地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

渋谷のコインロッカーまとめ!100円・安い・女性におすすめ穴場もご紹介!

東京のど真ん中である渋谷!お買い物や観光として利用する方が大変多い街なので、荷物を預けるためのコインロッカーは必要不可欠です。今回は渋谷のコインロッカーまとめと題し、100円とお安いコインロッカーや女性におすすめの穴場もご紹介いたします。

渋谷のコインロッカーまとめ!見出し

都会のど真ん中である渋谷は、今や日本の若者だけではなく、外国人観光客も大変多い賑やかな街です。そんな渋谷で荷物を預けるためのコインロッカーはどこにあるのか知っていますか?今回は、渋谷のコインロッカーまとめと題し、100円とお安いコインロッカーや女性におすすめの穴場もご紹介いたしますので、参考にして頂ければ嬉しいです。

渋谷のコインロッカー1:ハチ公改札付近見出し

JR渋谷駅の待ち合わせ場所として有名な「ハチ公前」付近にコインロッカーがあります。場所はハチ公改札口を出て直ぐの場所です。価格は小型400円、中型500円、大型サイズは600円となっており、現金だけではなく、PASMOやSUICAなどの交通系電子マネーを利用することが出来るので便利です。しかし駅前のため、激戦区となっています。

渋谷駅は利用客も多く、外国人観光客も多いせいか、キャリーケースが入る大型コインロッカーにおいては、平日であっても殆どの場所が埋まっているほど人気の場所です。もし利用するのであれば、朝早くに行って確保をすることをおすすめいたします。電子マネーの対応が可能なので、暗証番号の登録となり、鍵を失くす心配もなく便利です。

渋谷のコインロッカー2:東急百貨店沿い見出し

JR渋谷駅のハチ公前付近のコインロッカーは激戦区なので、全て埋まっていて荷物を入れられなかった!という方も多いはず。そんな方に続いてチェックしていただきたい場所は、ハチ公改札から東急百貨店沿いのコインロッカーです。いくつか設置されているので、どこかしらは空いていることが多い穴場スポットです。終日使えるので便利です。

渋谷駅を利用する方は、沢山のお買い物をする方や、イベントやパーティーに参加する若者が多いので、コインロッカーは必要不可欠かと思います。東急百貨店沿いにはいくつかのコインロッカーが設置されているので、駅前が埋まっている場合にはチェックしてみてください。現金のみの支払いで、小型サイズ300円で利用できる穴場スポットです。

渋谷のコインロッカー3:渋谷駅南改札口付近見出し

JR渋谷駅の穴場コインロッカーをご紹介いたします。渋谷駅南改札口の直ぐ近くにコインロッカーがいくつか設置されています。価格は、小型400円、中型500円、大型600円です。ハチ公改札付近のコインロッカーは埋まっていることが多いのですが、南改札口側のコインロッカーは比較的空いていることが多いので穴場スポットなので狙い目です。

またお支払い方法は、現金と、PASMOやSUICAなどの交通系電子マネーでの対応が可能です。現金のみの鍵型タイプの場合、ついつい鍵を失くしてしまった場合、面倒な手続きが必要ですが、交通系電子マネー対応のIC型の場合、暗証番号さえ控えておけば、そのような心配はありません。駅前でコインロッカーの数も多いので、おすすめです。

渋谷のコインロッカー4:渋谷駅中央改札付近見出し

「渋谷駅中央改札付近」にもコインロッカーが設置されています。場所は、中央改札口を出たら左側の階段を下りたところです。玉川改札口の近くでもあるので、場所的に便利な立地です。しかし支払い方法が現金のみの鍵型タイプとなるので、交通系電子マネーの対応が不可となっています。意外と空いていることが多いので、おすすめです。

渋谷駅中央改札付近のコインロッカーは、小型サイズのみで価格は300円とお安いです。大きな荷物を入れることは出来ませんが、価格もお安いのでちょっとした荷物を預けたい時などに利用をしてみてはいかがでしょうか。利用可能のお時間は、始発から終電までとなっています。ハチ公前のコインロッカーが空いていない時などにおすすめです。

渋谷のコインロッカー5:京王井の頭線渋谷駅中央口付近見出し

「京王井の頭線渋谷駅中央口付近」のコインロッカーは人気のスポットです。場所は、京王井の頭線渋谷駅の中央口を出て直ぐの場所に位置しています。改札口近くということで、利用者が多く、埋まっていることが多いので予めご了承ください。価格は小型400円、中型500円、大型800円です。交通系電子マネーは不可で、現金のみの支払いです。

京王井の頭線渋谷駅の中央口を出て直ぐのコインロッカーが埋まっている場合、中央口改札を出て直ぐの右側にある階段を下りた場所にもコインロッカーがあります。価格は上記と同じく小型400円、中型500円、大型800円で交通系電子マネーも対応が可能なコインロッカーがあります。空いている場所も多いので、穴場スポットでもあります。

渋谷のコインロッカー6:100円!道玄坂の途中見出し

渋谷駅周辺で100円で利用ができる最もお安いおすすめのコインロッカーがあります。場所は渋谷109の左側の道玄坂の途中にあります。小型サイズがなんと198個もあり、24時間100円で利用が可能です。駅周辺のコインロッカーは、大体300円や400円となっている中、100円というとても安い料金は穴場です。是非ご利用ください。

道玄坂途中の100円コインロッカーは、大型サイズはないのでご注意ください。渋谷駅から徒歩3分前後と駅近なので、駅前のコインロッカーが埋まっている場合や、駅近のコインロッカーの価格が高いと感じる場合には、利用してみてください。都会で100円という価格はなかなかありません。穴場スポットなので、覚えておいてください。

渋谷のコインロッカー7:渋谷ちかみち地下1F見出し

女性におすすめしたいコインロッカーは、「渋谷ちかみち地下1F」のラウンジの近くにあるコインロッカーです。何故女性におすすめかというと、コインロッカーの近くには、多目的トイレ、女性パウダールーム、授乳室、ベビールーム、男性ドレッシングルーム、ラウンジが設置されているので、女性にとって便利で嬉しい施設となっています。

女性におすすめの渋谷ちかみち地下1Fにあるコインロッカーは、小型300円、中型500円、大型600円という価格設定で、現金だけではなく、交通系電子マネーの対応が可能です。ご利用時間は、始発から終電までとなっています。とても綺麗な施設となっているので、女性にとって大変快適に過ごせるエリアです。女性の方、是非ご利用ください。

渋谷のコインロッカー8:渋谷TOHO CINEMAS見出し

続いて価格がお安いことで人気のコインロッカーの場所は「渋谷東宝シネマズ」の直ぐ横にある階段を下りた場所にあります。格安な価格設定となっており、小型が12個あり200円、中型が3個あり300円です。ご利用時間は、7時45分から23時20分となっています。ロッカーの数自体は少なめですが、空いていることが多いのでおすすめです。

小型サイズと中型サイズしかなく、大きな荷物を入れることは出来ませんが、ちょっとした荷物を預けたい時などにおすすめです。またJR渋谷駅から徒歩3分前後の場所に位置しています。駅近で、意外と空いていることが多く、一押しの穴場コインロッカースポットです。駅のコインロッカーなどが埋まっている時など、是非ご利用ください。

価格も他よりもお安く、TOHOシネマズの映画館の直ぐ近くにあるということなので、映画を観る時に、大きな荷物を持って観るのはちょっと疲れてしまうかと思いますので、利用してみてはいかがでしょうか。空いていることが多い穴場スポットなので、気軽に使ってみてください。

渋谷のコインロッカー9:渋谷ちかみち総合インフォメーション見出し

「渋谷ちかみち」には、大きな荷物を預けられる窓口があります。コインロッカーではなく、人に預けるかたちになるので、心配性の方には最適です。地下1Fには、渋谷ちかみち総合インフォメーションという場所があり、お荷物1個あたり600円で預けられます。ご利用時間は10時から18時となっていて時間が限られているのでご注意ください。

渋谷ちかみちには2箇所、大きな荷物を預けられる窓口があります。一つ目は上記の地下1Fにあるインフォメーションで、二つ目は地下2Fにあるコインロッカー取扱所です。こちらも一個あたり600円で預けることが出来ます。ご利用時間は9時から22時までの時間となっています。コインロッカーに入りきれない荷物がある場合におすすめです。

渋谷には多くのコインロッカーがある!見出し

いかがでしたか?今回は、渋谷駅周辺のコインロッカーをまとめました。渋谷駅前にも関わらず、中には100円というリーズナブルな価格のコインロッカーがあったり、女性におすすめの穴場スポットもあります。渋谷駅を利用する方は荷物が多い方も多くいらっしゃるかと思うので、是非今回の記事を参考にコインロッカーを利用してください。

関連キーワード

投稿日: 2017年12月7日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote