地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

アラボンヌーは赤坂の人気ケーキ店!おすすめメニューや値段など紹介

東京の中心部赤坂。赤坂には今、隠れた人気のケーキ屋「アラボンヌー」があることをご存知でしょうか。贈答用におすすめの焼き菓子から特別な日にぴったりのケーキまで。良いことのあった日におすすめのケーキ屋アラボンヌーについてご紹介します。

赤坂のかわいいケーキ屋「アラボンヌー」見出し

有名パテシィエのお店が百貨店にずらりと並ぶ中、赤坂に小さなお店を構えるアラボンヌーはイートインもテイクアウトもできるケーキ屋さんです。ショーケースに並んだ見た目も可愛いケーキと、壁に並んだ焼き菓子はどれも可愛くてお土産用だけでなく自分でも欲しくなるデザインをしています。

フルフル赤坂店のフルーツサンドやパフェが絶品!テイクアウトや食べ放題も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
フルフル赤坂店のフルーツサンドやパフェが絶品!テイクアウトや食べ放題も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ホットケーキパーラー「フルフル赤坂店」は隠れ家的パーラーです。赤坂の路地裏にあるフルフル赤坂店のお店の中には、焼きたてのホットケーキの甘い香りと新鮮なフルーツの香りが漂います。そんなフルフル赤坂店の素敵な店内を見ていきましょう!

スイーツ激戦区の東京見出し

Photo by sqm

東京には世界中のスイーツがあつまり、海外からもパティシエが来日してイベントが開催されることも多いです。東京の百貨店のスイーツ店は常時列ができ、バレンタインやクリスマスには有名スイーツ店のパテシィエが集まり、女性を中心とした多くのお客さんでひしめきあいます。

Photo by kawanet

高級ホテルのデザートビュッフェも人気ですが、渋谷や池袋の百貨店や複合施設、原宿には多くのスイーツ店が並び、たくさんの人が集まります。イートインスペースがなくとも、旅行などで立ち寄った人も、ケーキを購入してホテルに持ち帰って堪能する人も多いです。おいしいケーキはどこで食べてもおいしいのです。

Photo by misawakatsutoshi

そんな東京にあるケーキ屋さんは、老舗店も多くネットや口コミを通じて多くの人から人気を集めています。小さなお店でも有名スイーツ店で修業したパティシエがいたり、まだ発掘されていないスイーツ店は地元の人にはすでに大人気、というお店も多いです。赤坂はベッドタウンのため、特にひっそりと人気のお店が多いです。

アラボンヌーの人気の理由見出し

Photo by bluXgraphics(motorcycle design Japan)=Midorikawa

アラボンヌーのケーキはふわふわのスポンジ生地やサクサクのタルト生地のおいしいケーキが多いです。その味はタルトの名店「キルフェボン」で修業したシェフが手掛けています。六本木ヒルズ、赤坂、虎ノ門周辺のタウンガイドでも紹介されるほどのおいしさ。DEAN&DELUCAにもケーキやタルトが卸されています。

平日は夜20:00まで営業しているため、夜遅くても立ち寄りやすいです。赤坂は住宅街も多いので、様々な生活サイクルの人に利用がしやすい営業時間になっています。種類の多い焼き菓子は日持ちもするため贈り物やお土産にも人気があり、お祝い事や普段のおやつにも人気があります。

「アラボンヌー」の定番メニュー見出し

Photo by amo_designare

スイーツと一口で言っても、その種類は多く、お店によってはケーキはいまいちだけどタルトがおいしい。ティラミスだけは毎日食べたいという一点突破型のところもありますが、アラボンヌーは隙がありません。ケーキのふんわりとしたスポンジ生地、濃厚なカスタードクリームのシュークリーム、さっくりと香ばしい焼き菓子等、どれもおいしいのです。

チョコレートケーキ好きにたまらないのが「ショコラショコラ」と言う名前のチョコレートケーキ。ベルギー産のチョコレート使用を利用した濃厚なチョコクリームの挟まれたケーキで、隠し味のフランボワーズが程よい酸味のアクセントが特徴のケーキです。カカオの甘い香りに、フランボワーズのほのかな香りがたまらないおすすめメニューです。

スポンジケーキが好きな人におすすめなのが「ボンヌーロール」です。卵をたっぷり使った生地はふわふわ。クリームはしっとりとしていて、くどくない甘さが口に広がります。1カットの値段は324円とお手頃ですが、1本1198円という値段を考えれば、むしろ一本購入してしまいたくなるおいしさです。

定番で人気なのがラム酒の香りがする「シュークリーム」です。毎週水曜日は100円で限定販売されています。安売りするなら大したことないのでは、と斜に構えてほおばれば、100円という値段とは思えない、濃厚な大人の味がします。そのためアラボンヌーの通には、水曜日は戦争となるのです。

ケーキ屋でしか味わえない、手作り感と香ばしさが味わえるクッキーが大好き、という人は多いです。そんな人におすすめなのが「バニラクッキー」。バニラと卵黄をたっぷり使った、手作りでしか不可能なレシピで作られた味は、毎日でも食べたいおいしさ。さっくりとした歯触りとバニラの香りが口いっぱいに広がります。

常連さんおすすめ「アラボンヌー」フルーツタルト見出し

アラボンヌーで多くの人がおすすめするのが「フルーツタルト」です。タルトにはタルト生地、クリーム、メインの三層があり、この三つの味のバランスが絶妙に取れているタルトほどおいしくなります。クリームが良くてもタルト生地がいまいちでは、おいしいタルトとは呼べないのです。

Photo by TAKA@P.P.R.S

アラボンヌーのタルト生地は発酵バターを使った香り良し、歯ごたえ良し、味良しのハイレベルなタルト。人気を独占し、おすすめされるのに十分な味です。生地の上にたっぷり挟まれたクリームも、濃厚なのにさっぱりとした甘さのカスタード。タルトと合わせてもくどさを感じません。

一番上の宝石のように輝くフルーツは、甘味酸味のバランスが取れた味。その時によって種類がかわりますが、果物の酸味のさっぱり感と、口いっぱいに広がるタルトの香ばしさ、クリームの香り、どれも邪魔せず引き立て合う味は通も唸らせるほど。赤坂のグルメ人がお土産でおすすめするという噂が囁かれるのも納得の味です。

季節限定「アラボンヌー」の人気ケーキ見出し

アラボンヌーには定番メニューとは別に、その季節にしか販売されない限定メニューがあります。このケーキやタルトはその時を逃すと今後一年、もしくは永遠に口に入れることができません。そのためアラボンヌーのファンはその味を逃さないために、予約や取り置きのお願いを欠かさずします。

春になるとショーケースに並ぶのが「いちごのショート」です。値段は594円。日本のケーキの代名詞でもある、どこのお店でもあるケーキですが、アラボンヌーではイチゴが一番おいしい季節でしか食べることができません。ふんわりとしているのに濃厚なクリームと、しっとりとしたスポンジ生地、甘酸っぱいいちごの組み合わせが絶妙です。

Photo by nubobo

一番予約が多い人気の商品と言われているのが、夏の一か月間しか販売されることがない「桃のショート」。ふわふわのスポンジ生地に生クリームと桃が挟まれたケーキで、生の桃でしか出せない、ほおばるとほろりと溶けていく食感がたまりません。クリームとの組み合わせが絶妙な甘みの味わえるメニューです。

お土産にもおすすめな「アラボンヌー」見出し

お土産や贈答におすすめなのが、アラボンヌーの焼き菓子です。種類も量も多く、引き出物にもおすすめの焼き菓子は見た目も華やかでラッピングも可愛いです。フィナンシェやマドレーヌなどの定番も多く、親しみやすいメニューも豊富です。ケーキと同じように味にも妥協がありません。

人気なのは半月待ちのクッキー缶。アーモンドクッキー、バニラクッキー、チョコクッキー、ピーカンナッツのクッキー、ショートブレット、ハートガレット、セサミクッキー等など9種類ものクッキーが入ったお得なセット。予約限定、店頭受け取りのみで販売されています。

お土産にしたいけれど、長距離の移動でケーキが崩れてしまうかもしれない、という不安がある人におすすめなのが、「チーズタルト」です。1カットの値段が475円で、フランス産クリームチーズが使われたチーズの濃厚な香りが楽しめるチーズタルトです。さくさくのタルト生地とチーズケーキ生地が絶品なケーキで、持ち運びも崩れにくいです。

特別な日におすすめな「アラボンヌー」見出し

Photo by odysseygate

アラボンヌーには特別な日におすすめな特別注文のケーキがあります。縦約30㎝、横約40㎝の真四角のケーキに、メッセージが書き込まれた世界に一つしかないケーキです。生クリームとしっとりとしたスポンジケーキの組み合わせが絶品、そして間には甘酸っぱいフルーツが挟まれています。

特別注文ケーキは二種類あり、シンプルに仕上げられたケーキとフルーツを敷き詰め2段になったゴージャスなケーキを選ぶことができます。溢れんばかりに盛られたフルーツが輝き、持って来ると歓声が出ること間違いなし。フルーツも、ケーキも、どっちもメインとして輝く特別なケーキです。

ケーキ屋さんでなかなかお目にかかれない、2段のケーキもアラボンヌーでは予約できます。真っ白なクリームにフルーツの盛られた「2段ショート」は15cmと9cmの組み合わせから注文ができます。値段は5940円から。結婚式の披露宴でしかなかなか見ることのできない段重ねのケーキを、誕生日に注文することができます。

気になる!「アラボンヌー」ケーキの値段見出し

おいしいケーキは1カットずつ切られたのもいいけど、お土産にはホールで持っていきたいものです。お祝い事やお誕生日にもアラボンヌーのケーキを用意したいけれど、値段はカットケーキと比べてどうなのか気になりますよね。アラボンヌーでは人気のカットケーキがホールで買うことができます。

人気のフルーツタルトは15cmから3024円、最大24cmが5940円と大勢で食べたい時にはおすすめの値段。ハートショート型のケーキに山盛りに盛られた豪華で可愛いケーキは15cmから4266円最大21cmが8100円という大きなサイズまで対応しています。チーズタルトは21㎝のみ5700円で購入することができます。

春だけのメニュー、人気の「いちごのショートケーキ」は12㎝から2916円であります。これでも2、3人は味わうことができます。大勢で食べたい時には最大10人味わえる21㎝サイズもあります。値段は7884円ですが、1カットで買うよりは絶対にお得なサイズと値段です。

「アラボンヌー」営業時間見出し

アラボンヌー赤坂店の営業時間は開店は11:00から閉店は20:00まで営業しています。土曜日だけ営業時間が短く、開店は12:00から閉店は18:00まで。日曜日、祝日は定休日になっています。どうしても定休日にアラボンヌーのケーキが必要な場合は、新宿にある店舗に行くと手に入れることができます。

赤坂「アラボンヌー」へのアクセス見出し

Photo by t-miki

アラボンヌーへの行き方は東京メトロ千代田線の「赤坂駅」から徒歩約5分で到着します。TBSストアを通り抜けて浄土寺を目指して行くと分かりやすいです。アラボンヌーの周りにはホテルが密集しているので、この付近で宿泊している人はホテルでケーキパーティーができます。

住所:東京都港区赤坂4-3-13 電話番号:03-3583-7665

急いでいるときに便利なWEB予約見出し

ケーキを予約するときは、ほとんどの場合お店に直接電話をするか、店頭での予約になります。しかし、アラボンヌーでは値段は変わらず、インターネットでケーキや焼き菓子を注文することができます。忙しくて電話を忘れていた、休憩時間がずれて電話ができなかった等、日常でありがちなミスをカバーしてくれるサービスです。

Photo by アルム=バンド

人気のケーキがどうしても食べたい。お土産用にちょっと多めに焼き菓子が欲しい。食べたいメニューが売り切れていたらどうしよう。そんな悩みもアラボンヌーの予約で解決できます。三日以内の予約と、季節のメニューは電話での予約が必要ですが、人気メニューはホールケーキや焼き菓子など、WEB予約対応しています。

赤坂以外にもある「アラボンヌー新宿店」見出し

Photo by shibainu

赤坂以外に唯一あるアラボンヌー新宿店はニュウマンエキナカにあります。営業時間は8:00から22:00という早朝でも夜遅くても利用しやすい時間帯。土、日、祝日は8:00から21:30までなので注意が必要です。購入するときには改札をくぐらないといけないので、駅の乗り換えや急いでいるときに新宿駅でのお土産購入におすすめです。

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55ニュウマン2階エキナカ 電話番号:03-6380-6672

新宿限定「アラボンヌー」タルト見出し

ふわふわでおいしいケーキも人気ですが、フルーツたっぷりのタルトが人気メニューのアラボンヌー。新宿駅にあるアラボンヌーでしか食べることができない、限定メニューがあります。それは「いちごタルト」。値段は594円で販売されています。新宿駅を利用する人には逃すことができないメニューです。

いちご好きにはたまらない、フレッシュで甘酸っぱいいちごと、甘くバニラ香るカスタードクリーム。そしてアラボンヌーのシェフのセンス光るさくっとした食感とバターの香ばしい香りがたまらないタルト生地。タルトの甘さとイチゴの酸っぱさが口の中で絶妙に混ざり、思わず笑ってしまうほどのおいしさです。

いちごタルトは赤坂店でもホールで販売しているのですが、新宿店はフランボワーズやラズベリーなどの新宿でしか食べることのできないフルーツのバリエーションになっています。いちごだけでなく木いちごも好きなベリー好きにはたまらないいちごタルトです。新宿では1カットから販売しています。

特別な日は「アラボンヌー」のケーキを!見出し

アラボンヌーのケーキは一般のお客さんだけでなく、芸能人も好きな人が多いと言われています。赤坂にはグルメ通の人が多く住んでいるため、そんな立地でたくさんの常連さんがやってくるというのは本当においしいお店であることの証。東京でケーキを食べようと思ったときには、ぜひともアラボンヌーに足を運んでみてください。

関連キーワード

投稿日: 2018年3月13日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote