出雲大社で有名な出雲市のおすすめの観光スポットや名物グルメを紹介!

2020年7月8日 (2020年8月1日最終更新)

出雲市は出雲大社で有名な町です。自然も豊かで、落ち着いた静かな雰囲気は喧騒を離れ心落ち着かせるたびにはぴったりです。今回は、そんな出雲大社で有名な出雲市の名所・観光スポットやグルメ、絶景が体験できるスポットなどたっぷりご紹介します。

目次

  1. 出雲市とはどんな町?
  2. 出雲市のおすすめ名所・観光スポット
  3. 出雲市の人気グルメ・特産品
  4. 出雲市の人気体験
  5. 出雲市へのアクセス方法
  6. 出雲市は歴史が魅力な町!

出雲市とはどんな町?

出雲市は、島根県の中東部に位置する島根県内では2番目に人口の多いまちです。縁結びで有名な出雲大社をはじめ、多くの神社があり、ヤマタノオロチ伝説など数多くの神話が残っています。

出雲市は、出雲平野を中心として、北部は出雲神話でも知られる島根半島と日本海、南部は中国山地に接しています。東部には斐伊川が流れ、宍道湖に注いでおり海、山、川、湖、平野、峡谷、温泉と多彩な地勢です。今回はそんな出雲市について名所・観光スポット、人気グルメ・特産品、体験スポットなど詳しくご紹介します。

出雲市のおすすめ名所・観光スポット

神話の国 出雲として全国に知られている出雲市には様々な神社はもちろん、豊富なや歴史・文化遺産の名所があります。

古代史文化のシンボル的な空間を京成している出雲市の観光スポットを4つピックアップして、詳しくご紹介します。

旧大社駅

出雲市の旧大社駅は、国の重要文化財に指定されている美しい木造駅舎です。歴史的な価値も高い内装や鉄道グッズは鉄道ファンのみならず一見の価値あるスポットです。ただし、2020年10月末から2025年度まで「旧大社駅保存修理事業」による建造物保存修理工事が実施され、見学はできなくなります。

住所 福井県出雲市大社町北荒木441-3
電話番号 0853-53-2885

木綿街道

出雲市の木綿街道は、木綿の集積地として栄えた趣ある街道です。木綿街道ならではのご当地グルメや様々な体験が楽しめます。

木綿街道にある木綿街道交流館の営業時間は9時から17時で、定休日は火曜日です。切妻妻入塗壁造の家屋がや海鼠壁や出雲格子など、歴史的価値の高い建築様式は必見です。

住所 島根県出雲市平田町841
電話番号 0853-62-2631

出雲大社

出雲市の出雲大社は、縁結びの神様として名高く、神話のふるさと出雲を象徴する神社です。御祭神は、因幡の白兎神話にも登場する、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)で一般的には、「だいこくさま」として慕われています。

広さ約2万7000平方メートルの境内には、国宝の本殿を中心に拝殿、摂社8社、末社3社、文庫、宝庫、彰古館などが建ち並び、本殿は高さ24mで、白木を用いた日本で一番古い神社建築様式でもある大社造りの代表建築でもあります。参拝時間は6時から20時です。

住所 島根県出雲市大社町杵築東195
電話番号 0853-53-3100

出雲日御碕灯台

出雲市の出雲日御碕灯台は、日本一の高さを誇る白亜の灯台です。周囲には断崖絶壁が広がっていて見ごたえがあります。

灯台から駐車場に続く道沿いには、土産物屋やお食事処が軒を塗ら寝ていて、海の幸てんこ盛りの海鮮丼などを楽しむことができます。営業時間は9時から16時半、土日祝日は17時まで、10から2月は16時半までです。

住所 島根県出雲市大社町日御碕1478
電話番号 0853-54-5341

出雲市の人気グルメ・特産品

出雲市では古くから楽しまれてきた日本の伝統食ともいえるそばやぜんざいを楽しむことができます。また、地元の豊かな自然で育てられる美味しい海産物などもあり、贅沢なグルメを堪能することができます。出雲市でぜひ食べておきたいおすすめのグルメ・特産品を4つご紹介します。

出雲そば

出雲市の人気グルメと言えば、出雲そばです。出雲を代表するご当地グルメで、冷たい割子そばと温かい釜揚げそばがあります。

出雲市内のあちこちで食べることができますが、どのお店でも共通した食べ方は、食べる時にそばつゆをかけることです。

出雲ぜんざい

ぜんざいは出雲が発祥と言われています。出雲地方の神在祭のときに振舞われた神在餅がそのはじまりとされていて、出雲観光ではぜひ出雲ぜんざいがおすすめです。

出雲大社の周辺にある神門通りは、美味しいぜんざいが食べられるお店がそろうぜんざいストリートです。

山頭火

出雲市の山頭火は、海鮮はのどぐろなど出雲 大社港の魚を中心とした山陰日本海の鮮魚。 夕日のきれいな宍道湖の大粒しじみ、活ウナギなどが楽しめます。

出雲の旅の思い出にぜひおすすめで、営業時間は18時から0時までで、定休日はありません。アクセスはJR出雲駅北口から徒歩1分です。

住所 島根県出雲市今市町971-34
電話番号 0853-20-0800

三瓶バーガー

出雲市の三瓶バーガーは、地元食材を使用したご当地バーガーです。 島根県産の牛・豚肉のみを使ったパテと地元産の野菜を、地元パン工房に特注したパンズにはさんだハンバーガーで、注文を受けてから炭火で1枚1枚焼きあげるため、香ばしさとジューシーな味わいは絶品です。営業時間は10時から17時で、定休日は火曜日と年末年始です。

住所 島根県大田市三瓶町多根1125-1
電話番号 0854-86-0200

出雲市の人気体験

出雲市では美しい景色や自然の絶景を楽しむことができます。特別な体験イベントなどがあるわけではありませんが、そのスポットに足を運ぶだけで、絶景を体験することができます。

出雲市で素敵な体験ができる人気のスポットを4つご紹介しましょう。住所や営業時間などしっかりチェックです!

荒神谷遺跡

出雲市の荒神谷遺跡は、358本という日本で一番銅剣が発見された遺跡です。『出雲国風土記』記載の出雲郡(いずものこほり)の神名火山(かんなびやま)に比定されている仏経山の北東3kmに位置する斐川町神庭(かんば)西谷にあります。営業時間は9時から16時半までです。

住所 島根県出雲市斐川町神庭878
電話番号 0853-72-9044

宍道湖

出雲市の宍道湖は、日本で7番目に大きい湖です。わずかに塩分を含む汽水湖のため魚種が豊富です。特にシジミ、白魚などの宍道湖七珍は松江を代表する味覚として有名です。

日没前30分には空が茜色に変わる夕日ショーが始まります。湖を赤く染める夕日に浮かびあがる嫁ヶ島のシルエットはとてもドラマチックです。

立久恵峡

出雲市の立久恵峡は、奇岩柱石がそびえ立つ出雲屈指の景勝地です。出雲市の南部、神戸川上流2キロメートルに亘る峡谷で、国の名勝および天然記念物に「立久恵」の名称で指定されています。遊歩道が整備されていて、森林浴を楽しみながらのんびり観光ができます。温泉も湧いていて、渓谷を眺めながら温泉に浸かることもできます。

一畑電車

出雲市の一畑電車は、松江と出雲をつなぐ観光にも便利な電車です。宍道湖や野山の四季の風景を眺めながらのんびり車窓の旅を楽しめます。

地元ではバタデンとして親しまれていて、雲州平田駅では雲州平田駅の構内にある体験運転専用コースで日本最古の一畑電車「デハニN50形53号」を実際に運転することもできます。

出雲市へのアクセス方法

出雲市へのアクセスは、航空の場合出雲空港まで東京、仙台から約90分、静岡から約80分、名古屋、大阪、福岡から約60分、出雲空港から出雲駅までは約25分です。JRの場合は東京駅から新幹線を利用して約6時間半、大阪からは約4時間、博多からは約4時間半です。

車の場合は、関西方面からだと約6時間、九州から約9時間、東京からは約12時間かかります。長距離バスも運行されているのでそちらもおすすめです。

出雲市は歴史が魅力な町!

いかがでしたでしょうか。出雲市は神話の多く残る、歴史が魅力の町です。出雲大社をはじめ、趣ある神社仏閣や美しい自然美を楽しむことができます。

静かな雰囲気で癒される、歴史あふれる出雲市へぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。ご当地グルメもおすすめです!

出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

関連記事

関連するキーワード

2278.thumb
この記事のライター
TravelNote編集部
「ふらっと旅に出かけませんか?」 TravelNote編集部が実際に行ってみて良かったスポットや施設、 また独自レポートをまとめて紹介しています♪ 次の休日に足を運びたくなるスポットを随時掲載していくのでチェックしてみて下さい✨

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

出雲・奥出雲・雲南の新着のまとめ