地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

常滑市は焼き物と海と空のまち!おすすめ観光・体験スポットやグルメを紹介!

愛知県の尾張地方にある観光スポット「常滑市」。常滑市は焼き物と海と空の町として人気が高く、日本の古き良き文化を体感することができます。常滑市は愛知県の観光名所も多く点在しており、町を歩いているだけでさまざまな職人技と出会えます。

常滑市とはどんな町?見出し

「焼き物と海と空のまち」愛知県の常滑市。知多半島の西海岸に位置する常滑市は、南北15kmが伊勢湾に面する細長いまちです。また、平安時代末期から焼き物の産地として栄え、煙突や窯のある風景・土管や焼酎瓶などが壁に埋められた坂道など懐かしさが漂う日本を代表する「焼き物のまち」です。

2005年2月に中部国際空港セントレアが開港し、世界を結ぶ中部の空の玄関口となっており世界中の人々で賑わいをみせています。

常滑市のおすすめ観光スポット見出し

焼き物・海・歴史と常滑市には多くの観光名所が点在しています。子供から大人まで楽しめ、遊びながら常滑市の魅力を体感することができます。

りんくうビーチ

人口海浜としては東海地区最大級(長さ約630m)の大きさを誇る常滑市の観光名所「りんくうビーチ」。砂浜からは飛行機が間近に見え、釣りやウォーキングも楽しめます。

海に沈んでいく夕日もとても綺麗で、文字の中に入ることのできる「RINKU」のモニュメントもおすすめ撮影スポットです。また夏季には、バーベキューや海水浴に訪れた方たちで賑わいます。

常滑市やきもの散歩道

常滑市の名所「常滑やきもの散歩道」とは、昭和初期ごろ最も栄えた窯業集落一帯を指します。今も点在する煙突・窯・工場など、時代と共に使われなくなった歴史的産業遺産を巡る観光スポットです。

とこなめ招き猫通り、土管坂、登窯、廻船問屋瀧田家などがあり、この集落には現在でも多くの作家や職人が住み、活動しています。休日には、焼き物コレクターをはじめ、古い趣ある建物や風景を求める写真愛好家や、若い女性たちなどで賑わいを見せています。

最近は、素敵なギャラリーやカフェをはじめ、こだわりの雑貨を取り扱うお店も増え、それらを求める若者や家族連れの方も増えつつあります。また最近では、常滑市を舞台に繰り広げられるアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」のの聖地としても人気があります。

中部国際空港 セントレア

常滑市で2005年開港の人口島にたつ遊べる空港「中部国際空港」。滑走路に向かって突き出た第1ターミナルセンターピアの屋上は、長さ約300mの総ウッド張りのスカイデッキです。

スカイデッキ先端から滑走路までは300m、飛行機が滑走路まで移動する誘導路まではわずか50m程度と飛行機を間近でみることができ、日本で一番近くに飛行機を感じられる展望台として多くの観光客が訪れます。

ボーイング787初号機の展示をメインとした遊べる飛行機テーマパーク「FLIGHT OF DREAMS」も人気。2つの施設があり、世界中で話題の「チームラボ」による体験型デジタルコンテンツで構成される有料エリア「FLIGHT PARK」がおすすめです。

また、入場無料でボーイング創業の街シアトル本場の人気メニューやショッピングを飛行機の間近でお楽しみ頂けるシアトルをテーマとした「SEATTLE TERRACE」は地元の方からも注目されています。

盛田昭夫塾

ソニー創業者の「盛田昭夫さん」とその妻「良子さん」の人となりを紹介する記念館です。長女である直子さんが館長を務め、盛田氏夫妻の品々を通して二人の歩みをたどることができます。歌手のマイケル・ジャクソンさんをはじめ、世界中の友人から贈られた品々も展示しています。

かねふくめんたいパーク とこなめ

常滑市で子供から大人まで人気の観光スポット「かねふくめんたいパーク とこなめ」。明太子の親であるスケソウダラの生態や、明太子の製造工場を見学することができます。また、出来たての明太子などが購入できる工場直売店や明太子を使用した限定メニューが食べられるフードコーナーを併設した明太子のテーマパークです。

常滑市・観光やデートならココ!おすすめの人気スポットやお土産など!のイメージ
常滑市・観光やデートならココ!おすすめの人気スポットやお土産など!
常滑市は常滑焼が有名な焼き物の街です。焼き物の歴史を学びたい方や、ゆっくり観光を楽しみたいという方におすすめの場所。常滑観光の参考に、常滑市のおすすめ人気観光スポットとお土産品について紹介していきます。常滑観光する方はぜひご覧ください。

常滑市のグルメ・特産品見出し

昔懐かしい体験ができる常滑市は、美味しいグルメや特産品が充実しています。常滑市ならではのお土産品も種類豊富に提供しており、多くの観光客を魅了しています。

常滑焼の急須

常滑市で大人気のお土産品「 常滑焼の急須」。常滑焼は愛知県常滑市を中心に、その周辺を含む知多半島内で焼かれる陶器のことです。常滑焼の急須は酸化鉄を多く含む土を使うのが特徴で、焼きあがると釉薬をかけなくても赤褐色の色合いになり、使い込んでいくうちに艶が出てきて美しい表面になります。

またお茶を淹れた時、酸化鉄とお茶のタンニンが反応することにより、苦味渋味がと
れてまろやかな味わいになるとされています。現在では釉薬をかけた急須も数多く生産され、若い人たちにも人気があります。やきもの散歩道や、セラモールなどで購入できます。

鬼崎のり

常滑市の自然の恵みをいっぱい受けた漁場の鬼崎は、木曽三川からの真水と海水がうまく調和した伊勢湾に面した場所にあります。昔から美味しい海苔を作っており、県内でもトップクラスの海苔生産地です。

ココテラスの丘

常滑市のお土産としておすすめなのが「ココテラスの丘」。愛知県常滑市でたまご農家を運営するデイリーファームが、たまごの美味しさを伝えたくオープンしたお店です。

エサにこだわった米たまごを贅沢に使った絶品スイーツ「たまごいっぱいプリン」や「たまごたっぷりカステラ」などが楽しめます。隣のレストラン「レシピヲ」では新鮮なたまご4個を使った人気メニュー「ふわふわたまごのオムライス」が人気。

清酒白老・白老梅

1848年創業の酒蔵で、原料や製法にこだわって製造しています。お米は地元愛知県の酒米を中心に、最高級の「山田錦」等の酒造好適米を使い、水は蔵から2㎞ほど離れた知多半島丘陵部(新水谷)の伏流水を、江戸時代から自家水道を引いて使用しています。

昔から良いと言われたこと、良いといわれた道具を守り伝えながら造っているお酒は、濃醇でありながら雑味の出ない飲みやすいお酒として多くの方に親しまれています。白老梅は知多市の佐布里梅を中心に、北海道産の氷砂糖を用い江戸時代のレシピに従って、純米吟醸古酒に漬け込んだ上品な甘さの梅酒です。

招き猫

招き猫の町として知られる常滑市は、招き猫の生産量日本一。常滑市にはさまざまな招き猫が出迎えてくれるので、町を散策しながら探してみてください。

常滑焼の魅力を一挙紹介!焼き物の特徴・歴史・陶芸体験できるスポットも!のイメージ
常滑焼の魅力を一挙紹介!焼き物の特徴・歴史・陶芸体験できるスポットも!
このページでは、歴史ある常滑焼の魅力にスポットライトを当て、常滑焼の急須の魅力、様々な作家の常滑焼が大集合の常滑焼まつり、常滑焼の陶芸体験が可能なショップ、常滑焼がおすすめのお店等の情報も交えながら、常滑焼を購入する際にも役立つ色々な情報や魅力をご案内します。

常滑市の体験見出し

常滑市には子供から大人まで参加できるさまざまな体験施設があります。常滑市の旅の思い出として、ぜひ挑戦してみてください。

INAXライブミュージアム 光るどろだんごづくり

「土とやきもの」の魅力を伝える、観て、触れて、感じて、学び、創りだす、体験・体感型ミュージアムで6つの館で構成されています。中でも、「光るどろだんごづくり」は、土・どろんこ館で人気のものづくり体験です。やきもの用の粘土を丸めた「タネ」の表面を削り、凹凸のなくなった表面に色のついた土を塗って、最後はピカピカになるまで磨くと、世界に一つだけの土のアートが作れます。

常滑ワイナリーツアー「ネイバーフッド」

夕日が見える丘の上にある国家戦略特区を活用した農家レストラン「サンセットウォーカーヒル」を運営するオレゴンファームが、ブドウの栽培から醸造までを行っているワイナリーの見学や試飲が可能です。品種は主にピノ・ノワール、ピノ・ブラン、シャルドネを生産しています。

イチジク狩り・いちご狩り

常滑市では季節によってイチジク狩りやいちご狩りを楽しめます。とくにイチジクは愛知県が生産出荷量が日本一を誇り、8月中旬から9月下旬にかけて体験できます。

12月中旬から5月下旬かけてはいちご狩りを体験でき、市内には地元のイチジクといちごを使用したスイーツや料理を提供するカフェやレストランも多数あります。

陶芸体験

陶芸はやきもの散歩道・セラモール・市内の製陶所や陶磁器販売店で体験することができます。電動ろくろ・手びねり・たたらの主に3種類で、手びねりは、ひも状の粘土を積み重ねて成形する手法、たたらは板状の粘土を好きな形に成形するものです。

また絵付け体験できる店もあります。所要時間は粘土の量によって違いますが30分から2時間ほどです。

祭礼

常滑市のおすすめイベント「祭礼」。市内各地で山車のひきまわしやお囃子・からくり人形の披露するお祭りです。なかでも6台の山車が並ぶ旧常滑地区と、巻き藁船のある大野地区は見物!

常滑市は焼き物と海と空が魅力的な町!見出し

伊勢湾に面した歴史や文化、大自然のある町「常滑市」。常滑市は子供からお年寄りまで楽しめる観光スポットが数多く点在しており、1日中飽きずに日本の文化に触れることができます。

常滑市は海外からの観光客も多く、日本の魅力を伝えられる町として注目されています。ぜひ、愛知県へ観光の際は常滑市へ足を運んでみてください。

一般社団法人とこなめ観光協会|愛知・知多の人気観光スポット・焼き物と陶芸の街
焼き物の町、とこなめ観光協会です。愛知・知多の人気観光スポットをご紹介!常滑焼の産地「やきもの散歩道」、海水浴や潮干狩り、中部国際空港セントレアが魅力
投稿日: 2021年11月29日最終更新日: 2021年11月29日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote