地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

小田原でうなぎを食べるなら?ミシュラン掲載の名店や老舗の人気店で決まり!

首都圏でうなぎといえば東京の下町や成田山が思い浮かびますが、神奈川の小田原もうなぎが美味しい街です。歴史的背景もあり、昔からうなぎが食されてきたのです。そんな小田原で人気のうなぎ店を7店、ピックアップしてみました。小田原のうなぎをぜひ堪能してください!

小田原でうなぎを堪能したい!見出し

Photo by chiaki0808

小田原は神奈川県の小田原市のことで、小田原城を始め、たくさんの名所や観光スポットを擁する街でもあります。特に東京からも近いので、ワンデイトリップには最適。グルメも充実しています。その中でもおすすめしたいのが「うなぎ」です。鰻重や鰻丼など、いろいろな食べ方がありますが、どれもおいしく、名店揃いです。ここではそんな小田原を代表するうなぎの名店を7店、紹介します。

小田原の海鮮丼で舌鼓!ランチが安い人気店やおすすめの店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
小田原の海鮮丼で舌鼓!ランチが安い人気店やおすすめの店をランキングで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
小田原ちょうちんとかまぼこで有名な神奈川県小田原市は、相模湾を臨む立地から数多くの小漁港が点在する、海の幸の宝庫です。その小田原には美味しい海鮮丼のお店がたくさんあります。今日は小田原で人気のおすすめ海鮮丼のお店をランキングでご紹介します。

どうして小田原でうなぎなのか?見出し

Photo by akira yamada

うなぎと言えば「鰻丼」や「鰻重」、つまり「鰻の蒲焼き」が思い出されますが、どうして小田原がうなぎなのでしょうか。鰻料理といえば、静岡や、東京の浅草近辺の下町、それから成田空港に近い成田山などが関東にはありますが、小田原はあまり耳にしません。ですが、小田原で鰻料理が楽しめるのにはちゃんとした理由があります。

Photo by 持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)

それは小田原の歴史的な背景と、地理に関係した事情があります。小田原は相模湾に面していて、温暖な気候と、海と山、それから川に恵まれた自然の多い地域です。そして、この小田原は江戸時代など旅人が通った東海道五十三次の宿の町のひとつとして昔から栄え、500年の歴史を誇る城下町でもあります。そのため、旅人が力をつける鰻料理もたくさんあり、小田原は隠れたうなぎの街でもあるのです。

小田原観光のおすすめスポットはココ!人気の名所をまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
小田原観光のおすすめスポットはココ!人気の名所をまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
都内からも新幹線を使えば30分で行くことができる「小田原」。小田原には観光客に大人気の小田原城、また小田原周辺には、箱根や熱海があるので旅行のついでに観光で立ち寄る方もたくさんいます。今回は小田原のおすすめの観光や人気の名所をご紹介します。

小田原にはミシュランで星を獲得したうなぎ店がある!見出し

Photo by hiroooooki

知られざるうなぎの街である小田原には、おすすめの美味しいうなぎ店が無数にひしめいています。名店や老舗もたくさんありますが、中でも注目したいのは、うなぎ店ながらミシュランで紹介され、星を獲得したうなぎ店もあるということです。どんなジャンルでもミシュランで星を獲得するのは困難な中、うなぎで名を馳せているのです。前項で挙げたうなぎで有名な街の店ならともかく、小田原には世界が認めた美味しいうなぎの店があるのです。

Photo by BONGURI

そもそもミシュランとはなんでしょうか。これはミシュラン・ガイドブックのことで、フランスの自動車用タイヤメーカー「ミシュラン」が旅行促進で発行するガイドブックであり、中には3星以上を獲得したレストランを集めるガイドブックもあります。厳正な覆面審査で評価された、厳選された店にだけつけられる星で、ひとつでも星がつくと一生安泰ともいえるほどの権威のあるガイドブックです。

ミシュランで紹介された小田原のうなぎ店1「鳥かつ楼」見出し

世界的に知られるガイドブックであるミシュランで紹介され、厳しい審査員の舌に認められたうなぎ店のひとつがこの「鳥かつ楼」になります。ミシュランの獲得で話題になっただけでなく、安倍晋三首相も来たことがあるという名店ですから、名実ともに認められた飲食店であることは間違いありません。「鳥かつ楼」はそれだけ優れた料理を出す店ではありますが、予算はランチが2000円レベル、ディナーでも3000円レベルと安いのも魅力です。

場所は小田原駅から約1キロくらいの距離です。徒歩でいえば10分くらいでしょう。要するに小田原の中心地にありますので、足を運びやすく、かつ小田原屈指の絶品の美味しいうなぎが堪能できるというわけです。小田原のうなぎ店を紹介するサイトの大半ではまずここをおすすめするほどですし、ミシュランも保証した美味しいうなぎです。

箱根のうなぎ人気店!ミシュラン有名店や老舗の値段などもまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
箱根のうなぎ人気店!ミシュラン有名店や老舗の値段などもまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
温泉で有名な観光スポット箱根を訪れたらうなぎはいかがでしょうか。箱根では駿河湾の海鮮料理と思われがちですが、うなぎの老舗や名店も多くあります。城下町・小田原の観光や箱根の温泉を楽しむ際には、疲れも吹っ飛ぶうなぎを食べて、ちょっと贅沢してみませんか。

ミシュランで紹介された小田原のうなぎ店2「友栄」見出し

「友栄」もまたミシュランで美味しいとおすすめされるうなぎの店です。うなぎはやっぱり老舗がいいですが、こういったミシュランで紹介されるような有名店も間違いなくおすすめです。しかも、稀少といわれる青うなぎが食べられるので、ミシュランだからというわけではなく、関東、あるいは日本でも屈指の人気店になります。

ここのうなぎが美味しいのはやはり、うなぎの美味しさを存分に引き出すことに成功した調理法です。うなぎは絶品のタレがかけられ、ふんわりとやわらかく、溶けるような美味しさを保っています。うなぎの味はタレで方向性が決まりますから、タレがいいということは間違いなく美味しいわけです。そんな「友栄」の場所は、風祭駅から徒歩5分程度。予算は6000円くらいを見ておいてください。

小田原城に近い「うなぎ松琴楼」見出し

ここからはミシュラン推薦店ではありませんが、老舗的で誰もが美味しいとうなる、おすすめのうなぎ店を紹介します。小田原でうなぎを堪能したいときに、ここに行けば間違いながないというベスト5店をピックアップしました。まず紹介するのは「うなぎ松琴楼」です。場所は小田原城のすぐ近くで、小田原駅からも徒歩で5分くらいで着くという好立地。たくさんの人に知られ、老舗の中でも有名で人気のあるうなぎ店です。

「うなぎ松琴楼」のうなぎは比較的タレが薄めの傾向にあります。ですので、濃い味がやや苦手な人でも十分に美味しいと感じることでしょう。だからといって、うなぎの美味しさを損なうような味わいではなく、十分に鰻料理らしいうなぎが食べられます。また、焼き加減も絶妙で、ふわっとした食感はうなぎ好きには堪らないこと請け合いです。間違いなく、ここは小田原でもトップレベルのおすすめのうなぎ店です。

タレに定評のある老舗うなぎ店「柏又」見出し

「柏又」は小田原でも屈指の老舗うなぎ店になります。タレが非常に美味しいと評判で、かりっと香ばしく焼かれたうなぎにぴったりと人気があります。タレは鰻料理の要ですから、それが美味しいということは、間違いなくおすすめできるに値するうなぎ店であるといえます。こういった伝統的な料理はやはり老舗の蓄積された経験に裏打ちされた技術によって再現されるというのも間違いありません。

「柏又」の場所は小田原駅から徒歩10分ほどのところです。この近辺も小田原のうなぎの名店が集まる地域になります。ですので、競争率の高い場所ながら、老舗の実力を発揮し、他店に追い越されない美味しい味わいを今でも保っています。必ずしもミシュランなどの権威に認められているかどうかが重要でなく、本当においしいかそうでないか。それを教えてくれる店です。

老舗で大人気のうなぎなら「うな和」見出し

小田原の老舗でおすすめのひとつはここ「うな和」です。小田原の中心地からは若干外れることから、ここに行くまでのプロセスが面倒だと感じる人もいるかもしれません。ですが、それでも美味しいことで高い満足感を得られるのがここ「うな和」の特徴です。

場所は国府津駅の辺りで、駅から徒歩10分程度になります。生のうなぎをゼロから作るちゃんとした老舗ですから、間違いなく本物の味に出会えることは請け合いです。たまにはこういった離れた場所のうなぎの老舗にわざわざ会いに行くのも小旅行の楽しみではないでしょうか。

小田原の定食屋でうなぎといったら「相住食堂」見出し

うなぎは老舗や専門店だけの専売特許ではありません。ここ「相住食堂」のように、定食店で食べるのもまたいつもとは違った雰囲気でいいものです。だからといって、「相住食堂」ではうなぎも本格的です。支払った分以上の満足感は得られますから、ほかの定食もさることながら、鰻料理もおすすめです。

「相住食堂」は小田原駅から徒歩5分の距離にあります。店の雰囲気はイメージする定食食堂そのもの。なんというか、昭和のような、レトロな雰囲気もあって、懐かしくて居心地のいい懐かしさを感じるかと思います。そんな場所で堪能する美味しいうなぎ。ぜひ小田原に行ったら足を運んでもらいたい食堂です。

注文してからうなぎを捌くのが「正直家」見出し

なんとも不思議な名前のうなぎ店がこの「正直家」です。鴨宮駅から徒歩4分の場所にある、今回紹介する店の中ではなかなか変わった店かもしれません。ですが、うなぎの肝など、酒飲みには堪らない料理もちゃんとあり、地元に根付いた鰻料理店になっています。

この店の名前が正直になっているのは、まさにうなぎに対して誠実だからではないでしょうか。他店ではある程度の段階までは作り置きをしていたりするのが普通ですが、この店では注文を受けてから生きたうなぎを捌いて調理するということで、時間はかかりますが、新鮮で、ほかにはないうなぎ本来のおいしさを堪能することができます。ですので、この店もまた、絶対的におすすめしたいうなぎ店なのです。

だから小田原に行ったらうなぎにしよう!見出し

うなぎといえば、で思い出される街はいくつもあります。しかし、これを読むまで小田原と思い浮かべた人は少ないのではないでしょうか。小田原は海に面していますので、ほかにも海鮮なども十分に魅力のある場所です。ですが、歴史を振り返れば城下町であり、東海道五十三次のひとつだったことを考えれば、うなぎを堪能できる街として魅力があります。もし小田原を訪れることがあったら、ぜひうなぎを楽しんでみてください。

投稿日: 2018年3月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote