地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

神保町のボンディへ行ってきた!カレー激戦区の名店!おすすめメニューまとめ!

千代田区神保町は本の街、カフェの街と様々な一面を持っていますが、カレーの街としても有名ですよね。なかでも神保町に来たらまず押さえておきたいのが「ボンディ」。おすすめメニューを紹介しながら神保町・欧風カレーボンディの魅力をたっぷりお伝えします。

カレー激戦区・神保町で大人気の店舗ボンディ見出し

神保町にある名店ボンディは「神保町のカレーといえばボンディ」と多くの人が答えるほどの有名店舗。そのボンディを食べるにあたって忘れてはいけないキーワードは「欧風カレー」「じゃがいも」「チーズ」です。それらを踏まえてカレー激戦区でその名を轟かす神保町・ボンディには、どんなおすすめメニューがあるのか紹介していきます!

有名人もおすすめ!カレーグランプリ初代王者のボンディ見出し

お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼さん、ピースの又吉直樹さん、加藤浩二さん、マツコ・デラックスさんなど多くの芸能人も絶賛するボンディのカレー。それもそのはず、ボンディは神田周辺のカレー屋さんの中から投票で1位を競う「神田カレーグランプリ」で初代グランプリに輝いたお店なんです!

東京のカレーの名店おすすめランキングTOP11!激戦区もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京のカレーの名店おすすめランキングTOP11!激戦区もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本の国民食と言っても過言ではない「カレーライス」。魅力的な飲食店が多く集まる東京には、もちろんカレーが美味しいお店もたくさんあります。カレーが食べたくなったら是非訪れてみたい、東京の人気店・名店をランキング形式でご紹介します!

隠れ家のような店舗を探して見出し

地下鉄神保町駅A6番出口を出て徒歩1分。大通り沿いにあるので、それほどビルを見つけるのは難しくありません。

しかし店内への入り口へ続く階段・エレベーターはビルの裏側にあり、初めて行く人は少々戸惑うかも知れません。昔は「古本屋を通り抜けて下さい」という案内書きがありましたが、最近は「ビルの裏側へお回りください」という注意書きに変わりました。

本当にここにカレーの店舗があるの?と疑いたくなるビルですが、そこは人気の店舗なだけあって列が出来ていることが多いので見落とさずにたどり着けるでしょう。時代を感じさせる看板やイスが並ぶノスタルジックな空間を抜けるとそこは、長年変わらず続く伝統の味が待っています。

神保町・ボンディ名物!じゃがいものサービス見出し

ボンディでは、カレーを注文するとじゃがいもとバターがサービスで提供されます。このようにじゃがいもが丸ごと提供されるにはワケがあります。まずボンディのカレーにはじゃがいもが入っていません。

理由は水っぽくなるから。しかし「カレー=じゃがいも、にんじん、玉ねぎ」というイメージがあるため、さらにはお腹いっぱいになって欲しいという神保町本店の創業者・村田紘一さんの真心こもった優しさがあります。

最初は丸ごとのじゃがいもに驚くかもしれませんが、気づくとこれが無ければ寂しいほど。食べ方は前菜やおかずとしてじゃがバターにしたり、そのままカレーに入れてしまったりと、食べる人の自由です。ぜひご自分のスタイルを見つけてください。こちらはライスの上にドンと丸ごと乗せてバターをご飯に溶かしていくスタイルのようです。

お店を見渡すと最初にじゃがバターで食べる派が多いようですが、このようにカレーの具として使用するスタイルの方もいらっしゃいます。

皮をむいたり、皮付きのままだったり好みは様々ですが、どんな食べ方でもしっくりくるのが神保町・欧風カレーボンディのカレーの魅力なのかもしれません。ちなみにじゃがいもは一人2個ついてくるので、一つ目はじゃがバター、二つ目はカレーに混ぜるというのもアリです!

神保町でランチ!安い・美味しいおすすめの店ランキング23選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
神保町でランチ!安い・美味しいおすすめの店ランキング23選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都の大手の会社が並び、本の街として知られている神保町。そんな神保町では一人でも気軽に寄れるお店が多く点在しています。安い、美味しいおすすめのランチを味わうことができ、有意義な時間を過ごせます。今回は神保町のおすすめランチをランキング形式で紹介していきます。

神保町・ボンディのおすすめその①ビーフカレー見出し

王道のビーフカレー(1350円・税抜)。まず口に広がるのは、まろやかな甘味。これはボンディ創業者・村田紘一さんがフランスのレストランで働きながら奥深さに感動したブラウンソースをもとにしたもの。

乳製品、リンゴをメインにしたたくさんの果物、そして玉ねぎなどの野菜、そしてたっぷりのバターが織り成す甘味です。そこにスパイスを加えることによって甘さと辛さが絶妙に混ざり合う奇跡のカレーになります。

ゴロゴロ入った大きな牛肉はとてもやわらかく、ホロホロと口の中でほどけていきます。これを食べるためだけに神保町に来る価値があります。さらに忘れてはいけないのが、ボンディのカレーにはライスの上にチーズが必ず乗っていること。苦手な人は注文の際に抜いてもらう方がいいですね。しかし!ボンディのカレーとチーズの相性はその想像を越えます。

神保町・ボンディのおすすめその②チキンカレー見出し

香ばしさがクセになるチキンカレー(1350円・税抜)。しっかり焼き目がついたチキンは、パリッとした食感。中はしっとりやわらかで、そのジューシーさに夢中になります。素材のおいしさを最大限に引き出した丁寧な仕事をしているからこそ、カレー激戦区の神保町で人気を維持し続けられる店舗なのではないでしょうか。

「普通のカレーより倍高い。でも倍上手い」と、おぎやはぎの矢作兼さんがオススメするのもこのチキンカレーです。最初はそれほど期待していなかったそうですが、ひとりで来店したにも関わらず一口食べて「うまい!」と言ってしまったと語っていました。

相方の小木博明さんも義弟・森山直太郎さんが家族旅行のお土産で持参したボンディのカレーを食べた時、全員がおいしいと認めたと絶賛しています。

ボンディのチキンカレーを絶賛するのは6:30頃からになります。矢作兼さんの後輩芸人はカレー好きが多く、その中でもマンボウやしろさんは「カレーが好き過ぎて神保町に住んでいる」そうです。そんなマンボウやしろさんがおすすめするのもボンディで、ズバ抜けておいしい店舗だと評価しています。

神保町・ボンディのおすすめその③ポークカレー見出し

ボリュームにびっくり!ポークカレー(1350円・税抜)。角煮のような大きさな豚肉は食べごたえ満点!豚肉とボンディの欧州カレーの甘辛さはよく合います。深みを感じるビーフ、香ばしさ際立つチキンそれぞれに特徴がありますが、ポークカレーはまろやかさとうま味を十分楽しめる逸品です。

これほど大きな具がゴロゴロ入っているのに、しっかりやわらかく煮込まれているので、女性でもペロリと食べ切れてしまいます。一見するとご飯の量に対してルーは少し少な目に感じますが、カレールーの味が濃厚なのでライスもどんどん進んでしまいます。ポークカレーは肉のうまみも相まってさらにご飯のペースが上がってしまうので注意が必要です。

神保町・ボンディのおすすめその④チーズカレー見出し

チーズ好きなら迷わずコレ!チーズカレー(1350円・税抜)。先述したとおり、ボンディのカレーには基本的にライスの上にチーズがトッピングされています。さらにルーにまでチーズがたっぷり入ったチーズカレーは、チーズ好きに食べて欲しいメニューです。

カレーとチーズの香り、さらにスプーンですくった糸引くチーズは見るだけで食欲をそそられます。

チーズカレーを食べている人が目の前にいると「なぜチーズカレーを頼まなかったんだ」と後悔するほど視覚的誘惑が凄まじいです。もちろんお味も芳醇なチーズの香りと甘みとうま味と後から来る辛さがクセになるカレールーのコラボレーションにノックアウトされます。

ボンディのカレーはそれぞれ甘口・中辛・辛口が選べますが、チーズカレーは辛口を選んでもその辛さがマイルドになるので、辛いカレーは苦手という方にもぴったりです。セルフサービスのトッピングにあるレーズンを入れてもおいしいです!トッピングは他にも、梅干し、らっきょう、柴漬けなどがあります。

神保町・ボンディのおすすめその⑤魚介ミックスカレー見出し

海の幸を楽しむ魚介ミックスカレー(1500円・税抜)。白身魚が入ったインパクト大な魚介ミックスカレー。

ホタテ、エビ、アサリなどその日によって具材は変わります。今日は何が使われているのか店員さんに聞いてみてるのも良いですし、テーブルに出されるまで楽しみに待っていてもいいです!

それぞれしっかり焼き色がつけられており、色々な味が楽しめます。お値段は一番お高いメニューではありますが、それでも納得!また食べたい!と感じる一品です。また、魚介ミックスとは違うメニューになりますが、期間限定の牡蠣カレーも魚介好きには試して欲しいメニューです。

デザートはこれ!なめらかプリン見出し

じゃがいも、たっぷりの具材が入ったカレールー、チーズの乗ったちょっと多めのご飯、これほど食べても締めのデザートなめらかプリンは外せません!名前のとおりのなめらかさで、するんと口の中を溶けていきます。お好みでほろ苦のカラメルソースをかけて召し上がれ。

なめらかプリンはテイクアウトもできます。なめらかと言ってもドロドロしているわけではなく、しっかりスプーンですくえる程のまとまりはあります。口に入れるとたまごの風味を感じ、自家製手作りのプリンのような懐かしさも感じることが出来ます。

欧風カレーを食べに神保町へ行こう!見出し

Photo by atk1983

いかがでしたか?神保町には数えきれない程のカレーの店舗がひしめき合っています。そんな神保町で長年愛され続けているボンディ。ランチタイムには長蛇の列が出来る超人気店なので、早めに行くことをおすすめします。デートにも、家族団らんにも、頑張った自分へのご褒美にも行きたくなるボンディの欧風カレー、ぜひ味わってください。

関連キーワード

投稿日: 2017年11月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote