地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

石垣島の八重山そばの美味しいお店ご紹介!ここでしか味わえない!

石垣島をはじめとした八重山地方の郷土料理として、八重山そばははずせません。一口に八重山そばと言っても、地元の人もそれぞれお気に入りのお店があるくらい、味も違うものです。石垣島を訪れた際には是非味わいたい、おすすめの八重山そばのお店をご紹介します。

石垣島で八重山そばを!見出し

Photo by is_kyoto_jp

石垣島がある八重山地方では八重山そばと呼ばれるそばがあります。小麦粉でできた黄みがかったストレートな麺、出汁はあっさりしたかつおベース、具としてこま切れの豚肉が載っている、というのがノーマルな八重山そばです。でもお店によって違いがあります。石垣島にある絶品八重山そばのお店をその特徴と共にご紹介します。

石垣島観光地で八重山そば「川平公園茶屋」見出し

石垣島を訪れたら必ず訪れたい名所としてはずせないのは川平湾です。美しい川平湾を眺めて散策した後に小腹を満たしたり休憩したくなったらすぐ近くの川平湾公園茶屋が訪れやすくお手頃です。八重山そばは600円、麺はストレートでかつおの出汁がしっかりと効いている、あっさりした印象のオーソドックスなタイプです。

八重山そばの他にもソーキそばやソーミン(素麺)チャンプルー、野菜チャンプルーやチャーハン等の絶品の定食もありますので、同伴者で好みが分かれても問題なくみんなが満足できるでしょう。有名観光地すぐの立地にあるにも関わらず、沖縄らしいメニューがお手頃に揃っている良心的なお店として知る人ぞ知るお店です。

忘れてはならないもう1つの絶品メニューがぜんざいです。熱い沖縄ぜんざいはちょっと、と思わないでください。かき氷に、黒糖で甘く煮た豆が乗っている沖縄ぜんざいは、八重山そばで温まった体を気持ちよくクールダウンしてくれるのでおすすめです。沖縄の夏に欠かせない一品です。

石垣島王道の八重山そばを味わえる「来夏世」見出し

公設市場からほど近い石垣小学の向かい、離島ターミナルから15分ほどのところにある来夏世(くなつゆ)は古民家風のきれいな店内です。安いお手頃な八重山そばはセット(じゅーしーか赤米を選択)になって600円です。太めの丸麺で、具は豚肉とかまぼこ、豚骨とかつおの出汁で、あっさりした中にしっかりと深い味わいがあるのが特徴です。

駐車場がお店に5台分、近くにも同じくらいありますが、混雑時は待ちも出ます。それでも席も多いので回転は早く、あまり待つ印象はありません。テーブル席やお座敷の他に、テラス席もあり、気持ちよく食事をすることができます。

お昼を過ぎるとじゅーしーから赤米の順で売り切れることが多いのでごはん物を食べたい方は特に早めの来店がおすすめです。暑い時でもクーラーなしで風がそよそよと通り抜けるようなお店です。元気のない時こそ食べたくなるような飽きのこない絶品の八重山そばをぜひどうぞ。

石垣島のランチは子連れもOK!おしゃれなカフェやおすすめの人気店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
石垣島のランチは子連れもOK!おしゃれなカフェやおすすめの人気店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄本島からさらに南東に広がる八重山諸島の1つ石垣島。冬でも温暖な南の島には、年間を通してたくさんの人たちが観光に訪れます。そんな石垣島で、子連れでランチを楽しみたいという人に、おすすめの人気店やおしゃれなカフェをご紹介します。ランチにおすすめなお店が沢山。

八重山そばだけでなく定食もぜひ「白保食堂」見出し

白保食堂は、白保海岸にほど近い、市街から新石垣空港へ向かう道ぞいのお店です。駐車場も3台分しかなく、こじんまりとしてはいますが、地元の人からも親しまれている人気のお店です。そば大でお手頃の500円の八重山そばは出汁はさっぱりしていながら、麺にしっかりとマッチしており、薄めの豚肉の味と一体感があります。

八重山そばだけでなく、他のメニューも気になるものが揃っています。タワーのように4本が縦に盛られたエビフライや、特盛サイズのナポリタンなど多様なメニュー構成なので、どんなにおなかがすいている人でも満腹になることうけあいです。安いだけでなくきちんとおいしい沖縄の食堂の底力を感じられるお店です。

名実共に石垣島産八重山そば「島そば一番地」見出し

石垣市役所のすぐ前のわかりやすい立地に島そば一番地はあります。こちらの八重山そばはお手頃の600円です。特筆すべきポイントは素材にこだわり、天然調味料を使用していることです。麺も自家製の平麺を使っています。上質でありながら値段は安いので、安心していただけます。

石垣島で育てられた豚を長時間煮込んでスープを取り、石垣島の塩で調味された出汁がこちらの自慢です。豚骨ベースと聞いてイメージするものより脂っぽさがない、丸みのあるやさしい味わいに仕上がっています。

沖縄そばにはこーれーぐーすという焼酎に島唐辛子を漬けこんだものを振りかけるのが一般的ですが、八重山そばにはひばーちがつきものです。ひばーちとは、島胡椒のことで血行促進やアンチエイジングの効果が期待できると言われています。こちらもお店の自家製。味にアクセントがついて食が進みます。是非振りかけて食べてみてください。

また、夜は居酒屋としての一面もあります。21時頃までなら軽く飲んでから八重山そばを食べられるお店でもあります。あっさりとやさしい出汁は、疲れている時でも毎日でも食べたくなるようなほっとできる仕上がりとなっています。

石垣島の夜のお供!濃厚八重山そば「メンガテー」見出し

石垣島の繁華街、美崎町に佇むメンガテーでは、石垣島一濃い八重山そばが堪能できるということで知られています。八重山そばは600円。麺は太麺で、しっかりとした麺の食感を楽しめます。お店の看板からも夜の雰囲気が漂っていますが、昼は営業していません。

出汁はかつおと共にこってりとした豚骨が強く感じられます。それもそのはず、このお店は島おでんが看板メニューなのです。島おでんというのはテビチ(豚足)が入っているのが特徴の沖縄独特のおでんで、この出汁をベースにしていることでそば出汁もこってりとしたゼラチン質をも感じる出汁となっています。

そばの上には濃厚な出汁に負けない甘辛に煮込まれたお肉が乗っていて食べごたえ十分。あっさりの対極にあるような深い味わいは、また食べたくなる力があります。ラーメンのようにお手頃にがっつりといきたい方にはもってこいのそばです。

深夜まで営業しているので、お酒のしめにでも是非おすすめしたいお店です。その際は絶品の島おでんのオーダーもお忘れなく。テビチや青菜、島豆腐にお店自慢の出汁がたっぷりとしみ込んでいます。泡盛を飲みつつ、ちょっと不思議なお店の名前の由来などを聞いてみてもいいかもしれません。

石垣島きっての老舗「なかよし食堂」見出し

八重山そばのお店の中でも老舗のなかよし食堂は石垣島の中心地から徒歩10分ほどの場所にあります。観光客も多いですが、地元の人にも愛されている昔ながらの食堂です。メニューも多く、八重山そばもサイズが選べます。400円からと安いため、お子様用やおなかのすき具合で選べるのもありがたいポイントです。

注文してから素早く提供される八重山そばはやわらかい絶品豚肉と、素朴でほっとできるあっさり系の出汁の味が体に染み渡るようです。店内にはカウンターやテーブルや小上がりがあり、おひとり様から家族連れまで安心して訪問できます。

そば単品のおいしさもさることながら豚の生姜焼きやちゃんぷるーなどの定食もボリュームがあり人気です。定食には味噌汁代わりに八重山そばがついてくるので、定食かそばか決めきれない方は定食がおすすめです。安いお手頃価格のメニュー構成ながらおなかいっぱいになれる、沖縄らしい食堂です。

沖縄石垣島グルメ!おすすめTOP10紹介!必ず食べるべき名物紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄石垣島グルメ!おすすめTOP10紹介!必ず食べるべき名物紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大自然が魅力の石垣島ですが、グルメも負けていないほど美味しいことを知っていましたか?今回は、石垣島へ行ったら絶対に食べていただきたい絶品グルメを人気のお店を含め厳選してご紹介します。美味しいグルメを食べて石垣島の観光をより楽しいものにしてくださいね。

石垣島でも一風違った八重山そばは「知花食堂」見出し

米原の海岸線を川平方面に向かう左側にある知花(ちばな)食堂は、油断していると通り過ぎてしまいそうな佇まいの、ノスタルジックな雰囲気のある食堂です。八重山そばの大が350円という安い価格設定でお手頃に通えますが、40年前から変わらないそのおいしさは本物です。

出汁はかつお、麺は八重山そばには珍しく平たい麺です。そばの上にはレタスや卵焼きがカラフルに載っている点も他店の八重山そばとは一線を画しています。安いからとあなどれないくらいボリュームも満点。来る人の健康と満足を願うお店の方のやさしさが詰め込まれているようです。

八重山そばはもちろんのこと味噌汁も人気です。沖縄の味噌汁は一般的なものと異なり、具だくさんが特徴です。こちらのお店の味噌汁は自家製の島豆腐、レタス、沖縄の麩、豚肉、島かまぼこ、ネギ、昆布などの具材を、最後に上に載せる半熟卵がうまくまとめてくれています。あっさりとしたこの味噌汁にはごはんも付いています。

食事中、店内からも海を眺めることができます。あっさりとした絶品料理を味わいながらゆっくりとした時の流れを感じる食事は最上の贅沢です。沖縄らしいレトロでフォトジェニックな空気感が忘れられないお店です。

オリジナル黄金麺はうこん入り「のりば食堂」見出し

新石垣空港から市街地へ向かう道の途中にあるのりば食堂。バス停の近くにあることからこの店名になったとのことです。こちらのお店のこだわりは麺にあります。この黄金(くがに)麺と呼ばれる自家製麺には、うこんを練りこんでいるそうです。誰にでもおいしくいただける味ながら、何となく深みを感じられる仕上がりです。

八重山そばは450円。サイズ違いもあります。出汁はかつおが強めのあっさり系です。食べ進む時に、サービスでついてくるピリ辛の味噌を少しずつ溶かしていただくと風味が加わります。テーブル席、カウンター、座敷があり、駐車場もあるので便利です。

八重山そばの他に刺身定食やアーオー(あおさ)汁、カレーそばなど人気のメニューがあります。八重山そばと自慢のじゅーしーは定食についているので、どちらも食べてみたい方には定食が特におすすめです。メニューのどれもが気になる、何度でも訪れたくなるお店です。

石垣島で八重山そばを食べ比べたい!見出し

Photo by jetalone

いかがでしたか?旅の途中だとたくさん動いておなかがすいているシチュエーションも多いでしょう。そんな時、さっと食べられる沖縄の郷土料理、絶品の八重山そばは空腹も心も満たしてくれます。安い、おいしい、エネルギーチャージにぴったりの八重山そばをぜひいろんなお店で食べてみてください。

投稿日: 2017年5月19日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote