地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

半田市・おすすめランチ11選!人気のカフェから和食まで!子連れでも!

半田市は名古屋市の南側に位置し、知多半島のちょうど真ん中あたりにあります。海もあり、観光にもレジャーにも楽しい町です。遊び疲れたら、休憩したり、ゆっくりランチを食べたりしたいですね。そんな半田市でおすすめのランチスポットを11店ご紹介していきます。

半田市は食べ物文化の発信地見出し

Photo by Keemz

半田市は元来お酢や味噌、お酒などの醸造所がたくさんありました。今でも日本で有数のメーカーが本社を置く地です。また、半田市は昔から酪農や農業も盛んで、海や山の幸も豊富です。そんな半田市は美味しいランチのお店もたくさんあります。子連れでもおすすめのお店や和食で人気のお店、カフェのランチなどご紹介していきます。

半田市のおすすめランチ1:一品香見出し

中華のお店です。掘りごたつ式の落ち着く個室が3つありますので、子連れでも大丈夫。こちらのお店のランチは大人気の2種類となります。Aランチはなんと950円でお料理5品、サラダ、スープご飯(おかわり自由)また100円でドリンク、200円でお好きなデザートを追加できるのです。

一階、二階とも貸切可能となっていますので、子連れだけでなく、女子会やクラス会などにも使用できます。また、中華料理の教室がリーズナブルなお値段で開かれていたりして、中華料理の世界を広げたいとのお店の熱意が感じられます。また、仕出し、お弁当などの注文を受け付けてくれるので、お問い合わせください。

半田市のおすすめランチ2:ラリーグラス見出し

インド、ベトナム料理のお店です。アジアンな内装の店内は、日本ではないかのよう。その店内ではアクセサリーの販売なども行われ、エキゾチックな雰囲気に浸ることができます。人気メニューのランチはラリーグラスランチ、カレーランチ、ベトナムランチ、本日のカレーランチと多種類。中でもおすすめはラリーグラスランチ。

ラリーグラスランチの内容は、本日のスープ、生春巻き、チキンティッカ、ひよこ豆のサラダ、ほうれん草のカレー、チーズナン、デザート、とこんなに盛りだくさんなのに1200円です。特にナンは絶品との評判で、ぜひご賞味ください。メニューが手書きなのも好印象で全体的に優しい雰囲気のお店です。異国情緒に浸りたい時にはオススメのお店です。

住所:愛知県半田市住吉町7-18 電話番号:0569-23-1545

半田市のおすすめランチ3:かわらよし見出し

海鮮中心の和食のお店です。店内には大きな水槽にお魚が泳ぎ、お座敷もあるため子連れでも大丈夫。ゆっくりされたい向きにはカウンターでも一杯やれます。こちらのオススメは彩々定食。一品料理の組み合わせで1000円から3150円の予算内で予算に合わせて作ってもらえます。その日の体調や好みとも相談できますので、嬉しいですね。

気軽な雰囲気で和食を美味しくいただけます。ランチは日替わり定食が小鉢、赤出し、ライス、漬物つきで840円と大変リーズナブル。他にもまぐろ丼小鉢つき1050円、うなぎ丼小鉢つき2310円、まぐろ定食1050円、うなぎ定食2415円などいずれもコスパ良しとの人気です。

半田市のおすすめランチ4:日本料理・ふぐ「桃」見出し

こちらは和食のお店です。大小多数の個室があり、子連れの方も大満足の時間を過ごせるでしょう。ランチはお値段違いの2種類があり、サラダ、旬の焼き物、肉料理、蒸物、旬の揚げ物、ご飯などの1200円のコースと、サラダ、旬の焼き物、肉料理、蒸物、旬の揚げ物などで2000円のコースです。当日は1200円のコースのみ注文できます。

住所:愛知県半田市東郷町3-21-2
話番号:0569-23-7677

半田市のおすすめランチ5:ビストロかじき見出し

掘りごたつのお座敷もあり、子連れも大丈夫です。おすすめは1620円の日替わりランチ。お弁当も販売されているようなので時間のない時は利用してみては。お店は隠れ家的な雰囲気で内装も大人っぽくて落ち着けます。牛ヒレのステーキや牛肉のトロトロ煮込みが大評判で人気です。

住所:愛知県半田市新池町2-202-3
電話番号:0569-28-6688

半田市のおすすめランチ6:RICHFOOD&COFFEE見出し

おしゃれで居心地の良いカフェです。駐車場は35台、60名までの貸切でパーティーも可能というお店。自慢のパンケーキは一枚ずつの手焼きです。ランチは、知多牛のビーフシチュー、知多あいぽーくのローストポーク丼、本日のパスタ ランチ、ロコモコ丼セット 、ロコチキン丼セット、パンケーキセットと豊富。プラス400円でハーフサイズのロールケーキかパンケーキもつきます。

半田市のおすすめランチ7:たま川見出し

たま川は鰻屋さんです。特筆すべきは漬物バイキングがあり、鰻が焼きあがるのを待つ間、退屈せずに漬物バイキングをつまみながらゆっくり待てるということです。特にランチメニューというものはなく、お店自慢のメニューから選ぶことになります。

カウンター席、いす席、お座敷があるので、用途に応じて選ぶことができます。お庭も美しく、池には鯉が泳いでいるような趣のある作りです。一色産の鰻を香ばしく焼いたひつまぶし、うな重、うな丼などが大好評でコスパも良いと大人気です。

半田市のおすすめランチ8:フランス料理 Fleurir 見出し

正統派フランス料理のお店です。中学生未満の子供は連れていけないのでご注意ください。ランチコースは3種類です。メインがお魚またはお肉料理のランチコースA、メインが知多牛”響”のランチコースB、そしてお昼の贅沢なフルコースランチCです。いずれもパン、デザート、コーヒーまたは紅茶付き。

華やかで美味しそうなフレンチの数々を気軽に食べてもらいたいというコンセプトのお店なので、大人気です。連日ランチは満席のようです。予約をした方が良いでしょう。明るい店内では、契約農家のお野菜や知多の海や山の幸を贅沢に使用したお料理を楽しめます。

住所:愛知県半田市栄町3-16-2
電話番号:0569-77-9024

半田市のおすすめランチ9:蔵の味見出し

こちらはミツカン酢でお馴染みの、ミツカンミュージアムの前にあり、古い蔵を改修して作られています。趣のある店内では、伊勢湾や三河湾の豊富な海の幸や、知多牛などたくさんの美味しいメニューが提供されています。知多半島で一番の割烹との呼び声も高く、期待通りの美味ぞろいです。

ランチは要予約となります。和食懐石だけあり、少し値が張るため、予算は5000円から6000円くらいです。隠れ家的なお店でもちろんお座敷もありますし、落ち着いて美味しいものをゆっくり楽しみたい時にはこちらのお店はおすすめです。

住所:愛知県半田市荒古町1-2
電話番号:0569-24-6605

半田市のおすすめランチ10:黒牛の里見出し

黒牛の里本店は新美南吉記念館の前になります。溶岩焼きと言って、溶岩で余分な油を吸いながら焼くので、ジューシーで柔らかいお肉の旨味が味わえます。使用している牛は地元のブランド牛知多牛です。南吉記念館で家族揃って遊んだ後でも大丈夫。お座敷席もありますので、子連れでも安心です。

ランチメニューは知多牛上味くらべランチ、知多牛味くらべランチ、レディースランチ、知多牛お任せランチ、とそれぞれにご飯、漬物、赤だしやドリンク、デザートなどがつき、2200円から3200円です。お肉もカルビやロースなどたっぷりつきますので、大満足で好評のランチばかりです。

半田市のおすすめランチ11:イチカフェ見出し

パンにこだわりのあるベーカリーカフェです。毎日10種類以上の粉を自家配合して、50種類以上の様々なパンを焼いているそうです。ランチは2種類。本日のランチはパン盛り合わせ、スープ、サラダ、ドリンク、セレクトピザランチはお好きなピザにスープ、サラダ、ドリンク。またランチタイム限定サービスでパンとドリンクを注文するとスープ、サラダがつきます。  

もちろんテイクアウトのパンも豊富で、美味しそうなパンがたくさん陳列されています。そして、別料金で時間貸しで店内を色々な大きさで区切って借りられるので、各種のイベントやパーティーも行うことができます。おしゃれで居心地の良い、センスの良いカフェという評判です。

住所:愛知県半田市中町3-46
電話番号:0569-23-8105

半田市おすすめ観光スポット情報!赤レンガの建物やお祭り・周辺の名所まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
半田市おすすめ観光スポット情報!赤レンガの建物やお祭り・周辺の名所まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知県半田市は知多半島の東岸に位置し、酪農、花卉(かき)栽培が盛んです。古くから清酒、酢、みそなどの醸造が行われ、有名な企業を輩出しています。亀崎潮干(しおひ)祭の山車(だし)行事も知られています。そんな半田市についておすすめ観光スポットをみていきましょう。

半田市のランチはコスパ良し見出し

ここまで半田市にあるおすすめの和食のお店やカフェを紹介してきました。。今も知多半島で一番食に対しての意識も高く、ランチにも子連れでも大丈夫なお店、和食、カフェなど様々な形態のお店が軒を連ねています。ここでご紹介した以外にも、半田にはオススメのお店が多くあります。知多半島で遊ぶ際にはぜひ訪れてみてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年5月30日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote