地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

青森市の観光&グルメおすすめスポット!名所を巡るモデルコースあり!

西は日本海、東は太平洋、そして北は津軽海峡と三方を海に囲まれた青森市には、観光名所や美味しいグルメを満喫出来るスポットが多くあります。そんな青森市の観光スポットをグルメ処と共にご紹介したいと思います。おすすめの観光モデルコースもあります。

青森市の観光&グルメスポットご紹介見出し

Photo by t-mizo

青森と言えば即りんごを思い浮かべる人も多いですね。りんご狩りも青森観光の一つの楽しみです。でも青森市には他にも沢山の観光スポットやグルメ処があります。そんなおすすめ観光スポットや名所、モデルコース等をご紹介して行きますので楽しみにして下さい。

青森市のおすすめ観光スポット1:ねぶたの家ワ・ラッセ見出し

青森市を代表する祭が分かる観光名所

平成23年1月JR青森市の直ぐそば海側にオープンした、青森市の「ねぶた祭り」を1年中体感出来る観光スポット『ねぶたの家ワ・ラッセ』です。「ねぶた祭り」は8月2日から7日まで毎年青森市で行われる迫力のあるお祭りです。その祭りをここではいつでも感じる事、又は知る事が出来るのでおすすめです。

ここ『ねぶたの家ワ・ラッセ』ではねぶたの歴史を知る事が出来るだけでは無く、お土産ショップやカフェレストランもあるのでゆっくりと楽しむ事が出来ます。JR青森駅に近いというのが嬉しいです。

それにしても凄い迫力ですね!お祭りは大勢の人でごった返すので、小さなお子さん連れの方やお年寄りの方等は中々見に行くのは大変です。その様な方でもこちらでは充分「ねぶた祭り」の迫力を感じる事が出来ると思います。ぜひ立ち寄ってみて下さい。

住所:青森市安型1丁目1-1 電話番号:017-752-1311

 青森・ねぶた祭り2017の日程や見どころ!宿泊先やグルメのおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青森・ねぶた祭り2017の日程や見どころ!宿泊先やグルメのおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森の夏の風物詩と聞かれたら「ねぶた祭り」と答えませんか。日本でも屈指の大型の山車が街を練り歩く「重要無形民俗文化財」に指定されている祭りです。その迫力と盛り上がりを一度は体感しませんか。今回はそんな青森で行われる「ねぶた祭り」をご紹介します。

青森市のおすすめ観光スポット2:青森県営浅虫水族館見出し

青森市にある観光地&グルメも!

青森市にある県営の水族館で、本州最北端の水族館です。青森市に観光に訪れたら忘れずこちらにも足を運んで下さい。水の生き物達に癒される事間違いなしです。カラフルで可愛い展示の仕方です。水中の生き物を見ているとどうして癒されるのでしょうか。人間も生まれる前には水の中に浮かんでいたからかも知れません。ここ『浅虫水族館』は年中無休なのでいつ訪れても大丈夫なのがいいです。

その中でもイルカは花形役者、イルカのショーで毎日拍手喝さいを浴びています。そして、心の病の治療にも一役かっているイルカには特別なパワーがある様です。ただ可愛くて賢いだけではありません。

こんなに利口で可愛いイルカを見ていると、今すぐにでもイルカに会いに行きたくなりませんか?ぜひ青森市に観光へ行こうと思われたら『浅虫水族館』を忘れずに計画の中に組み込んで下さい。県営なのに想像していたよりも素晴らしいと評判の水族館です。特にお子さん連れにはおすすめのスポットです。

住所:青森市浅虫字馬場山1-25 電話番号:017-752-3377

青森市のおすすめ観光スポット3:青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸見出し

1964年8月12日に就航した「青函連絡船八甲田丸」はトータル55隻あった青函連絡船の中で最も長きに渡って活躍した船でした。23年7か月と言う長い間、本州と北海道の橋渡しとなってその役目を果たしていました。明るいイエローの船体が海の青に映えてとても素敵な船です。

そんな「八甲田丸」に会えるのが『青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸』なのです。八甲田丸は1988年の最終航行の大役も務めました。夜の姿も美しいですね。この船にまつわる想い出を持つ人も少なく無い事でしょう。今は青森市の立派な観光名所となって活躍しています。

住所:青森市柳川1丁目112-15 電話番号:017-735-8150

青森市のおすすめ観光スポット4:青森まちなか温泉見出し

青森市の中心にある観光温泉&グルメ

青森市内で入れる温泉『まちなか温泉』はJR青森駅からほんの数分の所、青森センターホテル内にあります。宿泊も出来るのでとっても便利なロケーションです。市内にありながら天然温泉の露天風呂が楽しめるとは嬉しいです。年中無休なのもポイント高いです。

一階にはレストラン「ふる河亭」があり、お食事処としての他にホテルの宿泊客の朝食、夕食の提供もしています。美味しいと評判のレストランです。食事をしてからゆっくり温泉に浸かるのも良し、温泉でのんびりしてから美味しい食事に舌鼓を打つのも良いですね。

こちらは青森りんごのアップルシャーベットソフトです。優しい色とちょっとシャーベットのシャリシャリした感じが伝わって来ます。お風呂上りにはさっぱりして最高です!温泉の後のお楽しみ、コーヒー牛乳は腰に手を当てたポーズで飲むに限ります。この習慣はいつまで続くのでしょうか。

住所:青森県青森市古川1丁目10−14 電話番号:017-762-7577

青森市のおすすめ観光スポット5:八甲田山見出し

青森市にある大自然を観光

「八甲田ロープウェイ」山頂公園駅から見下ろした夏の風景です。眼下に山々が広がって本当に美しいですね。『八甲田山』と言えば映画の影響か冬山のイメージがありますが、夏の『八甲田山』もとても美しいおすすめの観光名所となっています。

『八甲田山山頂』へはロープウェイが有るので体力に自信の無い方は利用されるといいと思います。ロープウェイからの眺めはパッと目が覚める様に美しいです。青森の名所『八甲田山』からの景色をぜひ堪能して頂きたいです。山頂付近は9月の下旬頃から紅葉が始まり、段々すそ野の方へ広がって行きます。

秋の『八甲田山』はハイキングもいいですし、爽やかな風を切って進むサイクリングもとても気持ちの良いレジャーになる事間違い無しです。雪の『八甲田山』は「これぞ八甲田山!」と言った迫力と趣きがあります。壮大な銀世界には圧倒されます。雪に染まった青森市内と青森湾を見下ろす景色、とても綺麗です。山の上は下界よりずっと雪が深く一面の銀世界になります。

かなり雪が深いので人の歩いた道をたどり乍らの歩行です。八甲田山でのスキーはゲレンデスキーとは又違った醍醐味があるので素晴らしいと思います。雪を被った木の様子が凄いです。息を呑む様な美しさです、冬の『八甲田山』是非とも安全に注意して冬山を満喫して下さい。非日常的な風景に出会える事間違いありません。

青森市のおすすめ観光スポット6:地獄沼見出し

青森市の紅葉観光スポット

『地獄沼』は酸ヶ湯(すかゆ)温泉の近くにある沼で、むかし爆裂火口の跡に湯が溜まり出来た沼です。90度位の湯が湧き出ていて湯気がいつもモクモクと出ています。秋にはぜひおすすめの紅葉の名所コースとなっていますので訪れて損はないと思います。北国ならではの深い色合いに心を奪われる事でしょう。

冬になるとさほど魅力的なスポットでは無いかも知れませんが、雪が降れば別です。沼と辺りの雪景色のコントラストに目を奪われるでしょう。大きな温泉と言った風情です。間違っても露天風呂と間違えて飛び込まないで下さい。酸ヶ湯(酸ヶ湯)温泉の近くにあるので、辺りを散策した後には本物の温泉に入ってのんびり出来ます。外湯としても利用出来ますのでゆっくりと旅の疲れを癒して頂けます。

青森市のおすすめグルメスポット1:お食事処おさない見出し

『お食事処おさない』はホタテをメインに、海の幸をたっぷり食べさせてくれるお食事処です。ホタテのヒモを取り除いて調理してあるので、お年寄りからお子様まで食べ易くお客さんにも大変喜ばれています。こちらでおすすめなのが「ホタテフライ定食」です。ぜひ行かれたらチェックしてみて下さい。満足できるメニューだと好評です。

こちらではホタテのおさしみ、フライ、焼きホタテ等々単品で注文出来るので、ホタテ好きにはたまりませんね。贅沢にビールのつまみにホタテ!と言うのも最高だと思います。でもぜひ食べて欲しいのはホタテのおさしみです。刺身だけはその物の本当のお味が分かる調理法なので、本当のホタテの美味しさを是非味わって貰いたいからです。こんなに甘い物だったのかと唸る事まちがい無しです。

青森市ランチおすすめランキング・トップ9!バイキングなど人気を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青森市ランチおすすめランキング・トップ9!バイキングなど人気を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森市内でランチをするとき、サービスも様々で迷いませんか? 今回は青森市で人気のランチやおすすめバイキングの特集です。人気のランチやバイキングをランキング形式でご紹介します!子連れでもおすすめのお店ばかりです。ぜひ、大切なランチの機会に参考にされてくださいね。

青森市のおすすめグルメスポット2:青森魚菜センター見出し

グルメも青森観光土産もここで解決!

青森市で有名な観光スポットの一つ『青森魚菜センター』です。こちらでは新鮮なとれたての魚介類を好きなだけチョイスしてご飯の入った丼に乗っけて行く「のっけ丼」が有名です。魚介類好きにはたまりませんね。

魚介類は町のスーパーで買った物と、とれ立て&さばきたての物とでは味が信じられない程違います。特にウニなんかは同じ物なのかと疑いたくなる位違います。是非ともお好みの鮮魚をチョイスして楽しんでみて下さい。

何といっても獲れたて&さばきたては「旨い!」の一言です。お土産用にも沢山並んでいますので、こちらでお土産を購入するのもいいですね。こんなのを見ているとパカッと割ってそのまま食べたくなります。

青森魚菜センター『のっけ丼』の具材のおすすめは?失敗しないコツ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青森魚菜センター『のっけ丼』の具材のおすすめは?失敗しないコツ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森県の青森魚菜センターの名物「のっけ丼」についてご紹介いたします。青森ならではの食材を見つけて自分好みの具材を乗せて贅沢丼を完成させちゃいましょう!そんな青森魚菜センターののっけ丼のおすすめの具材と失敗しないコツをお届けいたします。きっと食べたくなりますよ!

青森市のおすすめグルメスポット3:くどうラーメン見出し

グルメご用達!

ラーメンの美味しいお店をご紹介しましょう。『くどうラーメン』店です。シンプルで分かり易い看板が目をひきます。ベースは濃い目のしょうゆ味でさっぱりとしたタイプのラーメンです。やわらかいチャーシューに、どちらかと言うと細めの縮れ麺にスープがしっかり絡んで美味しく頂けます。

玉子はゆで卵と月見を選べます。ぜひ魚介に満足されたらラーメンも試してみて下さい。夏には冷やし中華もいいですね!ぜひこちらの方も試してみて下さい。一年中美味しい『くどうラーメン』店です。

青森市のおすすめグルメスポット4:マロン珈琲店見出し

のんびり昭和レトロなグルメスポット

この入り口からどこか懐かしさを感じませんか?昭和の雰囲気を醸し出しています。『マロン珈琲店』ふらっと立ち寄りたくなる喫茶店です。やはり店内は独特の雰囲気でレトロな空間となっています。昭和レトロが好きな方、又は昭和の時代を懐かしむ人にとって、この空間はとても居心地のいい場所ではないでしょうか。

赤いウインナーがカニやタコ風になっているのが憎いではありませんか。とても美味しそうで、心までほっこリして来そうです。お食事の後のデザートもこの空間でまったりしたくなります。ケーキと一緒に頂きたくなるのが紅茶やコーヒーです。こちらは『マロン珈琲店』と言う位ですから珈琲専門店です。ぜひ『マロン珈琲店』の珈琲で食後のひと時や、お茶の時間を過ごされて下さい。

青森市のカフェ&喫茶店7選!おしゃれな店でランチやスイーツがおいしい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青森市のカフェ&喫茶店7選!おしゃれな店でランチやスイーツがおいしい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森市にあるおしゃれなカフェや喫茶店をご紹介いたします。ランチやスイーツがおいしいと好評のカフェや喫茶店を厳選して7選ピックアップしてみました。友だち同士やカップル、おひとりでも…青森市のカフェや喫茶店で思いのまま過ごしてみてください。

おすすめのモデルコースをご紹介見出し

Photo by rail02000

先ず青森駅周辺からスタートしてご案内して行きます。青森駅の近くには観光スポットが沢山あります。先ずは先にご紹介した『ねぶたの家ワ・ラッセ』を観光します。何といっても青森と言えば「ねぶた祭り」を知らなくてはと言う事です。先ずモデルコース観光はここからのスタートです。

Photo by rail02000

お次もすぐ近くにある『青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸』を一目見ずして、青森駅周辺を通過は出来ないでしょう。と言う事で八甲田丸の雄姿はぜひ拝んで行って下さい。お腹がすいて来る頃だと思うので、お次は腹ごしらえです。『帆立小屋』ホタテ釣りもさせてくれるホタテの美味しいお食事処です。お刺身、にぎり、焼きホタテとお腹いっぱい堪能出来ます。

Photo by maskimur

それから少し足を延ばして、温泉を楽しめる八甲田山のふもと『酸ケ湯温泉』周辺を観光します。先にご紹介した『地獄沼』を初め周辺には観光スポットが点在しています。アクセスは青森駅、新青森駅からJRバス十和田湖行きに乗って70分、「酸ケ湯温泉」下車徒歩1分で行く事が出来ます。

Photo by 吳姐夫

秋には紅葉を楽しむモデルコースともなっている『酸ケ湯温泉』周辺は、ハイキング等にも持って来いのスポットです。勿論美しい景色は秋だけではありません。身体を動かした後にはゆっくり温泉に浸かってくつろいで宿でお食事をするのもいいでしょう。そのまま泊まって次の日の観光に備えるのもいいと思います。

青森市内温泉ランキング・ベスト15!日帰り温泉やおすすめの宿も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
青森市内温泉ランキング・ベスト15!日帰り温泉やおすすめの宿も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森は名湯・秘湯が多く、一度は訪れたいと思う温泉好きの方も多いと思います。今回はそんな温泉好きの方にご紹介したい青森の温泉をランキング形式でご紹介。中でも、アクセスがしやすい青森市内の温泉を、日帰り利用から宿泊ができる宿を含めてランキングでご紹介します。

青森市には観光スポットやグルメスポットがたくさん見出し

Photo by Kossy@FINEDAYS

青森市の観光案内は如何でしたでしょうか。青森には壮大な自然と共に新鮮な食材が豊富ですので、観光を十分に楽しんで頂けると思います。最後の観光モデルコースは是非参考になさって下さい。翌日はモデルコースから更に南下して十和田湖や奥入瀬渓流の自然を楽しむのもお勧めです。楽しい観光が出来る事を心より願っております。

投稿日: 2017年2月23日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote