんちゃんを販売している精肉店は数店舗あり、各店舗でたれの風味が異なるので、食べ比べてみても面白いです。観光がてら、対馬の絶品グルメでお腹を満たしてみては?

対馬ならではのおすすめお土産:対馬の伝統的銘菓「かすまき」

かす巻きとは、餡をカステラ生地もしくはどら焼き生地で巻いたもののことであり、対馬の伝統的な和菓子です。江戸時代においてカステラ生地や餡は贅沢品でしたが、参勤交代で江戸から帰った対馬藩主の無事を家中で慶び、長旅の疲れを癒すために考案されたとの言い伝えがあります。現在では、対馬の代表的なお土産として非常に人気となっています。

かわいすぎる「ツシマヤマネコグッズ」

対馬ならではのお土産としておすすめなのはツシマヤマネコグッズです。中でも近年注目されてきているのが、佐護ツシマヤマネコ米です。売上げの一部がツシマヤマネコの保全に使われるので、お米を食べて絶滅危惧種を救えるという斬新な取り組みが人気を博しています。ほかにもペン、クリアファイルなど子供におすすめの文具も充実しています。

対馬の人気観光スポットへ行ってみよう!

Photo by sun_summer

対馬の人気観光スポットをたっぷりお届けしてきましたがいかがでしたか?子供もたっぷり楽しめるスポットや対馬の大自然が味わえる絶景スポットまで楽しみ方はさまざま!対馬にしかない独特の島文化や日本にいるのにちょっと韓国気分が味わえるところも魅力なので、ぜひ一度行ってみてくださいね。

apricotchild
ライター

apricotchild

関連記事

人気記事ランキング