地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

日御碕神社で有名な砂のお守りをGET!アクセスや御朱印もチェック!

日御碕神社で有名な砂のお守りをGET!アクセスや御朱印もチェック!

島根県出雲市の日御碕にある「日御碕神社」(ひのみさき)は、出雲大社の祖神(おやがみ)様として地域の人から信仰を集めています。今回は、日御碕神社へのアクセス方法や周辺のパワースポットの他、御朱印や人気の砂のお守りについてお伝えします。

島根の日御碕神社は話題のパワースポット!見出し

Photo by mstkeast

島根県出雲市の日御碕神社は、国宝や国の重要文化財にも指定された美しい朱塗りの社殿が立ち並ぶ風光明媚な神社です。「日の本の夜を守る神社」として、938年から造営された下の宮をはじめ、周囲には数々のパワーすポットを兼ね備えた全国でも有数の神社です。今回は、日御碕神社へのアクセス方法の他、話題の砂のお守りや御朱印についてもまとめます。

出雲の神社巡り!縁結びやおすすめのパワースポット観光も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
出雲の神社巡り!縁結びやおすすめのパワースポット観光も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
平成の大遷宮を果たし、縁結びのパワースポットとして絶大な力を誇る出雲大社。けれど出雲市には出雲大社以外の神社が数多く存在するのです!縁結びやご利益に溢れる神社や、行くだけでご利益が頂ける観光地まで。出雲市の魅力をたっぷりお届けします!

島根の日御碕神社はどんな神社?見出し

Photo by mstkeast

島根県出雲市と言えば、全国でも有名な「出雲大社」がある、神々の住む街として知られています。島根を代表する神社「出雲大社」の祖神(おやがみ)様として、多くの人々の信仰を集めているのが、今回ご紹介する「日御碕神社」です。島根県出雲市の日御碕エリアにあるこちらの神社は、美しい朱塗りの社殿がインスタ映えするパワースポットとして大人気。

Photo by mstkeast

日御碕神社には、「日沉の宮」(ひしずみのみや)と呼ばれる下の本社と、「神の宮」と呼ばれる上の本社を中心に、12棟2基が国の重要文化財に指定されています。下の宮は、948年に村上天皇からの勅命を受け、上の宮は、安寧天皇の勅命により紀元前536年に祀られたと言われています。現存する社殿は徳川家光の命によって造営されたそうです。

出雲市の中でも、日本海側に突き出した日御碕は、夕日が美しい観光スポットとしても知られており、日御碕神社の周辺には、神社にゆかりのある素晴らしいパワースポットが点在しています。また、島根で最もご利益のあると言われる「出雲大社」からもアクセスしやすいことから、日御碕神社は、島根を旅する御朱印ガールの間でも人気を集めています。

日御碕神社のパワースポット1:神の宮見出し

ここからは、日本の夜を守る神社と言われる日御碕神社のパワースポットをご紹介していきます。まず、最初にご紹介する日御碕神社のパワースポットは、「神の宮」。こちらには、日本神話のスーパースター「素盞嗚尊」(すさのおのみこと)が鎮座しています。「ヤマタノオロチ」を退治したと言われる日本を代表する神様は所願成就にご利益があると言われています。

日御碕神社のパワースポット2:日沉宮見出し

続いてご紹介する島根「日御碕神社」のパワースポットは、「日沈宮」です。こちらの社殿は、「伊勢大神宮」が「日の本の昼の守る」のに対し、出雲の日御碕清江の浜に「日の本の夜を守る」神社として神勅が下り、建立されたそうです。「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)を祀ったこちらの社殿は厄除や縁結びにご利益があると言われています。

すさのおの尊の姉である天照大御神は「天の岩戸」伝説でも知られるように、太陽神として日本を照らす神として信仰されており、日本の神々の中では最高位にある神様として島根だけでなく全国で祀られています。勝運や開運のご利益もある神様だそうですので、お仕事やビジネスで成功したいという方にも、ぜひ、参拝していただきたいパワースポットの1つです。

日御碕神社のパワースポット3:朱の神殿見出し

最後にご紹介する島根」「日御碕神社」のパワースポットは「朱の社殿」です。現存する日御碕神社は、江戸幕府三代将軍家光公の命により、1634年から10年ほどの月日をかけて造営された社殿であり、美しい権現造りの建物は、桃山時代の面影を残す歴史的価値の高い建造物です。島根の青空の下、日に映える朱塗りの社殿はインスタ映えする人気スポットです。

上の宮の本殿、幣殿、拝殿の他、玉垣や宝庫と2基の鳥居、さらには下の宮の本殿や禊所、廻廊、楼門などがすべて重要文化財に指定されており、本殿の内部には狩野派や土佐派の絵師による密画も描かれています。また、龍や虎の他、鶴亀や松竹梅のようなおめでたいモチーフが彫刻されており、どこも参拝するだけでご利益がありそうなパワースポットとなっています。

日御碕神社の御朱印はどんな御朱印?見出し

続いては、島根「日御碕神社」の御朱印についてご紹介します。御朱印とは、神社・寺院に参拝した「あかし」として神社・寺院の社務所にて御朱印帳に記帳していただけるもので、江戸時代頃に始まったと言われています。昨今では、御朱印ガールもすっかり定着し、島根だけでなく全国のパワースポットを回って御朱印を拝受する方が増えています。

島根の日御碕神社の御朱印は、「朱印」が押されたシンプルなもので、社務所にて日付のみ記載していただけるようです。御朱印の魅力は、一つ一つ手書きで書かれていることにありますが、日御碕神社の御朱印は、伊勢神宮の御朱印と同じぐらい簡素なものです。御朱印が授与していただける時間は、毎日 8:30から16:30までとなっています。

日御碕神社で人気の砂のお守り見出し

御朱印に続いて、インスタやSNS上でも話題となっている島根「日御碕神社」の砂のお守りについてご紹介致します。通常、神社に参拝したときは、ご利益のあるアイテムとしてお守りを購入される方が多いと思います。「日御碕神社」でも、一般的なお守りがありますが、それ以外に社務所でお問い合わせしないと授与していただけない「砂のお守り」があるのです。

日御碕神社の砂のお守りは、知る人ぞ知るラッキーアイテムで、毎日定数しか授与されていない幻のお守りと言われています。砂のお守りには、3種類のカラーがあり、その名前の通り、中には砂が詰められているそうです。ご利益を得るためには、肌身離さず砂のお守りを持ち歩く他、自宅のお庭にお守りの中にある砂を撒いても良いそうです。

社務所に砂のお守りは陳列されていませんので、必ず神職の方にお問い合わせしてください。砂のお守りは、一体の初穂料が500円です。色は、赤、青、白の3種類となっています。元々は、お清めの砂として使われていたそうで、どれも厄除けなどにご利益がある大変パワーのあるお守りと言われています。日御碕神社では、他にも良縁守などが授与されています。

日御碕神社のおみくじは「だるまさん」見出し

遠くから見るとまるで竜宮城のように見える美しい社殿が人気の日御碕神社ですが、御朱印や砂のお守り以外にもう一つ話題となっているのが、だるまの形をしたおみくじです。一つ一つ顔が微妙に違うと言われているだるまみくじは、一回300円で引くことができます。木製で木のぬくもりのあるだるまの中に、それぞれの運勢が書かれたおみくじが入っています。

口コミ情報によると、日御碕神社のだるまみくじは、面白い運勢が書かれているそうで、笑いの種になるそうです。おみくじを引いた後のだるまは、おうちに飾ることもできますので、開運アイテムとしてご利益がありそうです。また、同じく木製の干支守りも社務所にて授与されているそうですので、木彫りアイテムがお好きな方は合わせてゲットすると良いでしょう。

日御碕神社周辺の観光スポット1:出雲日御碕灯台見出し

ここからは、日御碕神社参拝の折に、一緒に回りたい周辺の観光スポットをご紹介していきます。まず、最初にご紹介する日御碕神社周辺の観光スポットは「日御碕灯台」。神社からアクセスもよく、日本海に沈む雄大な夕日を鑑賞できるこちらの灯台は、明治36年に設置されました。石造りの歴史ある灯台は、国の有形文化財にも指定されている有名な観光スポットです。

日御碕沖の日本海を航行する船の安全を100年以上に渡って守り続けているこちらの灯台は、「世界の歴史的灯台100選」にも選ばれており、参観料200円を支払えば、中に入って展望台から絶景を見渡すことも可能です。163段続く長い螺旋階段の先には、日本海の荒波と大パノラマが広がっています。カップルでのデートにもおすすめの観光スポットです。

日御碕灯台の見どころまとめ!周辺の観光名所&人気の食事スポットも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日御碕灯台の見どころまとめ!周辺の観光名所&人気の食事スポットも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんは、日御碕灯台はご存知でしょうか。実はあることで日本一の灯台なんです。島根半島でもっとも西に位置していて、断崖絶壁に立っている真っ白な灯台です。国の登録有形文化財にも登録されている出雲日御碕灯台の夕日や近隣の観光、海鮮丼などの食事についてもご紹介します。

日御碕神社周辺の観光スポット2:経島(ふみしま)見出し

続いてご紹介する日御碕神社周辺の観光スポットは「経島」(ふみしま)です。現在は、日御碕神社に鎮座している天照大御神は、元々こちらの経島に祀られていたと言われており、ご利益のある観光スポットです。島には今も鳥居が建てられており、ウミネコの飛来地として有名です。バードウォッチングが好きな方におすすめの観光スポットとなっています。

日御碕神社からのアクセスもよく、元々下の宮が置かれていた神社にゆかりのあるパワースポットとして、観光客にも人気を集めています。島根県出雲市の経島は、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物にも指定されており、11月下旬から3月頃まで、越冬して産卵・出産するウミネコたちの姿を観察することができます。日御碕を訪れたらぜひお立ち寄りください。

日御碕神社周辺の観光スポット3:日御碕海中公園見出し

Photo by cotaro70s

続いてご紹介する日御碕神社周辺の観光スポットは、「日御碕海中公園」です。こちらの公園は、先にご紹介した日御碕灯台や、経島からもアクセスがよく、透明度の高い海をグラスボートで観光することもできます。イシダイやスズメダイの他、海草もたくさん茂っており、約30分ほどのクルージングは気軽に海中散歩を楽しめるおすすめのアクティビティです。

日御碕神社周辺の観光スポット4:海底遺跡見出し

続いてご紹介する日御碕神社周辺の観光スポットは「海底遺跡」。こちらは、島根のダイビングスポットとしてダイバーに人気のある観光スポットです。階段の後や、神社の参道にも見えるような人工的な建造物が海中に沈んでおり、近年発見されたばかりの新しいダイビングスポットとして話題となっています。さすが神話の国出雲、海の中にもパワースポット有りです!

日御碕神社周辺の観光スポット5:稲佐の浜見出し

続いてご紹介する日御碕神社周辺の観光スポットは「稲佐の浜」。出雲大社から西に約1kmほど進んだところにあるこちらの海岸は、神話に登場する国譲り、国引きの舞台となった浜です。浜辺には、大国主大神と武甕槌神が国譲りの交渉をした場所と伝えられている「屏風岩」があり、南には、国引きのときに使われた長浜海岸が続いています。

八百神をお迎えする場所として、稲佐の浜に立つ「弁天島」には、社が祀られており、ご利益のある観光スポットとして人気を集めています。かつて稲佐湾のはるか沖にあったため、沖ノ島と呼ばれていたそうですが、近年では、砂浜が急速に広がり、島の後ろまで歩いて行けるようになっています。美しい星空が見える観測スポットとしても人気です。

日御碕で食べたいご当地グルメ見出し

島根県出雲市の日御碕エリアでは、日本海で獲れた新鮮な海の幸を使ったご当地グルメが大人気。特に、日御碕神社からもアクセスの良いおすすめのお店はウニ丼が美味しい「花房商店」。馬糞うにが豪快に載ったゴージャスな大盛ウニ丼はお値段3240円!地元産の岩海苔もたっぷり敷かれており、香りもよく甘くてとろりとしたウニとのハーモニーは絶品です!

住所:島根県出雲市大社町日御碕1481
電話番号:0853-54-5126

出雲のランチ特集!おすすめ和食から人気バイキングTOP21選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
出雲のランチ特集!おすすめ和食から人気バイキングTOP21選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
島根県出雲市は、美味しいランチが食べられるお店がたくさん!和食や名物の出雲そばなどなど。しかもバイキングを楽しめるお店まであります!そこで今回は、出雲のランチが美味しいお店ランキングTOP21をご紹介します。とくに、そば好き、バイキング好きな人は必見!

島根県出雲市へのアクセス方法見出し

Photo by rail02000

東京から島根県の出雲空港までのアクセスは、飛行機で所要時間が約90分、そこからJR出雲駅までのアクセスは空港シャトルバスで約25分となっています。出雲市駅から日御碕神社までのアクセスは、バスをご利用の場合は、所要時間が約45分ほどかかります。新幹線でのアクセスの場合は、岡山経由で、新幹線のぞみと特急やくもを乗り継いでください。

Photo by misijp

関西方面からのアクセスは、飛行機なら大阪の伊丹空港から出雲空港まで1日6便ほどが運航しており、所要時間は1時間ほどとなっています。新幹線をご利用の場合は、新幹線のぞみで岡山までアクセスし、そこから特急やくもに乗り換えます。所要時間は4時間ほどとなっています。この他、阪急梅田から高速バスも出ており、約5時間半で出雲市にアクセス可能です。

島根県出雲市を観光!おすすめスポットランキング21選!ホテルもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
島根県出雲市を観光!おすすめスポットランキング21選!ホテルもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神々の国と呼ばれている島根県出雲市。いわずと知れた出雲大社をはじめ、歴史ある寺社仏閣が多く人気観光スポットがたくさんあります。今回は島根県出雲市のおすすめ観光スポットや泊まりたいおすすめホテルなどを厳選でご紹介していきます。旅の思い出づくりにぜひ!

出雲市内または出雲大社から日御碕神社へのアクセス見出し

Photo by rail02000

日御碕神社へのアクセス方法は、公共交通機関なら、出雲市駅から、または「出雲大社」からバスで行く2つのルートがあります。島根県出雲市を走る路線バス「一畑バス」が出雲駅または出雲大社から日御碕神社方面に向けて運行されており、出雲大社からの日御碕神社への所要時間は約20分ほどとなっています。最寄りのバス停は「日御碕」で、出雲市駅からは45分です。

Photo by Kuruman

一畑バスの運行時間は、一時間から二時間に1本ほどとなっており、非常に本数が少ないので、運転される方ならレンタカーでのアクセスをおすすめします。出雲空港からレンタカーを借りる場合は、5人乗りのコンパクトカーで24時間の料金が3800円からとなっています。島根の主要観光地を回るツアーもありますので、運転されない方はツアーがおすすめです。

島根の日御碕神社へ行ってご利益を得よう!見出し

Photo by mstkeast

島根県出雲市のパワースポット「日御碕神社」をご紹介しました。神々が宿る出雲の神社の中でも、最強のパワースポットとして知られる日御碕神社は、夕日に映える美しい社殿と日本海の大自然が満喫できるおすすめの観光スポットです。利益のある「砂のお守り」も授与していただけますので、島根へ行ったら、ぜひ日御碕神社も参拝してみて下さい!

投稿日: 2018年6月30日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote