地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーベルジュ湯楽でゆったりしよう!観光先で頂くグルメと温泉を紹介!

神奈川県湯河原温泉にある「オーベルジュ湯楽」の魅力を詳しくご紹介します。オーベルジュ湯楽は、湯河原の中でも人気の宿泊施設。ここでは、温泉の特徴やアクセス情報、朝食やディナーのおすすめポイントや子供連れの方へのお得な情報も挙げていきます。

オーベルジュ湯楽は東京の奥座敷にある温泉宿見出し

神奈川県湯河原温泉は、「東京の奥座敷」とも呼ばれるスポットで、熱海・伊東よりも奥まったところに位置していることから大人のための癒しスポットとしても有名です。雄大な自然を満喫できる湯河原に「オーベルジュ湯楽」があります。ハイクラスのおもてなしや料理・温泉の情報など詳しくご紹介していきます。

湯河原梅林特集!アクセスや駐車場に例年の見頃の時期などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
湯河原梅林特集!アクセスや駐車場に例年の見頃の時期などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神奈川県湯河原町の「湯河原梅林」では、美しく咲き誇る梅の花を見ることができます。梅の花なら、湯河原梅林がおすすめです。湯河原梅林の見頃の時期や、イベント情報、そしてアクセス方法に押さえておきたい駐車場情報など、気になる情報をまとめてご紹介していきます。

オーベルジュとは?見出し

「オーベルジュ」とは、一言でいうと「宿泊が出来るレストラン」という意味になります。もちろんホテルでも食事をすることが出来るので、違いがないと思われることが多いですが、実はオーベルジュは、レストランという食事が出来るお店が発展したことに対し、ホテルは宿泊施設に飲食店が付随したものという扱いになります。

そのため、オーベルジュであればレストランで食事だけを楽しんで宿泊はしないという利用も仕方も可能です。そしてオーベルジュはフランス語なので、フレンチやイタリアンといった西洋料理が中心に提供されます。オーベルジュ湯楽は大人だけでなく子供も楽しめるサービスを提供しているので、家族連れにもおすすめです。

オーベルジュ湯楽へのアクセス見出し

オーベルジュ湯楽までのアクセスは公共交通機関をお使いの場合、東京方面からなら東京駅から東海道新幹線こだまに乗り、「小田原駅」で降ります。次に小田原駅からJR東海道本線の「熱海行き」か「伊東行き」か「JR快速アクティー」のいずれかに乗り換えます。1時間に2・3本程度なので、時間に余裕をみて移動します。

乗り換えたら、「湯河原駅」で下車します。東京駅から湯河原駅まではおよそ1時間と30分程度でアクセス可能なのでアクセス性は高いといえます。湯河原駅からはタクシーか車を使えば8分程度で到着します。なお、市バスを使うばあいには湯河原駅から「藤木橋」で降りて、徒歩2分程度で「オーベルジュ湯楽」にアクセスできます。

なお、徒歩の場合にはオーベルジュ湯楽のお宿直前に坂があるので、子供やお年寄りの方、また体力に自信のない方やお荷物が多い人は、湯河原駅から車を利用してアクセスすることをおすすめします。体力に自信のある方や車を使わない場合には、オーベルジュ湯楽までの道のりも風光明媚なので、歩きながら風景を楽しめます。

東京方面からお車でアクセスするなら、東名高速道路に乗り、小田原・厚木道路へ向かいます。道路の混雑状況にもよりますが、30分から40分ほどのところ「小田原西IC」で降り、そのまま「西湘バイパス」に向かいます。さらに早川ICで降りて、「真鶴道路」から湯河原方面に向かって進むとオーベルジュ湯楽にアクセスできます。

オーベルジュ湯楽の外観・内装見出し

「オーベルジュ湯楽」という名前から、洋風な様相の宿泊施設を想像されることが多いですが、こちらの宿泊施設は純和風のお宿となっています。エントランスホールから受付、全てとても広々としていて、開放感が感じられます。調度品や壁の色など全て和風で統一されていて、海外からの観光客の方にも大変喜ばれます。

元々こちらの宿泊施設は老舗の旅館でした。その老舗の旅館を和モダンに新しくリニューアルし、より美しく利用しやすい宿泊施設へと様変わりしました。そのため、湯河原周辺では比較的新しいお宿でもあるため、他の宿泊施設よりも比較的リーズナブルな価格で宿泊できるというのも、オーベルジュ湯楽の魅力の1つでもあります。

オーベルジュ湯楽の湯楽文庫見出し

なんとオーベルジュ湯楽には1階部分に「湯楽文庫」というライブラリがあります。まるでカフェのようなおしゃれな空間で、雑誌や本などを読みながらゆったりとコーヒーや紅茶をなんと無料で楽しむことができます。そしてライブラリ内はWi-Fi使用が可能なので、インターネット接続もできます。快適な環境でネットもできると評判です。

オーベルジュ湯楽の露天風呂の魅力見出し

オーベルジュ湯楽の最大のウリでもある「露天風呂」は、貸切露天風呂となっているので小さな子供がいるご家庭の方に人気です。なんと20畳以上もある広さを誇るこちらの露天風呂は、100%源泉掛け流しの温泉です。加温・加水・循環一切していないのが特徴です。毎日、湯守の方が清掃をしているのでとっても清潔な温泉です。

温泉の温度は77度と高いです。しかし、加水をするのではなく、オーベルジュ湯楽では源泉をタンクに溜めて適温まで覚ましてから、上から掛け流しの形をとることで、空気に触れさせ入ったときにちょうど良いと感じる温度に調節しています。なお、打たせ湯ではないので掛け流しの温泉に直接触らないように注意します。

貸切露天風呂でも20畳を越える温泉は湯河原エリアではこちらだけです。そのため、大人はもちろんのこと子供にもとっても好評です。手足を伸ばしてゆったりと温泉に浸かれるので、小さな子供のいる方に選ばれています。もちろん、大人だけの利用客も多く、女子旅にもおすすめ。露天風呂からは竹林なども見えて癒されます。

オーベルジュ湯楽の内湯見出し

貸切露天風呂のほかに2つの内湯があります。そのどれもが源泉掛け流しです。源泉掛け流しの「古代檜風呂」は、檜を贅沢に使用した浴槽で、浴室にはいれば檜の良い香りが立ち込めます。檜は香りに癒し効果があるだけでなく、製油成分がお湯を柔らかくし、保温性もあることから、湯ざめしにくいお湯です。

客室の中には、お部屋にこの古代檜のお風呂がついている場合もあります。2人向けの小さなお風呂ではありますが、大浴場と同じ効果です。もちろん、温泉なのでしっかりと温まり、温泉効果も得られます。小さな子供のいるご家庭やカップル・家族連れの方に選ばれているお部屋でもあります。朝食前に入る人も多く、人気のお風呂です。

露天風呂と同じく貸切のお風呂には「石風呂」があります。半露天風呂となっていて、プライベート空間がしっかりと守られます。こちらは先ほどの露天風呂とは異なり、こじんまりとした空間が特徴です。少人数向けなのでカップルや子供のいる少人数家族のお客さんにおすすめ。いずれも源泉掛け流しなのもうれしいです。

オーベルジュ湯楽の客室情報見出し

どのお部屋にも外を眺望できる広縁があるので、ゆっくりと外の景色を楽しみながら、お茶を飲んだりお酒を楽しむことができます。なお、鏡台や冷蔵庫も完備されていて、身だしなみを整えたりするのも便利。冷蔵庫にはいつでもお飲み物を冷やしておけるので、お風呂上りによく冷えたお飲み物がうれしいです。

お部屋にはテーブル・テレビ・金庫・お茶セットなど宿泊に必要なものが全て備わっています。そのため、手ぶらできても問題ないほど。お部屋の広さも色々種類があるので、大人だけの少人数向きの部屋や、子供のいるご家庭向けの広々としたお部屋も選択可能です。クローゼットの中には浴衣やアミニティがあって女性にうれしいサービス尽くし!

オーベルジュ湯楽の贅沢朝食見出し

オーベルジュ湯楽といえばやっぱり食事が豪華かつ絶品と評判です。その素晴らしさは朝食からも堪能できます。オーベルジュ湯楽での朝食は、和食か洋食から選ぶことができるので、「朝食は和食派・洋食派」という人どちらにも対応しています。また普段朝食ではいただけないジャンルを選ぶというのも旅行ならではのチョイスです。

また、洋食を選んだ場合でも朝食ということで、和のテイストを織り交ぜたあっさりとしたメニューが並びます。そのため、子供やお年寄りの方でも朝からしっかりと召し上がることができます。焼き物や小鉢・オードブルなど様々な料理がコースとして提供されます。そして和食の場合には最後にご飯とお味噌汁・焼き魚となります。

スタッフの方の対応はとても丁寧で、パンやスープ・ドリンクなどのお変わりもすぐに気づいてサーブしてくれます。なお、夕食・朝食どちらの時間帯でもレストランに入るとシェフがお客さんに挨拶をしてくれるという心配りがあります。一流のサービスを朝食時から感じられて、一日の元気をもらえます。

オーベルジュ湯楽のディナー見出し

オーベルジュ湯楽で提供される料理は、地元伊豆で獲れた新鮮な魚介類や野菜などをふんだんに使っているのが特徴です。そのため、夕食・朝食どちらも高いクオリティの料理を堪能することができます。こちらではシェフの腕によりをかけた創作イタリアンを心行くまで満喫できます。また子供でも食べやすいメニューもあります。

オーベルジュ湯楽でのディナーではいくつかのコースから選ぶことができます。「シェフ特選コース」や「湯楽特選コース」、さらに「イタリアンコース」の3つが基本用意されています。いずれのメニューも、伊豆で獲れた上質で新鮮な食材を使っていて、旬のものを中心にメニューに取り入れているので、季節の移ろいを舌で味わえます。

シェフ特選コースには旬の食材を使った前菜皿、お造り皿、温菜皿、箸休皿、温魚皿などと豊富な種類のメニュー構成となっています。なお、〆の皿では「イタリア産 トリュフ御飯」「燻製秋刀魚の炊き込み御飯」「天蕪のお吸い物」がいただけます。山形県産のコシヒカリと使っているので、ふっくらもちもちの食感がたまりません。

オーベルジュ湯楽周辺の観光情報1:万葉公園見出し

湯河原駅から車で10分程度のところにある「万葉公園」は、オーベルジュ湯楽からのアクセスも大変便利なのでおすすめスポットです。園内には朱塗りの橋があってとってもフォトジェニック。万葉集にも詠われた木々がそこかしこに植えられていて、とても心安らぐ癒しスポットです。川のせせらぎに耳を傾けながらの散策が良いです。

園内には現在では大変貴重なかやぶき屋根が美しい「万葉亭」の他に、日帰りで入浴も可能の「こごめの湯」が近くにあるので観光で訪れるのにはぴったりな場所といえます。また、「足湯 独歩の湯」という足湯も併設されているので、観光のついでに湯河原温泉を気軽に楽しめるスポットとして大人気です。世代を問わず人気の公園です。

足湯スポットは天然温泉を使用しており、足ツボを刺激するマットも置かれています。こちらの足湯は観光客だけでなく、地元の人にも親しまれています。なお、園内にある万葉亭は、お茶室なので一人400円の料金でお茶とお菓子をいただけます。足湯でのんびりと癒された後に、甘いものとお茶でリラックスするのもおすすめです。

オーベルジュ湯楽周辺の観光情報2:MAZDAスカイラウンジ見出し

「MAZDAスカイラウンジ」はバイク乗りの人だけでなく、観光でもおすすめのスポットです。オーベルジュ湯楽から車で数分でアクセスできるので、ぜひ訪れてほしい観光名所の1つです。ラウンジからは360度見渡せる大パノラマによる絶景が広がり、富士山や芦ノ湖、大島・三浦半島までも見渡すことができます。イベントも定期的に開催されています。

ラウンジの中には、ソファ席などもあるので天気が良くない場合でもゆったりとした時間が過ごせます。そしてお食事処もあるので、芦ノ湖や富士山を眺めならの食事もおすすめ。さらにお土産コーナーもあるので、伊豆や箱根・富士エリアのお土産を購入できて人気です。オーベルジュ湯楽からアクセスも便利です。

オーベルジュ湯楽周辺の観光情報3:不動滝見出し

湯河原駅より奥湯河原・不動滝行きバスに乗ること15分ほどのところにある「不動滝」は、湯河原エリアでも定番の観光スポットです。15メートル以上の落差から落ちる滝はとても豪快です。滝の左に「身代わり不動尊」、そして右に「出世大黒尊」が祭られているパワースポットでもあります。空気も澄んでいてとても癒されます。

滝の近くには、お茶屋さんもあるので滝と周囲の緑を感じつつのティータイムもおすすめ。駐車場から滝までの道のりも、木々が生い茂り夏は豊かな緑、秋は燃え上がるような紅葉を見ながらの散策も素敵です。アップダウンのあまり激しくないところなので、お子さんやお年寄りの方でも気軽に立ち寄れるスポットです。

オーベルジュ湯楽周辺の観光情報4:五所神社見出し

最後にご紹介するのがこちら「五所神社」です。こちらの神社は子供の健やかな成長と健康のご利益があります。そのため、地元の人がお宮参りや七五三で参拝をするところでもあります。1000年以上の歴史を誇る由緒正しい神社で、地元の人に親しまれています。また長寿長命の神、湯の産土神としも祭られています。

定期的に様々な催し物や儀式を行っているこちらの神社の中でも特に「例大祭」は地元の人だけでなく、観光客も訪れる人気のイベントです。笙(しょう)篳篥(ひちりき)龍笛(りゅうてき)の音が響き、とても神聖な式となります。境内にあるご神木は、健康・長寿の他に、ボケ防止の力を与えてくれるといわれています。

オーベルジュ湯楽で極上の時間と絶品料理を堪能しよう見出し

オーベルジュ湯楽のおすすめ情報はいかがでしたか。大人だけでなく子供も楽しめるおもてなしや、広い貸切露天風呂や、絶品ディナーや朝食の情報など、オーベルジュ湯楽の魅力をご紹介しました。さらにオーベルジュ湯楽周辺の観光スポットも豊富なので、ぜひオーベルジュ湯楽に宿泊の際には湯河原を満喫してください。

湯河原の日帰り温泉ランキング!おすすめの源泉かけ流しの湯処などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
湯河原の日帰り温泉ランキング!おすすめの源泉かけ流しの湯処などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
1700年の歴史を持つ湯河原温泉には、宿泊施設はもちろんおすすめの日帰り温泉施設が数多く点在しています。古くからの温泉郷でありながら、都心からのアクセスも良く多くの人々が訪れています。癒しの湯、かけ流しの湯と湯河原にはみんなで楽しめる日帰り温泉が沢山あります。
投稿日: 2017年11月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote