地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

姫路市立動物園は動物たちと触れ合える人気スポット!料金・アクセス方法は?

姫路市立動物園は動物たちと触れ合える人気スポット!料金・アクセス方法は?

姫路市立動物園は姫路城を眺めながら動物たちとの触れ合いが楽しめる人気のスポットです。入園料金も格安で、遊園地や人気のカピバラなどもいる姫路市立動物園について詳しくご紹介します。姫路城観光のついでにもぜひおすすめの観光スポットです。

家族連れの姫路観光では外せない姫路市立動物園を調査!見出し

Photo byPavellllllll

姫路市立動物園は家族連れの姫路観光では外せないおすすめのスポット。姫路城を楽しみながら動物たちとの触れ合いも楽しめるちょっと穴場な観光スポットです。入園料金も安く、遊園地などもあり大人も子供も大喜び間違いなし!今回はアクセスも便利な姫路市立動物園を徹底調査します!

姫路市立動物園は兵庫の人気スポット!見出し

Photo bylaurentmarx

アクセスも便利な姫路市立動物園は兵庫の人気スポットです。2019年5月にはカピバラの6つ子が生まれたことでも話題になりました。料金も安く、遊園地などもある姫路市立動物園は地元の人はもちろん、多くの観光客も訪れる注目の動物園です。世界遺産の姫路城と共に楽しめるおすすめのスポット!

姫路城の敷地内にあるアットホームな動物園

遊園地もある姫路市立動物園は姫路城の敷地内にあるアットホームな動物園です。展示されている動物は100種類390点とそれほど大規模でないにも関わらず、年間の入場者数は40万人にも及びます。

カピバラもいる姫路市立動物園では世界遺産の姫路城を身近に感じながら動物たちを楽しむことができます。また顔はめパネルなども設置してあるので子供たちにとっても楽しい動物園となっています。

姫路城周辺のおすすめ観光&グルメ特集!人気のスポットを厳選してご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
姫路城周辺のおすすめ観光&グルメ特集!人気のスポットを厳選してご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
兵庫県姫路市にある世界遺産にも登録されている姫路城(別名:白鷺城)。その周辺には、姫路城の他にもおすすめの観光スポットが数多くあります。さらに、人気ランチを楽しめるグルメスポットもたくさん!姫路城周辺の人気スポットを巡ってはいかがでしょうか。

姫路市立動物園の魅力見出し

Photo byAlexas_Fotos

そんな世界遺産姫路城の敷地の中にある遊園地もあるという姫路市立動物園の魅力は一体どこにあるのでしょうか。

小さい動物園ながらカピバラもいて、年間入場者数40万人を誇る姫路市立動物園について、その魅力を4つのポイントでご紹介します。

動物園から姫路城が眺められる

Photo by bocagrandelasvegas

遊園地もある姫路市立動物園は姫路城の敷地内にあるため園内の色々な場所から姫路城の姿を観ることができます。青空にそびえたつ姫路城を時々眺めながらの動物園はなかなかできない体験でぜひおすすめです。姫路城をまた一味違った角度から楽しむことができるのもポイントです。

「城見橋」はカメラマンに人気の撮影スポット

姫路市立動物園の園内には鶴見橋という橋があり、この橋からは姫路城の美しい姿を観ることができます。

姫路市立動物園内の姫路城ビュースポットの中ではベストポジションで、桜の時期などは赤い橋と桜、そしてそびえたつ姫路城の見事な写真を撮ることができます。姫路市立動物園にはそんなベストショットを狙うカメラマンたちも多く来園しています。

入園料がリーズナブル

Photo bynattanan23

姫路城敷地内にあるアクセスも便利な姫路市立動物園は入園料がリーズナブルなのも大きな魅力です。全国の市立動物園の中でも特に安いと評判の姫路市立動物園の入園料は大人は210円、子供は30円です。

あくまでメインの観光スポットではない、控えめな入園料金設定がなおさら姫路市立動物園を楽しいものにしてくれています。ただし、園内にはパンンだとペンギンの募金箱が設置されていて、お財布に余裕のある方は動物保護のために寄付するのもおすすめです。

動物の種類が多く見応えがある

Photo byAlexas_Fotos

姫路市立動物園は小さな動物園ながら多くの種類の動物がいます。その数は100種類!大人210円、子供30円の入園料金で見られる動物の数ではありません。100種類の中にはなかなか珍しい動物もいて、見ごたえも十分。子供だけではなく、大人も十分満足できる動物園になっています。

動物たちと触れ合える

Photo bySkitterphoto

姫路市立動物園には動物たちと触れ合えるふれあい広場があります。北入り口のすぐそばにあるふれあい広場ではモルモットや豚、羊などの動物たちと触れ合うことができ人気です。見た目だけではわからない羊の毛の感触や遠目からはわからない豚の毛の固さなどを肌で感じることができます。

ふれあいタイムは1日2回あり、10時半から11時半までと13時半から14時半までです。触れ合いながら動物たちの様子を飼育員さんたちが詳しく教えてくれるのもポイントです。

姫路市立動物園の見どころ①:人気の動物たち見出し

Photo byArtTower

遊園地もある姫路市立動物園には100種類の可愛い動物たちがいます。人気の動物たちについて詳しく説明していきましょう。

なかなか観ることができない動物がいたり、名前がついている動物がいたりと楽しみながら動物たちとの時間を過ごすことができます。

動物園の一番人気【アジアゾウの姫子】

Photo by noriqnub

動物園の一番人気であるアジアゾウの姫子は開園当初から人気の高いゾウです。現在は2代目の姫子が動物園の顔になっています。お客さんの近くに鼻を伸ばしてきたり、器用に鼻で遊んだり、見ていて飽きません。朗らかな性格でゾウ舎近くにある遊園地の音楽に合わせてダンスすることもあるのだとか。姫路市立動物園でぜひ会いに行きたい動物です。

1日3回行っている姫子の健康チェックやえさやりは公開で行われていて必見!またゾウ舎近くには面白いゾウのパネルも設置してあるのでそちらも併せて必見です!

仲良しのホッキョクグマ【ホクトとユキ】

Photo by S.Brickman

遊園地もある姫路市立動物園にいるヨッキョクグマはロシア生まれのホクトと旧ユーゴスラビア生まれのユキです。2匹とも平成14年に来園した仲の良い2匹組です。暑いのは苦手で毎年恒例となった大暑の日の氷のプレゼントは2匹にとっても、氷で戯れる姿を楽しむ来園者にも大好評です。涼しい時期の方が2匹が活発に動く様子を見られます。

漢字で「希望子」と書く【カバのきぼこ】

Photo by noriqnub

遊園地もあるアクセスも便利な姫路市立動物園のカバ舎には昭和58年生まれのカバのきぼこがいます。希望子という漢字が付けられていて、その名前からも注目を浴びる存在です。

野生のカバは獰猛な印象がありますが、姫路市立動物園のきぼこは臆病な性格で愛らしい目をきょろきょろさせ、おしりを振って歩く姿がとてもキュートです。平成28年には出目吉というオスのカバが来援し、2匹のカバの大迫力の水遊びも観ることができます。

ハートマークの模様がある【アミメキリンのコウスケ】

Photo by noriqnub

足にハートのマークがることでちょっとしたジンクスもあるアミメキリンのコウスケ。姫路市立動物園ではキリン舎とお客さんの距離がとても近く、迫力満点のコウスケを観ることができます。

ハートマークは右前足の正面付け根よりちょっと下辺りについているのでぜひチェックして見てください。カップルで見つけると幸福になれるというジンクスがあります。

人懐っこい性格の【ヒトコブラクダのロール】

Photo byGellinger

いつも何か食べているかのように口をもぐもぐさせているヒトコブラクダのロールは人懐っこい性格です。平成21年に栃木県の那須どうぶつ王国から来園し、いつも来園者を見つめている気になる存在。物理的にはかなり近くまで寄ることができますが、機嫌が悪いとツバが飛んでくることもあるので要注意です。

六つ子の赤ちゃんが生まれた【カピバラ】

Photo byschuetz-mediendesign

2019年5月に姫路市立動物園で生まれた六つ子のカピバラはそのうちのオスの3頭が9月に台湾の動物園に移動していきました。現在は生まれて間もない赤ちゃんカピバラもいて、再びかわいい親子の姿を観ることができるようです。愛くるしい表情をたっぷり楽しんでみてください。

全国的にも珍しい動物【ツチブタ】

Photo by tsukunepapa

遊園地もある姫路市立動物園には全国的にも珍しいツチブタも展示されています。鼻先がまるで豚のようにつぶれていて、舌がアリクイのように長く、尾はカンガルーのようないでたちをしています。

独特な風貌でちょっと不気味な感じもしますが、実は西日本でこのツチブタを観られるのは姫路市立動物園だけなのだそうです。他で簡単に見ることができないツチブタはじっくり観察するのがおすすめです。

姫路市立動物園の見どころ②:ふれあい広場見出し

Photo byklimkin

カピバラもいる姫路市立動物園には人気の動物たちの他にも家畜になっている動物と触れ合うことができるふれあい広場があります。ふれあい広場でふれあえる動物たちのことを詳しく説明してくれるので動物たちとの楽しい時間を過ごすことができ、子供たちにはぜひおすすめです。

ふれあえる動物たち

Photo byvioletta

遊園地もある姫路市立動物園のふれあい広場で触れ合える動物たちはモルモット、ヤギ、ヒツジです。小さな子供たちでヤギや羊の中型の動物が怖いという場合もモルモットをだっこすることができます。ちょっとドキドキしながらヤギや羊に近づく体験もとても貴重。ぜひおすすめです。

1日2回のふれあいタイム

Photo by k14

姫路市立動物園でのふれあいタイムは毎日行われています。1日2回のふれあいタイムは午前と午後に分かれていて、午前中は10時半から11時半までの1時間、午後も13時半から14時半までの1時間です。ただし、イベントなどが開かれている場合は延長していることもあるので詳しくは動物園年間行事予定でご確認ください。

姫路市立動物園の見どころ③:正体不明!「ケサランパサラン」見出し

Photo byKaz

カピバラもいる姫路市立動物園にはケサランパサランと言われる正体不明の生物もいます。外観はまるでたんぽぽの綿毛のようなフワフワした白い毛玉。西洋でゴッサマーやエンゼルヘアと呼ばれているものと同類だと考えられています。

正体不明のケサランパサランは山形県鶴岡市の加茂水族館にも展示されています。加茂水族館ではワシなどの猛禽類がウサギなどの小動物を食べた際に排泄される毛玉と紹介されています。他にもアザミやブタナといった植物の花の冠毛が寄り集まって固まったものとされたり、雪虫、アオバハゴロモの幼虫などがその正体だとされることもあります。

見ると幸せになれる江戸時代から伝わる縁起物

Photo bylevent_karaoglu

姫路市立動物園のケサランパサランはいずれにしても見れば幸せになれる江戸時代から伝わる縁起物として扱われています。穴の開いた桐の箱の中でおしろいを与えることで飼育されているというちょっと変わった縁起物はやはり姫路市立動物園ではチェックしておきたいところです。

姫路市立動物園の見どころ④:懐かしいレトロな遊園地見出し

Photo by sabamiso

カピバラもいる姫路市立動物園には昔懐かしいレトロな遊園地も完備されています。動物を観ているだけではどうしても飽きてしまう子供たちにはぴったりのエリアで、料金も1回100円や150円というとてもお手頃なのが嬉しいポイントです。お母さん、お父さんたちが昔遊んだ懐かしい遊具のオンパレードは思わず大人にも笑みがこぼれます。

窓のないレトロ観覧車

Photo by sabamiso

レトロ観覧車は1963年に設置された年代物の遊具です。見た目のレトロさに加え、9つのゴンドラには全て窓がないといデザインで、ちょっとしたスリルを味わえるのもポイントです。観覧車のてっぺんからは姫路城を観ることもできるので親子やカップルで乗りたいおすすめの遊具です。

上昇しながら回る空中ブランコ

遊園地ではお馴染みのチェーンタワーは上昇しながら回る空中ブランコです。幼稚園児でも楽しめる遊具で、回りながら姫路城を観ることができるのもポイントです。お手頃な料金で乗れるので何度か楽しんでみるのもおすすめです。気持ち良い風と姫路城、そしてちょっとしたスリル、一石三鳥の遊具です。

小さい子供も楽しめる乗り物がいっぱい

姫路市立動物園には他にも小さい子供でも楽しめる乗り物がいっぱいあります。新幹線の乗り物は園内の植物の多い場所を走る人気の遊具で、春には満開の桜の中を走りとても綺麗です。思い出のワンショットが必ず撮れるのでぜひおすすめです。

園内南側、無料休憩所周辺には観覧車や新幹線の他にも飛行機のアトラクションや小物遊具が約40種類ほど揃うゲームコーナーが、園内北側のふれあい広場周辺にはチェーンタワーの他にもティーカップやイモムシ列車、ビックリハウス、バッテリーカーア、魔法の城など盛りだくさんです。

マニアックなはく製展示も要チェック!見出し

Photo byDavidCardinez

カピバラもいる姫路市立動物園ではちょっとマニアックなはく製展示室もあります。はく製展示室には骨格標本やはく製が72点ほど展示されていて、生きていたころの様子に忠実に再現された骨格の様子を見ることができます。まるで今にも動き出しそうな不気味さと迫力が合いまったはく製展示もぜひおすすめです。

姫路市立動物園の施設情報見出し

Photo byPublicDomainPictures

遊園地もあり、6つ子のカピバラもみられる姫路市立動物園。入園料激安で姫路観光のついでに立ち寄りたい人気の動物園の詳細をご紹介しましょう。

住所や問い合わせ先、開園時間やアクセス方法などチェックしてぜひ姫路市立動物園に立ち寄ってみてください。

所在地

Photo bypixel2013

姫路市立動物園の住所は兵庫県姫路市本町68番地姫路城東側です。住所にもある通り、姫路城の東側に位置しています。

周辺には観光地らしく色々なお土産屋さんやグルメなスポットもあり、観光には最適なエリアでぜひおすすめです。

問合せ先

Photo bynvtrlab

姫路市立動物園の問い合わせ番号は079-284-3636です。ファックス番号は079-284-3637になります。

姫路市立動物園のHPには専用のお問合せフォームもあるのでパソコンやスマホからの問い合わせも可能です。

開園時間

Photo by anniespratt

入園料金がリーズナブルな姫路市立動物園の開園時間は月曜から金曜の8時35分から17時20分までです。

朝は比較的早い時間から開園しているので姫路観光の朝一番で訪れるのもおすすめです。朝の澄んだ空気にそびえる姫路城も必見です。

休園日

Photo byBasti93

カピバラもかわいい姫路市立動物園の休園日は土日祝日と年末年始、12月29日~1月3日の4日間となっています。

土日祝日が休園日なのは動物園では珍しく、注意したいポイントで、週末のお出かけでは利用することはできません。

料金

Photo bykschneider2991

姫路市立動物園の特徴のひとつに激安の入園料金があります。先ほどからご紹介していますが、入園料金は大人210円、小人30円です。2019年10月1日から大人料金が10円値上げになっているのでご注意下さい。なお、小人は5歳以上中学3年生以下となっています。

団体割引もあり、30~100人未満の場合はそれぞれ1割引き、100~300人未満の場合は2割引き、300人以上になると3割引きです。

アクセス

Photo bypixel2013

入園料金も安い姫路市立動物園へのアクセスは公共交通機関を使う場合も車の場合もとても便利です。

それぞれの交通機関を使ってのアクセスを詳しくご紹介していきます。姫路市立動物園の入り口は2か所あり、そのどちらからも入退園することができます。

電車を利用の場合

Photo byMichaelGaida

電車を使って姫路市立動物園へアクセスする場合JR姫路駅、山陽電車姫路駅から北へ徒歩15分程です。

姫路駅は兵庫県の中心地となっている神戸の神戸駅から電車や約30分程の場所にあり、神戸からアクセスしても1時間かかりません。

バスを利用の場合

Photo by rail02000

姫路駅からバスを利用して姫路市立動物園にアクセスする場合は神姫バスの「姫路城大手門前」停留所で下車し、徒歩5分です。

姫路駅の北口にあるバス乗り場から乗車し、所要時間は10分程、料金は100円でかなりお手頃です。

車を利用の場合

Photo byRyanMcGuire

入園料金が激安、カピバラの6つ子にも会える姫路市立動物園へ車でアクセスする場合は姫路バイパス中地ランプから北東へ約15分程。

山陽自動車道・山陽姫路東ICから南西へ約15分程です。車でのアクセスもとても便利でぜひおすすめです。

駐車場

Photo byVladvictoria

姫路市立動物園には専用の駐車場はありません。そのため車でアクセスする場合は最寄りの公営駐車場を利用することになります。

姫路市立動物園の最寄の駐車場は姫山駐車場、大手門駐車場など、他にもいくつかあります。姫山駐車場は姫路城の東にある機械式駐車場で姫路城正面入り口までは徒歩10分程のところにあります。営業時間は終日で、約300台ほどの収容スペースがあります。利用料金は最初の3時間が600円で、3時間を超えて1日以内は900円となっています。

大手門駐車場は姫路城の南側にある大型バスも駐車できる駐車場です。周辺にはお土産店などもあり、姫路城観光のメインとなっている駐車場です。営業時間は終日で約600台ほどの収容スペースです。料金は姫山駐車場と同じです。

姫路城観光も楽しもう見出し

Photo by kagawa_ymg

人気のカピバラもいる姫路市立動物園のすぐそばには世界遺産にも登録されている姫路城があります。姫路に観光に来て、ここだけは外せないスポット、姫路城も動物園と一緒に楽しむのがおすすめです。姫路城についても詳細もご紹介しておきます。

姫路城は兵庫県の姫路市にある江戸時代初期に建てられた城です。天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されています。

また、中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡にも指定されています。さらにユネスコの世界遺産リストにも登録されたり、日本100名城にも選定されている有名なお城です。白壁の美しい見た目から白鷺城戸も呼ばれています。

Photo by km058

現在の姫路城は徳川家康の次女篤姫を妻とする池田輝政によって1609年に建築されたものです。太平洋専横で姫路が被害にあった時でも奇跡的に消失を免れ、現在に至るまで補修や修復を行いながら当時のままの姿を残しています。

姫路城の敷地はとても広大で、その面積は約23ヘクタール、東京ドーム5個分の広さがあります。現在は公園として整備されていて誰でも無料で入ることが可能ですが、天守閣を中心とする北側半分のエリアが有料のエリアになっています。

場内ではARやCGを活用した新たな展示や解説を実施していて、専用アプリをダウンロードすると場内のスポットでスマートフォンやタブレットをかざすと動画や写真と共に詳しい解説が聞けるようになっていてぜひおすすめです。

Photo by neco

姫路城の入城料金は大人18歳以上が1000円、小人・小中高校生が300円となっています。団体の割引は30人以上から、大人は800円、小人は240円となります。

開城時間は9時から18時までで閉門は17時です。夏季の4月27日~8月31日までは9時から17時まで、閉門は18時です。休城日は12月29日と30日のみ。

姫路城へのアクセスは姫路駅北口から神姫バス乗車「大手門前」下車徒歩5分 JR姫路駅、山陽姫路駅から徒歩20分です。

住所 兵庫県姫路市本町68
電話番号 079-285-1146

姫路市立動物園で動物たちと触れ合おう!見出し

Photo by12019

いかがでしたでしょうか。姫路市立動物園は遊園地もあり、沢山の種類の動物たちを観て、触れ合える人気のスポットです。姫路城の美しい景色を堪能したり、カピバラを観たり、とにかく狭いながらも十分に動物たちとの時間を楽しめる姫路市立動物園へぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょう。

関連キーワード

投稿日: 2019年11月2日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote