地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ドバイモールを徹底調査!世界最大の施設は買い物天国!水族館もおすすめ

アラブ首長国連邦で観光客に人気のあるドバイには世界一のものがたくさんあります。その中で世界最大のショッピングモールであるドバイモールには1200もの店舗、水族館まであり観光客にも人気のスポットとなっています。そんなドバイモールの楽しみ方をいくつかご紹介します。

ドバイモールで買い物も食事も遊びも満喫!見出し

ドバイには世界最大、世界最高の記録を持つ観光スポットがたくさんあります。ドバイモールというショッピングモールは面積が世界最大の超巨大商業施設です。買い物のためだけでなく、水族館、スケートリンクなど1日では周りきれないほど楽しい施設が集まっている人気の観光地となっています。ここではドバイモールの魅力をいくつかご紹介します。

ドバイモールってどんな場所?見出し

ドバイモールは2008年に開業した世界最大のショッピングセンターで、総面積が111.5平方メートルで東京ドーム約23個分に相当します。また、世界最大の高さを誇る高層ビル、ブルジュハリファにはドバイモールの中を通っていくこともあり、多くの観光客がこの2つの観光地をどちらも楽しんでいます。

店内のメイン通りは開放感のある吹き抜けで、至る所に芸術的な作品や装飾が展示されており歩いて回るだけでも楽しめる施設となっています。年間訪問客数も世界最大となっており年間で約8000万人がドバイモールに訪れています。ただし世界最大面積ということでモール内を歩いていて混雑している感じることはあまりありません。

ドバイモール内には約1200もの店舗が入っています。日本人に馴染みのあるお店では、紀伊国屋、ヨックモック、ダイソー、無印良品、SEGAのゲームセンターがあります。免税でショッピング楽しめますが、全ての店、施設を見て回るには1日では足りませんので、見たいお店をいくつかに絞ってマップを見て効率よく周りましょう。

ドバイおすすめ観光スポット20選!世界一が多い人気リゾートの名所を網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドバイおすすめ観光スポット20選!世界一が多い人気リゾートの名所を網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界一が大好きなドバイ。世界一の大きさを誇る空港やショッピングセンター、水族館に人工島など、様々な大規模な観光スポットがあります。今回は、そんなドバイの観光名所などを含め、おすすめのスポットを20選、ご紹介させていただきます。

ドバイモールのおすすめのお店1:エミレーツ公式ストア見出し

アラブ首長国連邦最大の航空会社エミレーツ航空の公式ストアが入っています。2017年にベストエアライン賞を受賞した評価が高く人気の航空会社です。日本からドバイにいく際もエミレーツ航空の直航便を利用する方が多いでしょう。綺麗な赤に複雑な白のロゴが映えるおしゃれなデザインです。国旗の色もかっこいいですね。

エミレーツ航空といえば、客室乗務員の衣装が珍しいデザインで有名です。赤い帽子が特徴的でとても人気があります。エミレーツ公式ストアではキッズサイズで客室乗務員とパイロットの制服が販売されていて人気のお土産となっています。エミレーツのTシャツを着たテディベアもとても可愛くておすすめです。

ドバイモールのおすすめのお店2:candylicious見出し

ドバイモールの中でも一際カラフルで目立つお店がcandyliciousです。キャンディを中心に色とりどりのお菓子が売られています。店舗は水族館の近くにあるので見つけやすいと思います。中で多様な柄のキャンディが次々と作られる様子も見ることができる人気のお店です。

見ているだけでも幸せな気持ちになる可愛いお店で、お土産も選んでみてはいかがでしょうか。ドバイで買うチョコレートは美味しいのでおすすめです。見たことのないお菓子、日本では買えないフレーバーなどあり、日本人観光客にも人気のお店です。店内の細部までこだわった装飾をお楽しみください。

ドバイモールで食事するならココ1:フードコート見出し

ドバイモールには巨大なフードコートがあります。ただ、時間によっては席を探すのが難しいほど混んでいます。グループ旅行中で食べたいものがバラバラの時はフードコートが便利です。値段もレストランで食べるより低価格に抑えられるのでおすすめです。下を見るとスケートリンクが見える席もあります。

ドバイモールで食事するならココ2:人気のハンバーガー屋見出し

BURGERFUEL

ドバイには美味しいハンバーガー屋がたくさんあります。ドバイモール内にも何軒も見つけることができます。BUGERFUELはジューシーなお肉が評判お店です。フライドポテトもサクサクで美味しいです。ラクダの肉を使っているSwitchというハンバーガー屋さんもあります。多数のハンバーガー屋から好みの店を見つけてみてください。

Shake Shack

アメリカNY発のShake Shackはドバイにオープンしてから今までずっと絶えずお客さんが入る人気店です。ハンバーガーにしては結構高めですが、ホクホクのフライドポテトとジューシーなお肉で満腹になります。塩辛いので味濃いめのバーガーを好む方におすすめのお店です。

ドバイのレストランで異文化体験!おすすめのグルメ&現地料理をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドバイのレストランで異文化体験!おすすめのグルメ&現地料理をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドバイのレストランでは、世界中の高級食材を集めた豪華な料理から、近隣諸国の味がミックスされたアラビア料理まで、様々なお食事を楽しめます。その非日常の雰囲気も重なり、鮮烈な異文化を体験できる場所です。ドバイのレストランでいただけるおすすめ現地グルメを紹介します。

ドバイモールのおすすめカフェ見出し

Walter's Coffee Roastery

美味しいコーヒー、紅茶、そしてスイーツが食べられるお店として評判が良いのがWalter's Coffe Roasteryです。ここでは実験室にいるような気分になるユニークな作業が見られます。コーヒーができるまでもぜひお楽しみください。コーヒー、ケーキどれもとても美味しいです。

Spoon & Glaze

Spoon & Glazeではフォトジェニックなケーキを楽しむことができます。植木鉢に入った土と花にしか見えないのですが、この花以外の部分がケーキなのです!可愛いですよね。いろいろなケーキの種類があるので選ぶのにも悩んでしまいます。お店のデザインも可愛らしいので見てみてください。

アラビカ

京都発で話題になっているカフェアラビカがここドバイにオープンし、注目されています。京都で行列ができていますが、ドバイモール店もいつも多くの人で賑わっています。お店の雰囲気、店員さんの接客、コーヒーの味、全てとても良く人気の理由がわかります。アラビカコーヒーをドバイで味わってみてはいかがでしょうか。

ドバイモールで必見の場所1:水族館見出し

ドバイモールにはまだ世界最大なものがあります。ドバイモールで最も有名な施設といえば、世界最大のアクリルパネルが使われている大水槽、水族館です。こちらの大水槽は水族館に入場せずとも、誰でも無料で見ることができます。買い物に来て気軽に水族館も楽しめるのがドバイモールの魅力です。

この世界最大の水槽を見ながら食事が楽しめるカフェもあります。もっと中を見たいという方はお金を払って水族館内を見学できます。魚を見渡せるトンネルは美しく、とても人気です。買い物に飽きた時は水族館でゆったり泳ぐ魚に癒されてはいかがでしょうか。子連れの方にもおすすめの施設です。

ドバイモールで必見の場所2:スケートリンク見出し

ドバイモールのフードコートから下を見ると巨大なアイススケートリンクがあります。オリンピックサイズのスケートリンクがショッピングモール内にあるのには驚きです。広いリンクで優雅にスケートを楽しんでみてはいかがでしょうか。子供用のシューズも用意されているので家族で楽しむこともできます。

ドバイモールで必見の場所3:ドバイファウンテン見出し

ドバイモールとブルジュハリファの前で毎日数回も行われるのがドバイファウンテンのショーです。この噴水ショーも世界最大級と言われています。ショッピングの合間に見に行って見てはいかがでしょうか。ショーが見やすい位置はかなり人がいます。ベストスポットで見たい場合は早めに行って場所取りをしましょう。

ドバイファウンテンの魅力は、その水量、そして高くまで上がる勢いです。さらに音楽と光に合わせて水がいろいろな方向に動き、ダンスしているように見えます。水が高く上がる時はドーンという音がするほどの勢いで噴き出します。夜は30分に一回行われるので時間を見つけて外に出ましょう。

ドバイモールで必見の場所4:ブルジュハリファ見出し

ドバイモールと地下で繋がっているのが、世界一の高さを誇るブルジュハリファです。ドバイモールに行く時はこちらも要チェックです。124・125階に展望台があり、絶景を楽しむことができます。148階にも展望台がありますが、チケットが別なので購入時に注意しましょう。

ブルジュハリファの展望台から観る夜景は言葉で表せないほど美しく、魅了されます。できれば夜景が見れる時間に行きましょう。当日チケットもありますが、売り切れることもあり、とても高いので事前予約していくことをおすすめします。展望台に登る前後はドバイモールで買い物をして時間を潰しましょう。

ドバイモールでお土産を買おう!見出し

Patchi

ドバイ王室御用達の高級チョコレートPatchiはドバイのチョコレートの中で最も人気の一つです。繊細にデコレーションされたチョコレートはどれも美しく、包装もおしゃれなのでお土産にするととても喜ばれます。選びきれないほどの種類のチョコレートが飾られています。じっくり買い物を楽しみましょう。

Camel Company

ドバイ旅行では砂漠に行ってラクダに乗る人もいるでしょう。空港やお店で等身大のラクダの像も目にします。お土産にもラクダグッズが人気です。Camel Companyはラクダのお土産が豊富に取り揃えられています。ピンクのラクダのぬいぐるみは珍しくて可愛いです。お気に入りの一頭をお家に連れて帰りましょう。

Al Jaber Gallery

ドバイモール内でお土産の品揃えが良いのはAl Jaber Galleryです。ドバイらしい衣装、置物から比較的安く購入できるマグネットやキーホルダー、ポストカードなど様々な品物があるのでここで一気に購入すると楽でしょう。自分へのお土産も買っておくと旅の思い出になりますね。

スーパー Waitrose

海外旅行中は現地のスーパーに行ってみるのがおすすめです。できれば地元の人しか行かないようなスーパーをおすすめしたいのですが、ドバイモール内の英系スーパーWaitroseではドバイらしいお土産も買うことができるので覗いてみてください。大量のお土産を買う時はここでリーゾナブルに選びましょう。

ドバイのお土産と言えば?金製品から雑貨まで人気の定番アイテムをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドバイのお土産と言えば?金製品から雑貨まで人気の定番アイテムをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
セレブや石油王などが集まるお金持ちのイメージが強いドバイ。そんなドバイではどのようなお土産が人気なのでしょうか。今回は、ドバイへ行ったら是非おすすめしたい、ドバイの定番のお土産、金製品から雑貨まで、ご紹介させていただきます。

ドバイモールへの行き方・営業時間・免税情報見出し

ドバイモールへの行き方

ドバイモールの最寄駅はブルジュハリファ/ドバイモール駅です。駅からドバイモールまで屋内連絡橋があります。歩く歩道もありますが、速度がかなりゆっくりです。ドバイモールまでは距離があり約10分から15分かかります。多くの人がドバイモールに向かって歩いていきますので迷う心配はないと思います。

営業時間

ドバイモールは朝10時の開店から深夜0時まで営業しています。一部施設は早めに終了している場合もありますが、ほとんどの店舗が深夜まで営業しています。閉店間際までお客さんがたくさんいるのには驚きます。ドバイの夜は長いですね。せっかくなので遅くまで買い物を楽しむといいでしょう。

ドバイは全て免税?

ドバイでは全ての買い物が免税というショッピング天国です。もちろんドバイモールでどれだけ買い物しても免税とはありがたいですね。ドバイモール内には高級ブランドが多数入っているので思い切って買い物するのもいいかもしれません。普段免税を希望する時は空港の免税店でというイメージがありますが、ドバイではドバイモールで買い物しましょう。

ドバイ・メトロの魅力に迫る!地下鉄路線図を片手に観光を楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドバイ・メトロの魅力に迫る!地下鉄路線図を片手に観光を楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アラブ首長国連邦のドバイには中東では珍しい地下鉄が走っています。ドバイメトロといわれるこの地下鉄、レッドラインとグリーンラインの2路線があります。メトロは人気の観光スポットを通るので観光客の移動手段としても便利です。ドバイメトロの乗り方や沿線をご紹介します。

欲しいものが全部揃うドバイモールで充実した時間を見出し

世界最大のショッピングモールは楽しめそうですか?限られた時間で免税で十分に買い物を楽しむために、行きたいお店や食事場所をいくつかピックアップしておくといいでしょう。ドバイの煌びやかで活気のある雰囲気をドバイモールでお楽しみください。世界最大のモールで最高の思い出を作りましょう!

投稿日: 2017年8月5日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote